2018年02月16日

富士フイルム2018年大商談会改め、フォトイメージングフェア〔セミナーのおさらい編〕 「WONDER PHOTO SHOPで見えてきたフォトピジネスの可能性」を聴講して 〜これから見えてきそうな可能性〜

*この記事は、2018年2月10日付記事の続きです。

注)今回の一連の記事は会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容やセミナーの講義内容等をレポートするものではありません。

前回の記事のおさらいになりますが、
今回聴講させていただいたセミナーのタイトルは、

 ☆フォトビジネスセミナー:
  「WONDER PHOTO SHOPで見えてきたフォトピジネスの可能性」

誰もがスマホで撮影する時代。
写真はますます身近なものになり、
ユーザーの写真の楽しみ方も大きく変化してきています。
ユーザーの最新の動向や
原宿にある富士フイルムの直営店WONDER PHOTO SHOPでの
事例を紹介しながら、
スマホ時代ならではのフォトピジネスの
新たな可能性についてお話しいたします。
(2018年のセミナーの案内文より)

です。
お話しを聞かせてくださった富士フイルムイメージングシステムズさんの需要創造・
フォトプリントグループ担当部長さまは、2年前の2016年の
セミナーでも講師をして
くださいました(当ブログの2016年2月15日付記事をご参照ください)。
そのときのタイトルは、

 実践セミナー
  今こそ新しい写真需要を創造しよう

スマホの普及で写真市場は大きく変わりました。
「スマホになってプリントしなくなるのでは・・・」
と心配されている方もおられると思いますが、
スマホ時代の到来こそ写真店にとって
チャンスなのではないでしょうか。
(2016年のセミナーの案内文より)

でした。
あらためて両セミナーの案内文から、それぞれの要旨を抜粋してみましょう。

スマホ時代ならではのフォトピジネスの
新たな可能性についてお話しいたします。
(2018年のセミナーの案内文より)

スマホ時代の到来こそ写真店にとって

チャンスなのではないでしょうか。
2016年のセミナーの案内文より)

どちらのセミナーでも、注目すべきポイントとして次のことが挙げられていました。

 デジカメ=撮影データは自宅のパソコンで保存パソコン用プリンターでプリント
 スマホ=プリントしたい撮影データを誰もが常に携帯している→写真店でプリント

「フォトピジネスの新たな可能性」(2018年)、「写真店にとってチャンス」(2016年)。
上記のそれぞれの要旨の根拠や出発点とも理解できるポイントです。

このことは皆さまも、これまでの身近な経験からお分かりいただけると思います。

デジカメで撮影されたお写真のデータは、必ずしも毎日持ち歩くものではありません。
一度ご自宅のパソコンに保存されればなおのことでしょう。スマホならいつも持ち歩く
ものですから思い立ったときお写真が撮れますし最寄の写真店でプリントもできます。

ご家族の全員がデジカメやパソコンをお持ちだというご家庭も決して少なくはないと
思いますが、それ以上にスマホの方が普及していることは今日容易に想像できます。
ご家族のスナップ写真は、デジカメで撮影された場合その持ち主の方がお忙しいと、
なかなかプリントする機会が得られないときもあります。その点スマホはネットを介し
て、ご家族皆さまで撮影データをシェアすることもできますので、どなたでもお時間が
あれば写真店でお店プリントをお楽しみいただける時代になったと私も感じています。

ところで、皆さまは次のようなことをお考えになったこともあるのではないでしょうか。

  スマホのお写真が満杯になったら?
  スマホが壊れたり無くなったりしたら?

お写真もビデオも、撮り続けるとやがて撮影データでスマホのメモリーは満杯になり、
そのままではそれ以上撮れなくなってしまいます(メモリーを追加購入できない機種
も多いです)。デジカメと同じように撮影データをパソコンへ移す方法もありますが、
それだけでは移したお写真を外出中にスマホから見たり写真店でプリントしたりする
ことはできません。そのような不便は解消したい!

