2020年07月03日

【祝】2020年7月3日「新宿 北村写真機店」さんがオープンされました! 「これまでにない写真体験を。カメラと写真を愛するすべての人へ。」【入館無料】

  【祝】2020年7月3日
  「新宿 北村写真機店」さんがオープンされました!【入館無料】
   これまでにない写真体験を。
   カメラと写真を愛するすべての人へ。

▽『カメラのキタムラ』 「YouTube」公式 2020年7月1日付公開、
 「新宿 北村写真機店オープン記念 プロモーションムービー」スクリーンショット。
200703_kitamura_101.JPG
200703_kitamura_102.JPG
 (c)カメラのキタムラ

 関連動画リンク)
  『カメラのキタムラ』 「YouTube」公式 2020年7月1日付公開
  「新宿 北村写真機店オープン記念 プロモーションムービー」
  https://www.youtube.com/watch?v=jOkSvwyi6ms

▽『新宿 北村写真機店 公式サイト』 ブックラウンジ(3F)ページのスクリーンショット。
 「コーヒーを飲みながら、プリントやフォトブック等の注文を行うことができます。
 写真集も豊富に取り揃えておりますので、
 新しいインスピレーションの場としてご活用ください。」
200703_kitamura_103.JPG
 (c)カメラのキタムラ

 関連リンク集)
  『新宿 北村写真機店 公式サイト』
  https://www.kitamuracamera.jp/ja
  ブックラウンジ(3F) | サービス | 新宿 北村写真機店 (公式)
  https://www.kitamuracamera.jp/ja/services/book
  写真プリント(3F) | サービス | 新宿 北村写真機店 (公式)
  https://www.kitamuracamera.jp/ja/services/print
  2020年7月3日| お知らせ | 新宿 北村写真機店 (公式)
  (こちらをクリック)
これまでにない写真体験を。カメラと写真を愛するすべての人へ。

カメラやアクセサリーの販売から、プリントサービス、修理まで、写真に関する書籍を揃えたブックラウンジやイベントスペースまでを揃えた北村写真機店のデザインコンセプトは、カメラの原点と言われるカメラ オブスクラ(暗い部屋)。全てのカメラ愛好家たちのフォトライフに寄り添うための場所として誕生しました。

2020年7月3日(金)、株式会社キタムラ(代表取締役社長:浜田 宏幸)は、カメラの聖地新宿に、写真とカメラにまつわるライフスタイル提案を行う新しい専門店「新宿 北村写真機店」をオープンし、写真とカメラを愛する方からカメラ初心者の方まで、全ての方へ、豊かなフォトライフを提案していきます。

地下1Fから地上6Fまで全7フロアで構成される店内では、カメラ売場、Leicaを中心としたヴィンテージサロン、修理や日々のメンテナンスまでサポートするサービスカウンター、コーヒーを片手に写真プリントや書籍を楽しめるBOOK LOUNGE、プロ用機材が完備されたレンタルスタジオ、写真展示などを行うイベントスペースなど、様々な写真のニーズにお応えするコンテンツを揃えます。

店舗デザインはTONERICO.incが手がけ、カメラの起源であるオブスクラをモチーフにしたロゴは木住野彰悟(6D)が手がけます。

*当初、2020年5月の開業を予定していましたが、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、オープン時期を変更しました。

 住所 東京都新宿区新宿3-26-14
 電話番号 03-5361-8300

出典)上記『新宿 北村写真機店 公式サイト』
   2020年7月3日付お知らせより

本日、2020年7月3日にオープンされました。
心よりお祝い申し上げます。

所在地は新宿駅東口の、
「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」さんや
「新宿中村屋」さんと同じ通りの並びですね。
「紀伊国屋書店」さんとは斜向いになります。
「新宿中村屋」さんと聞くと私はいつも、
以前に当店臨時スタッフの仲田と訪れた
長野県安曇野市穂高の
碌山美術館」を想い出します。

「新宿 北村写真機店」さんの
プリントサービスは既存の「カメラのキタムラ」さんと同様に、
富士フイルムさんのフジカラープリントサービスの提供、取次が中心になります。

プリントサービスの注文受付機コーナーや
アルバム、フォトフレーム、写真フィルムなどの展示販売は3Fで、
ブックラウンジと同じスペース。
スターバックス」さんも同じ3Fのフロアです。
「カメラのキタムラ」さんと共通の親会社、
「CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ」さんの系列店の
「TSUTAYA」さんが移転された後に入居されたことから、
「スターバックス」さんも「CCC」グループさんとのライセンス契約の形態で、
そのまま元の3Fで営業されるようです。

*ご参考価格(2020年7月3日現在、某所「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」調べ)

 「スターバックス」さんのドリップコーヒー(ホット、アイス)
 ・ショートサイズ(240ml)290円(税別)+2杯目100円(税別)=390円(税別)

 「新宿 北村写真機店」さん及び「カメラのキタムラ」さんのフジカラープリント
 ・ましかく(89×89mm)、L(89×127mm)、HV(89×158mm)
  ↑各サイズとも37円(税別)×10枚=370円(税別)

限られた予算。
迫り来る究極の選択。
貴方だけのリラックスタイムを
どうぞ心ゆくまでお愉しみください。
と、いうサービス。
そんな感じ?

