2018年11月26日

富士フイルムさんのスマホアプリ「FUJIFILMおみせプリント(わいぷり)」が2018年11月19日に仕様変更のバージョンアップ! 「Android」スマホご利用のお客さまは本アプリの「ストレージ」と「位置情報」の権限を「ON」にしてください

  富士フイルムさんのスマホアプリ
  「FUJIFILMおみせプリント(わいぷり)」が
  2018年11月19日に仕様変更のバージョンアップ!

「おみせプリント」(以下、「わいぷり」)アプリの最新バージョンが、
2018年11月19日に富士フイルムさんからリリースされました。

▽無料アプリをダウンロードしてWi-Fi通信で簡単注文!
 店頭受付機へケーブル接続しなくても無線通信で簡単にプリント注文ができます。
171027_index_img_01.jpg
171107index_img_05.jpg
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  「スマホからプリントする」 富士フイルム公式サイト内

今回は新機能追加が無い仕様変更のみのバージョンアップですが、
それに伴い、お客さまへお願いしたいことなど2、3ございますので、
当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』でも
仕様変更の概要をお知らせしたいと思います。

今回の最新バージョンは、
「Android版」がVer2.6.3、「iPhone版」がVer2.3.2になります。
お手数ですが今一度お客さまのお手元のスマホをお確かめください。

  「FUJIFILMおみせプリント(わいぷり)」アプリの
  2018年11月19日リリース最新バージョンの変更点と
  お客さまへのお願い

  「Android」スマホご利用のお客さまは
  本アプリの「ストレージ」と「位置情報」の権限を
  「ON」にしてください


 1.「Android版」、「iPhone版」共通の変更点

日付画面、アルバムTOP 画面、アルバム詳細画面の下部にバージョン情報が表示
されるようになりました。

また、プリントの仕上がり品質への考慮から画像サイズが480ピクセルより小さい場
合は非対応画像となりました。
全画像選択時も、480ピクセルより小さい画像は非対応画像となります。

 ご参考)当ブログ本文中のサムネイル画像は、長編が最大で420ピクセルです。

 *お客さまへのお願い

480ピクセルより小さい画像でも「シャッフルプリント」など小さくコマ割りするプリント
なら、お客さまのアイディア次第で楽しくご活用いただけます。どうぞお試しください。
480ピクセルあれば、40mm程度の長さでプリントするのに十分足りるサイズです。
「ましかく広フチプリント(89×89mm)」でも、問題なくきれいにプリントできます。

 関連リンク)
  写真で仕掛けるサプライズ「写プライズ」しよう。(富士フイルム公式)

▽小さくコマ割りするプリントの一例。プリントメニュー別人気デザインランキング。
 「デザインコラージュプリント」定番テンプレート(左)。
 姉妹品「ワンダーシャッフルプリント」(右)には“フリーコメント機能”もあって自由
 に文字を入れられます。また、背景も20色の中からお好きな色が選べます(下)。

WPStenpuretoninkirankingudezainkoraju.jpgWPStenpuretoninkirankinguwandashaffuru.jpg
 (c)富士フイルム

480ピクセルより小さい画像は、スマホでの再生画面をスクリーンショットで保存して
いただければ、「わいぷり」に対応させることができます。黒バックなど不要な背景は、
店頭プリント受付機の編集機能でもカットできます。このテクニックをぜひご活用くだ
さいますようよろしくお願いいたします(日付は入りませんので何とぞご了承ください)。

なお、スクリーンショットの撮影方法については、
次の当ブログ記事をご参照ください。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2015年06月27日付記事
  スマホで撮ったビデオ映像も、ぜひ“お店プリント”してください
  http://poppop.sblo.jp/article/146279368.html

▽「Android版」、「iPhone版」共通の変更点が表示されたスクリーンショット。
 「480ピクセル未満の画像は対象外です」の確認ボタンと選択画面上の「非対応」
 の表示。下部にバージョン情報(画像は「わいぷり iPhone版 Ver2.3.2」より)。
181120minilab_tech_iPhone2_3_2.jpg
 (c)富士フイルム

 2.「iPhone版」のみの変更点

「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の画面サイズに対応しました。

 3.「Android版」のみの変更点 重要!