さらに、次の記事のような不安をお持ちの方も、たくさんいらっしゃるのではないかと
思います。普段パソコンをお使いでないお客さまは特にそうなのではないでしょうか。

以降の関連記事は、
当ブログの2018年1月11日付記事の一部を再編集し掲載しています。
(記事中の「5G」の説明も、当ブログの2018年1月11日付記事をご参照ください。)


 〔前略〕

  クラウドサービスに預けた撮影データを
  お店のプリント受付機へ読み込み、手軽に写真プリント注文!
  できるようになる初夢を見たような気がしました

当ブログの2017年11月20日記事でも少し詳しくご紹介しましたが、お客さまの

 「大切なスマホが壊れたり無くなったりしたら
 今まで撮りためた思い出のお写真も動画もみんな
 二度と見られなくなってしまうのでは!?」

 「新しく買い換えたスマホから、
 解約した前のスマホで撮影したデータを
 再生して見る方法はあるの!?」

という様な不安や疑問を解消してくれるのが、Googleさん提供の「Google フォト」、
Appleさん提供の「iCloud フォトライブラリ」などの、インターネット上で撮影データ
を預かって管理までしてくれるクラウドサービスです。多くはスマホ解約後もパソコン
などから引続き利用できます(有料クラウド
サービスは決済にもれが無いよう注意
そして、新しく契約したどのスマホからも、撮影データにアクセスしダウンロードできる
サースを提供している事業者さんもあります(上記のGoogleさんなど)

それなら、写真屋さんの店頭プリントサービスも、お客さまのスマホが万一故障など
のアクシデントに遭った場合でもお写真のプリントを受注できるよう、店頭受付機も
各社クラウドサービスからの撮影データ読み込みに対応していることが理想でしょう。
当店「アルバムショップ しゃしんのポップ本店」は、Googleさんの「Google フォト」、
Appleさんの「iCloud フォトライブラリ」に暫定対応済です(2017年8月16日付)。

Googleさんの「Google フォト」もAppleさんの「iCloud フォトライブラリ」も、主な
クラウドサービスはモバイル通信による撮影データ送受信に対応しています。ただし
従来のモバイル通信では通信速度や容量に制約があり、インターネット固定回線へ
スマホをWi-Fi接続して利用する方法が基本でした。それを5Gが解放してくれます。

いざというとき頼りになる保険のような存在だったクラウドサービスですが、これから
は5Gがもたらす高速かつ大容量の通信環境の下で、普段から活用できるより身近
な存在へと変わって行きそうです。デジカメの撮影データもスマホ経由で送信OK!

クラウドサービスだけでなく、人気の「Facebook」や「Instagram」などのSNSも、
5Gによって一層楽しいものになるでしょう。

当店が導入を進めている富士フイルムさんの次世代店頭プリント受付機、
「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面では
2種類のSNSが選択でき、「Facebook」「Instagram」へお客さまが保存された
スマホ内のお写真を直接オンラインで読み込み、快適に受付操作していただけます。

170611_IMG_0776.JPG
△当店が導入を進めている富士フイルムさんの次世代店頭プリント受付機、
 「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面です。
 同社のアプリ「おみせプリント(わいぷり)」に対応し「Facebook」「Instagram」
 へお客さまがスマホから保存されたお写真も直接オンラインで読み込み、快適に
 受付操作していただけます。 ピンチやスワイプなどスマホ感覚の快適操作と23
 インチのワイドディスプレイが自慢(2017年1月6日付記事も併せてご覧ください)。

▽プリント受付機「WPS」の「画像の読み込み元」の選択画面。
 ここに「Google フォト」や「iCloud フォトライブラリ」等も加われば理想的でしょう。
170610_IMG_0766.JPG
 (c)富士フイルム

 〔中略〕

  写真屋さんの店頭から
  これまでの約20年間をふり返って

デジカメが普及し始めた2000年代初めは、メモリーカードが高価で撮れる枚数も
多くなかったことから、撮影データはひとまずパソコンに移動させ、空にしたカード
をくり返し使うことが普通でした(当ブログ2017年8月7日付記事もご参照ください)。
写真屋さんにプリントを頼むにもパソコン内のデータをMOやCD-R等安いディスク
にコピーする手間がかかりました。コピーではなく間違えて移動の操作をしたことに
気付かず、確かめないままディスクごとデータを破棄してしまう失敗もあり得ました。
(想像しただけでもこわいです。場合によっては、何年も失敗に気付かないことも?)
インクが高価でもパソコンに接続したプリンターで自家プリントする方が無難でした。

