2017年08月16日

「Google フォト」、「iCloud フォトライブラリ」からの店頭写真プリントサービスに暫定対応いたしました! 「(フジカラーのお店プリントは)お店に手ぶらで」暫定宣言!

  クラウドサービスの定番、
  「Google フォト」、「iCloud フォトライブラリ」からの
  店頭写真プリントサービスに暫定対応いたしました!

フィルムが無いと写真を撮れなかった時代は、追加プリントのご注文(焼き増し)
にも、現像後のネガフィルム(またはスライド)が必要でしたね。フィルムを所有し、
管理する人は、そのたびに用事が増えて大変だったと思います。

デジタルデータならコピーも簡単で、保存や受け渡しの方法も複数の選択肢から
選べますので、お写真の活用の幅も自由度も、大きく広がったと感じています。
いつもスマホが手元にある今は、なおのことです。

さて、
予告して参りました、「(フジカラーのお店プリントは)お店に手ぶらで」暫定宣言!

どうも大変お待たせいたしました<(_ _)>

いよいよ発表です。「(フジカラーのお店プリントは)〜」とあえてかっこ書きなのは、
富士フイルムさん推奨の対応方法ではなく、まして公式な対応でもなく、あくまでも
当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」独自の暫定的な対応、だからです。なので、
他店さんは「Google フォト」等からの店頭写真プリントサービスに対応していない
と思いますので、どうぞご了承ください(つまりこれは“一種のフライング”ですね)。

〔ご参考〕
人気が高いお写真データのクラウドサービスには、
「Android OS」開発元のGoogleさんが提供する「Google フォト」(公式サイト)、
「iOS」開発元のAppleさんが提供する「iCloud フォトライブラリ」(公式サイト
などがあります。

本記事では、お客さまが「Google フォト」に保存中のオリジナルのお写真データ
を店頭受付機へインターネット経由で読み込んでご注文いただくプリントサービス
についてご案内します。「iCloud フォトライブラリ」からの同様のプリントサービス
については、店頭にてお問い合わせください。

【ご注意】本サービスは完全セルフサービスではありません。
ご注文時は当店スタッフがサポートいたしますので、ご遠慮なくお声かけください。
その際、「Google アカウント(電話番号またはメールアドレス)」と「パスワード」が
必要です。いずれもお客さまの大切な個人情報ですから、第三者に知られないよう
厳重に管理してください。特に、両方を一緒にメモすることは避けてください。受付機
でのご注文操作の際、それらの入力を求められますが、当店スタッフが入力を代行
することはいたしかねますので、なにとぞご了承ください。

どうぞ、この記事を最後までお読みいただいたうえで、楽しくお役立てください。

  「Google フォト」について

「Google フォト」の公式サイトはこちらです。

「Google フォト」は2015年5月に公開された、
あらゆるスマホ、タブレット、パソコン等から利用できる人気のクラウドサービスです。
無料で高画質のお写真やビデオを無制限にインターネット上で保存管理できるので、
当店のお客さまの間でも上手に利用される方が次第に増えているようです。

「Google フォト」は、あくまでバックアップ用と考え、大切なデータは複数の方法で
保存されることを、強くお勧めします。

「Google フォト」にはWEB版もありますが、スマホやタブレット用のアプリ版なら、
起動させれば携帯電話回線でお写真やビデオが自動バックアップされて便利です。
今の「Android」スマホやタブレットは、もちろん購入時からプリインストールされて
いるので、意識しなくてもはじめから機能の一部としてお使いいただけると思います。
お薦めする、しないをお話しする以前に、「Android」スマホのお客さまにとっては、
もはやデフォルトのサービスですね。「Google フォト」のアプリには、「iPhone」や
「iPad」などの「iOS」端末用も用意され、同じように便利にお使いいただけます。

