2021年08月15日

【長い? 短い?】「2020年東京オリンピック競技大会」とNHK大河ドラマ 『青天を衝け』と終戦と経済とワクチンと【16日間が過ぎました】

*この記事は、2021年8月11日から15日にかけて編集されたものです。

2021年8月15日追記)

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年8月15日 14:18 付配信
  天皇陛下おことば 戦没者追悼式 緊急事態宣言下で初(フジテレビ系 FNN)
  (こちらをクリック)
 終戦からを76年を迎えた15日、全国戦没者追悼式が緊急事態宣言下で初めて行われた。
 戦没者およそ310万人を悼む全国戦没者追悼式は15日午前、東京・千代田区の日本武道館で始まり、天皇皇后両陛下のご臨席のもと、菅首相や遺族らが参列した。
 2021年は、新型コロナウイルスの感染拡大により、初めて緊急事態宣言下での開催となり、参列者は式典開始以来、最も少ないおよそ200人となっている。
 最年長遺族・長屋昭次さん(94)「コロナについては、参列にためらいはありました。だけどやっぱり、この追悼式には参列したかった」
 会場では、感染防止対策が徹底され、例年行われる国歌斉唱は演奏のみとなっている。

 そして、戦没者に黙とうがささげられ、天皇陛下がおことばを述べられた。

 「本日『戦没者を追悼し平和を祈念する日』にあたり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来76年、人々のたゆみない努力により、今日のわが国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。私たちは今、新型コロナウイルス感染症の厳しい感染状況による新たな試練に直面していますが、私たち皆がなおいっそう心を1つにし、力を合わせてこの困難を乗り越え、今後とも人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います。ここに、戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省のうえに立って再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に心から追悼の意を表し、世界の平和とわが国のいっそうの発展を祈ります」

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年8月15日 14:18 付配信より

回避された戦争は歴史家の研究に必要な資料が残りにくいのですが、
戦争回避に貢献した無名の英雄にこそ学ぶべきことは多いはずです。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年8月15日付記事
  片渕須直監督のアニメ映画『この世界の片隅に』を観て
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年8月15日付記事
  今日、2020年8月15日は、戦後75年の終戦の日です。
  戦前、戦後を見つめ続けた越生駅西口の旧駅舎へ想いを寄せて。
  &*木の香りが好き* 2020年8月5〜19日、
  越生駅西口「越生駅すてきな交流拠点」新築工事の進捗状況
  http://poppop.sblo.jp/article/187806705.html


*ここから本文です。

  【長い? 短い?】
  「2020年東京オリンピック競技大会」と
  NHK大河ドラマ 『青天を衝け』と
  終戦と経済とワクチンと
  【16日間が過ぎました】

▽『ANNnewsCH』「YouTube」公式チャンネル 2021年7月23日付公開スクショ。
 天皇陛下「未来へリレーする大会に」今夜、開会宣言(2021年7月23日)
210723_ann_301.JPG
210723_ann_302.JPG
 (c)ANNnewsCH / テレビ朝日

 関連ニュース動画)
  『ANNnewsCH』 「YouTube」公式チャンネル 2021年7月23日付公開
  天皇陛下「未来へリレーする大会に」今夜、開会宣言(2021年7月23日)
 「未来へとリレーする大会となることを願います」と、あいさつされました。

天皇陛下:
 「この大会が私たちが平和と調和というオリンピズムの精神に改めて思いを致し、その精神の灯火を未来へとリレーする大会となることを願います」

 天皇陛下は皇居・宮殿でオリンピックの開会式の出席のために来日しているフランスのマクロン大統領ら各国の首脳、要人と面会されました。
 陛下は「皆様とともにすべてのアスリートの健闘を祈ります」と、あいさつされました。
 陛下は23日夜、オリンピックの開会を宣言されます。

出典)上記、『ANNnewsCH』 2021年7月23日付公開より

▽『テレ東BIZ』 「YouTube」公式チャンネル 2021年8月4日付公開スクショ。
 【皇室ちょっといい話】 (34) 五輪で来日宮殿行事すべて
 皇居インテリア 部屋名の由来(2021年8月4日)
210804_txbiz_301.JPG
 (c)テレ東BIZ / テレビ東京

 関連ニュース動画)
  『テレ東BIZ』 「YouTube」公式チャンネル 2021年8月4日付公開
  【皇室ちょっといい話】 (34) 五輪で来日宮殿行事すべて
  皇居インテリア 部屋名の由来(2021年8月4日)
 音声がない皇室映像。どんなやり取りがあったか解説・再現する。
 東京五輪で来日したフランス大統領、ルクセンブルク大公などが皇居の宮殿「春秋の間」で天皇陛下と面会した。普段あまり公開されない「松風の間」の出来事とあわせてノーカットで公開する。「春秋の間」「松風の間」の名前の由来は?2番目に広い部屋を大公開インテリアに注目。

おことばは
 「本日,世界各地からお集まりの皆様をここにお迎えすることをたいへん嬉しく思います。現在,世界各国は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変に厳しい試練に直面しています。人が集い,繋がることが決して簡単ではない状況が続いています。そのような困難な状況の中で,今回の大会に出場するために努力を続けてこられたアスリートの皆さん,そのアスリートを支えてきた御家族や関係者の方々のご努力に深い敬意を表します。全てのアスリートが,新型コロナ感染症を防ぎ,出身国・地域とは異なるであろう暑い気候に気をつけつつ,健康な状態で最善を尽くすことができることを希望します。オリンピックが長く,そして広く世界で支持されてきたのには,平和と調和というオリンピズムの精神に理由があると思います。私自身にとって,1964年の東京オリンピックの閉会式で各国選手団が国ごとではなく,混ざり合って仲良く行進する姿を目にしたことが,世界の平和を願う気持ちの源となりました。新型コロナウイルス感染症の試練を乗り越えるためには,国内外を問わず,私たちが,なお一層心を一つにして協力していくことが大切です。この大会が,わたしたちが平和と調和というオリンピズムの精神に改めて思いをいたし,その精神の灯火を未来へとリレーする大会となることを願います。皆様と共に全てのアスリートのご健闘を祈ります」。

新見多一(皇室担当デスク)×
水原恵理(BSテレ東『皇室の窓スペシャル』担当)

出典)上記、『テレ東BIZ』 2021年8月4日付公開より

「2020年東京オリンピック競技大会」の中継が始まるとニュースを見る時間が減り、
新型コロナウイルスに対する私達の警戒心が薄れるのではないかと心配でしたが、
天皇陛下の印象深い「おことば」が戒めとなり、救いにもなりました。
(大会中ニュースは競技の録画映像の放送に多くの時間が割かれ私も見ました。)

「2020年東京オリンピック競技大会」は、
先にご紹介させていただいたニュースで報じられている天皇陛下の「おことば」通り、
世界中が「新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変に厳しい試練」に直面
する中で開催されました。昨年夏から1年延期したにもかかわらず感染力が増した
変異型ウイルスのデルタ株が依然猛威を奮い首都圏をはじめ日本各地が経験した
ことのないほど大きな規模の第5波に今、見舞われています。

近代オリンピックは、
次のように中断された年もありました(近代オリンピック - Wikipedia)。

 1916年夏 ベルリン(ドイツ)
 1940年夏 日本 東京(日本)→ フィンランド ヘルシンキ(フィンランド)
 1944年夏 イギリス ロンドン(イギリス)

1916年夏は第一次世界大戦、
1940年夏及び1944年夏は第二次世界大戦による中断です。
1940年夏の東京大会は24年後の1964年夏にようやく実現されました。
2020年夏は東京大会が56年ぶりに開催されるはずでしたが上述の通り延期に。
2020年夏は第二次世界大戦の終結から75年の節目でもあり、それは
“最初と最後”の核兵器使用から75年という節目をも意味していました。そして今年、
2021年は世界からご支援をいただいた東日本大震災から10年の節目になります。
新型コロナによる1年延期はむしろ東日本大震災「復興五輪」を強調するはずでした。

▽『TBS NEWS』 「YouTube」公式チャンネル 2021年7月16日付公開スクショ。
 【LIVE】広島平和記念公園 バッハ会長が平和のメッセージ(2021年7月16日)
210716_tbs_301.JPG
210716_tbs_302.JPG
 (c)TBS NEWS / TBS