2010年以降は、安価でたくさん撮影できるメモリーカードが普及。写真屋さんでは
普段持ち歩くデジカメからカードを抜いて、手軽にプリント注文していただけるように
なりました。また、2011年以降は富士フイルムさんの店頭プリント受付機が段階的
に、スマホとのケーブル接続に対応。スマホからのプリント需要も増えて行きました。
2013〜2014年には、先述の「おみせプリント(わいぷり)」アプリにも対応しました。

フィルムカメラの時代は、ご家族の記録を写真で残すことは、どちらかというと主に
お父さまの役目でした(カメラ代、フィルム代、現像代もお父さまのお小遣いから?)。
デジカメが普及してからもやはり、お父さまに撮ってもらたいと思っているお母さま、
お子さまの方が多かったように思えます。それがスマホの普及で様変わりしました。
いつも手元にあるコミュニケーションツール、スマホを日常生活の中で使いこなすの
は、お母さまやお子さまの方がアイディア豊かで、とてもお上手なようですね(^^)

そして2018〜2020年、5Gの商用化を控えた今、ご家族やご親戚、お友だちとの
間でインターネット上の撮影データをシェアするお客さまも急増することが予想され
ます。当店「アルバムショップ しゃしんのポップ本店」もその前提でプリントサービス
の体制を整えるべく、プリントシステム提供元の富士フイルムさんとの連携を深めて
参りたいと考えています。これからの写真屋さんの可能性に、どうぞご期待ください。


上記の関連記事は、
当ブログの2018年1月11日付記事の一部を再編集し掲載しています。

  まずフェア展示会場での雑談から

上記記事の最後に「プリントシステム提供元の富士フイルムさんとの連携を深めて
参りたいと考えています」と書いてはみましたが、大手チェーン店さんのような事業
提携の進め方はとてもできません。当店「アルバムショップ しゃしんのポップ本店」
は小さな個人商店です。なのでまずフェア展示会場での雑談から始めてみることに
しようと思いました。

次世代店頭プリント受付機「WPS(ワンダープリントステーション)」の展示コーナー
で、説明スタッフの方に実例も交え少しお話しを聞いていただきました。上記記事の
最初の方に書いた「お客さまのスマホが万一故障などのアクシデントに遭った場合
でもお写真のプリントを受注できるよう、店頭受付機も各社クラウドサービスからの
撮影データ読み込みに対応していることが理想」ではと考えている件についてです。

要望としてお伝えしたのではなく、あくまで雑談の中で聞いていただいたお話しです。
それでも、実現の可能性については、これから見えてきそうな期待感は抱けました。

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 19:32| サービスの最新情報

2018年02月10日

富士フイルム2018年大商談会改め、フォトイメージングフェア〔セミナー編〕 「WONDER PHOTO SHOPで見えてきたフォトピジネスの可能性」を聴講して思ったこと

*この記事は、2018年2月7日付記事の続きです。

注)今回の一連の記事は会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容やセミナーの講義内容等をレポートするものではありません。

 ☆フォトビジネスセミナー:
  「WONDER PHOTO SHOPで見えてきたフォトピジネスの可能性」
  を聴講して思ったこと、感じたこと

  はじめに

2014年2月7日、東京・原宿に富士フイルムさん直営の写真店、
「WONDER PHOTO SHOP(ワンダーフォトショップ)」がオープンして満4年です。

今回のフォトビジネスセミナーでは、富士フイルムイメージングシステムズさんの
需要創造・フォトプリントグループ担当部長さまから、直営店での様ざまな事例と、
スマホ時代ならではのフォトビジネスの新たな可能性について、貴重なお話しを聞
かせていただくことができました。なかなか現地を見学する時間が取れないので、
ありがたく聴講させていただきました(実は私たちはまだ訪問したことがないのです)。

私たちは2日目の聴講でしたが、百席以上ある会場はだいぶ席が埋まっていました。
初日はさらに盛況だったことでしょう。

講義内容については“非公開”ですので、この記事でレポートすることは控えさせて
いただきます。ここでは聴講して思ったこと、感じたことをまとめてみたいと思います。

▽欧風のカフェを想わせる東京・原宿の「WONDER PHOTO SHOP」の店内。
 2014年2月オープン当事の当ブログ関連記事は、こちらをご覧ください。
ffnr0849_02.jpg
 (c)富士フイルム

