2019年01月29日

【越生線との接続も改善】東武東上線・越生線の2019年3月16日(土)ダイヤ改正実施の概要が正式発表 「TJライナー」を座席指定制に/新種別「川越特急」誕生【速報】

  【越生線との坂戸駅での接続も改善】
  東武東上線・越生線の2019年3月16日(土)
  ダイヤ改正実施の概要が正式発表
  「TJライナー」を座席指定制に/新種別「川越特急」誕生
  【速報】

本日、2019年1月29日に東武鉄道さんから東上線・越生線の、
2019年3月16日(土)ダイヤ改正実施の概要が正式発表されました。

この記事は【速報】ですので、
先に関連リンクからご紹介したいと思います。

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月29日付ニュースリリース
  3月16日(土)東武東上線でダイヤ改正を実施します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月29日付ニュースリリース
  3月16日(土)より東上線TJライナーを座席指定制に変更します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月17日付ニュースリリース
  3月16日(土) 東武東上線ダイヤ改正
  東上線に新種別「川越特急」が誕生します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連リンク)
  『TOBU are GO!GO! アーカイブ』2019年3月キャンペーン記事(公式)
  東上線に新種別「川越特急」が登場。2019年3月16日ダイヤ改正を実施!
  http://tabi.tobu.co.jp/campaign/gogo-archive/campaign/201903-01.html

▽東武東上線の座席定員制有料列車「TJライナー」で活躍中の東武50090型電車。
 2019年3月16日ダイヤ改正以降は「川越特急」としても活躍することになります。
about_tj01_l.jpg
 (c)東武鉄道

▽クロスシート仕様の50090型車内(主に「TJライナー」や「川越特急」での運転時)。
 座席の前後間隔が広く且つプライバシーも保てます。座席の向きは変えられます。
 東上線には座席指定制の定期列車は運転されていませんでしたが、各座席には
 予め番号が割り当てられています。なお、WCは現時点では設置されていません。 
about_tj03_l.jpg
 (c)東武鉄道

簡単にですが、
今回正式発表された2019年3月16日(土)ダイヤ改正実施の概要について、
当店「あるばむハウス しゃしんのポップ」の地元、越生町からの視点で
順を追ってご説明したいと思います。

  越生線との坂戸駅での接続も改善
 
 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月29日付ニュースリリース
  3月16日(土)東武東上線でダイヤ改正を実施します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

次の、越生線一部列車の運転時刻変更に関する説明は、
本日、2019年1月29日付の東武鉄道さんのニュースリリースからの抜粋です。
(PDFはこちら
越生線一部列車の運転時刻変更

坂戸駅における東上線との接続を考慮し、一部列車の運転時刻を変更します。この他、平日における通学時間帯の混雑に対応するため、一部下り列車の運転時刻を変更します。

 *上記、2019年1月29日付 東武鉄道ニュースリリースより抜粋。
大きな変更はなさそうですが、坂戸駅での接続が改善されるのは喜ばしいことです。

  「TJライナー」を座席指定制に
  平日、土休日とも下り「TJライナー」を増発

下り「TJライナー」増発で、
運転間隔は従来通り30分ごとのままですが利用できる時間帯は広くなりますので、
お出かけがますます便利になりそうです。

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月29日付ニュースリリース
  3月16日(土)より東上線TJライナーを座席指定制に変更します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連リンク)
  TJライナー | 東武鉄道

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2018年11月16日付記事
  東上線の「TJライナー」を座席指定制に 東武鉄道が検討開始

次の、「TJライナー」座席指定制変更に関連する記事は、
上記の当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
2018年11月16日付記事からの抜粋です(本文はこちら)。
東上線の「TJライナー」は必ず座れるサービスが好評の座席定員制有料列車ですが、指定されるのは乗車車両だけなので、お連れ様と席が離れてしまう場合もありました。
〔中略〕
これまで「TJライナー」をご家族や大事なお連れ様と利用する場合、席が離れないよう早くからホームの乗車位置に並んで待つ必要がありました。座席指定制なら隣合う席を指定でき、ゆっくりホームへ向かえば良いので安心してお出かけに利用できますね。特に、カップルやお子さま連れのお客さま、介護者の付添いが必要な方には朗報です。

*上記、当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
 2018年11月16日付記事より抜粋。
こうした期待に、東武鉄道さんはしっかりと応えてくださいました!

次の、「TJライナー」座席指定制変更に関する説明は、
本日、2019年1月29日付の東武鉄道さんのニュースリリースからの抜粋です。
 (PDFはこちら
 TJライナーは、ロングシートをクロスシートに転換できる車両を活用し、通勤時間帯等に必ず座れる座席定員制列車として、2008年に東上線 池袋〜小川町間で運転を開始して以来、2018年12月末までに約1,300万人のお客さまに利用いただき、大変好評を いただいています。
 現行のTJライナーは座席定員制で、座席が指定されないことから、お客さまが希望する座席に座るためには、列車到着の一定時間前から乗車口で待っていただく必要がありました。
 今般、座席指定制に変更することで、チケットレスサービスまたは自動券売機において座席表から希望の座席を事前に確保することができ、待っていただく必要がなくなり、利便性がさらに向上します。これにより、お一人での利用時はもちろん、ご家族やグループでの利用時等、状況に応じた座席選択も可能となります。
 さらに、当社は「長期経営ビジョン」において「多世代を“つなぐ”〜3世代ファミリーがつながり日本一幸せな暮らしが実感できる沿線を目指す」ことを掲げておりますが、今般導入する座席指定料金に小児料金を新設することで、土休日等のお出かけ、レジャー、お買物の帰り等、お子さまとご一緒のご家族連れのお客さまにも気軽に利用いただけます。