▽単にデータファイルをバックアップするだけではなく、楽しいサービスもあります。
 これはアルバムの自動編集機能の一例で、私の「iPhone」のスクリーンショット。
 オウムのシロウ@コバタン(39才♂)は当店臨時スタッフの仲田と暮らしています
 が、なんとアルバムの被写体別編集で立派な「動物園」(左)に!?  ケージから
 出てきたシーンは「鳥」さん(中)に分類されています。ペンギンのキャラクターの
 イラストもちゃんと「鳥」さんに分類されているのは、驚くべき画像認識精度の高さ
 です。写真の特徴や位置情報による撮影場所別で、シロウちゃんは「東松山市」に
 も「坂戸市」にも出没しています(右)。お出かけ好きでドライブ中はご機嫌です。
 なお、「横浜市」に氷川丸が分類されていますが、これは位置情報からではなく、
 写真の特徴による分類です。ランドマークは分類手がかりとしてしっかり登録済
 (自動解析でしょうか?)。さすがはGoogleさんです!
IMG_1016.png IMG_1017.png IMG_1018.png
 (c)Google、アルバムの森 しゃしんのポップ

がんばれ! 「写真をmikke(みっけ)」(2015年11月22日付記事参照)。

〔ご参考〕
「Google フォト」の責任者、Anil Sabharwalさんによるサービス紹介は、
こちらの公式ページをご参照ください。

以降の関連記事は、当ブログの
2017年7月18日付記事の一部を再編集し掲載しています。



  実は実話です(*_*)
  「誰も信じてくれないのよ」

スマホからのお写真のプリント注文で、当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」へ
ご来店くださったご婦人のお客さまとの間で、先日次のような会話がありました。

お客さま 「私の知り合いがね、誰も信じてくれないのよ。5人に話して5人とも
 「え???(@_@;)」
お客さま 「スマホの写真はプリントできないって。みんなそう思ってるのかしらね」
 「申し訳ありません<(_ _;)>。当店の宣伝不足です」

  あらためて、これからのこと

ATMのように、SNSやクラウドサービスへ預けられているお写真や動画のデータを、
お客さまが店頭プリント受付機にオンラインで自在に読み込んで、バラエティ豊かな
プリントサービスを思いのままにご利用いただける。そうしたスタイルがあたりまえに
なるまで、あともう少しだと思います。

無料、無制限のクラウドサービスへの写真や動画データの自動バックアップ機能が、
スマホやタブレット、さらにはデジカメやビデオカメラの標準仕様になるのも、もはや
時間の問題でしょう。

プリントやアルバム(フォトブック)のご注文は、写真屋さんへ、いつでも手ぶらで♪

それが世界の常識になれば、当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」がカメラ屋さん
と呼ばれてしまうことも、スマホのお客さまが半信半疑で(遠慮がちに)ご来店になる
ことも、きっとなくなることでしょう。それもまた、時の流れを感じさせて少しさびしくも
あるのですが。

「Google フォト」のようなクラウドサービスで、旅先で見つけた思い出のあの場所の
写真を開くとその近くの季節毎の催しや宿泊情報、新しいお店や新作メニューのこと
までひと目でわかる。お客さまが撮られたお写真の情報価値が何倍にも何十倍にも
膨らむことでしょう。だからもっと思い出をたくさん詰めに、次の旅へ出かけませんか。

 店 主


当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」は越生駅から徒歩3分。県道バイパスからは
山吹大橋を渡ってすぐ。スーパーのヤオコーさんも目の前で、店舗前に乗用車最大
4台分の駐車スペースもご用意しています。

ここで、おかげさまで7周年を迎えた当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」ついて、
Q&A方式でまとめてみたいと思います。

Q.SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やクラウドサービスへアップロード
  した写真を貴店の店頭プリント受付機にオンラインで読み込み、利用できますか?
A.はい。「Facebook」や「Instagram」に対応しています。「Google フォト」へは
  現在公式には未対応ですが、受付機メーカーの富士フイルムさんへは要望として
  お伝えしています。今後の拡充に、ご期待ください(2017年6月28日付記事)。

Q.他店さんで購入したデジカメやスマホで撮った写真だと、貴店ではプリント注文
  を依頼しにくいような気がしてしまうのですが。
A.ご心配は要りません。当店は、写真プリントサービスと写真用品の専門店です。
  スマホやパソコンで描いたイラスト・CGもプリントできます。スクリーンショットや
  動画から変換したお写真もOKです(ファイル形式は、JPEG形式を推奨します)。