  「スマホを写真店に持っていくだけ!」
  スマホ時代ならではのフォトビジネスの新たな可能性を拡げるために

「WONDER PHOTO SHOP」は、
原宿という立地環境から当初はアンテナショップ的な性格のお店さんのような印象も
受けましたが、長く続けたことで近隣のお店や企業さんから仕事関係のプリント注文
も増えてきているそうです。また、外国からの観光のお客さまの間でも人気が高まり
つつあるとのことです。目新しさから便利さにお客さまの関心が移っているのでしょう。

デジカメやモバイルノートパソコンは、必ずしも毎日持ち歩くものではないですよね。
一方スマホは、誰もがいつでも持ち歩くものになりました。写真撮影での使用頻度も、
富士フイルムさんの調査ではデジカメは激減し(レンズ交換式高級デジカメを除く)、
ここ数年でスマホが圧倒的に増えているそうです。特に若い女性のお客さまの間で
そうした傾向が目立つことから、対象のお客さまとして重要視しているということです。

お客さまがスマホ時代のフォトビジネスに求められることは、いつも手元にスマホが
あるのと同じように、毎日の暮らしの側に写真プリント店もあることだと思っています。
高品質なサービスが手軽にご利用いただけて、すぐプリントをお持ち帰りになれる。
それこそ写真専門店にお客さまが求めていらっしゃる条件でしょう。このことは今回
のセミナーでも紹介されたアンケートの調査結果でも裏付けられているところです。

店頭にカメラやフィルムを並べ現像の受け渡しができれば写真専門店が成り立った
時代も今は昔です。富士フイルムさんは世界でも稀な大手総合写真メーカーとして、
お客さまの「撮る」「残す」「贈る」「飾る」という目的のすべてにお応えしようと、レンズ
交換式高級デジカメから小さなフォトギフト用品まで、製品やサービス、イベントの
充実に努めてくださっていると感じてます。街の写真屋さんはその身近な窓口です。

「インスパイア店」と、いうのでしょうか(某ラーメン屋さんのお話しではないですよ)。
「WONDER PHOTO SHOP」のオープン以来この富士フイルムさんの直営店の
スタイルから啓発を受けるお店さんが増えていることは、お客さまにとって喜ばしい
ことだと思います。当店が目指しているのは駅の側かつ車社会対応の無料駐車場
直結の「WONDER PHOTO SHOP」の「インスパイア店(田舎風)」ですv(^^)v

  プリントだから、大好きなお写真であなたのお部屋をいっぱいにしてハート
  「WPS(ワンダープリントステーション)」のプリントサービスの中から
  ワンダーシャッフルプリント&「デザインコラージュプリント」(姉妹品)
  豊富なデザインの一部をご紹介します(*^_^*)

当店導入の次世代店頭プリント受付機「WPS(ワンダープリントステーション)」で
ご注文いただける、店内当日仕上げのバラエティ豊かなプリントサービスの中から
人気のメニュー
をこの機会にご紹介させていただこうと思います。店頭受付機では
ご注文にならなくても「ワンダーシャッフルプリント」や「デザインコラージュプリント」
他のすべてのデザインをご覧になれます。もちろん見物大歓迎ご遠慮なくどうぞ!
注)下図は実際のプリントと色調が異なって見える場合があります。ご了承ください。
注)当店ではA5判、6PW判、4PW判はお取扱いしていませんのでご了承ください。

▽プリントメニュー別人気デザインランキング。
 「デザインコラージュプリント」定番テンプレート(左上)。
 姉妹品「ワンダーシャッフルプリント」(右上)には“フリーコメント機能”もあり、自由
 に文字を入れられます。また、背景も20色の中からお好きな色が選べます(下)。
WPStenpuretoninkirankingudezainkoraju.jpgWPStenpuretoninkirankinguwandashaffuru.jpg
Wondershufflemenu_1_3543x2516_24bit.jpg
 (c)富士フイルム

▽「デザインコラージュプリント」用途別メッセージ入りテンプレートのご紹介(上・中)。
 新テンプレートにはA4判限定もあります(左下)。定番テンプレートの数々(右下)。
DesigncollageTemplate_1709.jpgDesigncollageTemplate.jpg
dezainkorajutsuikapurintomenyu.jpgDesigncollagemenu_1_3543x2516_24bit.jpg
 (c)富士フイルム

ワンダーシャッフルプリント&「デザインコラージュプリント」(姉妹品)
 各サイズの当店での価格 (消費税8%込、店内当日仕上げOK!)
 *料金およびサービス内容は予告なく変更する場合があります。

 KG判(102×152mm)=309円
 2L判(127×179mm)=540円
 A4判(210×297mm)=864円 ← おススメハート
 (当店では、上記3種類のサイズをお取扱いしています。)

上記のバラエティ豊かなプリントサービスの詳細は、
富士フイルムさんの「写プライズ」公式サイトをご覧ください。

  ≪3月発売予定≫
  フォトギフト新製品「Photo Gift Wrap」との組み合わせもおススメハート
  ぜひ、お試しください!

