2020年12月26日

【太田道灌公に学ぶ】2020年12月21日に「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」竣工式と『太田道灌像』除幕式が行われ夜間ライトアップが始まりました【文武両道】

*この記事は、2020年12月16日付記事の続きです。
*この記事は、2021年1月9日付記事へ続きます。
*この記事は、ただ今編集中です。

  【太田道灌公に学ぶ】
  2020年12月21日に
  「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」竣工式と
  『太田道灌像』除幕式が行われ夜間ライトアップが始まりました
  【文武両道】

【文武両道】
文武両道(ぶんぶりょうどう)とは、一般的に「文」とは文事、「武」とは武事のことを指
し、その両方に努めていることを意味する語。しかしながら、今日では「文」は「勉学」、
「武」は「運動(スポーツ)」 のことであり、その両面に秀でた人物に対して用いられる
ことが多くなっている(文武両道 - Wikipedia より)。

▽2020年12月25日夜8時頃、当店撮影。
 「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」(左)と、「太田道灌像」(右)。
201225_IMG_1634.jpg201225_IMG_1625-edit.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽『越生町公式サイト』 生涯学習課 2020年12月21日付情報
 『越生駅前に太田道灌像がお目見えしました』のスクショ(こちらをクリック)。
 「令和2年12月21日、越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)竣工式と
 『太田道灌像』除幕式が行われました。」北向なので晴れた日は1日中逆光です。
 注:『太田道灌像』周囲は通常車が通行し一般の方の記念撮影は大変危険です。
 危険行為や迷惑行為と見られるお写真のプリントは当店では承れません(>_<)
201221_IMG_1657.jpg 201221_IMG_1656.jpg
201221_IMG_1658.jpg 201221_IMG_1659.jpg
 (c)越生町

 関連リンク集)
  『越生町公式サイト』
  http://www.town.ogose.saitama.jp/
  令和2年度 越生駅西口が新しくなります!(2019年12月26日付)
  (こちらをクリック)
  越生町観光案内ボランティアの募集について(2020年12月1日付)
  (こちらをクリック)
  越生駅すてきな交流拠点新築工事の進捗状況について(2020年12月14日付)
  (こちらをクリック)
  越生駅前に太田道灌像がお目見えしました(2020年12月21日付)
  (こちらをクリック)

2020年12月29日追記
 『広報おごせ』 令和3(2021)年1月号 表紙(左)と10頁目(右)の写し。
210101_kouhou-ogose_1p.jpg210101_kouhou-ogose_10p.jpg
 (c)越生町

 関連リンク) 2020年12月29日追記
  『越生町公式サイト』
  http://www.town.ogose.saitama.jp/
  『広報おごせ』 令和3年1月号 (こちらをクリック)
  (PDFファイル全頁一括ダウンロードはこちら
〜越生駅西口が新しくなりました〜
「道灌おもてなしプラザ」と「道灌像」が完成

 令和2年12月21日に竣工式が行われ、リニューアルされた越生駅西口。文武両道に励み人々から敬愛を受ける太田道灌公が、新たな町のシンボルとなり、ハイカーや観光客をお迎えし、町民を見守ります。

■越生駅西口総合案内所 「道灌おもてなしプラザ」

 1月4日にオープン。越生駅すてきな交流拠点整備事業として進めていた施設で、木造平屋建て167u、越生産の西川材や越生伝統の組子細工を使い、特徴ある屋根が越生駅の新たなランドマークとなります。

開館時間
 午前8時30分〜午後5時 年中無休
業務内容
 観光案内、 待合室、ギャラリー運営、無料WiFiサービス、
 行政ービス(移住相談・本人の住民票など取り次ぎ発行)、
 車椅子利用者の補助など
※(一社)越生町観光協会の事務所が、
 OTIC(オ ーティック)からこちらの施設に移転します。

■「太田道灌像」の建立

 江戸城を築いた室町時代の名将。越生町龍ケ谷の山枝庵で誕生したと伝えられています。銅像は高さ約1.7m、台座は高さ約2.0m。神奈川県伊勢原市役所に立つ銅像と同じ鋳型を使ったもので、縁があって町が譲り受けました。

■愛称が付きました

 越生駅西口に「道灘口」の愛称を付け加えるのと同時に、山吹の里歴史公園へと繋がる東口に「山吹口」の愛称を付けました。
 OTIC(オーティック)に隣接し、月例ハイキ ングの出発点にもなっているポケットパーク。 太田道灌の解説板もあることから「道灌パーク」と命名しました。

問合せ:企画財政課 企画担当 TEL 049-292-3121(代表) 内線221

出典)上記、『広報おごせ』 令和3年1月号10頁目掲載記事より抜粋

2020年12月25日、『埼玉県公式サイト』にも、上記の
「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」竣工式と
『太田道灌像』除幕式に関する詳しい記事が掲載されました(こちらをクリック)。
『越生町公式サイト』の記事より詳しいのですが、『埼玉県公式サイト』総合トップから
本記事へのリンクの道のりは長く険しく検索エンジン無しで辿り着くのはほぼ不可能?