 関連ニュース動画)
  『TBS NEWS』 「YouTube」公式チャンネル 2021年7月16日付公開
  【LIVE】広島平和記念公園 バッハ会長が平和のメッセージ(2021年7月16日)
  https://www.youtube.com/watch?v=AO7C3czrOyA&t=564s

▽『NHKニュース』 2021年7月16日 19:28 付け配信
 スクリーンショットは2021年8月10日 17:06 現在のものです。
 IOCバッハ会長 被爆地広島を訪問 「平和な未来への希望の光」
210716_nhk_101.JPG
210716_nhk_102.JPG
 (c)NHKニュース / NHK
 関連ニュース)
  『NHKニュース』 2021年7月16日 19:28 付け配信
  IOCバッハ会長 被爆地広島を訪問 「平和な未来への希望の光」
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210716/k10013143571000.html
 日本を訪問中のIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は16日、被爆地・広島市を訪れました。バッハ会長は「東京オリンピックは平和な未来への希望の光となるだろう」などとスピーチし、平和に向けた取り組みを進めるには東京大会の成功が必要だと訴えました。
 東京オリンピックの開幕を前に日本を訪問中のIOCのバッハ会長は、16日午後、被爆地・広島市の平和公園を訪れました。
 バッハ会長は湯崎知事や広島市の小池副市長の出迎えを受けたあと、雨が降る中、原爆慰霊碑に献花し黙とうしました。
 続いてバッハ会長は原爆資料館を訪れ被爆した子どもの洋服などを見たあと、湯崎知事や6歳の時に被爆した梶矢文昭さんらと対談しました。
 この中で梶矢さんが「原爆の火は3度あってはいけないが、聖火の火は長く続けてほしい。オリンピックの成功を祈る」と伝えたのに対し、バッハ会長は「すべての人類はここに来るべきだ。自分も被爆者とともに平和の大使として祈り続けたい」と述べたということです。
 このあとバッハ会長はスピーチに臨み「きょう私はこの場所で追悼されているすべての人々を思い出すためにここにいる。平和の使命を再確認し、平和の街としての広島に敬意を払うためにここにいる」と述べました。
 そして「社会の中での多くの連帯がなければ平和はない。東京オリンピックはよりよい、より平和な未来への希望の光となるだろう」と述べ平和に向けた取り組みを進めるには東京大会の成功が必要だと訴えました。

市民団体が抗議活動 開催中止を訴え

 一方、広島市では東京オリンピック・パラリンピックの開催に反対する市民団体が抗議活動を行い開催の中止を訴えました。
 抗議活動には主催者側の発表で50人が参加し「東京オリンピックの中止を求めます」などと日本語や英語で書かれた横断幕などを掲げて、広島市中区の平和公園の北側を行進しました。
 そして、バッハ会長が平和公園に到着した午後1時20分ごろには「バッハは広島を利用するな」などと訴えていました。
 一方、反核や平和を訴える別の市民団体も同じ場所で抗議活動を行い、およそ10人が献花するバッハ会長に向けて「オリンピックを中止しろ」や「バッハは帰れ」などと声をあげていました。
 デモに参加した広島県被団協=広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長は「世界や広島の人が心から喜んでオリンピックを開ける状況ではない中、広島に来て『平和を訴えたい』と言われてもわれわれには響かないし、コロナが収まってから来るべきで納得いかない」と話していました。

出典)上記、『NHKニュース』 2021年7月16日 19:28 付け配信より

「すべての人類はここに来るべきだ」
   ↓
まさにそのための「広島平和記念公園」だと思います。

 関連リンク)
  『広島市公式ホームページ』 平和記念公園について
  https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/hiroshima-park/7480.html

でも、訪問には警備費が必要になる場合もあります。
   ↓
▽『Yahoo!ニュース』 2021年8月12日 6:00 付配信
 スクリーンショットは2021年8月12日 10:05 現在のものです。
 バッハ氏の広島訪問警備費負担、IOCと組織委が拒否
 広島県と市が全額折半(中国新聞デジタル)
210812_chugoku-np_101.JPG
▽【表】「広島市を訪れた海外の要人への対応」
 左から、オバマ米大統領(2016年5月27日)、ローマ教皇フランシスコ(2019年
 11月24日)、バッハIOC会長(2021年7月16日)。※肩書きは訪問当時。
210812_chugoku-np_102.JPG
 (c)Yahoo!ニュース / 中国新聞

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年8月12日 6:00 付配信
  バッハ氏の広島訪問警備費負担、IOCと組織委が拒否
  広島県と市が全額折半(中国新聞デジタル)
  (こちらをクリック)
 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の広島訪問の警備費の全額379万円を広島県と広島市が折半することが11日、分かった。IOCや東京五輪・パラリンピック組織委員会側に負担を求めたが受け入れられなかったという。
 東京五輪のため来日したバッハ会長は、7月16日午後に平和記念公園(中区)を訪れて原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館を見学した。組織委の橋本聖子会長も同行した。市は約3時間、公園の一部への一般市民の立ち入りを規制し、警備会社へ警備を委託した。
 県や市によると、IOCや組織委側に警備費を出すよう申し入れたが、協議の結果、受け入れた県、市の負担になった。県と市が2分の1ずつ支出する。県と市は「県民、市民の理解が得られる適切な支出と判断した」としている。
 バッハ会長は原爆資料館でスピーチし「平和に五輪運動として貢献する」と強調したが、核兵器の廃絶に触れなかった。また、県被団協(坪井直理事長)や松井一実市長、秋葉忠利前市長たちが五輪開催中だった8月6日に選手たちに黙とうを呼び掛けるようそれぞれIOCへ要請したが、実現しなかった。
 県と市によると、2016年5月のオバマ米大統領の訪問時、県と市は警備費用を負担していない。19年11月のローマ教皇フランシスコの訪問ではバリケード設置の委託費99万円を県と市が折半した。いずれも広島県警が警察官を動員し、市職員も警備に当たっている。

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年8月12日 6:00 付配信より

オバマ米大統領(2016年5月27日訪問当時)は公務として、日米双方に極力経費
が掛らないようご多忙を極める中、過密なスケジュールを調整し広島へ慰霊訪問し
て下さったと思います。バラク・オバマ元大統領は2009年4月5日の「プラハ演説」
などで「核なき世界」を説いたことが評価され2009年10月9日に「ノーベル平和賞」
を受賞されました。「プラハ演説」「広島演説」共スピーチライターは元国家安全保障
問題担当大統領補佐官のベン・ローズさんです。原稿は、オバマ元大統領との間で
何度も何度も本番直前まで書き直されたとのことです。後に続く方にはプレッシャー。

 「ノーベル文学賞」ではありませんよ
 「ノーベル平和賞」ですお間違いなく

なお、演説やスピーチ、講演などには著作権がありますので、引用の際はご注意を。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2016年6月8日付記事
  広島平和記念資料館が
  オバマ大統領の折り鶴を芳名録のメッセージとともに一般公開
  2016年6月9日から8月31日→来年1月31日まで延期
 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2016年6月29日付記事
  さだまさしさんと『広島の空』
 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年5月15日付記事
  【「新たな日常のスタート」】
  2020年5月14日39県で「緊急事態宣言」解除
  東京都・埼玉県などは5月21日に判断の見通し
  【「東京アラート」】