上記プリントサービスは、「〜フォトイメージングフェア〔中編〕〜」記事中でもご紹介
の期待のフォトギフト新製品「Photo Gift Wrap」との組み合わせもおススメです。
(次の各画像は当ブログ2018年2月3日付記事からの再掲載になります。)

▽「Photo Gift Wrap」です。3月発売予定の、期待のフォトギフト新製品です。
 プリントが5枚程入るシックでカジュアルなケースは組み立てるとお写真を飾れる
 フォトスタンドになります。封筒付きのセット販売なので郵送にも便利です。
180126_IMG_1814-edit.JPG

▽会場で配布されていたフォトギフト製品の栞(しおり)から。
 「Photo Gift Wrap」にはサイズがL判、2L判のほか、A4判もあります。今後の
 種類の充実にも期待が高まりますね。右側の「Photo Gift Tag」も楽しそう♪
180126_gift104_f.JPG
 (c)富士フイルム

お客さまのご意見ご要望をいただき、当店の定番商品に育てて参りたいと思います。
くり返しになりますが、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 21:55| フォトライフ

2018年02月07日

富士フイルム2018年大商談会改め、フォトイメージングフェア〔後編〕 「WALL DECOR(ウォールデコ) プリント」の店頭受注サービスがいよいよ今夏スタート!

*この記事は、2018年2月3日付記事の続きです。

注)今回の一連の記事は会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容やセミナーの講義内容等をレポートするものではありません。

 時を飾ろう 壁に飾る、
  富士フイルム「WALL DECOR(ウォールデコ) プリント」の
  店頭受注サービスがいよいよ今夏スタート!

昨年2月の富士フイルム大商談会でも“参考商品”として展示されていた新しい
「WALL DECOR(ウォールデコ)プリント」が、今夏から「店頭機対応」します!
(当ブログの2017年2月4日付記事をご覧ください。)

▽昨年6月20、21日にパシフィコ横浜で開催のフォトグラファーズ&フォトビジネス
 フェア「PHOTONEXT2017」(写真館、写真店向け関連用品展示)にも出品され
 たバリエーション豊富な「WALL DECOR(ウォールデコ)プリント」の各サンプル。
 ご注文後は富士フイルムさんの総合ラボでプリントされ、すぐ飾れるよう加工まで
 されて店頭に届きます。シンプルなパネル張りの「カジュアル」タイプは、ラボ加工
 だからこそできる仕上りです。フレーム入りとは違った趣を、ぜひお楽しみください。
170620_IMG_0826.jpg

▽最初はインターネット限定でしたが、店頭受注サービスがいよいよ今夏スタート!
 当店「アルバムショップ しゃしんのポップ」が導入を進めている次世代店頭受付機
 「WPS(ワンダープリントステーション)」で仕上がりイメージを確認しながらご注文
 いただけるようになります。当店スタッフにどうぞお気軽にご相談ください。左上に
 飾られた見応えあるサンプルは当店お勧めの「カジュアル」タイプの「A2サイズ」。
180126_IMG_1822.jpg

▽会場で配布されていた「WALL DECOR(ウォールデコ)プリント」の栞(しおり)。
 「カジュアル」、「ギャラリー」、「ミュージアム」、「キャンバス」の4種類が揃います。
180126_walldecor101_f.JPG180126_walldecor102_f.JPG
 (c)富士フイルム

 ☆当店お勧めの「WALL DECOR(ウォールデコ) プリント」はズバリ 
  価格がリーズナブルな「カジュアル」タイプの「A2サイズ」!