なので当ブログにてご紹介させていただこうと思います。
ご担当者様、充実した記事をどうもありがとうございます。そしておつかれさまでした。

▽『埼玉県公式サイト』 2020年12月25日掲載記事のスクリーンショット(こちら)。
 『越生駅西口総合案内所「道灌(どうかん)おもてなしプラザ」が完成しました』。
 『太田道灌像』の掲載写真は、逆光は避け日が陰るのを待って撮影されています。
201225_pref_saitama_101.JPG
 (c)埼玉県

 関連リンク)
  『埼玉県公式サイト』 2020年12月25日掲載
  越生駅西口総合案内所「道灌(どうかん)おもてなしプラザ」が完成しました
  https://www.pref.saitama.lg.jp/b0106/topix/2020omotenasipuraza.html
 12月21日に県ふるさと創造資金を活用した越生駅西口総合案内所「道灌おもてなしプラザ」の完成を祝う式典が行われました。完成した施設は交流待合室、案内・相談室、ミニギャラリーを備える木造平屋建で県産材の西川材を用いています。同町麦原地域から切り出した樹齢180年、直径約40センチの梁(はり)は目を見張るものがあります。町民だけでなく観光やハイキングで町を訪れた方が気軽に利用できます。
 同時に、町とゆかりのある室町時代の武将太田道灌(おおたどうかん)の像が越生駅西口前に建立され、除幕式も行われました。町には道灌生誕地の山枝庵(さんしあん)や太田道真(おおたどうしん)・道灌父子のお墓がある龍穏寺(りゅうおんじ)などがあります。

出典)上記、『埼玉県公式サイト』 2020年12月25日掲載記事より抜粋

▽2020年12月25日夜8時頃、当店撮影。
201225_IMG_1626-edit.jpg

201225_IMG_1629-edit.jpg

201225_IMG_1630-edit.jpg

201225_IMG_1637.jpg

201225_IMG_1641.jpg

201225_IMG_1644.jpg
▽ガラスドア越しに撮影(決して待合所内へ立ち入ってはいません)。
201225_IMG_1647.jpg

201225_IMG_1650.jpg

201225_IMG_1651.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽「越生駅すてきな交流拠点計画案」の図面。工事請負は(株)丸勝 越生支店さん。
 図面制作は(株)家住設計室さん(2020年1月21日、越生駅構内にて当店撮影)。
200121_IMG_7718-edit.JPG 200121_IMG_7722-edit.JPG
 (c)越生町 / 家住設計室 / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

 関連リンク集)
  『(株)丸勝公式サイト | 埼玉県越生町 注文住宅 一戸建て 工務店』
  http://www.kk-marusho.jp/
  施工事例 | 越生自然休養村センター様
  http://www.kk-marusho.jp/seko13.html

 関連リンク集)
  『(株)家住設計室公式サイト | 群馬県みどり市にある建築設計事務所』
  http://www.arch-iezumi.com/
  COLUMN
  http://www.arch-iezumi.com/sta21623/index.html
〔前略〕

私たちの家作り

 設計監理の仕事は、お客様の要望を形にする事はもちろんですが、もっと重要な事は、工事金額の監理です。一生で一度の買いものの住宅ですから、床材や屋根、外壁材、キッチンのグレードなどで、適正な物が、適正な施工、適正な価格で作られているか、ガラスの厚みや種類まで細かく図面に指定し現場で確認しています。
 形ある物は必ず壊れます。どんな建築材料でも、完璧で100%安全なものなどありません。5〜6%の欠陥はあるものです。使用建材の長所や短所を知った上で、納得のいく家作りをすすめています。

出典)上記、『(株)家住設計室公式サイト』 COLUMN より抜粋

2021年1月1日追記)

▽2020年12月30日夜8時前、当店撮影。
 2020年12月21日の「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」竣工式
 後、初めて迎えた満月の夜です。写真では分からないのですが夕方から冷たい
 強風がゴウゴウ音を立てて吹き荒れはじめ、案内所横の自販機で温かい飲み物
 を求める人が絶えませんでした。待合所が終電まで開放されると良いのですが。
201230_IMG_1668.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽2021年1月1日午後3時過ぎ撮影(3枚とも)。1日中良く晴れた穏やかなお正月。
 2021年1月4日オープンの「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」は
 まだお正月飾りも用意されていませんが、旅情を感じさせる佇まいがもどりました。
210101_IMG_1718.jpg
▽手前右の「越生駅西口」の立て看板も間もなく勇退です。どうもおつかれさまでした。
210101_IMG_1715.jpg
▽駅に降り立って、その後ほっと寛げる居場所があるというのは幸せなことなのだと
 あらためてしみじみ感じたのでした。行き交うJR八高線(手前)と東武越生線(奥)。
210101_IMG_1720.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

