2019年03月15日

2019年3月16日(土)に越生駅東口が開設します/西口窓口でのきっぷの販売は今日3月15日(金)限りになります

  2019年3月16日(土)に越生駅東口が開設します
  西口窓口でのきっぷの販売は今日3月15日(金)限りになります

越生駅は2019年3月15日をもって、JRさんのみどりの窓口の営業が終了します。
さらに翌3月16日よりJRの駅係員さんが不在となります。

越生駅東口及び同駅前広場の利用は、2019年3月16日午前11時15分開催の
開設式典終了後になります。

2019年3月16日以降、現駅舎の券売機および改札機はJR八高線、東武越生線
のそれぞれのホーム上に移ります。

なお、3月17日から東武越生線ホーム上の券売機で上り「TJライナー座席指定券」
が購入できるようになります。

▽(左)JR越生駅をご利用のお客さまへ(読んでいると何だか切なくなってきます)。
▽(右)平成31(2019)年3月16日 越生駅東口が開設します(公式ファイルの写し)。
190315_IMG_4082.jpg190212_ogoseeki_kaisetsu.jpg
 (c)JR東日本高崎支社(左)/(c)越生町(右)

 関連リンク)
  まちづくり整備課/都市計画担当/業務案内 | 越生町

 関連リンク)
  越生駅東口開設について (PDFはこちら

 関連リンク)
  TJライナー座席指定券の購入方法 | TJライナー | 東武鉄道

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2019年2月21日付記事
  上り「TJライナー着席整理券」が
  東武越生線各駅で2019年2月25日乗車分より
  (越生駅は東口開設翌日の3月17日から発売)券売機で購入できます

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2017年5月31日付記事
  越生町が平成31年3月末の完成を目指してる『越生駅東口開設事業』と、
  5月12日発表の『東武グループ中期経営計画2017〜2020』について

  越生駅東口オープン前の様子

以下の写真は、いずれも当店「あるばむハウス しゃしんのポップ」による撮影です。

▽ほぼ完成し開設を待つばかりの越生駅東口と自由通路。(2019年3月5日撮影)
190315_IMG_4009.JPEG

▽(左)越生駅東口駅前広場とロータリーの出入口。公衆トイレも備わります。
 (右)路線バスやタクシーなどの発着に対応しています。(2019年3月5日撮影)
190315_IMG_4008.JPEG190315_IMG_4010.JPEG

  旅情を感じさせる越生駅西口

以下の写真は、いずれも当店「あるばむハウス しゃしんのポップ」による撮影です。

▽西口駅前ロータリーの出口。踏切とは反対側の(当店「しゃしんのポップ」がある)
 駅東側からは一方通行出口になるため直接進入することができず、お車での送迎
 の際は迂回を強いられ不便でした。さらに、駅前からもどるとき踏切で待たされると、
 写真の路線バスの進路をふさがないよう、もう一周迂回が必要になる場合もありま
 した。こうした問題も駅東口開設で解消し、越生町がより住み良い町になるでしょう。
 (2017年5月18日撮影)
170518_IMG_0696_HV-edit.JPG

▽越生駅西口駅前広場とロータリー(2019年3月15日撮影)
190315_IMG_4073.JPEG

▽(左)ときがわ方面の路線バスは2019年3月16日以降、東口発着になります。
 (右)黒山・梅林方面の路線バスは今後も従来通り西口発着です。なお7月下旬の
 「越生まつり」開催時などは、バス、タクシーとも東口発着に臨時変更されます。
 (2019年3月15日撮影)
190315_IMG_4068.JPEG190315_IMG_4062.JPEG

 路線バス関連リンク集)
  ときがわ町路線バス|イーグルバス株式会社
  http://new-wing.co.jp/rosen/tokigawa/
  越生駅からの時刻表|川越観光自動車株式会社

越生駅は昭和8(1933)年4月15日に今のJR八高線の駅として開業。翌12月16日
には今の東武越生線も乗り入れました(出典:越生駅-Wikipedia)。開業した頃から
約85年もの間たくさんの旅客を送り迎えしてきた越生駅の窓口も今日、静かにその
長い歴史に幕を降ろします。駅係員の皆さま、今まで本当にありがとうございました。

▽2019年3月15日限りで役目を終える西口駅舎内のきっぷ売り場。私がこの写真
 を撮影している間にも、窓口の駅係員さんはお客さまの問い合わせに真摯に対応
 されていました。いつもと変わらない越生駅の朝でした。(2019年3月15日撮影)
190315_IMG_4081.JPEG

▽(左)今となっては映画のロケセットを見るような越生駅駅舎。「越生梅林梅まつり
 の看板が毎年、この季節になると掲げられてきました。(2019年3月12日撮影)
 (右)八高線の列車の少なさが絵になりすぎる時刻表。(2019年3月11日撮影)
190315_IMG_4054.JPEG190315_IMG_4032.JPEG

▽(左)JRの「青春18きっぷ」のポスターが貼られていました。短い春休みの始まり。
 (右)ここから、そうです。誰もが旅人になるのです。(共に2019年3月11日撮影)
190315_IMG_4035.JPEG190315_IMG_4030.JPEG

▽ここへ来るといつも、日本全国を列車や連絡船で旅した高校、大学時代の自分が
 思い出されます。「18きっぷ」のような青春だったかは?(2019年3月11日撮影)
190315_IMG_4027.JPEG

西口の旧駅舎は「観光案内所兼おもてなしの拠点」として整備が予定されています。
具体的なプランはまだ町から公表されていませんが、今後に期待したいと思います。

 関連記事)
  当ブログ『思い出の始発駅 安瑠芭夢ハウス しゃしんのポップ』
  2019年6月8日付記事
  今年度中に取り壊される旧越生駅西口駅舎の見学会が、
  令和元(2019)年6月20日(木)から23日(日)まで開催されます
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) しゃしんのポップ at 18:31| 旅のヒント