第二次世界大戦末期、
1945年3月10日未明の東京大空襲をはじめとする日本の各主要都市への米軍機
による空爆には毎回300〜500機前後のB-29爆撃機が出撃し、日本軍に撃墜され
た機体もありましたが、同年8月6日の広島市及び9日の長崎市への原爆投下作戦
で出撃したB-29爆撃機はそれぞれ数機のみで高高度からの投下のため撃墜も免れ
ています。それまでの空爆と比べ2度の原爆投下で消費した燃料や搭乗員の犠牲は
圧倒的に少なく爆撃機も大幅に削減でき、それが核兵器開発の狙いだと分かります。
ドイツ軍、日本軍は米軍に先駆けて原爆を開発していたものの完成できず負けました。
ニューメキシコ州の砂漠での人類初の原爆実験(トリニティ実験)成功は同7月16日。
兵器の燃料である石油を巡る争いが避けられ防衛力の維持に必要な負担も減らせる
ことが核兵器開発の正当な理由でした。ミサイルにも核弾頭が搭載できるようになる
とミサイルを削減しつつ複数の標的へ同時攻撃が可能になりましたが東西冷戦後は
ミサイルもその固形燃料も生産量は減っているそうです。メーカーさんにはお気の毒
ですが、シナリオ通りと言えそうです。核兵器を用いず国家が大きな戦争を仕掛ける
ことは、現時点でほぼ不可能になりました。これを軍拡かと問えば軍拡で、軍縮かと
問えば軍縮です。きな臭いと言いますか、うさん臭いお話しです。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年8月6日記事
  今日、2019年8月6日は、74回目の広島原爆忌です
 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年8月9日付記事
  今日、2019年8月9日は、74回目の長崎原爆忌です

コロナ禍での開催では、
今まで通りのオリンピックは変異型ウイルスの脅威から望めそうにありませんでした。
状況に応じ無観客で開催するという提案は高まるオリンピック開催の機運に水を差す
ものと特に主催者側から敬遠され、現実を直視しないそのような姿勢がかえって大会
開催の是非について国民の意見まで分断し、運営方針の重要な決断に遅れが生じる
ことになったと私は考えています。出場者の皆さまはたいへん不安だったことでしょう。

当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」の地元、埼玉県は今年の3月頃から無観客での
大会開催やPVの中止も有りうるとの前提でその判断時期や基準も明確にして準備
を進め、それにより病床や宿泊療養施設とスタッフの確保、ワクチン接種の体制作り
なども比較的順調に同時進行できたようです。慎重な姿勢は消極的なように見なされ
がちですが、真剣であることの証でもあります。4月以降は「まん延防止等重点措置」
のみでデルタ株の感染拡大を遅らせ、聖火リレーは一部の公道走行を中止した以外、
ほぼ予定通り実施することもできました。その内容は、県内各地の特色を豊かに映し、
埼玉県民の郷土愛を育むものでした。大会では、埼玉県にゆかりのある選手の方々
も次々にメダルを獲得され、惜しくもメダルは逃した選手の方々も、チャレンジ精神と
それを支える努力の積み重ね、周囲の方々の協力とが称えられました。チャレンジを
控えてメダルに輝いたとしても、チャレンジしなかった悔いは残るでしょう。各国ともに、
出場選手の技術もトレーニング方法も作戦も、オリンピックの場では常に新しい試み
が取り入れられている印象で、科学的かつ芸術的な挑戦がオリンピックならではの
見所になってきたように思えました。コロナ禍での開催が成功したかどうか、評価は
難しいですが今大会から人類が学べることは少なくないはずだと私は信じています。

 五輪の歴史
 は風化せず

オリンピックの商業化や開催都市の財政負担については、
後で述べたいと思います。

私たちの富士フイルムさんもかつて、
オリンピックのオフィシャルパートナー(公式スポンサー)の1社だったことがあります。
   ↓
▽『1984年 富士フイルム フジカラーHR1600 イーグルサムプレゼント テレビCM』
 綾小路小百合(樹木希林)さんシリーズ「もうすぐロス五輪篇」のスクリーンショット。
210610_.fujifilm-cm_301.jpg
▽「イーグルサムバックが抽選で10万名様。バッジはもれなく。くわしくは写真店で」
210610_.fujifilm-cm_303.jpg
▽「ロス五輪公式フィルム『フジカラーHR1600』」ISO1600は今やスマホでも普通。
210610_.fujifilm-cm_304.jpg
▽岸本加世子店長「当たってからですョ」 綾小路小百合(樹木希林)さん「スイマセン」
210610_.fujifilm-cm_302.jpg
▽『富士フイルムのあゆみ THE HISTORY OF FUJIFILM』 (公式) のスクショ。
 創立50周年を迎える - 新たな半世紀への旅立ち
 新たな出発に向けて新製品の発売
210812_fujifilm_1984_101.jpg210812_fujifilm_1984_102.jpg
210812_fujifilm_1984_103.jpg
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  「富士フイルムのあゆみ THE HISTORY OF FUJIFILM」(公式)
  50年のあゆみ
  第5章 技術革新への挑戦
  創立50周年を迎える - 新たな半世紀への旅立ち
  新たな出発に向けて新製品の発売
  (こちらをクリック)
〔前略〕

新たな出発に向けて新製品の発売

 創立50周年の記念式典で新たな出発を期した当社は,引き続いて,創立50周年を記念する幾多の新製品を発売した。
 「ロウソク1本の光でカラー写真バッチリ」と新聞やテレビで報道された世界で最高感度のカラーフィルム“フジカラーHR1600”は,まさに,創立50周年を記念するにふさわしい画期的な新製品で,感度ISO1600,これまでの世界フィルムの中での最高感度で,しかも高画質の35mm判カラーネガフィルムである。国内市場には1984年(昭和59年)3月発売,海外市場にも,翌4月から船積みを開始した。
 この新製品の誕生によって,その場にあるわずかな光だけで,その場の雰囲気を生かした自然な写真が撮れるようになった。また,スポーツなどの動きの速い被写体を高速シャッターで瞬間的にとらえる写真,あるいは,被写界深度(被写体の前後のピントの合う範囲)の深い写真が撮れるなど,写真の撮影範囲を飛躍的に広げることができるようになった。
 この“フジカラーHR1600”は,その前年の1983年(昭和58年)に発売した“フジカラーHRシリーズ”を生み出した技術に,さらに発展させた二つの新しい技術を加えて完成したものである。
 その一つは,新型の二重構造粒子(Advanced Double Structure Grains)の開発である。この技術の開発によって,高感度化に必要な機能をハロゲン銀粒子内部に正確に組み込ませることができるようになり,従来の感度の限界を克服することができた。いま一つの新技術は,A-カプラー(Image-Amplifier Releasing Coupler)の開発である。このA-カプラーの開発によって,カラー現像の際に,感光した写真乳剤粒子を効率よく色素像に変換させることを可能にし,粒状を粗くすることなく,高感度の画像をつくり出せるようになった。
 一方,カラーペーパーについても,ニュータイプの“ニューフジカラーペーパー タイプ01”を開発し,同年4月から市場導入を開始した。“ニューフジカラーぺーパー タイプ01”は,カラープリントの色像保存性を飛躍的にレベルアップしたもので,また,色再現・階調・シャープネスなどのすべての品質も改良され,総合品質において世界最高水準を目指すものである。“フジカラーHRフィルム”と“ニューフジカラーペーパー タイプ01”の組み合わせによって,より高品質の美しいカラー写真をユーザーに提供できるようになった。
 また,処理プロセスの面では,ミニラボシステムとして,新たに,“富士ミニラボチャンピオン28”を開発,1984年(昭和59年)6月に発表した。プリント仕上げまでわずか28分のハイスピードで処理できる画期的なシステムで,水洗処理がほとんどいらない現像処理方式(FLRプロセス)を採用している。

〔後略〕

出典)上記「富士フイルムのあゆみ THE HISTORY OF FUJIFILM」(公式)
   「創立50周年を迎える - 新たな半世紀への旅立ち」より抜粋 

上述の通り、私たちの富士フイルムさんもかつて、
オリンピックのオフィシャルパートナー(公式スポンサー)の1社だったことがあります。
詳細は次のニュース記事の引用とWebページのスクリーンショットとをご覧ください。
「1984年ロサンゼルスオリンピック」に関する記事です。母校の日本大学藝術学部
写真学科に私が入学した年の出来事で印象に残っています(全文は有料購読です)。
1984年は富士フイルムさんが創立50周年を向かえられた年でもありました。

 関連リンク)
  『Wikipedia』 「近代オリンピック」
  (こちらをクリック)
〔前略〕

 オリンピックが巨大化するに従って財政負担の増大が大きな問題となり、1976年の夏季大会では大幅な赤字を出し、その後夏季・冬季とも立候補都市が1〜2都市だけという状態が続いた。