2021年1月3日追記)

2020年12月21日に行われた「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」の
竣工式と『太田道灌像』除幕式のプライベートな記念写真のプリント注文を、数日後に
ご来店くださいました元日本大学文理学部教授のK先生から承りました。

「K先生もご出席されたのですか?」
とおたずねすると、
「いや、歯医者に通うために通りかかったら偶然式が終わったところで、知人に写して
欲しいと頼まれましてね」

K先生とは、ちょうど1年程前の2020年1月11日の夜にも越生駅西口で偶然お会い
しました。西口旧駅舎の取壊しが始まる4日前のことです。

当時の記事を再掲載します。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年1月21日付記事
  最終電車を最後に見送って1週間が経つ
  越生駅西口旧駅舎の解体工事進捗状況と
  新たな「観光案内と待合い機能を併せ持つおもてなし施設」の設計会社
  「家住設計室」さんについて


以降の記事は、
当ブログの上記2020年1月21日付記事の一部を再編集し再掲載しています。


実は1月11日の夜にも私は、土曜日でしたので夜7時半過ぎの閉店後、越生駅西口
の旧駅舎を訪れました。待合室にしばらく佇んだ後、お店へもどろうと改札跡を抜けて
自由通路へ向かおうとしたら見覚えある男性の方が自由通路の階段を降りてこちらへ
歩いて来られるではないですか。その方も私に気付かれて、お互いに新年の挨拶を
交わしました。当店の常連のお客さまのK先生で、川越へのお出かけのお帰りでした。
K先生はもちろん越生ご出身の方で、最近まで日本大学文理学部で教鞭をとられて
いました。学部は違っても母校が同じ日大同士(私は芸術学部写真学科)だと自然に
打ち解けたお話ができるので嬉しいもの。K先生も無論、カメラや写真は大好きです。
なお、文理学部が現存している大学は日本で唯一、日本大学だけです。
文理学部 - Wikipedia

「この待合室に人がいるところを写真に撮りたいけど、プライバシーの問題もあるし」
と、K先生。無人になってからも皆さまの憩いの場であり続けたので、解体されるのは
どなたも名残り惜しいとお感じのようでした。

K先生も私も、視線は改札窓口跡に貼られた「越生駅すてきな交流拠点整備事業」の
図面を見つめていました。今年度中、西口の旧駅舎跡地に「新たな施設」が建ちます。

「事務室には何時まで職員がいてくれるのか。無人だと待合室が防犯上心配だし」
とK先生。
「見た目が駅舎で屋根には越生駅の看板も掲げている以上、利用される方々は当然、
駅の施設としての役割を期待されますからね。観光協会の都合は通らないでしょう」
と私(それとも、営業時間外は施設全体が施錠されてしまうのでしょうか?)。

ところで、
「越生駅すてきな交流拠点整備事業」の図面についてですが、K先生と私はこのとき、
新たな「観光案内と待合い機能を併せ持つおもてなし施設」を設計している会社さん
の所在地が、群馬県みどり市と左下の方に明記されていることに気付きました。
どのような設計会社さんなのか関心を持たれているお客さまもいらっしゃることと思い
ますので、ネットで検索し調べてみました。

▽「越生駅すてきな交流拠点計画案」の図面のアップ。
 図面制作は(株)家住設計室さん(2020年1月21日、越生駅構内にて当店撮影)。
200121_IMG_7718-edit.JPG 200121_IMG_7722-edit.JPG
 (c)越生町 / 家住設計室 / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

ご紹介します。

 関連リンク集)
  『(株)家住設計室公式サイト | 群馬県みどり市にある建築設計事務所』
  http://www.arch-iezumi.com/
  COLUMN
  http://www.arch-iezumi.com/sta21623/index.html
 建て主へのメッセージ

自然との共生をテーマに家づくりをやっています。人間は季節を感じ自然と共に生きる心豊かな動物です。ストレスが溜まる現代社会において、家は安全で安心できるオアシスでなくてはなりません。私達の家づくりは、内部はちょっぴり緊張感があるけれど、圧迫感のない、リラックスできる空間を実現しています。天井材、壁材、床材に木の無垢材や塗り壁を多く選びます。自然材は時代と共にその時々の表情をみせてくれます。

