2015年02月11日

富士フイルム2015年大商談会で新店頭受付機「ワンダープリントステーション」公開!〔中編〕

 実践セミナー:午前の部
   「直営店からみえてきたスマホプリント獲得の秘訣!」

私たちが今回受講したセミナーでは、昨年2月に原宿にオープンした
富士フイルム直営店「WONDER PHOTO SHOP」へ寄せられた
お客さまからのご要望などについて知ることができました。
百席以上ある会場はすぐ満席になり、急遽座席を追加する盛況ぶりで、
参加各店の関心の高さが伝わってきました。

原宿は良く知られるように、ファッションをはじめとする様々な業界の
アンテナショップが集まるショッピングストリートで、遠方から初めて
ご来店されるお客さまからの貴重なご意見をお伺いするには最適な
場所です。

講義では直営店にご来店される20才以下のお客さまの多くが写真
プリント専門店を利用された経験がなく、スマートフォンからも写真
プリントができるサービスの存在をご存知でない場合もある、という
報告がありました。

一方、既存の比較的利用者が多いお店をサンプルとして挙げると、
フィルムカメラからデジカメに移行された後も引き続きそのお店を
利用されているようなリピーターのお客さまからの売り上げが多い、
という調査結果が得られたそうです。

このことは、長年の実績がある繁盛している写真プリント専門店で
あっても、若い世代のスマホユーザーのお客さまにはあまり知られ
ていない場合があり得る、ということを示しています。

20代のスマートフォン普及率はすでに90%近くに達しているという
総務省の調査報告もあり、潜在的な写真人口も同様と考えられます。
大切なのは、これからスマホで写真を楽しまれるお客さまのご要望
に、専門店としてしっかりお応えしていきたい、ということです。

デジカメが普及する前、撮影したフィルムはいわゆる町の写真屋さん、
あるいはカメラ屋さんなどへ現像に出さなければ、写真にして見ること
さえできませんでした。
「WONDER PHOTO SHOP」では、当時のようにただ写真プリントを
仕上げるだけの店を見直し、「“撮る、残す、飾る、そして贈る”といった
写真の楽しみ方」を提案する魅力的な店づくりが進められています。
まず、装飾品や贈答品として写真プリントの魅力を高める用品を充実
させ、さらにお客さまが楽しくお買い物ができるよう、用途別にそれらを
分かりやすくディスプレイすることが必要だと感じました。

本セミナーでは「ワンダープリントステーション」についても紹介があり
ました。テレビCMも予定されているそうですので、是非ご注目ください。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 23:05| サービスの最新情報