コーヒーは飲み干したら御代わりができます。
写真は御代わりができません。だから、
フジカラーのお店プリント。

  【入館無料】

「新宿 北村写真機店」さんは、

入館無料。

と、思わずご案内したくなるような雰囲気のあるお店。
と、いうより私設ミュージアムに近いかもしれません。
メーカー各社さんの合同ショールーム、アフターサービスの総合窓口として、
お客さまからも評価が集まると良いですね。

メーカーさんはカメラや写真を始めたお客さまが飽きずに固定ファンになって
くださるために、老舗の小売店さんがどれほど営業努力をされてこられたか、
真剣に考えた方が良いと思います。そして、その対価は補償されるべきです。
売り上げのノルマを達成するため、不毛な価格競争で貴重な販売チャンネル、
サービス窓口がどれほど食い潰されていったことか。社会的な損失は大です。
従来はカラー写真フィルムの売り上げや現像料等の儲けで補填できましたが、
そのような原資(?)は今、ほぼゼロです。

しかし「新宿 北村写真機店」さんなら手遅れではありません。

過去の過ちを救いより良い方向へ導いてくださるのは、
もちろん、理解のあるお客さまにほかならないのです。

新宿駅東口で交通の便が良く、
美術やファッションなどを勉強されるお客さまも増えそうな気がします。

▽2020年7月3日(金)〜8月2日(日)まで、
 オープン記念展覧会として『蜷川実花展 - 千紫万紅 -』が
 6Fのイベントスペース 「Space Lucida(スペース ルシダ)」で開催中です。
200701_kitamura_signage_02183427446814_xxlarge.jpg
 (c)カメラのキタムラ / 蜷川実花

 関連リンク)
  イベント | 新宿 北村写真機店 (公式)
  Mika Ninagawa Exhibition "Profusion of Flower"
  蜷川実花展 - 千紫万紅 - 
   「なぜ花を撮るのか」とよく聞かれる。
   取り憑かれたように、狂ったように撮り続けている、
   その理由はまだみつからない。
   花と自分との境界線がなくなるほど
   夢中で撮り続けてきた何万枚もの花の写真。
   その中のほんの一部だけれど、
   理由をつけることが出来ない思いみたいなものを感じてもらえたら。
  https://www.kitamuracamera.jp/ja/event/20200702-79017223081

「これまでにない写真体験を。カメラと写真を愛するすべての人へ。」

とのことですので、
「新宿 北村写真機店」さんをほかの何かと比べることは、
ナンセンスだと思います。

でも私はどうしても、日本大学芸術学部写真学科時代に同じく新宿駅東口にあった
「カメラのきむら」新宿店でアルバイトしていた頃のことを想い出してしまうのでした。
当時はまだ、カラー写真フィルムの店内即日現像プリント自体が珍しい時代でした
からそのような設備は「カメラのきむら」さんでは導入されず、富士フイルムさんなど
写真フィルムメーカー各社さん直属の現像所の営業マンの方々が毎日出入りされ、
その際、お客さまの苦情をいかに代弁できるかで各店の責任者が評価されました。
カメラ売り場の副店長さんの指示で、近隣のライバル店へ新型のカメラがどこまで
値切れるか私がお客を装い探りに行かされることもありました(バレませんでした)。
そうした行為がお互いエスカレートすると、メーカーさんの責任者さんが嗅ぎつけて
両店長へ自粛するよう要請する事態が、たまにですが時々生じることもありました。
「後あとまで面倒見の良い」、「お客さまにNO!と言わない」「カメラのきむら」さんは、
経営難からその後、「カメラのキタムラ」さんに統合されました。

おもねりではなく、本当の意味での“おもてなし”こそ大切なのだと、今感じています。
おもねりは一方通行ですが、“おもてなし”は相互の信頼関係があって成り立ちます。

「新宿 北村写真機店」でお客さまとお店との幸せな関係が末長く育まれますように。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 20:03| 業界の話題