 *上記、2019年1月29日付 東武鉄道ニュースリリースより抜粋。
「TJライナー」の座席指定制変更で、東上線沿線も越生線沿線も
3世代ファミリーがつながり日本一幸せな暮らしが実感できる沿線」になることを、
当店「あるばむハウス しゃしんのポップ」としても大いに期待しています。

当店もまた、お店の入り口に乗用車4台分の駐車スペースを設け、
ベビーカーや車椅子も畳まずにご来店いただける構造の店舗で営業しております。
5台ある店頭プリント受付機に座席を複数個ご用意し、ご家族皆さまでお写真選び
をお楽しみいただけます。仕上がったプリントの整理用にフリースペースもあります。
東武鉄道さんの経営ビジョンに共感し、東武沿線に相応しい写真店を目指します。

▽「広報おごせ」平成31年2月号掲載予定広告。
 当店「あるばむハウス しゃしんのポップ」の場合、3、13、23日が休業日のときは
 その前後2日間を 越生スタンプ会「夢カード」ポイント3倍の日とします。
190117_ppop-cm.jpg
 (c)あるばむハウス しゃしんのポップ

  新種別「川越特急」誕生

新種別「川越特急」は、「TJライナー」や一部の「快速急行」と同じく座席は回転式の
二人掛けクロスシート仕様ですが、(デビュー時点では)全座席とも、特急料金不要
とのことです。

▽「川越特急」の粋なロゴマーク。何だか楽しそうなデザインです(^▽^) ♪
190117tobu_kawagoe-logomark.jpg
 (c)東武鉄道

「TJライナー」同様、座席指定制で30分間隔運転の列車でも良さそうに思えますが、
どちらかと言えば「快速急行」のバリエーションの一つとしてデビューするようですね。
良い意味で「予想を裏切られた」、とも言えそうです。

「川越特急」の運転時間は平日、土休日とも下りは池袋発10:00と11:00。
坂戸着がそれぞれ10:37と11:37です。
午前中の海外旅行などからのお帰りや、池袋でのお買物等のお帰りなど、
思いのほか越生線沿線にお住まいの皆さまにも利用価値が高い列車になりそうです。

日中の東武東上線下り定期列車としては初めて、車窓を楽しめる回転シートの列車
がデビューすることになります。池袋から小川町まで、たっぷりと旅情に浸れる61分
の道中。いつかは実現するに違いないと○十年も想い続けてきたので感慨深いです。
個人的には下り進行方向左側、よく晴れた日に望める富士山や秩父連山、浅間山、
そして堂平山や笠山、大霧山など外秩父七峰、右手の筑波山、男体山、赤城山など
の雄姿がお勧めです。途中越える幾つもの川辺、比企丘陵、小川盆地も良いですね。

池袋発11:00の「川越特急」なら、お弁当とお茶とお菓子も美味しくいただけそうです。
越生や毛呂山へのお帰りは、JR八高線のディーゼルカーのボックスシートでのんびり。
朝の下りはもう少し早い時間帯の運転かと思いましたが、川越観光にはゆっくり出発
の方が良いのかもしれません。

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月29日付ニュースリリース
  3月16日(土)東武東上線でダイヤ改正を実施します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連リンク)
  2018年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト
  2019年1月17日付ニュースリリース
  3月16日(土) 東武東上線ダイヤ改正
  東上線に新種別「川越特急」が誕生します
  http://www.tobu.co.jp/corporation/news/ (PDFはこちら

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2019年1月17日付記事
  【坂戸駅停車】東武東上線の新しい列車「川越特急」が正式発表
  2019年3月16日(土)ダイヤ改正でデビュー
  池袋〜川越間は最速26分と「TJライナー」に匹敵【速報】

なお、午前中の上り「快速急行」のダイヤ改正後の詳細については、
平日、土休日とも現時点では不明です。

2019年3月16日(土)以降の『東武東上線時刻表』の公表が待ち遠しいですね。

  東上線内は「快速急行」
  元町・中華街発小川町行き直通列車が
  土休日朝に1本だけ運転開始

みなとみらい線、東急東横線、東京メトロ副都心線経由の土休日運転の直通列車で、
現在は森林公園で乗換えになりますが、小川町まで運転区間が延長されるそうです。
同様に、2本ある東横線菊名発森林公園行きも小川町まで運転区間延長になります。

越生線沿線とは直接関連性は少なそうですが、小川町からの帰りに越生や毛呂山へ
寄ってもらえると嬉しいですね。次のようなおトクなきっぷも販売されていることですし。
越生線も全区間乗り降り自由です(みなとみらい線、JR八高線は別料金になります)。

 関連リンク)
  東急東武東上線 ハイキングきっぷ|東急電鉄

それにしても元町・中華街や横浜に東上線小川町行きが乗入れる日が来るなんて!?
posted by 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ at 21:46| 旅のヒント