「わいぷり」起動時に、ストレージおよび位置情報の権限が無い場合は権限付与を
促すメッセージが表示されるようになりました。

 *「Android」スマホご利用のお客さまへのお願い

今回のバージョンより、位置情報をONにしないと「わいぷり」接続が不可となります。
「わいぷり」の位置情報設定は、「お知らせ」画面の「設定」から入ることができます。
「アプリの権限」で「ストレージ」と「位置情報」の権限を「ON」にしてくださいますよう、
よろしくお願いいたします。

▽「Android版」の変更点が表示されたスクリーンショット(例)。
 「わいぷり」起動時に「お知らせ」画面(左)が表示された場合、「設定」ボタンから
 「アプリ情報」(中央)、「アプリの権限」(右)へと進み、「ストレージ」と「位置情報」
 の権限を「ON」にしてください(画像は「わいぷり Android版 Ver2.6.3」より)。
181120minilab_tech_android2_6_3.jpg
 (c)富士フイルム

以上の通り、お知らせいたします。
ご不明な点は当店スタッフに、どうぞご遠慮なくご相談ください(^_^)

↓ 続いての記事は、ご参考用です。

  富士フイルムさんのスマホ用アプリ
  「FUJIFILMおみせプリント(わいぷり)」から
  スマホ内の
お写真がお店で簡単にプリント注文できます!

▽無料アプリをダウンロードしてWi-Fi通信で簡単注文!
 店頭受付機へケーブル接続しなくても無線通信で簡単にプリント注文ができます。
171027_index_img_01.jpg
171107index_img_05.jpg
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  「スマホからプリントする」 富士フイルム公式サイト内

富士フイルムさん提供の「FUJIFILMおみせプリント」アプリ、
略称「わいぷり(Wi-Fiプリント注文ソフト)」は、スマホに保存されたお写真データを、
店頭受付機へケーブル接続しなくても高速無線通信で簡単にプリント注文ができる
無料のアプリです。「iPhone」スマホ用、「Android」スマホ用がございます。
(「Android」スマホは受付機の仕様の関係で、今はケーブル接続に非対応です。)

▽当店が導入を進めている富士フイルムさんの次世代店頭プリント受付機、
 「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面です。
 スマホアプリ「おみせプリント(わいぷり)」に対応し「Facebook」「Instagram」
 へお客さまがスマホから保存されたお写真も直接オンラインで読み込み、快適に
 受付操作していただけます。 ピンチやスワイプなどスマホ感覚の快適操作と23
 インチのワイドディスプレイが自慢(2017年1月6日付記事も併せてご覧ください)。
 「Facebook」「Instagram」へお客さまがスマホから保存されたお写真を直接
 オンラインで読み込む機能は、仕様変更により、2018年10月16日限りで終了に
 なりました。何とぞご了承ください。)
170611_IMG_0776.JPG
 (c)あるばむハウス しゃしんのポップ
posted by 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ at 20:15| サービスの最新情報

2018年11月16日

東上線の「TJライナー」を座席指定制に 東武鉄道が検討開始

  東上線の「TJライナー」を座席指定制に
  東武鉄道が検討開始

東武鉄道は2018年11月16日、
「東武グループ中期経営計画の推進」(2018年度第2四半期)を発表しました。

その中で今回、東上線の「TJライナー」の座席指定化が具体的に掲げられ、新たに
検討開始されることが分かりました。

▽東武東上線の座席定員制有料列車「TJライナー」で活躍中の東武50090型電車。
 東武50090系電車、東武50000系列50090型電車と呼ばれることもあります。
about_tj01_l.jpg
 (c)東武鉄道

「TJライナー」は東上線の座席定員制有料列車(着席列車)で、
当店「安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ」の地元の足、越生(おごせ)線と坂戸駅で
乗り換えできます。

 関連リンク)
  TJライナー | 東武鉄道

▽「東武グループ中期経営計画の推進」(2018年度第2四半期)より抜粋〔写し〕。
 「TJライナー」の座席指定化や主要路線における着席列車の運転拡大等を検討。
 (それはともかく、特急列車はどれもかっこいいですね。)
tobu_chukei_2-181116-13p.jpg
  (c)東武鉄道

 関連リンク)
  IR情報・電子公告 | 東武鉄道ポータルサイト
  2018年11月16日付更新
  「東武グループ中期経営計画の推進」(2018年度第2四半期)(PDF

東上線の「TJライナー」は必ず座れるサービスが好評の座席定員制有料列車ですが、
指定されるのは乗車車両だけなので、お連れ様と席が離れてしまう場合もありました。
「TJライナー」で活躍中の東武50090型電車の各座席には予め番号が割り当てられ
ているので、それがいよいよ座席指定化に活かされることになるわけです。