商業主義

 1984年のロサンゼルス大会は画期的な大会で、大会組織委員長に就任したピーター・ユベロスの指揮のもとオリンピックをショービジネス化した。結果として2億1500万ドルの黒字を計上した。スポンサーを「一業種一社」に絞ることにより、スポンサー料を吊り上げ聖火リレー走者からも参加費を徴収することなどにより黒字化を達成したのである。その後「オリンピックは儲かる」との認識が広まり立候補都市が激増し、各国のオリンピック委員会とスポーツ業界の競技レベル・政治力・経済力などが問われる総力戦の様相を呈するようになり、誘致運動だけですら途方もない金銭が投入されるようになってゆく。

〔後略〕

出典)上記、『Wikipedia』 「近代オリンピック」より抜粋

▽当ブログ2021年2月21日付記事より再掲載。
 月刊『事業構想』 2014年3月号
 東京五輪の活かし方 五輪は「共感」獲得の好機
 広瀬一郎(スポーツ総合研究所所長) のスクリーンショット。
140301_projectdesign_101.jpg 140301_projectdesign_102.jpg
 (c)事業構想大学院大学出版部 / 広瀬一郎

 関連ニュース)
  月刊『事業構想』 2014年3月号
  東京五輪の活かし方 五輪は「共感」獲得の好機
  広瀬一郎(スポーツ総合研究所所長)
  (こちらをクリック)
 今やオリンピックは、特にブランディングやマーケティングにおける強力なコンテンツとして、企業の熱い視線を集めている。 
 スポーツマーケティングに詳しいスポーツ総合研究所の広瀬一郎所長は、ビジネスの側面からオリンピックを見た時に、ターニングポイントになったのは84年のロサンゼルスオリンピックだと語る。

広瀬一郎 スポーツ総合研究所所長:
 「それまでのオリンピックでは、スポンサーのほとんどは安い契約料でしたし、その多くは物品供給でした。組織委員会が大会運営のコストを減らす名目で契約していて、プラスアルファを狙っていなかった。 ところが、ロサンゼルス大会の組織委員会は、協賛企業を1業種1社に絞り、76年のモントリオール大会では数百社あった公式スポンサーの数を20社ぐらいにしました。恐らく30分の1ぐらいの数になったと思います。そうやってオフィシャルスポンサーという名前で排他的独占権を確立することで、売上げはおよそ100倍になりました」

スポンサー企業に大きな恩恵

 このスポンサー契約をめぐる方針の転換は、国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会だけではなく、協賛した企業にも大きな恩恵をもたらしたという。

広瀬一郎 スポーツ総合研究所所長:
 「日本企業では、富士フイルムが組織委員会とスポンサー契約を結び、公式フィルムに認定されました。それでロサンゼルス大会の写真処理業務を請け負い、企業としての技術力を世界にアピールしただけでなく、同大会のシンボルマーク『スター・イン・モーション』や公式マスコットの『イーグルサム』も積極的に活用した。これによって、世界的なブランド力の強化つながっただけでなく、アメリカでのシェアが劇的に高まりました」

 こういった成功によって、IOCは88年、「オリンピックパートナー」プログラムを導入した。これは、ロサンゼルス大会の組織委員会の手法を発展させたもので、1業種1社に絞り、契約金額は4年間で数十億から100億円と高額になった。

〔後略〕

出典)上記、『ビジネスジャーナル』2020年5月12日付記事より抜粋

 「公式フィルムに認定されました」
  今は新型コロナ治療薬やワクチンを開発(後述)

▽当ブログ2020年5月31日付記事より一部を再編集し再掲載。
 私たちの富士フイルムさん公式サイトホームページのスクリーンショット。期待の
 「新型コロナウイルス感染症への取り組み」は、これからも継続されます(こちら)。
200514_fujifilm_index.JPG
▽『富士フイルム公式サイト』内「新型コロナウイルス感染症への取り組み」スクショ。
200531_fujifilm_covid19_100.JPG
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  『富士フイルム公式サイト』
  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への取り組み
  https://brand.fujifilm.com/covid19/jp/
 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症について、不幸にもお亡くなりになった方々に、哀悼の意を捧げるとともに、現在感染により苦しんでおられる方々に、心よりお見舞い申し上げます。
 そして、医療従事者の方々には感謝と尊敬を申し上げます。当社は、ヘルスケア企業として、微力ながらそのサポートを行うことで社会的責任を果たす所存です。また、感染拡大防止及び従業員の安全を確保する措置を講じた上で、確実な事業継続を図っていきます。

 当社は、ヘルスケアにおける「予防」「診断」「治療」のそれぞれの領域で、独自の技術を駆使して、総力を上げて新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいます。

「予防」領域:
 新型コロナウイルス適応ワクチンの受託製造の体制構築。
「診断」領域:
 より短時間でのPCR検査を可能にする遺伝子検出試薬の供給。コンパクトかつワイヤレスな超音波診断装置、スムーズな移動を可能にしたX線診断装置など、新型コロナウイルス感染症の医療現場において医療従事者の方々の負担軽減に寄与する医療機器の供給。
「治療」領域:
 治療薬候補であるアビガンレジスタードマーク錠の製造。治療薬候補となる抗体医薬品の受託製造の体制構築。創薬・製造を支援する基幹材料の供給。

 当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大の抑止や、一刻も早い流行の終息に貢献していきます。

出典)上記、『富士フイルム公式サイト』内
    「新型コロナウイルス感染症への取り組み」より抜粋

 関連リンク)
  『富士フイルム公式サイト』
  NEVER STOP 挑戦だけが未来をつくる。
私たちの富士フイルムさんの、これからも決して止まることなく続く挑戦!
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への取り組み」に、どうぞご期待ください。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年5月31日付記事
  「医療従事者の方々に敬意」ブルーインパルス感謝飛行と
  富士フイルムさんからのメッセージ&
  富士フイルムさん最新TVCMがACジャパンさん並みクオリティ!
  チェキプリントにあなたの“やりたいこと”を書き
  「#きぼうの約束」にご参加ください
  (投稿期間は2020年5月27日11:00〜同年6月30日23:59まで)
▽当ブログ2020年2月13日2017年8月14日付記事より一部を再編集し再掲載。
 『富士フイルムのあゆみ THE HISTORY OF FUJIFILM』 (公式) のスクショ。
 カラー市場創出のキャンペーン - 東京オリンピックと万国博
 (左上)東京オリンピックで大キャンペーン。(右上)ファミリーフォトキャンペーンの
 展開。(左下)EXPO'70 - 万国博キャンペーン。(右下)ベルマーク運動に協賛。
200225_IMG_8823.jpg 200225_IMG_8824.jpg
200225_IMG_8825.jpg 200225_IMG_8826.jpg
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  「富士フイルムのあゆみ THE HISTORY OF FUJIFILM」(公式)
  50年のあゆみ
  第3章 総合映像情報機材メーカーとしての展開
  カラー市場創出のキャンペーン - 東京オリンピックと万国博
  東京オリンピックで大キャンペーン / ファミリーフォトキャンペーンの展開
  EXPO'70 - 万国博キャンペーン / ベルマーク運動に協賛
  (こちらをクリック)
カラー市場創出のキャンペーン - 東京オリンピックと万国博

 カラーフィルムの新製品の開発を進める一方、当社は、写真需要拡大のための施策を積極的に推進する。1964年(昭和39年)に開かれた東京オリンピックでは、国内における企業イメージの高揚と海外市場へのブランドの浸透を目的にキャンペーンを展開する。報道用写真の現像処理などで協力するとともに、大型カラープリントによる写真速報など、各種の活動を実施する。