家作りは建てて終わりではありません。始まりです。新築時が最高ではなく、創意、工夫し住まっていくことで、長い間良きパートナーになるものだと思います。“自分の住みかを想像しましょう”予算は考えずに、まず住みたい住宅をイメージします。夢と希望でいっぱいにする。夢と希望をこぼさないようにして、私たちに語りかけてください。理想の住みかが手に入るかもしれません。

 ABOUT US

事務所名 株式会社 家住設計室
設立 1976年
2009年 株式会社に組織変更しました
所在地 群馬県みどり市笠懸町久宮491-3

 Profile

□ 所長 家住美路
1948年 群馬県に生まれる
1972年 日本大学工学部建築学科卒業
1975年 家住設計室を設立、現在に至る
所属 日本建築家協会会員
資格 1級建築士・建築積算資格者・宅地建物取引主任
経歴 住宅雑誌ニューハウスに長年にわたり作品を発表、執筆、
   読者の設計回答者として活躍
趣味 スキー・陶芸鑑賞

□ 主任 家住達史
1976年 群馬県に生まれる
1999年 日本大学工学部建築学科卒業
1999年 日本大学工学部建築学科 研究生
2000年 家住設計室入社、現在に至る
趣味 スキー・音楽鑑賞

出典)上記、「ABOUT US」(株)家住設計室公式サイトより抜粋。

日本大学出身者の魂が
(学部、学科を越えて)
越生駅に集結?

注:校名は「日本大学」ですが、国公立大学ではありません。
(日大に入れる人がより真剣に受験勉強するともっと難しい上の大学へ行ける場合が
よくあります。そんな日大生および日大OBの方々が大勢いらっしゃるマンモス大学。)

本題にもどります。

「家住(いえずみ)」さんは業種由来の名ではなく、経営者さんの名字だったのですね。
無垢の木材など自然材を用いた注文住宅や教育・福祉施設などがご専門だそうです。
西口旧駅舎跡地に建設される「越生駅すてきな交流拠点整備事業」の「新たな施設」
は「埼玉県産材の西川材や越生の建具」が使われるとのことで、出来栄えは期待でき
そうです。公共交通だけでなく、ハイキングの拠点にもなる施設なので、設計会社さん
にとっても手応えの大きなお仕事になることと思います。次の100年の歩みに向けて。


以上の記事は、
当ブログの上記2020年1月21日付記事の一部を再編集し再掲載しています。


「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」が午後5時で閉まってしまうのは
仕方がないことかもしれません。それでも、K先生も私も、新しくなった西口の雰囲気
を、とても好ましく感じています。

K先生のお話によると、『太田道灌像』の鋳型は再利用なので新規に制作するよりも
費用は大幅に節約でき「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」も越生産
の西川材や越生伝統の組子細工を活かし、豪華さは目指さず余計なお金を使って
いないところが良い、ということです。何より、家住設計さんの設計思想に信頼感が
持てます。K先生も私も良心的な会社に設計していただけて良かったと思っています。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年8月15日付記事
  今日、2020年8月15日は、戦後75年の終戦の日です。
  戦前、戦後を見つめ続けた越生駅西口の旧駅舎へ想いを寄せて。
  &*木の香りが好き* 2020年8月5〜19日、
  越生駅西口「越生駅すてきな交流拠点」新築工事の進捗状況
  http://poppop.sblo.jp/article/187806705.html

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年12月24日付記事
  「令和2年度(2020年度) 越生駅西口が新しくなります!」、
  「旧越生駅舎ありがとう式典 令和元年12月26日(木) 午前10時から」、
  「旧越生駅舎の取壊し時期 令和2年1〜3月」 from 越生町役場

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年12月5日付記事
  東武鉄道東上線・越生線沿線に関する最近のニュースから・・・
  2020年12月4日午前11時15分頃、
  東武東上線の霞ケ関駅と鶴ケ島駅間で
  伐採中に倒れた木が電車に接触、けが人なし
  & ライターの鼠入昌史さんが
  『東洋経済オンライン』の「GoTo最前線」コーナーで
  『東武越生線、単なる「枝線」と呼べない実力路線』と題する記事を発表!
  今月下旬完成予定の「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」
  & 2021年春のダイヤ改正で東上線上り「TJライナー」が増発、
  平日朝ラッシュ時のお出かけがより快適に!

 関連記事) 2021年1月9日追記
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2021年1月9日付記事
  *新春恒例*
  「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」の
  初仕事は「第37回武蔵越生七福神めぐり」!
  令和3(2021)年1月4日(月)から1月11日(月・祝)まで
  新型コロナウイルス感染拡大防止対策をとり
  「緊急事態宣言」に対応しながら今週末の三連休中も開催
  http://poppop.sblo.jp/article/188292088.html

*この記事は、2021年1月9日付記事へ続きます。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 19:55| お知らせ