2017年08月07日

1GBが39,800円 (@_@; )、14年前のメモリーカードの値段? 「(フジカラーのお店プリントは)お店に手ぶらで」暫定宣言!(の、予告篇)

【前回まで】

以降の関連記事は、
当ブログの2017年8月1日付記事の一部を再編集し掲載しています。



ふと思い立って、フジカラーTVCMの名場面を集めてみました!
(出どころは? どうぞ聞かないでやってください <(_ _)>)

  長瀬店長シリーズ(2004年4月から2010年上半期まで放映)
  (2017年8月1日付記事の一部を再編集して掲載)

デジカメ写真のお店プリントをさらに広めるべく、何と20本以上制作されたそうです。
長瀬智也さん演じる店長さん、堀北真希さん演じる店員さん、そして長年にわたって
親しまれてきた、樹木希林さん演じる綾小路さん(長年常連のお客さま、という設定)。
この3人がときにはお店を離れ、公私共々繰り広げるドラマが人気のシリーズでした。

  長瀬店長シリーズ 「大きなケータイ」
  ケータイからも、フジカラーでお店プリント
  (2017年8月1日付記事の一部を再編集して掲載)

2007年の放映です。10年前ですね。

2000年頃、写真付メール用にカメラ付ケータイが発売され若い人の間で大人気に。
2003年頃からカメラ付ケータイにminiSDカードが採用され、デジカメ写真のように、
より気軽にお店でプリント注文していただけるようになりました。

その後ケータイのカメラも画素数が100万画素を超え、「普通の写真サイズ」のL判
(89×127mm)ならデジカメと変わらない美しい写真プリントをお楽しみいただける
ようになりました。その需要拡大を図り制作されたTVCMが「大きなケータイ」篇です。

FullSizeRender.jpg
 (c)富士フイルム

 綾小路さん 「ケータイで撮っても、普通の写真サイズで楽しめるように、
       開発してもらったんです」
 長瀬店長 「お店プリントすればいいじゃないですか」
 綾小路さん 「え?」

IMG_0949-edit.jpg
 (c)富士フイルム

 堀北真希さん 「ケータイからも、フジカラーでお店プリントできルンです」

  長瀬店長シリーズ 「お見合い写真」
  おなじみの綾小路さんが、デジカメ写真のお店プリントに初挑戦!?
  (2017年8月1日付記事の一部を再編集して掲載)

「大きなケータイ」篇よりも前に放映されたTVCMだと思います。

受付機が「大きなケータイ」篇のパソコンインストールタイプではなく、2000年頃に
フジカラーのお店さんへリースされた初期の(私の知らない)専用機です。

とりあえず1台だけでも試しに導入できたお店さんは、当時相当革新的だったので
しょうね。この店頭受付機のリース料だけでも負担になることから、デジカメプリント
への対応を断念された街の写真屋さんはどれほど多かったことでしょう。2、3年後、
ようやく高性能のパソコンが比較的安く導入できるようになり、高価な専用機は役目
を終えました。

FullSizeRender.jpg
 (c)富士フイルム

 綾小路さん 「ああ、見て見て、これ可愛い。可愛い。あ、これは私じゃないわ」



上記の関連記事は、
当ブログの2017年8月1日付記事の一部を再編集し掲載しています。

【ここからが今回】

当店で毎日活躍している富士フイルムさんのデジタルレーザー露光銀塩プリンター、
「フロンティア 340E」は、2003年春から稼動中です(発売期間は2002〜07年)。
なお、最初の店頭向け「フロンティア」シリーズ各機種は1999年に発売されました。

▽「FUJIFILM フロンティア 340E」の雄姿。
 中は真っ暗。現像液は45℃。乾燥温度は70℃。
 タフな働き者です。
fuji_pht_03_01.jpg (c)富士フイルム

2003年頃は、デジカメユーザーさんも、カメラ付きケータイのユーザーさんも、共に
急増していましたが、多くの写真屋さんではフィルムのお客さまの方が多数派でした。
当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」の前身になる山口写真館さん支店のPOP店
もまた、状況は同じでした。

当時は積極的に設備投資しても、写真屋さんのデジカメ写真プリントの需要は伸び
悩んでいたのです。ですがそれは、お客さまにとって極めて簡単な理由からでした。

 1.メモリーカードの容量(撮影できるコマ数)が少なかったから。
 2.にもかかわらず、メモリーカードがまだまだ高価な貴重品だったから。
  2003年7月末頃のデジカメ用メモリーカード(通常速CFカード)の
  大よその相場。これでも以前より安くなったと、当時は思えたものです(税別)。
   64MB=2,980円/128MB=4,680円/256MB=8,480円/
   512MB=16,800円/1GB=39,800円・・・(@_@;)
  64MBのメモリーカードに、300万画素(2048×1536pixel=2L判が妥当)
  の写真データがJPEG高画質モードで70枚前後しか撮影できませんでした。