「WALL DECOR(ウォールデコ) プリント」の店頭受注サービスは昨年秋頃開始の
予定でしたが、種類やサイズをより充実させるため、今夏スタートになったようです。
「キャンバス」や「A2サイズ」はこの度新しく計画に追加された注目のメニューです!
(当ブログの2017年7月4日付記事をご覧ください。)

 (c)富士フイルム

 カジュアルタイプ|WALL DECOR(ウォールデコ)|富士フイルム

▽パネル周囲の仕上げは木目テープ。写真がぐっと引き締まります。
 注)加工の都合上、お写真の周辺は多少カットされます。予めご了承ください。
 (左)とっておきの写真はA2サイズの大きなパネルに。文化祭や展覧会にお勧め。
 (右)付属の棒で、自立式のフォトスタンドにも(スクエアmini、6P、A4、A3のみ)。
walldecor-casual_ph_05.jpgwalldecor-casual_ph_03.jpg
 (c)富士フイルム

▽各サイズの比較。表側(左)と裏側(右)。サイズ名は次の価格表をご参照ください。
 A3サイズでも613グラムと軽いので、付属の棒で立て掛けて飾ることができます
walldecor-casual_size_front.jpgwalldecor-casual_size_back.jpg
 (c)富士フイルム

▽「カジュアル」の「メーカー希望小売価格。標準仕様の光沢紙の税込価格です。
 A2判が、税込8,640円とリーズナブル。プラス400〜600円で、お部屋にフィット
 したマット(ラスター)や、より光沢感のあるパールペーパーなどへも変更できます。
 全タイプの仕様とメーカー希望小売価格は、こちらの表(PDF)をご参照ください。
walldecor-casual_price.jpg
 (c)富士フイルム

次のリンクから
「WALL DECOR(ウォールデコ) プリント」の特設サイトへアクセスできます。

 WALL DECOR(ウォールデコ)|富士フイルム

 (c)富士フイルム

posted by しゃしんのポップ本店 at 01:47| サービスの最新情報

2018年02月03日

富士フイルム2018年大商談会改め、フォトイメージングフェア〔中編〕 会場の展示品から、期待のフォトギフト新製品のご紹介

*この記事は、2018年1月28日付記事の続きです。

注)今回の一連の記事は会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容やセミナーの講義内容等をレポートするものではありません。

  突然ですが、何のキーワードでしょう?

FRIEND / LOVERS / BRIDAL / FAMILY /
BABY / KIDS / TRAVEL / PET

昨年末に富士フイルムさんから届いた今回の「フォトイメージングフェア」の案内状に、
前回の「大商談会」と「大きく違うところ」として次のように書かれてあり、楽しみでした。

お客様が日々撮影している被写体分析の結果で、
どんな被写体にどんな付加価値プリントが魅力的かを
「撮る」「残す」「贈る」「飾る」のライフスタイル提案の中で現物等を紹介し、
ご提案してまいります。

その一例が、こちらの展示です!

▽「KIDS(お子さま)」、「TRAVEL(ご旅行)」に魅力的なプリントサービスのご提案。
 上記の「FRIEND」から「PET」までの各キーワードは、
 「お客様が日々撮影している被写体分析の結果」を分類し表現したものなのです。
 小売店向けの展示内容なので、ここではごく一部だけご紹介させていただきます。
180126_IMG_1803-edit.JPG
 (c)富士フイルム

当店「アルバムショップ しゃしんのポップ」は、住宅地に密着した写真プリント店です。
お客さまからのプリントサービスのご注文は、もちろんご家族のスナップ写真が多く、
中でも華やかな賑わいを見せているのが、お子さまやご旅行のお写真です(^^)/
当店のサービスの未来像が、まさにこの1コマに凝縮されているような展示ですね!

 ☆「シーン別ビジネス提案」のコーナーから
  期待のフォトギフト新製品のご紹介 その1

ここで、上の写真の「KIDS(お子さま)」の展示にご注目ください。
上段にさりげなく置かれた濃紺色の表紙のフォトアルバムこそ、期待の新製品!
の試作品なのです(デザインや商品名は、まだ正式には決まっていないようです)。

▽試作品の中を拝見させていただきました。
 特殊素材のポケット式で、何と「L判プリント」がタテヨコどちらにも入れられます
 向きを持ち変えずに見られるアルバムはお客さまからのご要望が多かったので、
 これならご期待にお応えできそうですね。
180126_IMG_1819-edit.JPG
180126_IMG_1821-edit.JPG180126_IMG_1820-edit.JPG
「L判プリント(89×127mm)」だけでなく話題の「ましかくプリント(89×89mm)」
 昨年春に新登場の「ましかく 127mm プリント(127×127mm)」も収納できます
 中でプリントがずれにくいよう、ポケットが特殊なフィルムで作られているのが特長。
 今年の前半には商品化される見通しなので、期待したいです。