これまで「TJライナー」をご家族や大事なお連れ様と利用する場合、席が離れないよう
早くからホームの乗車位置に並んで待つ必要がありました。座席指定制なら隣合う席
を指定でき、ゆっくりホームへ向かえば良いので安心してお出かけに利用できますね。
特に、カップルやお子さま連れのお客さま、介護者の付添いが必要な方には朗報です。

  現在の「TJライナー」及び
  東武50090型電車のご紹介

 「TJライナー」 
 ・運転開始 下り方向 2008年6月14日/上り方向 2016年3月28日
 ・主な区間 東武東上線池袋駅〜森林公園駅・小川町駅(下りのみ)
 ・運転時間 朝の上り方向(平日のみ2本)/夕方〜夜の下り方向(毎時30分間隔)
 ・座席料金 大人・小児とも310円〜410円(着席整理券・号車指定の座席定員制)
 ・公式WEB TJライナー | 東武鉄道
  http://railway.tobu.co.jp/tj/

運転開始から今年10周年を迎えた東武東上線の座席定員制有料列車「TJライナー」
はこの間、東武鉄道によると累計1100万人の方々に利用されたそうです。朝の上り
森林公園発池袋行きは全区間有料ですが、夕方以降の下りは池袋駅からの乗車時
のみ有料の座席定員制で、途中停車駅からは追加料金不要の速達列車(東松山駅
から先は各駅に停車)になります。ふじみ野駅を下りの最初の停車駅に選んだことで、
途中川越駅からの乗車も比較的着席しやすく快適な速達列車として喜ばれています。

▽東武東上線の座席定員制有料列車「TJライナー」で活躍中の東武50090型電車。
  【再掲載】
about_tj01_l.jpg
 (c)東武鉄道

▽ロングシート状態の東武50090型車内(「TJライナー」としての運転時以外など)。
about_tj04_l.jpg
 (c)東武鉄道

▽クロスシート状態の東武50090型車内(主に「TJライナー」としての運転時)。
 座席の前後間隔が広く且つプライバシーも保てます。座席の向きは変えられます。
 東上線には現在、座席指定制の定期列車は運転されていませんが、各座席には
 予め番号が割り当てられています。なお、WCは現時点では設置されていません。 
about_tj03_l.jpg
 (c)東武鉄道

  東上線の新しい列車
  「東武川越特急(仮称)」も
  「TJライナー」と同様の座席指定制になるのか?

「東武川越特急(仮称)」(以下「川越特急」)とは、
2018年2月22日付で東武鉄道株式会社から登録出願された商標です。
次の商標とも併せて、計4件が同時に出願されました。

 商願2018-21427 東武川越特急
 商願2018-21428 東武川越急行
 商願2018-21429 東武川越エクスプレス
 商願2018-21430 東武川越ライナー

 出願人:東武鉄道株式会社
 出願日:2018年2月22日/公開日:2018年3月13日

 出典)
  独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)運営サイト
  「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」より
  https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」の2018年11月13日付更新で、
 「東武川越特急」を含む上記4件が「審査待ち」から「審査中」になりました。
 さらに2018年11月27日付更新で、同年11月9日付で商標登録が済んだ
 ことが分かりました。

間接的な情報によれば、東武鉄道では「川越特急」を日中の川越観光需要に合わせ
た池袋〜川越間最速の新しい種別の列車として検討中とのことで、「TJライナー」とは
停車駅が異なる列車になる見込みです。また、着席ニーズに応える下り「TJライナー」
も、平日・土休日とも増発を検討中とのことです。池袋発30分間隔はそのままに運転
時間帯の拡大が図られるのでしょうか。2019年3月頃を目途に実施されるようです。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2018年9月26日付記事
  【有料?】東武東上線の新しい列車「東武川越特急(仮称)」とは?【無料?】

「TJライナー」の座席指定化に向けた準備が整うことで、「川越特急」も座席指定制の
新しい列車として検討中であることが予想されます。いずれも2019年3月頃に実現
すると思われます。特に、早朝から午前中の上り方向へ平日・土休日とも運転される
ようになれば、越生からの東京方面へのお出かけもより便利で快適になりそうですね。

  2019年の春
  新しく生まれ変わる越生駅で
  東上線の座席指定券は購入できるのか!?