〔中略〕

東京オリンピックで大キャンペーン

 1964年(昭和39年)10月,アジア地域で初めてのオリンピックが東京で開催された。日本は経済の高度成長の中で,同年4月,IMF8条国へ移行し,OECDに加盟して,経済の国際化に加速度がついた時であった。
 日本の有力企業は,この機をとらえて内外に向けて積極的な広告宣伝活動を展開した。
 写真感光材料の輸入自由化が段階的に実施され,完全自由化が日程にのぼってきた状況下にある当社も,国内における企業イメージの高揚と,海外市場へのブランドの浸透とを目標に,施策を展開した。
 東京日比谷の繁華街にネオンサインを設置し,昼間はその壁面を利用して,5m×5mの大型カラープリントを用いてオリンピック写真速報を行なった。
 報道の媒体としても当社の各種製品が活躍した。当社は,オリンピックを目標に迅速現像処理ができる“クイックインダストリアルペーパー”を開発したが,これが写真速報用として採用され大活躍した。外国の報道関係者のために,本社社屋建設予定地である東京西麻布の地に臨時の現像所を設け,特別現像処理サービスを実施した。このほか,ビデオテープや写真判定用フィルムなど各種製品が,オリンピックの記録と報道に大きな役割を果たした。
 また,当社は,ギリシャのオリンピアで採火の主役をつとめたアレカ・カッツェリ夫人(Mrs.A.Katseli)を招待し,オリンピック大会に花をそえた。
 オリンピック期間中のフィルムの売れ行きは好調であった。国立競技場内では,弁当販売店の一角にもフィルム販売コーナーを特設したが,弁当を買う人が入り込めないぐらいフィルムを買い求める顧客が殺到した。

〔後略〕

出典)上記「富士フイルムのあゆみ THE HISTORY OF FUJIFILM」(公式)
   「カラー市場創出のキャンペーン - 東京オリンピックと万国博」より抜粋 

上記「富士フイルムのあゆみ」のコンテンツは同社の前身、富士写真フイルムさんが
1984年に創立50周年事業で編纂された文献からの引用のようです。写真フィルム
産業はその後約10年間成長を続けましたが、1990年代後半からのデジタルカメラ
の台頭で、急速に終息へと向かいました。富士フイルムさんがベルマーク運動から
脱退されたのもその頃で2003年9月のことでした。4G(第4世代移動通信システム)
のサービスが本格的に開始された2013年以降はスマートフォンが急速に普及した
ため、富士フイルムさんは家庭向けデジタルカメラ市場からも徐々に撤退。現在生産
されているデジタルカメラは業務用、カメラ・写真愛好家用、防水タイプに限られます。

あと13年で富士フイルムさんは創立100周年を迎えられますが、
総合写真メーカーとしてこれからもあゆみ続けて欲しいと想います。

▽『朝日新聞デジタル』 2021年7月9日 00:00 付配信
 スクリーンショットは2021年7月9日 10:36 現在のものです。
 富士フイルムHD新社長「カメラは文化、事業やめない」
210709_asahi_101.JPG
 (c)朝日新聞

 関連ニュース)
  『朝日新聞デジタル』 2021年7月9日 00:00 付配信
  富士フイルムHD新社長「カメラは文化、事業やめない」
  https://www.asahi.com/articles/ASP785GW5P78ULFA00J.html
 富士フイルムホールディングス(HD)社長に6月に就任した後藤禎一氏が、朝日新聞のインタビューに応じ、医療機器や製薬など医療関連事業の売上高を2026年度をめどに8割増の1兆円に伸ばすと語った。海外の製薬大手からコロナワクチンや医薬品の製造受託が増えることも追い風になると見込む。
 後藤氏は中国・上海での医療機器販売の責任者に08年に就いて以来、医療関連部門を歩んできた。2000年から21年にわたり同社の経営トップを担ってきた古森重隆氏が6月に最高顧問に退き、社長の助野健児氏が会長に就いた後を後藤氏が引き継いだ。
 同社は長年、医療事業で「売上高1兆円規模」の目標を掲げているが、昨年度はおよそ半分の約5600億円だった。後藤氏は「コロナ禍によって、世界市場でワクチンや医薬品開発への投資が前倒しされている」と分析。目標達成のかぎに医薬品などの製造受託事業をあげた。
 富士フイルムHDは、英国やデンマーク、米国に製造拠点を持っている。いずれも世界的な製薬大手が本拠を置く地域だ。「地産地消というか、拠点が近い方が相手とやりとりしやすく信頼にもつながる」と語った。
 半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設して進める最先端半導体の開発にも参画する構えだ。半導体チップを積み上げて性能を高める「3次元集積化」という先端技術で使われる材料も手がけている。「半導体の材料は、日本企業が世界的にも優位だ。新たな商機にもなる」と話した。
 フィルムやカメラの事業については、事業を売却せずに続けていく方針を明言した。「文化の継承でもあり、続けていく。ESGで言えば、S(社会への貢献)だ」とした。

(鈴木康朗)

上記、『朝日新聞デジタル』 2021年7月9日 00:00 付配信

フィルムやカメラの事業については、事業を売却せずに続けていく方針を明言した

私たちの富士フイルムさんのお取引先の
1事業者である当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」も
「文化の継承」の担い手として
「社会への貢献」に努めて参ります。
フィルムやカメラは当店ではお取扱いしていません。)

▽『東京新聞 TOKYO Web』 6月22日 19:23 付配信
 スクリーンショットは2021年8月12日 1:33 現在のものです。
 五輪での酒類販売
 丸川氏発言と食い違い…組織委員会「スポンサーの意向で決めない」
210622_tokyo_101.JPG
 (c)東京新聞

 関連ニュース)
  『東京新聞 TOKYO Web』 6月22日 19:23 付配信
  五輪での酒類販売
  丸川氏発言と食い違い…組織委員会「スポンサーの意向で決めない」
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/112120
 東京五輪・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整しているとされることについて、組織委員会は22日夜、「酒類の販売・提供については、大声の抑 止・安全な誘導の実現の観点や現在の一般的ルールを鑑み検討中です。スポンサー等の意向で販売方針を決めることはありません」とのコメントを発表した。

【続報】五輪会場、酒類の販売を一転断念へ
【関連記事】販売契約のアサヒビール「コメントする立場にない」 五輪会場、酒類販売容認で調整

 コメントでは「一部報道で、酒類の販売について、組織委の判断がスポンサー契約の影響を受け ているかのような記載がありました。安全最優先の大会を開催すべく、昨日の記者会見でも明示している」としている。
 22日午前の会見で丸川珠代五輪相は「大会の性質上、ステークホルダー(利害関係者)の存在があるので組織委はそのことを念頭に検討される。大声を出さない、拍手だけで応援する観戦スタイルが貫かれる形で検討してほしい」とスポンサーへの配慮を見せていた。
 大会での酒類の提供・販売をめぐっては、アルコール飲料メーカー「アサヒビール」がゴールドパートナー契約を結んでいる。

【関連記事】丸川五輪相はスポンサーへの配慮見せるも…五輪での酒類販売、政府・与党から「禁止しっかり」と反対論

出典)上記、『東京新聞 TOKYO Web』 6月22日 19:23 付配信より

▽『TBS NEWS』 「YouTube」公式チャンネル 2021年6月23日11:08 付公開
 「組織委 五輪会場での酒の販売見送りを決定」のスクリーンショット。
210623_tbs_301.JPG
210623_tbs_302.JPG
210623_tbs_303.JPG
210623_tbs_304.JPG
210623_tbs_305.JPG
210623_tbs_306.JPG
210623_tbs_307.JPG
 (c)TBS

 関連動画リンク)
  『TBS NEWS』 「YouTube」公式チャンネル 2021年6月23日11:08 付公開
  組織委 五輪会場での酒の販売見送りを決定
  https://www.youtube.com/watch?v=_KkJXGM6Czc&t=64s

 アサヒビールさんのお酒が
 居酒屋さん、飲食店さんで
 自由に美味しく飲める日常
 が1日も早く戻りますよう!
  勿論他社さんのお酒だって良いです。

なので
アサヒビールさんのご活躍に期待しています。
コロナ対策協力中の居酒屋さん、飲食店さん、
どうか負けないでください。当店も応援します。
(大会中継番組のご視聴はどうぞご自宅で。)

▽『TBS NEWS』 2021年6月23日11:08 付配信
 スクリーンショットは2021年6月22日 18:43 現在のものです。 
 組織委 五輪会場での酒の販売見送りを決定
210623_tbs_101.JPG
 (c)TBS