Q.肖像権や著作権等、プライバシー権、知的財産権は保護されているでしょうか?
  コンピューターウィルス対策や個人情報の漏えい防止対策は大丈夫ですか?
A.ご安心ください。お客さまからお預かりするお写真のデータは後日消去されます。
  店内で使用するパソコンは、セキュリティソフトとUTM(統合脅威管理)装置とで
  二重に保護されています。UTM装置はインターネットを介した情報漏えいや不正
  アクセスなどの脅威を確実にブロックしてくれます(2016年10月2日付記事)。
  ご注文伝票や不要なプリントなどはシュレッダーで処理した後に廃棄いたします。
  店内のBGMやラジオ放送などは、USEN(有線)音楽放送でお送りしています。

Q.写真プリントサービスは、子どもだけでも利用できますか?
A.スマホを扱えるお子さまなら、大丈夫です。また、当店は店舗前の駐車スペース
  からの段差も少なく、ベビーカーや車椅子も畳まずご来店いただけます。5台の
  店頭プリント受付機に座席を1〜3個ずつご用意している他、お写真の整理等に
  便利なフリースペース、洋式トイレもございます。どうぞ安心してご来店ください。



上記の関連記事は、当ブログの
2017年7月18日付記事の一部を再編集し掲載しています。

上の最後のQ&Aで、

Q.写真プリントサービスは、子どもだけでも利用できますか?
A.スマホを扱えるお子さまなら、大丈夫です。

とありますが、もちろん「Google フォト」からの店頭写真プリントサービスについて
もまた、お子さまだけでご利用いただくことができます。ただし、くり返しになりますが、
次の点に十分ご注意願いたいと思います(念のため保護者の方へ確認のご連絡を
させていただく場合があります)。
 ↓
【ご注意】本サービスは完全セルフサービスではありません。
ご注文時は当店スタッフがサポートいたしますので、ご遠慮なくお声かけください。
その際、「Google アカウント(電話番号またはメールアドレス)」と「パスワード」が
必要です。いずれもお客さまの大切な個人情報ですから、第三者に知られないよう
厳重に管理してください。特に、両方を一緒にメモすることは避けてください。受付機
でのご注文操作の際、それらの入力を求められますが、当店スタッフが入力を代行
することはいたしかねますので、なにとぞご了承ください。

以降の関連記事は、当ブログの
2017年6月17日付記事同6月13日付記事の一部を再編集し掲載しています。



  スマホ内のお写真は、できれば
  SNSやクラウドサービスへ保存する前にプリントを済ませましょう(^^)v
  でも「Facebook」や「Instagram」なら当店店頭受付機も対応OKです!
  (2017年6月17日付記事の一部を再編集して掲載)

「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面では
2種類のSNSが選択でき、「Facebook」「Instagram」へお客さまが保存された
スマホ内のお写真を直接オンラインで読み込み、快適に受付操作していただけます。

170611_IMG_0776.JPG
△当店が導入を進めている富士フイルムさんの次世代店頭プリント受付機、
 「WPS(ワンダープリントステーション)」の「画像の読み込み元」の選択画面です。
 ここに「Google フォト」が加われば本当に理想なのですが。

上記の「Facebook」や「Instagram」以外のSNS、クラウドサービスについては、
大変申し訳ないのですが店頭プリント受付機「WPS」は、公式には未対応です。
代表的クラウドサービスの「Google フォト」や「iCloud フォトライブラリ」への公式
対応についても、現在のところ未定です。

また、スマホにインストールしてご利用いただく富士フイルムさんの
「おみせプリント」アプリ、略称「わいぷり(Wi-Fiプリント注文ソフト)」からも、
SNSやクラウドサービス等へ保存したお写真のご注文操作をしていただくことは
できません(「おみせプリント」アプリの公式Webページはこちら)。
2017年9月22日のバージョンアップで、iPhone用が「iCloud」に対応しました!
「おみせプリント」アプリご利用の前に、SNSやクラウドサービスから再度お写真を
スマホ本体へもどしていただくことになります(スマホの空き容量確保が必要です)。
スマホ内のお写真は、そのような手間を省くため、できればSNSやクラウドサービス
へ保存する前にプリントをお済ませになることをおすすめします。