「TJライナー」の着席整理券は現在、坂戸駅を除く越生線各駅では購入できません。
これは非常に残念なことです。TJライナーチケットレスサービスを利用すればスマホ
などのインターネット端末で購入できますが、故障や電池切れの心配は否めません。
(余談ですが、現時点で「TJライナー」車内に電源コンセントは備えられていません。)

当店「安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ」の最寄駅である東武越生線及びJR八高線
の越生駅は現在、2019年春のリニューアルオープンを目指し目下工事進行中です。
この件は先述の「東武グループ中期経営計画の推進」にも記載されています。是非、
完成後は越生駅の券売機で東上線の座席指定券も購入できるようにして欲しいです。
地元のお客さまだけでなく、越生観光のお客さまにとっても利便性が高まるはずです。

▽「東武グループ中期経営計画の推進」(2018年度第2四半期)より抜粋〔写し〕。
 改築後の越生駅と駅東西を結ぶ自由通路(跨線橋)は2019年春供用開始です。
tobu_chukei_2-181116-16p.jpg
 (c)東武鉄道

 関連リンク)
  IR情報・電子公告 | 東武鉄道ポータルサイト
  2018年11月16日付更新
  「東武グループ中期経営計画の推進」(2018年度第2四半期)(PDF

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2017年5月31日付記事
  越生町が平成31年3月末の完成を目指してる『越生駅東口開設事業』と、
  5月12日発表の『東武グループ中期経営計画2017〜2020』について

今後の動向を、追ってお知らせして参りたいと思います。



2019年1月20日追記)

*2019年1月17日、東武鉄道さんから正式発表がありました。

 「川越特急」の座席は「TJライナー」や一部の「快速急行」と同じ回転式の二人掛け
 クロスシート仕様ですが、(デビュー時点では)全車両とも普通乗車券のみで乗車
 でき、特急料金は不要とのことです。

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月17日付ニュースリリース
  3月16日(土) 東武東上線ダイヤ改正
  東上線に新種別「川越特急」が誕生します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2019年1月17日付記事
  【坂戸駅停車】東武東上線の新しい列車「川越特急」が正式発表
  2019年3月16日(土)ダイヤ改正でデビュー
  池袋〜川越間は最速26分と「TJライナー」に匹敵【速報】
posted by 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ at 23:14| 旅のヒント

2018年11月12日

【続報】韓国のサムスン電子さんが、畳めばスマホ、開けばタブレットになるデジタルカメラの2019年3月発売を予告【折り畳み式スマホ】

  韓国のサムスン電子さんが
  畳めばスマホ、開けばタブレットになる
  デジタルカメラの2019年3月発売を予告

前回の記事は、次のリンク先をご参照ください。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2018年11月8日付記事
  韓国のサムスン電子さんが、畳めばスマホ、開けばタブレットになる
  デジタルカメラの開発を発表【折り畳み式スマホ】
  http://poppop.sblo.jp/article/184876216.html

週明けの今日、続報が入ってきました。
各記事の“見出し”にご注目ください。

 関連ニュース)
  「中央日報 日本語版」2018年11月12日付記事
  サムスン、折りたたみ式スマホを来年上半期発売…最初の生産規模は100万台
  https://japanese.joins.com/article/002/247002.html?servcode=300&sectcode=330

 関連ニュース)
  「聯合ニュース」2018年11月12日付記事
  サムスン電子の折り畳みスマホ 来年3月発売を目標に準備
  http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2018/11/12/0500000000AJP20181112004000882.HTML

 関連ニュース)
  「Engadget 日本版」2018年11月12日付記事
  サムスンの二つ折り画面スマホGalaxy F (仮)は約20万円で3月発売?
  新ジャンル「フォルダブル」は各社が投入
  ファーウェイやLGも発売予定

▽2019年3月発売を目標に生産準備中とされる「Galaxy F(仮)」。

 NO IMAGE 

 (c)サムスン電子

  「サムスンの二つ折り画面スマホGalaxy F(仮)は
  約20万円で3月発売?」

「約20万円」だそうです。




また今度にしましょうか(今度って、いつ?)。
posted by 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ at 23:23| 業界の話題

