2017年06月28日

パシフィコ横浜で開催の「PHOTONEXT2017」へ行ってきました〔その2〕   富士フイルム「デザインコラージュプリント」に新しいテンプレートが続々登場!

パシフィコ横浜で6月20〜21日開催のフォトグラファーズ&フォトビジネスフェア、
「PHOTONEXT2017」(写真館、写真店向け関連用品展示会)をレポートします。

さて、お待たせしました。〔その2〕からレポートの本編に入ります。
前置きは無しで、富士フイルムさんのブースから、
プリントサービスの最新情報です!

注)以下の記事は会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容の詳細等をレポートするものではありません。
(「PHOTONEXT2017」の公式サイトはこちらをご覧ください。)

  富士フイルム「デザインコラージュプリント」に
  用途に合わせた新テンプレートが続々登場!

「PHOTONEXT2017」初日に
富士フイルムさんの展示ブースで発表された最新情報です!

当店が導入を進めている富士フイルムさんの次世代店頭プリント受付機、
「WPS(ワンダープリントステーション)」の人気のバラエティプリントサービス、
「デザインコラージュプリント」に、用途に合わせた新テンプレートが続々登場します。

6月リリースの新テンプレートは、21日(水)からスタート!
当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」も21日から新テンプレートの配信を受け、
早速、お客さまのオーダーへの対応を済ませました。どうぞご利用ください (^_^)

▽「デザインコラージュプリント」のテンプレートは、この秋にも新作追加の予定です。
 係の方の説明では期間限定ではなく、年間を通じてお楽しみいただけるそうです。
 次世代店頭プリント受付機「WPS(ワンダープリントステーション)」のコーナーで。
 (ボードの一部は他店さんご提供の見本と思われましたので画像修整しました。)
170620_IMG_0822.jpg170620_IMG_0823.jpg

「デザインコラージュプリント」&「ワンダーシャッフルプリント(姉妹品)
 各サイズの当店の価格 (消費税8%込、店内当日仕上げOK!)
 *料金およびサービス内容は予告なく変更する場合があります。

 KG判(102×152mm)=309円
 2L判(127×179mm)=540円
 A4判(210×297mm)=864円
 (当店では、上記3種類のサイズをお取扱いしています。)
  「デザインコラージュプリント」&「ワンダーシャッフルプリント(姉妹品)
  豊富なデザインの一部をご紹介します(*^_^*)

当店導入の次世代店頭プリント受付機「WPS(ワンダープリントステーション)」で、
ご注文にならなくても「デザインコラージュプリント」や「ワンダーシャッフルプリント」
のすべてのデザインをご覧になれます。もちろん見物大歓迎。ご遠慮なくどうぞ!

ここで、それら豊富なデザインの一部をご紹介します(*^_^*)
注)実際のプリントと色調が異なって見える場合がありますので、ご了承ください。

DesigncollageTemplate.jpg
dezainkorajutsuikapurintomenyu.jpgDesigncollagemenu_1_3543x2516_24bit.jpg
△「デザインコラージュプリント」用途別メッセージ入り新テンプレートのご紹介(上)。
 新テンプレートにはA4判限定もあります(左下)。定番テンプレートの数々(右下)。
 (c)富士フイルム

▽プリントメニュー別人気デザインランキング。
 「デザインコラージュプリント」定番テンプレート(左上)。
 姉妹品「ワンダーシャッフルプリント」(右上)には“フリーコメント機能”もあり、自由
 に文字を入れられます。また、背景も20色の中からお好きな色が選べます(下)。
 (c)富士フイルム
WPStenpuretoninkirankingudezainkoraju.jpgWPStenpuretoninkirankinguwandashaffuru.jpg
Wondershufflemenu_1_3543x2516_24bit.jpg
注)当店ではA5判、6PW判、4PW判はお取扱いしていませんのでご了承ください。

上のランキングが店頭プリント受付機「WPS」の画面に表示され、選びやすくなると
本当は良いのでしょう。今のところは店頭の掲示物でお知らせしていますので是非、
そちらをご参考にしていただければと思います。

  「デザインコラージュプリント」&「ワンダーシャッフルプリント(姉妹品)
  をはじめ、豊富なバラエティプリントサービスを今日も
  当店のお客さま方にご利用いただいています

このブログ記事でのお知らせの方が後になってしまい、たいへん恐縮なのですが、
「PHOTONEXT2017」以来当店のお客さま方にも早速、最新のプリントサービスを
お楽しみいただいています。本当にどうもありがとうございます。店頭受付機「WPS」
を、今年の初めまでに2台導入できて良かったです(2017年1月6日付記事参照)。