 関連ニュース)
  『TBS NEWS』 2021年6月23日11:08 付配信
  組織委 五輪会場での酒の販売見送りを決定
 東京オリンピック・パラリンピック開催まできょうであと1か月となりました。大会組織委員会の橋本会長は、競技会場での酒の販売・提供を見送ることを明らかにしました。
 「アルコール飲料の販売をやめ、飲酒を禁止することを組織委員会として判断を致しました。少しでも国民の皆さんに不安ですとか、そういったものがあるならば、そこはやはり断念していかなければいけない」(大会組織委員会 橋本聖子会長)
 大会組織委員会はきょう、観客に向けた新型コロナ対策のガイドラインを発表し、競技会場での酒の販売・提供を見送ることを明らかにしました。会場での飲酒や酒の持ち込みも禁止します。また、ガイドラインでは▼飛沫防止の観点から大声での会話を禁止するほか、▼飲食店などに寄らないよう会場への直行・直帰などを求めています。
 これに先立ち行われた関係自治体との協議会でも、ガイドラインについての報告が行われましたが、自治体からは観客の扱いについて疑問の声が上がりました。
 「まん延防止等重点措置が現時点では解除された後の開催になりますけど、夜間の外出の自粛や事業者に対する営業の自粛をお願いするというパターンになりますのでやはり(午後)9時以降については無観客をお願いしたい」(埼玉県 大野元裕知事)
 「私どもはこれまでも観客と明確に区分できない関係者は観客として扱わざるを得ないという考え方を示してきている」(千葉県 熊谷俊人知事)
 千葉県の熊谷知事は、大会組織委員会がIOCやスポンサーを“別枠”で入場させる考えを示していることについて、このように述べ、否定的な考えを示しました。
 この決定を受け、大会ゴールドパートナーの「アサヒビール」は、「酒類提供見送りの決定を支持する」「きのう、酒類提供容認の報道を受け、当社から大会組織委員会へ酒類提供を見送るように提言を行った」「新型コロナ感染拡大防止の観点や、多くの飲食店で酒類提供が制限されている状況において、今回の意思決定は当然のことと考える」などのコメントを発表しました。

出典)上記、『TBS NEWS』 2021年6月23日11:08 付配信より

埼玉県深谷市血洗島のご出身で、
今放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公でもある
渋沢栄一さんは、アサヒビールさんやキリンビールさんなど、
主要ビール会社さんの経営にも参加していらっしゃいました。

▽当ブログ2021年4月29日付記事より再掲載。
 NHK大河ドラマ『青天を衝け』主人公
 『一万円札になった男 【劇画】渋沢栄一伝』 伊賀和洋著
 2021年3月1日 彩図社刊 表紙の写し 最新刊!!
210301_saiz_shibusawa_91EmVd-Rb2L.jpg
 (c)彩図社

 関連リンク)
  『彩図社 公式サイト』 書籍情報
  『一万円札になった男 【劇画】渋沢栄一伝』 伊賀和洋著
  https://www.saiz.co.jp/saizhtml/bookisbn.php?i=978-4-8013-0507-6

▽『深谷市公式サイト』 「渋沢栄一ミュージアム- 渋沢栄一の紹介」のスクショ。
210812_city-fukaya_shibusawa_101.JPG
 (c)深谷市

 関連リンク)
  『深谷市公式サイト』
  「渋沢栄一ミュージアム- 渋沢栄一の紹介」
  (こちらをクリック)
 近代日本経済の父といわれる渋沢栄一は天保11年(1840)深谷市の血洗島の農家の家に生まれました。幼い頃から家業である藍玉の製造・販売、養蚕を手伝い、父市郎右衛門から学問の手ほどきを受けました。7歳になると隣村のいとこの尾高惇忠のもとへ論語をはじめとする学問を習いに通いました。
 20代で倒幕思想を抱き、惇忠や惇忠の弟の長七郎、いとこの渋沢喜作らとともに、高崎城乗っ取り・横浜外国人商館焼き討ちを計画しましたが、長七郎は京都での見聞からこれに反対し計画は中止されます。その後、喜作とともに京都へ向かい、一橋(徳川)慶喜に仕官することになりました。
 一橋家で実力を発揮した栄一は27歳の時、慶喜の弟徳川昭武に随行し、パリ万国博覧会を見学し、欧州諸国の実情に触れることができました。明治維新となって帰国すると日本で最初の合本(株式)組織「商法会所」を静岡に設立し、その後明治政府に仕官します。栄一は富岡製糸場設置主任として製糸場設立にも関わりました。大蔵省を辞めた後、一民間経済人として株式会社組織による企業の創設・育成に力を入れるとともに「道徳経済合一説」を唱え、第一国立銀行をはじめ、約500もの企業に関わりました。また約600もの社会公共事業、福祉・教育機関の支援と民間外交にも熱心に取り組み、数々の功績を残しました。

出典)上記、「渋沢栄一ミュージアム - 渋沢栄一の紹介」より抜粋

▽『深谷市公式サイト』
 「渋沢栄一ミュージアム- 渋沢栄一アンドロイド 講演内容」の写し(PDFはこちら)。
 大正時代に渋沢栄一が語った「道徳経済合一説」を現代風にアレンジしたもの。
210812_city-fukaya_eiichi_android_1.jpg210812_city-fukaya-eiichi_android_2.jpg
 (c)深谷市

 関連リンク)
  『深谷市公式サイト』
  「渋沢栄一ミュージアム- 渋沢栄一アンドロイド(渋沢栄一記念館講義室)」
  (こちらをクリック)
  「渋沢栄一ミュージアム- 渋沢栄一アンドロイド 講演内容」
  大正時代に渋沢栄一が語った「道徳経済合一説」を現代風にアレンジしたもの。
  (PDFはこちら
渋沢栄一アンドロイド講義の内容

 「仁義道徳」と「生産殖利」つまり、「道徳」と「経済」とは、共に両立して進むべきものでございます。
 にもかかわらず、多くの人は儲けに走り道徳心を忘れてしまう傾向にありますので、昔の偉人は、このことを人に教える際に、道徳を説き、お金儲けを戒めることに専念いたしました。
 ところが、後の学者はこれを誤解して、お金儲けと道徳は対立するものとし「仁則不富。富則不仁。(仁すなわち富ならず。富すなわち仁ならず。)」と考え「利を得れば義を失い、義に依れば利が離れる」、つまり「儲けに走れば道徳を忘れ、道徳を重視すれば利益が薄くなる」と速断してしまい、ついには「貧しいことが清く美しく、富むことは汚れることだ」などと、偏って論じられるようになってしまったのであります。
 しかし、私が尊敬する孔子の教訓には決してこのような意味はありません。 孔子は道徳に反した利益は良いことではないと戒めてはおりますが、道徳にあった利益はこれを理に適うものとしています。孔子が富むことをいやしんだのは、不義の場合に限っていることであり、道徳に適った利益は、君子の行いとして恥じる所でないとしたのは明らかであります。
 私が聞くところによれば、経済学の祖であるイギリス人「アダム・スミス」は「グラスゴー」大学の倫理哲学教授であって、有名な「国富論」を著わして、近世経済学を起した人ですが、孔子の考えと同じであります。このため、 道徳・経済合一は東西問わずの世界中に適する不変の、いつまでも変わらない原理であると、私は信じます。
 また、孔子が弟子の子貢(しこう)の問に対して答えた「博く民に施して、能く衆を済う(ひろく民に施して、よく衆をすくう。)」という言葉からも、国を治める者にとって、利益を生みだす経済活動は決して疎かには出来ない事である、と私は堅く信じておるのであります。
 私は学問も浅く不勉強ですので、実行できることも微力でありますが、ただ、道徳と経済とは、全く合一するものであるということを確信しておりまして、私が行なう事業においてもこれを証明していけると思っております。これは決して今日になって言い出したことではありません。
 自分の思いが、正しい国家の隆盛を望むならば、国を富ますということに努めなければなりません。そして、国を富ますためには科学を進め、商工業の活動も進めていかなくてはなりません。そこで、商工業を進めるためにはどうしても「合本組織」いわゆる株式会社の組織が必要であります。そして、株式会社の組織をもって会社を経営するには、完全にして強固なる道理によって行わなければなりません。そして、道理によるならば、その基準は何になるかと申しますと、これは孔子の「論語」による外はないのです。
 ゆえに不肖ながら私は、「論語」によって事業を経営してみようと考えまして、これまで「論語」を論ずる学者が道徳と経済とを別物にした考えは誤りであり、必ず一緒になし得られるものであると、こう心に決めて数十年間経営しましたが、大いなる過失はなかったと思うのであります。
 さて、世の中が進歩するに従って社会もますます発展してきました。しかし、それに伴って肝心な道徳仁義という考えも共に進歩してきたかというと、 残念ながら「進歩していない」と答えざるを得ません。逆に大きく後退したことが無きにしもあらずといえます。このことは決して国家にとって良いことではありません。国家は国民が富むことさえできれば、道徳が欠けても仁義が行われなくとも良い、と言う人は誰もいないと思います。そんな極論がまかり通れば、次第に社会生活の様々な事柄が上手くいかなくなってしまうと想像するのは、誰でもわかることですし、その実例は世界中に余りに多くございます。
 このように考えて参りますと、今日、「論語」を基本にした私の主義である 「道徳経済合一説」がいつの日か広く世の中に普及し、みなさんの考えとして社会に受け入れられる様になることを大いに期待するのでございます。