2018年11月08日

韓国のサムスン電子さんが、畳めばスマホ、開けばタブレットになるデジタルカメラの開発を発表【折り畳み式スマホ】


  韓国のサムスン電子さんが
  畳めばスマホ、開けばタブレットになる
  デジタルカメラの開発を発表

「〜デジタルカメラの開発を発表」というタイトルにしたのは、
サムスン電子さんには“カメラメーカー”としての実績があるからです。
日本では諸般の事情からか、サムスンブランドのカメラの店頭販売はあまり見られ
ませんでしたが、海外では有名カメラメーカーとして、長い間親しまれてきました。
そのようなメーカーであるサムスン電子さんへの敬意を、記事タイトルに込めました。

▽Android OSで作動するLTE対応の新開発レンズ交換式デジカメ
 「Galaxy Camera NX」(2013年6月20日発表)。
c278724d.jpg
 (c)サムスン電子

▽初代「Galaxy Camera」(2012年11月発売)。
galaxy_img1.jpg
 (c)サムスン電子

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2013年6月19日付記事
  「スマホみたいに使えるデジカメ」スマートカメラ続々登場!?

私は以前、「タブレットこそ高倍率ズームレンズの搭載を!」という記事の最後に、

価格は高くなるかもしれませんが、物理的にはタブレットの方がサイズの
制限が厳しいスマホより高倍率ズームレンズの搭載はしやすいはずです。
タブレットもデジカメも両方得意なメーカーというのは今のところ限られて
いますが、各社に挑戦してもらえれば私たちの写真の楽しみ方も大きく
広がることが期待されます。今後の展開に注目したいと思います。

と書きました。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2014年5月1日付記事
  タブレットこそ高倍率ズームレンズの搭載を!

また、「2015年はスマホ&タブレットがフォトライフの主役に!」という記事の中で、

大きく見やすい液晶画面は、撮影にも再生にも、そして様々なアプリ
を活用するにも、実に便利で快適です。
お客さまはタブレットについて、決してデジカメの代用品ではなく、
新しいスタイルのデジカメとして魅力を感じていらっしゃるようです。

とも書きました。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2015年1月28日付記事
  2015年はスマホ&タブレットがフォトライフの主役に!

「スマホやタブレットにカメラなど要らない」というご意見も確かにあるでしょう。しかし、
カメラは通信機能と高度に一体化することで、はじめてその発明が完成されるのだと
私は考えます。発明完成まで最短距離にいるのがサムスン電子さんかもしれません。
(畳めばスマホ、開けばタブレットになる製品は、何社かの開発が報じられています。)

  開発中の折り畳み式スマホ試作機を
  「Samsung Developer Conference 2018」で
  米国時間の2018年11月7日に発表

前置きが長くなり申し訳ありません。ここから本題です。

試作品の画像は開発中のため、サムスン電子さんからはまだ公表されていません。
なので、気になる外観も含め、詳細は次の関連ニュースのリンク先をご参照ください。
あくまで試作品、プロトタイプなので、搭載カメラのスペックなどは未定です。

 関連ニュース)
  「Engadget 日本版」2018年11月7日付記事
  サムスン、開けば大画面の手帳型スマホ公開。
  折り畳みディスプレイ Infinity Flex 採用
  新ジャンル「フォルダブル」時代到来

 関連ニュース)
  「Engadget 日本版」2018年11月7日付記事
  折り畳み画面スマホ「フォルダブル」は各社から2019年発売。
  Androidが正式対応
  新機能「マルチアクティブウィンドウ」も導入

 関連ニュース)
  「ケータイ Watch」2018年11月8日付記事
  サムスン、画面を折りたためるスマホを開発
  https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1152213.html

 関連ニュース)
  「CNET Japan」2018年11月8日付記事
  サムスン、折りたたみ式スマホを披露--「数カ月以内に」量産体制へ 
  https://japan.cnet.com/article/35128294/

折り畳みできるフレキシブルディスプレイには、ガラスに代わる新素材が用いられて
いるそうです。いずれ扇子型のタブレットも登場したりするのでしょうか(@▽@;)?

「あ、さて、あ、さて〜〜さては、南京タブレット〜♪」!?

  搭載カメラのスペックに高まる期待!

製品を折り畳んだ状態では当然、開いた状態より厚さは増しますね。
これまで各メーカーは、スマホもタブレットも薄さを競い合ってきました。
そこへ新たな可能性、選択肢が生まれることになるわけです。

 ・これまで通り薄さをとるか?
 ・畳んだ状態のコンパクトさをとるか?
 ・スマホとタブレットとを兼用できる便利さをとるか?

便利さと引きかえに厚さを増すことが許されるのなら、提案があります。
その厚さをぜひ、カメラスペースに譲ってください!