ピンチやスワイプなどの快適操作やワイドディスプレイが自慢の店頭プリント受付機、
「WPS(ワンダープリントステーション)」ですが、その便利さへの理解を世に広めたの
は、ほかならぬIT関連業界さんです。決して、私ども写真関連業界ではないのです。

豊富なアプリやWi-Fiを体験できるスマホやタブレトがまず、多くのユーザー層に受け
入れられました。だからこそ、同じ感覚でセルフ操作できる「WPS」もまた、お客さまに
とって楽しみながらご利用いただける、そんな時代が迎えられたのだと思っています。
店頭受付機「WPS」は2015年2月に発表。翌年1月から当店も導入を開始しました。
2015年2月10日付記事をご覧ください)。

振り返れば、当店スタッフの仲田と「行田市商工センター」で開かれた富士フイルム
さん主催のスマホプリントセミナーに参加したのが、今からちょうど4年前のことです。
それはまさに「(写真)業界の外で起きていること」を学ぶセミナーでした。大きな時代
の変化を私たちは実感させられたのです(2013年7月13日付記事をご覧ください)。

ここで、故スティーブ・ジョブズさんの有名な言葉を引用させてください。
2016年1月30日付記事を再編集して掲載)
 多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、
 自分は何が欲しいのかわからないものだ。

   スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日〜2011年10月5日)
     Apple社の共同設立者の一人
711A37JYbfL.jpg710KT5bqFNL__SL1500_.jpg
△『スティーブ・ジョブズ I・U』 2011年10・11月刊表紙より    (c)講談社
  ウォルター・アイザックソン 著、井口 耕二 翻訳

皆さんは、どうお感じになられたでしょうか。

  「WPS(ワンダープリントステーション)」の気になる
  「Google フォト」への対応予定についておたずねしてみました!
  (今のところ、APIの公開待ちのようです)

上の写真でもご紹介したように、富士フイルムさんのブースに店頭受付機「WPS」が
展示されていましたので、気になる「Google フォト」への対応予定について係りの方
におたずねしてみました。「Google フォト」は、今注目の無料クラウドサービスです。

結論からお話しすると、現在のところ、「まだ分からない」ということです。

係の方のお話しでは、「WPS(ワンダープリントステーション)」の「Google フォト」へ
の対応は、Googleさんの方でそのための「サービス提供があれば」できるはずなの
だそうです。当店でも「Google フォト」内のお写真のプリント注文でお困りのお客さま
が現にいらっしゃることをお話ししたところ、社内へ伝えていただけることになりました。
(当ブログの関連記事、2017年6月17日付記事の一部を再編集し下の欄に掲載。)

少し専門的な事情がありそうでしたので、後日改めて関連情報をWEB検索しました。
「WPS」が「Google フォト」内のお写真を表示するにはその機能を連携して使えるよう、
API(アプリケーションプログラミングインタフェース)がWEB上に公開されていることが
条件になる、ということが分かりました。「Google フォト」のAPIは、現在未公開です。

なお、人気のSNS「Facebook」はAPIを公開していますので、店頭受付機「WPS」
もプリント注文操作に対応済みです。さらに、「Google フォト」に保存されたお写真も、
予め「Facebook」と共有しておくことで「WPS」へ直接読み込んでご注文になれます。
ただし、お写真がより縮小圧縮されるため、大きなサイズのプリントには不向きです。
(当ブログの関連記事、2017年6月13日付記事の一部を再編集し下の欄に掲載。)

〔ご参考〕
「Google フォト」の責任者、Anil Sabharwalさんによるサービス紹介は、
こちらの公式ページをご参照ください。

以降の関連記事は、当ブログの
2017年6月17日付記事同6月13日付記事の一部を再編集し掲載しています。



  スマホ内のお写真は、できれば
  SNSやクラウドサービスへ保存する前にプリントを済ませましょう(^^)v
  でも「Facebook」や「Instagram」なら当店店頭受付機も対応OKです!
  (2017年6月17日付記事の一部を再編集して掲載)

「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面では
2種類のSNSが選択でき、「Facebook」「Instagram」へお客さまが保存された
スマホ内のお写真を直接オンラインで読み込み、快適に受付操作していただけます。

170611_IMG_0776.JPG
△当店が導入を進めている富士フイルムさんの次世代店頭プリント受付機、
 「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面です。

上記の「Facebook」や「Instagram」以外のSNS、クラウドサービスについては、
大変申し訳ないのですが店頭プリント受付機「WPS」は未対応です。
代表的クラウドサービスの「Google フォト」や「iCloud フォトライブラリ」への対応
についても、先述の通り現在のところ、「まだ分からない」ということです。