「道徳経済合一説」大正12年(84歳)】

出典)上記、「渋沢栄一ミュージアム- 渋沢栄一アンドロイド 講演内容」より

▽NHK大河ドラマ 『青天を衝け』 
 「19回 勘定組頭 渋沢篤太夫」(2021年6月20日放送)場面の写し。一橋徳川家
 家臣となった渋沢栄一さん(右、一橋家の家臣時代は篤太夫さん)。親切な上役の
 猪飼勝三郎さん(左)は、渋沢さんのお話しがいつも長いとこぼします。渋沢さんは
 このあと「上に立つ者だけが御用金を取って潤うのではなく民が潤うようにすれば勤
 めに励み大きな流れを作れる」との提案が慶喜公に届き紙幣の発行を許されます。
210620_nhk_seiten-19_301.jpg
▽「姫路藩札」を見せて同様の紙幣が発行したいと慶喜公に申し出る渋沢栄一さん。
 社会の血液とも言われるお金。まさかご自身が1万円札の肖像(上記)になるとは。
210620_nhk_seiten-19_302.jpg
 (c)NHK

オリンピック・パラリンピック大会開催都市の財政負担軽減のため協賛金を出資し、
大会に関わる自らの経済活動で利益を生み出し、その利益を再び社会へ還元する
ことがオフィシャルパートナー(公式スポンサー)に期待される役割りだと思います。

確かにIOC(国際オリンピック委員会)は非政府のスポーツ組織で、金融機関でも
保険会社でも株式会社でもありません。オフィシャルパートナー(公式スポンサー)
は預金者でも加入者でも株主でもありません。しかしながら大会が今後も継続され
るにはもっと合理的な、長期的に資金を運用できる、より信頼性の高い仕組み作り
が望まれると思います。コロナ禍に開催された今東京大会がその契機になることを
願い、まずオフィシャルパートナー各社さんにこそアイディアを出していただけたら、
と私は強く思っています。広告代理店さんに相談しても門外漢で無理だと思います。
渋沢栄一さんがご健在ならどうお考えになられたでしょう。

 関連リンク)
  『渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館 公式サイト』
  https://shibusawaeiichi-fukaya.com/

 関連リンク)
  『越生町観光協会 -梅を向いて歩こう-』 (公式サイト)
  渋沢平九郎特集(NHK大河ドラマ『青天を衝け』主な登場人物)
  https://ogose-kanko.jp/shibusawa-heikurou_feature/

 関連リンク)
  『越生町公式サイト』 越生観光ナビ(周辺施設・宿泊施設)
  「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」
  ギャラリー
   越生町の観光スポット、特産品や工芸品、ゆかりの偉人などを紹介する
   企画展を随時開催しています。
   【現在開催中の企画展】
   「渋沢平九郎展」(NHK大河ドラマ『青天を衝け』主な登場人物)
  (こちらをクリック)

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2021年2月26日付記事
  「越生駅西口総合案内所(道灌おもてなしプラザ)」 内の
  ギャラリーにて令和3年(2021年)2月14日から開催中
  「越生に散った若き志士 渋沢平九郎展
  大河ドラマ『青天を衝け』主人公 渋沢栄一の義弟・養子」
  (午前8時30分〜午後5時 入場無料)
  http://poppop.sblo.jp/article/188439334.html

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2021年4月20日付記事
  【速報】
  東京都と埼玉県が2021年4月20日
  「サテライトオフィス相互利用等に関する協定」を締結するも
  新型コロナウィルス感染症の状況
  (同日「まん延防止等重点措置」がさいたま市と川口市を対象地域に適用)
  を鑑み“締結式は開催されず”
  &「まん延防止等重点措置」等による
  大河ドラマ『青天を衝け』の経済効果の影響について
  大野元裕埼玉県知事が4月20日定例記者会見で回答
  【都市力強化】

▽NHK大河ドラマ 『青天を衝け』バナー画像の写し。
 吉沢亮さん演じる主人公の渋沢栄一さん(一橋徳川家の家臣時代は篤太夫さん)。
210704_nhk_seiten-bn_301.jpg
▽NHK大河ドラマ『青天を衝け』 「21回 篤太夫、遠き道へ」(2021年7月4日放送)
 の一場面の写し。天然痘に罹患された孝明天皇をお見舞いになる睦仁親王(後の
 明治天皇)は種痘の接種(天然痘のワクチン接種)によりご無事でした。人類史上
 ワクチンで根絶できたウイルスは現時点で天然痘ウイルスだけだそうです(後述)。
210704_nhk_seiten-21_301.jpg
 (c)NHK

 関連リンク)
  『NHKオンライン』 (公式サイト)
  大河ドラマ 『青天を衝け』
   作・脚本:大森美香
   制作統括:菓子 浩、福岡利武
   演出:黒崎 博、田中健二、村橋直樹、渡辺哲也、川野秀昭
   プロデューサー:板垣麻衣子
  https://www.nhk.or.jp/seiten/

NHK大河ドラマ 『青天を衝け』の放送は、
オリンピックで3回、パラリンピックで2回、計5回お休みしてしまい、私は寂しいです。
8月8日(日)の未明に放送された総集編では、渋沢栄一さんの幼少期からパリ万博
視察渡航、国内における「大政奉還」までを、駆け足で巡る貴重な体験ができました。
私は寝るのも忘れ、夢中(?)で最後まで視聴しました。

「大政奉還」とは?
   ↓
▽『デジカメ Watch』 2017年1月19日 18:15 付公開
 スクリーンショットは2021年8月15日 10:52 現在のものです。
 中判ミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX」発表会レポート
 「デジタルカメラの大政奉還」 35mm判と一眼レフからの解放を強調
170119_dc-watch_101.JPG
▽「大政奉還 写真の原点・本質へ」 Back to Photography (ホトガラフ?)
170119_dc-watch_102.JPG
 (c)Impress Corporation

 関連ニュース動画)
  『デジカメ Watch』 2017年1月19日 18:15 付公開
  中判ミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX」発表会レポート
  「デジタルカメラの大政奉還」 35mm判と一眼レフからの解放を強調
〔前略〕

 2017年1月19日に開催された発表会の模様をお伝えする。

〔中略〕

 発表会の会場は京都の世界遺産 二条城。国内でのカメラの発表会が東京以外で行われることは珍しく、同社の並々ならぬ意気込みが感じられた。

〔中略〕

古森重隆CEO(当時)
 「デジタルカメラの歴史を変える」

 冒頭は同社代表取締役会長 CEOの古森重隆氏が挨拶した。

古森重隆CEO(当時)
 「二条城は大政奉還が行われた場所。これによって日本は新しい歴史になった。それになぞらえて発表会の会場に二条城を選んだ。デジタルカメラの歴史が35mmの一眼レフカメラからミラーレスカメラに変わる歴史的転換点になる。後で振り返ったときに、この発表会がゲームチェンジになったと思ってもらえると確信している」

 古森氏は、今回のGFXによって「35mmフルサイズ」と「一眼レフカメラ」という2つの要素からの開放を宣言。大型センサーとミラーレスシステムで「デジタルカメラの新たな歴史を作る」とした。
 また、コダックを初めとする同業者が去って行った歴史に触れ、社長に就任したときに「富士フイルムは写真文化を守り、発展させることを宣言した」とカメラ・写真事業に対する強いコミットメントがあったことを明言。その後、主力のカラーフィルム需要が激減する中、思い切った投資や事業構造改革を進めたという。
 その後、デジタルカメラは2010年をピークに需要が激減。コンパクトデジカメがスマートフォンに取って代わられた。当時古森氏は投資家から「なぜデジカメをやめないのか?」と聞かれ、「写真文化は人間になくてはならないもの。それをカメラとプリントの両面で支えているからだ」と応えたそうだ。

〔後略〕

本誌:武石修

出典)上記、『デジカメ Watch』 2017年1月19日 18:15 付公開より抜粋
   ↑
お分かりいただけたでしょうか?

