2018年07月29日

充電できない!? デジタルカメラの深刻な悩み。

▽画像は本文とはあまり関係ありません。
dc_end_banner.jpg
 (c)CASIO

 関連記事)
  特にございませんが、探せばあるのかもしれません。

  充電できない!?
  デジタルカメラの深刻な悩み。

 「突然、どうしたのですか?」

と、ご心配をおかけしてしまいそうな今回の記事タイトル。
でも、深刻な悩みなのです。デジタルカメラ(以下、デジカメ)ならではの。

充電できないとは、一体どのような事態!?

  皆さまは
  次のような事例を
  お聞きになったことはないでしょうか?

明日から1泊2日で町内会の親睦旅行。
カメラ係なので久しぶりにデジカメを充電しようと思ったら、

 ・専用の充電ケーブルが見当たらない・・・(@_@;?
 ・もしくは、専用の充電器が見当たらない・・・(@o@;?
 ・あるいは、専用のACパワーアダプターが見当たらない・・・(@△@;?

全部が見当たらない、ということも・・・(-_-;?

家中探して色々と出てはきたけれど、どれがどれのだか分からない???
あれこれ調べてようやく分かったものの、なぜか正常に充電できない? なぜ???
考えられることは、

 ・専用の充電ケーブルの寿命・・・(T_T;?
 ・もしくは、専用の充電器の寿命・・・(ToT;?
 ・あるいは、専用のACパワーアダプターの寿命・・・(T△T;?

全部が寿命、ということも・・・(-_-;?

デジカメ本体に比べ、
これら電源関係の専用付属品は意外と傷みやすく、
寿命が短い傾向にあるようです。

そこで、急いでそのデジカメを買い求めたお店へ問い合わせると、

 「あいにく旧製品なので専用付属品は生産終了になりました」
 「こちらの新品のデジカメとお買い替えになりませんか(^^)」

というお話しになってしまいがちです。
デジカメ本体は故障もなく、まだまだ使えるはずなのに!?
(ビデオカメラも含め、家電製品全般によく しばしばあるお話しです。)

 ご参考)
  一部のデジカメには、スマホ用の汎用充電ケーブル(Micro USB Micro-B)や
  汎用USB充電器を使用できる機種もあり、それら用品はコンビニ等で購入でき
  ます。デジカメ用純正付属品との相違は同梱の「取扱説明書」でご確認ください。

  カメラ係
  引退宣言!?

せっかく使い慣れることができたデジカメを思いがけぬ理由で買い替えるということは、
特にご年配のお客さまにはかなり抵抗が強く感じられるのではないかとお察しします。
デジカメは機種により、機能や操作方法、専用付属品があまりにも違い過ぎるのです。
買い替えるたびに覚え直すのが、だんだんと億劫になってしまうのも無理はないです。

昔のようなフィルムカメラなら、10年前後に及ぶようなロングセラー製品も珍しくなく、
電源もボタン型の一次電池などありふれた汎用品を使用する機種がほとんどでした。
長く使えるカメラなら、中には30年以上もご愛用されるお客さまもいらっしゃいました。
カメラ愛好家向けでしたが、旧製品を再生産した特別モデルも時には発売されました。

当店「安瑠芭夢家 しゃしんのポップ」が新スタートした8年前はまだ、設備は中古でも
カラーフィルム現像の店内即日仕上げも承っていました。ご高齢のお客さまからよく、
長年使い込まれた愛機で撮影されたフィルムの現像のご注文をいただいたものです。

フィルムカメラの全盛期、
カメラ愛好や写真撮影は、年齢を重ねても生涯続けられる趣味、嗜みでもありました。
だからこそフィルムカメラは、故人の思い出が詰まった大切な形見にもなりえました。
愛好家にとって、一生もののカメラに出会えることは、この上なく幸せな、人生の喜び
そのものだったのです。

ところが、デジカメの場合は違うのです。
フィルムの種類や出し入れの方法を知らなくても手軽にお写真が撮れるので、撮影の
経験がなかったご年配のお客さまの間にも、デジカメはこの十数年間で浸透しました。
それなのに、結果は先述の通りです。

電源関係の専用付属品の紛失や不具合をきっかけに、デジカメの買い替えは諦めて
早々とカメラ係の引退宣言をされてしまう方も、当店のお客さまの中には少なからず、
これまでにもいらっしゃったようです。

写真プリントの専門店なのに、
肝心なときに何のお力にもなれず、誠に申し訳ありませんでした。
何もできずこのような流れでお客さまとのご縁を失うなら、本当に辛く残念なことです。

つづく

 関連リンク)
  『新電力ネット』 2018年7月10日付記事
  進められる「ワイヤレス電力伝送」の実用化、国際標準化を目指す日本の現状
  https://pps-net.org/column/60695

 関連リンク)
  『SankeiBiz(サンケイビズ)』 2018年7月5日付記事
  「長距離無線充電」制度化へ 総務省、20年度実用化後押し
  https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180705/mca1807050500001-n1.htm
posted by 安瑠芭夢家 しゃしんのポップ at 12:48| フォトライフ