デザインの好みが分かれるところですが、開いたディスプレイの左右どちらかの端
を少し伸ばして厚くし、そこをカメラスペースに割り当てるのです。光学系の設計の
自由度が増しますから、プリズム等と組み合わせて高倍率の光学ズームレンズを
搭載することも困難ではなくなると思います。このカメラ部分を角度が微調整できる
構造にすれば、ディスプレイを半開きにしてノートパソコンの様に置いて使う場合で
も便利そうです。

三脚ネジ穴? 欲しいです、是非。

でもそのスタイルはちょっとマニアック過ぎて、人目を引いてしまいそうですね(^^;
(「保護ケースで覆って使えば良い」という天からの声が今、聞こえてきました!?)

ここで、プリズム等と組み合わせた高倍率光学ズームレンズの一例と実際にそれを
搭載して発売されたスマホについてご紹介します。

▽HOYA製光学3倍ズームレンズユニット(製品名は、同モジュール『CUBE』)。
 内部のレンズ間隔を動力で変え、撮影倍率1〜3倍まで無段階にズームできます。
 「光学3倍ズームに加え、光学式手ぶれ補正機能を搭載しながら業界最薄サイズ
 (当時)の厚さ6mmを実現」(2013年8月1日付ニュースリリースより)しています。
ZX551ML_lens.jpg
hoya_cube_20130801_1.jpghoya_cube_20130801_2.jpg
 (c)HOYA

▽上記の光学3倍ズームレンズ搭載のスマホ「ZenFone Zoom」(ZX551ML)。
 2016年2月5日に発売されましたが、カメラ部分の厚みの大きさが難点でした。
 その後レンズもより明るい大口径の単焦点タイプが主流になり、後継機には後述
 の「iPhone 7 Plus」のように広角カメラ&望遠カメラの2種類が搭載されました。
ZX551ML_setting.jpg
 (c)ASUS JAPAN

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2016年1月27日付記事
  エイスースが薄型光学3倍ズームカメラ搭載のスマートフォン
  「ZenFone Zoom」(ZX551ML)を2月5日に発売

2016年9月16日発売のApple「iPhone 7 Plus」は光学ズームレンズの代わりに
広角カメラと望遠カメラとを並べて搭載することでズーム効果が発揮されています。
その後この方式、デュアルカメラシステムは少しずつ他社製のスマホにも広まって
いますが、タブレットには需要や製造コストの問題からなのか、ほとんど広まっては
いないようで残念です。

▽Apple「iPhone 7 Plus」で初登場のデュアルカメラシステム。
iphone7-plus-silver-select-2016_AV3.jpg
plus_camera_mechanics_large.jpg
 (c)Apple Inc

「iPhone 7 Plus」発売当時の紹介記事の最後に私は、

「iPhone 7 Plus」は、デュアルカメラシステムを新たに搭載していても
前機種の「iPhone 6s Plus」と外観、サイズ等はほとんど変化がなく、
買い替えてもカメラの違いを意識しない人も、中にはいるかもしれません。
タブレットのカメラも含め、静かに、
いつの間にか浸透して行くテクノロジーなのでしょう。

と書きました。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2016年9月8日付記事
  ついに登場!
  人気ブランド、Appleの新型スマートフォン「iPhone 7 Plus」が、
  新発想の「2倍の光学ズーム」機能付きデジタルカメラを搭載

デュアルカメラシステム搭載の折り畳み式のスマホを開くことでタブレットになるなら、
意識しなくてもいつのまにか、タブレットにもそのようなテクノロジーが浸透することに
なるわけですよねv(^_^)!

なお、私事で恐縮ですが、「iPhone 7 Plus」を私も発売当時から愛用しています。
Appleさんも折り畳みスマホを開発中との噂が報じられていますので、今後の展開
に注目しています。願わくばAppleさん、私のために是非普及版も用意してください。

お願いします! お願いします! 是非、是非、お慈悲を〜 <(T△T)>

ところで先述の折り畳みできるフレキシブルディスプレイって、
普通のデジタルカメラの背面モニターにも使えるんですよね?



また今度にしましょうか。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2018年11月12日付記事
  【続報】韓国のサムスン電子さんが、
  畳めばスマホ、開けばタブレットになるデジタルカメラの
  2019年3月発売を予告【折り畳み式スマホ】
posted by 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ at 17:25| 業界の話題