64GBのSDXCメモリーカードが、税別1,800円台から買える現在とは大違いです。
なので、容量一杯になったメモリーカード内にあるお写真のデータはパソコンに移し、
カードを空にして繰り返し何度も利用するのが常でした。私にもデジカメと共に旅行
へノートパソコンを持参した時期がありました(思えばフィルムよりお荷物ですね〜)。

そのパソコンを、まさか写真屋さんへ抱えて行く訳にもいきませんので、普段繋いで
いるパソコン用インクジェットプリンターでプリントする方が手っ取り早かったのです。
なお当事私は写真屋さんではなくフリーカメラマンでした(それだって写真屋さん?)。
(ご注意:店頭受付機にお客さまのタブレットは繋げますが、パソコンは不可です。)

そのことと並行して、カメラ付きケータイの普及がさらに、写真屋さんのプリント需要
を低迷させる要因になりました。

初期のケータイの内蔵カメラは、あくまでメールに小さく写真を添えるための通信用
カメラで、その画質はプリント用には不十分でした。ですが、カメラを別に持たなくて
済むうえ、直接WEB上で写真データを管理できる便利さは正に画期的なものでした。
プリントすることは諦めても、コミュニケーション手段としてそれを上回る魅力があった
と思います。実際、観光名所やイベント会場で目にするカメラ付きケータイの多さに、
「これでは将来デジカメも売れなくなる」と、私自身も2003年頃には感じたものです。

幸い、ケータイ内蔵カメラの画質も次第に向上して、大容量の安価なメモリーカード
も普及したことから、2010年頃にはだいぶ状況も変わってきました。写真屋さんの
プリント需要のうち、フィルムのお客さまより、デジカメやケータイのお客さまの割合
の方が大きくなり始めたのです。当店の前身になる山口写真館さん支店のPOP店
でも、店頭プリント受付機を3台に増設していただきました。ただ、デジタル化時代へ
向けて設備投資を無理に急ぎ過ぎたり、逆に見送った写真屋さんの中には、経営難
から撤退されたお店さんも少なくありませんでした(その影響は今も続いています)。

2004年から放映されてきた富士フイルムさんの人気TVCM、「長瀬店長シリーズ」
はその成果を見届けるように2010年前半に完結しました。同時に当店はスタートし、
多くのお客さまにとって今いちばん身近なカメラ、スマホの時代を迎え入れるのです。

そして2014年4月以降、多くのスマホやタブレットに「わいぷり(Wi-Fiプリント注文
ソフトの略)」こと「FUJIFILMおみせプリント」アプリが対応。店頭プリント受付機に
スマホ等から無線で写真プリントサービスをご注文していただけるようになりました。
その頃当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」も駐車場付の現在地へ移転しました。

「長瀬店長シリーズ」TVCM放映開始の2004年4月から、多くのスマホやタブレット
に「わいぷり(Wi-Fiプリント注文ソフトの略)」こと「FUJIFILMおみせプリント」アプリ
が対応した2014年4月まで、その間10年です。「十年一昔」と言われますが、この
10年間は多くの写真屋さんにとって、体力を激しく消耗した10年だったと思います。
とすれば、それはあまりにも「永すぎた10年」だったのかもしれません(春? 冬?)。

【次回予告】

以降の関連記事は、
当ブログの2017年8月1日付記事の一部を再編集し掲載しています。



  最新作! お正月を写そう♪ 2017 「ましかくん登場」篇
  (2017年8月1日付記事の一部を再編集して掲載)

広瀬すずさんと樹木希林さんとの共演が楽しい、長瀬店長シリーズの流れを継いだ、
今年のお正月に放映されたTVCMの最新作です。
スマホ限定の「ましかくプリント 5枚無料キャンペーン」と連動していました。

IMG_0971.PNGIMG_0969.PNG

 広瀬店長 「だから写真もましかくプリント。スマホをお店に持ってくるだけ!」

170121_IMG_0213.PNG
IMG_0960.PNGIMG_0959.PNG
 (c)富士フイルム

 広瀬店長 「っていうか綾小路さん? 何で?」
 綾小路さん扮するましかくん 「何でもやるんです、ずっと前から」

さて、この最新作のTVCMで、
広瀬店長が「(フジカラーのお店プリントは)スマホをお店に持ってくるだけ!」
とお客さまへ説明していますが、
当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」の私、吉川店長は、近々、
「お店に手ぶらで」暫定宣言をすることになるでしょう。

って、前回もお話ししましたね(^^;ゞ

詳しくは、また後日の記事で。もう少し、期待してお待ちください<(_ _)>
posted by 安瑠芭夢家 しゃしんのポップ at 22:25| フォトライフ