また、スマホにインストールしてご利用いただく富士フイルムさんの
「おみせプリント」アプリ、略称「わいぷり(Wi-Fiプリント注文ソフト)」からも、
SNSやクラウドサービス等へ保存したお写真のご注文操作をしていただくことは
できません(「おみせプリント」アプリの公式Webページはこちら)。
「おみせプリント」アプリご利用の前に、SNSやクラウドサービスから再度お写真を
スマホ本体へもどしていただくことになります(スマホの空き容量確保が必要です)。
スマホ内のお写真は、そのような手間を省くため、できればSNSやクラウドサービス
へ保存する前にプリントをお済ませになることをおすすめします。

  ヒント☆
  「Google フォト」のお写真を「Facebook」と共有すると?
  (2017年6月13日付記事の一部を再編集して掲載)

「Google フォト」に保存されたお写真も、予め「Facebook」と共有しておくことで
当店の店頭プリント受付機「WPS」へ直接読み込んでご注文になれます。ただし、
お写真がより縮小圧縮されるため、大きなサイズのプリントには不向きです。

 *気を付けておきたいこと

「Facebook」に保存されたお写真について

1.「日付プリント」はできません。
  (「Facebook」投稿時にお写真から日付などの撮影情報が削除されるため。)
2.投稿時にお写真のサイズが縮小圧縮されますが、
  実用上は問題なく89×127mmのLサイズにプリントできます。
  (縮小後は長辺が960ピクセルになり89×89mmのましかく広フチに最適化。)

「Google フォト」に保存されたお写真について

1.投稿時にサイズが縮小圧縮される場合もありますが、高画質は十分保たれます。
  (縮小後は約1600万画素になります。縮小されない有料サービスもあります。)
2.スマホ内のお写真を削除しても「Google フォト」内のお写真は残ります。逆に、
  「Google フォト」内のお写真を削除すると、スマホ内のお写真も削除されます。
  (60日以内は復元できます。回避方法は別の機会にご説明したいと思います。)
3.Google社の各サービスの利用規定に反した場合、お写真やビデオ、メール等が
  一括削除
されることがあります。特に児童ポルノへの監視は厳しいと言われます。
  (ご自身のお子さまでも、入浴や着替え等のシーンの投稿、送信は控えましょう。)
4.「Google フォト」は、あくまでバックアップ用と考え、大切なデータは複数の方法
 で
保存されることを強くお薦めします。

  「Google フォト」を利用されるお客さまが増えています
  (2017年6月17日付記事の一部を再編集して掲載)

「Google フォト」は2015年5月に公開された、
あらゆるスマホ、タブレット、パソコン等から利用できる人気のクラウドサービスです。
無料で高画質のお写真やビデオを無制限にインターネット上で保存管理できるので、
当店のお客さまの間でも利用される方が次第に増えているようです。

「Google フォト」に保存されたお写真を直接、
当店の店頭プリント受付機「WPS」へ読み込んでいただくことができるようになれば、
今お手元にないデジカメやタブレットはもちろん、別のスマホで撮影されたお写真も、
当店のバラエティー豊かなプリントサービスでご活用いただけるようになるはずです。

  「Google フォト」をはじめる理由?
  きっかけはスマホの機種変更
  (2017年6月17日付記事の一部を再編集して掲載)

スマホの機種変更をきっかけに、
「Google フォト」を始められる方もいらっしゃると思います。
(最近のAndroidスマホなら、ご購入時にプリインストールされていると思います。)

先日当店へ、初めてスマホからの写真プリント注文でお見えになられたお客さまも、
そのような「Google フォト」ビギナーのお一人でした。

「おみせプリント」アプリのインストール後、アプリ上でプリント希望のお写真を選んで
いただいたところ、前のスマホで写されたお写真が見れないとおっしゃられるのです。
お持ちになられたスマホの「Google フォト」では見れるのになぜなのか? とのこと。

そのお客さまは、前のスマホのマイクロSDカードを保管しておられたので良かったの
ですが、そうでなければ大量のお写真をスマホへもどす必要に迫られるケースです。
これは決して特別なケースではなく、ごく日常的な問題になりつつあると思われます。



上記の関連記事は、当ブログの
2017年6月17日付記事同6月13日付記事の一部を再編集し掲載しています。

「Google フォト」は始まって満2年。先月から3年目に入りました。
Googleさんの、今後のサービス展開に大いに期待しましょう!

富士フイルムさんの展示のレポートはまだまだ続きます。
サプライズな情報かもしれません。
〔その3〕をご覧ください。
posted by 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ at 19:49| サービスの最新情報