富士フイルムさんの説明スタッフの方に、当店のお客さまへぜひお勧めしたい新製品
の予定についておたずねしたところ、上記の試作品を丁寧に説明してくださいました。
あわせて、次の3月発売予定のフォトギフト新製品についても、説明していただく機会
がありました。こちらもお写真をプリントすることがますます楽しくなるような製品です。
素敵な提案をしてくださって、どうもありがとうございます(^^)

 ☆「シーン別ビジネス提案」のコーナーから
  期待のフォトギフト新製品のご紹介 その2

▽「シーン別ビジネス提案」のコーナーで。仲田の手元のテーブルにご注目ください。
180126_IMG_1805-edit.JPG

▽「Photo Gift Wrap」です。3月発売予定の、期待のフォトギフト新製品です。
 プリントが5枚程入るシックでカジュアルなケースは組み立てるとお写真を飾れる
 フォトスタンドになります。封筒付きのセット販売なので郵送に便利です。このよう
 な製品も、これまでお客さまからのご照会が多かったので探していたところでした。
180126_IMG_1814-edit.JPG

▽「Photo Gift Wrap」は、「TRAVEL」に魅力的なプリント提案の下段でも展示。
 2L判の記念集合写真のプレゼントにもピッタリなフォトギフト製品だと思います。
180126_IMG_1803-edit.JPG
 (c)富士フイルム

▽会場で配布されていたフォトギフト製品の栞(しおり)から。
 「Photo Gift Wrap」にはサイズがL判、2L判のほか、A4判もあります。今後の
 種類の充実にも期待が高まりますね。右側の「Photo Gift Tag」も楽しそう♪
180126_gift104_f.JPG
 (c)富士フイルム

▽まだまだたくさんのフォトギフト製品があります。
180126_gift101_f.JPG180126_gift102_f.JPG
 (c)富士フイルム

▽表示価格は「メーカー希望小売価格」です。
180126_gift103_f.JPG180126_gift105_f.JPG
 (c)富士フイルム

お客さまのご意見ご要望をいただき、当店の定番商品に育てて参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

posted by しゃしんのポップ本店 at 01:22| 季節商品・キャンペーン商品・今話題の商品

2018年02月02日

本日2月2日(金)は積雪のため開店時間を一時間繰り下げ、朝10時半の開店とさせていただきました

  2018年2月2日(金)は積雪のため
  開店時間を一時間繰り下げ、朝10時半の開店と
  させていただきました

本日積雪のため開店時間を一時間繰り下げ、
朝10時半の開店とさせていただきました。
開店が遅くなりましたことを、深くお詫び申し上げます。
夜は平常通り、夜7時半まで営業する予定です。

越生の積雪は約5センチですが、車道の雪はほぼ融けて通行可能です。
所どころ雪がシャーベット状で滑りやすくなっているので、お出かけの際
は歩行や運転に十分ご注意ください。

午前11時現在、雪は雨に変わって、次第に小降りにっなてきています。

また、当店玄関付近は屋根からの落雪がございます
大変おそれいりますが、ご来店の際はどうか
頭上にもご注意くださいますよう、お願申し上げます<(_ _)>

▽朝10時20分頃の当店前の状況。その後、除雪を進めています。
180202_IMG_1964.jpg

昨日2月1日(木)は、雨が雪に変わる時間が夜8時半過ぎでしたので、
普段通り夜7時半まで営業いたしました。

今朝は車で早めに出勤する予定でいたのですが、
途中の道路状況が分からなかったことから、
急きょ路線バスと鉄道を乗り継いでの出勤に変更したため、
開店が遅くなってしまいました。
お客さまにご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

▽雪の越生駅(下2枚)と越生の街並み(上)。2018年2月2日朝10時過ぎ撮影。
180202_IMG_1958.jpg
180202_IMG_1957.jpg180202_IMG_1962.jpg

〔追記〕

朝10時半現在、鉄道は東武東上線・越生線、JR八高線(高麗川〜高崎)
とも動いています。
今後ダイヤが乱れる可能性もありますので、運行状況にご注意ください。
各線の運行状況は次のリンク先をご参照ください。

東武鉄道運行状況(公式サイト)
posted by しゃしんのポップ本店 at 10:48| お知らせ