 *気を付けておきたいこと

「Google フォト」に保存されたお写真について

1.投稿時にサイズが縮小圧縮される場合もありますが、高画質は十分保たれます。
  (縮小後は約1600万画素になります。縮小されない有料サービスもあります。)
2.スマホ内のお写真を削除しても「Google フォト」内のお写真は残ります。逆に、
  「Google フォト」内のお写真を削除すると、スマホ内のお写真も削除されます。
  (60日以内は復元できます。回避方法は別の機会にご説明したいと思います。)
3.Google社の各サービスの利用規定に反した場合、お写真やビデオ、メール等が
  一括削除
されることがあります。特に児童ポルノへの監視は厳しいと言われます。
  (ご自身のお子さまでも、入浴や着替え等のシーンの投稿、送信は控えましょう。)
4.「Google フォト」は、あくまでバックアップ用と考え、大切なデータは複数の方法
 で
保存されることを、強くお薦めします。

  「Google フォト」を利用されるお客さまが増えています
  (2017年6月17日付記事同6月13日付記事の一部を再編集して掲載)

「Google フォト」は2015年5月に公開された、
あらゆるスマホ、タブレット、パソコン等から利用できる人気のクラウドサービスです。
無料で高画質のお写真やビデオを無制限にインターネット上で保存管理できるので、
当店のお客さまの間でも利用される方が次第に増えているようです。

「Google フォト」に保存されたお写真を直接、
当店の店頭プリント受付機「WPS」へ読み込んでいただくことができるようになれば、
今お手元にないデジカメやタブレットはもちろん、別のスマホで撮影されたお写真も、
当店のバラエティー豊かなプリントサービスでご活用いただけるようになるはずです。

Googleさんは、広告事業が主な収入源です。
Googleさんの各サービスにも多くの広告が表示されますが、
利用者によってはあまり関係のない広告もありますね。

「Google フォト」に保存されたお写真やビデオをコンピューターで自動分析し、
その利用者に役立つ広告が選ばれて個別に表示されるようになれば便利でしょう。
旅行、グルメ、登山、スポーツ、ファッション、ペット、園芸、教育福祉など、
さまざまなジャンルの広告が考えられそうです。

クラウドサービス事業の運営維持には、どうしても大きな経費がかかります。
そのため、本格的なサービスは、これまでは有料の業務用途に限られてきました。
広告事業の収入でクラウド事業の経費を賄い、さらにお客さまに預けられたお写真
やビデオなどの分析情報をも広告事業に反映させるというのは、Googleさんなら
ではの発想でしょう。ここから好循環が生まれ世界中に広まることが期待されます。
広告主さん、特に企業さんの活動が活発でなければこの事業も滞ってしまいます
ので、企業活動の一層の活性化にも、期待したいと思います。

「Google フォト」は始まって満2年。今年から3年目に入りました。
Googleさんの、今後のサービス展開に大いに期待しましょう!

  「Google フォト」をはじめる理由?
  きっかけはスマホの機種変更
  (2017年6月17日付記事の一部を再編集して掲載)

スマホの機種変更をきっかけに、
「Google フォト」を始められる方もいらっしゃると思います。
(最近のAndroidスマホなら、ご購入時にプリインストールされていると思います。)

先日当店へ、初めてスマホからの写真プリント注文でお見えになられたお客さまも、
そのような「Google フォト」ビギナーのお一人でした。

「おみせプリント」アプリのインストール後、アプリ上でプリント希望のお写真を選んで
いただいたところ、前のスマホで写されたお写真が見れないとおっしゃられるのです。
お持ちになられたスマホの「Google フォト」では見れるのになぜなのか? とのこと。

そのお客さまは、前のスマホのマイクロSDカードを保管しておられたので良かったの
ですが、そうでなければ大量のお写真をスマホへもどす必要に迫られるケースです。
これは決して特別なケースではなく、ごく日常的な問題になりつつあると思われます。



上記の関連記事は、当ブログの
2017年6月17日付記事同6月13日付記事の一部を再編集し掲載しています。

時代の変化を先取りすべく、当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」は独自の判断で
「Google フォト」からの店頭写真プリントサービスに暫定対応いたしました! 
多くのお客さまに、楽しくお役立ていただければ幸いです。
posted by 安瑠芭夢家 しゃしんのポップ at 03:23| サービスの最新情報