▽NHK大河ドラマ『青天を衝け』 「23回 篤太夫と最後の将軍」(2021年7月18日)
 あらすじのスクショ。「大政奉還」をお分かりになられた瞬間の御神君徳川家康公。
210718_nhk_seiten-23_101.jpg
 (c)NHK

 関連リンク)
  『NHKオンライン』 (公式サイト)
  大河ドラマ 『青天を衝け』 あらすじ
  「第23回 篤太夫と最後の将軍」
  https://www.nhk.or.jp/seiten/story/23/
 フランスからの借款は消滅したが、篤太夫(吉沢 亮)が当面の資金繰りに奔走し、昭武(板垣李光人)は留学を続けていた。家庭教師のヴィレットの教えに従い、篤太夫たちは髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることに。同じころ、日本では西郷(博多華丸)が軍備を整え、岩倉(山内圭哉)と大久保(石丸幹二)が王政復古への動きを進めるが、慶喜(草g 剛)は先手を打って政権を帝に返上してしまう。一方、血洗島では篤太夫の養子になった平九郎(岡田健史)が、江戸に向かおうとしていた。

出典)上記、『NHKオンライン』 (公式サイト)
 大河ドラマ『青天を衝け』 あらすじ 「第23 回篤太夫と最後の将軍」より抜粋

NHK大河ドラマ 『青天を衝け』はいよいよ明治編へ。
「第24回 パリの御一新」は8月15日(日)終戦の日の放送です。
当店「安瑠芭夢驛 吉川写真店」のお客さまの地元、埼玉県の越生町も間もなく
舞台に登場するはずです。どうぞお見逃しなく(2021年2月26日付記事参照)。

▽『青天を衝け』 「25回 篤太夫、帰国する」(2021年7月18日)あらすじのスクショ。
210822_nhk_seiten-25_101.jpg
 (c)NHK

NHK大河ドラマ 『青天を衝け』での孝明天皇、明治天皇のお話しに触れましたので、
冒頭ニュースでの今上天皇の「おことば」をあらためてふり返ってみたいと思います。

▽【再掲載】
 『ANNnewsCH』「YouTube」公式チャンネル 2021年7月23日付公開スクショ。
 天皇陛下「未来へリレーする大会に」今夜、開会宣言(2021年7月23日)
210723_ann_301.JPG
210723_ann_302.JPG
 (c)ANNnewsCH / テレビ朝日

 関連ニュース動画)
  『ANNnewsCH』 「YouTube」公式チャンネル 2021年7月23日付公開
  天皇陛下「未来へリレーする大会に」今夜、開会宣言(2021年7月23日)
  https://www.youtube.com/watch?v=xIvfiacYV3M
 「未来へとリレーする大会となることを願います」と、あいさつされました。

天皇陛下:
 「この大会が私たちが平和と調和というオリンピズムの精神に改めて思いを致し、その精神の灯火を未来へとリレーする大会となることを願います」

 天皇陛下は皇居・宮殿でオリンピックの開会式の出席のために来日しているフランスのマクロン大統領ら各国の首脳、要人と面会されました。
 陛下は「皆様とともにすべてのアスリートの健闘を祈ります」と、あいさつされました。
 陛下は23日夜、オリンピックの開会を宣言されます。

出典)上記、『ANNnewsCH』 2021年7月23日付公開より

▽【再掲載】
 『テレ東BIZ』 「YouTube」公式チャンネル 2021年8月4日付公開スクショ。
 【皇室ちょっといい話】 (34) 五輪で来日宮殿行事すべて
 皇居インテリア 部屋名の由来(2021年8月4日)
210804_txbiz_301.JPG
 (c)テレ東BIZ / テレビ東京

 関連ニュース動画)
  『テレ東BIZ』 「YouTube」公式チャンネル 2021年8月4日付公開
  【皇室ちょっといい話】 (34) 五輪で来日宮殿行事すべて
  皇居インテリア 部屋名の由来(2021年8月4日)
 音声がない皇室映像。どんなやり取りがあったか解説・再現する。
 東京五輪で来日したフランス大統領、ルクセンブルク大公などが皇居の宮殿「春秋の間」で天皇陛下と面会した。普段あまり公開されない「松風の間」の出来事とあわせてノーカットで公開する。「春秋の間」「松風の間」の名前の由来は?2番目に広い部屋を大公開インテリアに注目。

おことばは
 「本日,世界各地からお集まりの皆様をここにお迎えすることをたいへん嬉しく思います。現在,世界各国は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大という大変に厳しい試練に直面しています。人が集い,繋がることが決して簡単ではない状況が続いています。そのような困難な状況の中で,今回の大会に出場するために努力を続けてこられたアスリートの皆さん,そのアスリートを支えてきた御家族や関係者の方々のご努力に深い敬意を表します。全てのアスリートが,新型コロナ感染症を防ぎ,出身国・地域とは異なるであろう暑い気候に気をつけつつ,健康な状態で最善を尽くすことができることを希望します。オリンピックが長く,そして広く世界で支持されてきたのには,平和と調和というオリンピズムの精神に理由があると思います。私自身にとって,1964年の東京オリンピックの閉会式で各国選手団が国ごとではなく,混ざり合って仲良く行進する姿を目にしたことが,世界の平和を願う気持ちの源となりました。新型コロナウイルス感染症の試練を乗り越えるためには,国内外を問わず,私たちが,なお一層心を一つにして協力していくことが大切です。この大会が,わたしたちが平和と調和というオリンピズムの精神に改めて思いをいたし,その精神の灯火を未来へとリレーする大会となることを願います。皆様と共に全てのアスリートのご健闘を祈ります」。

新見多一(皇室担当デスク)×
水原恵理(BSテレ東『皇室の窓スペシャル』担当)

出典)上記、『テレ東BIZ』 2021年8月4日付公開より

▽『Yahoo!ニュース』 2021年6月24日 17:26 付配信のスクリーンショット
 五輪で感染拡大懸念「拝察」発言、宮内庁長官の考え=官房長官(ロイター)
210624_reuters_201.jpg
 (c)Yahoo!ニュース / ロイター / Issei Kato

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年6月24日 17:26 付配信
  五輪で感染拡大懸念「拝察」発言、宮内庁長官の考え=官房長官(ロイター)
  (こちらをクリック)
 加藤勝信官房長官は24日午後の会見で、天皇陛下が東京五輪開催によって新型コロナウイルスの感染拡大につながらないか懸念されていると拝察すると西村泰彦宮内庁長官が会見で発言したことに対し、その見解は同長官の考え方が示されたものと述べた。
 加藤官房長官は、西村長官の発言に関し「宮内庁長官自身の考え方を述べられたと承知している」と指摘。政府としては、安全・安心な東京大会の実現に向け、着実に準備を進めてきたいと繰り返した。
 共同通信によると、西村長官は24日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックへの天皇陛下の受け止めについて「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている。国民に不安の声がある中で、開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と述べた。

〔後略〕

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年6月24日 17:26 付配信より

▽『ANNnewsCH』「YouTube」公式チャンネル 2021年8月11日付公開スクショ。
 丸川大臣 バッハ会長“銀ブラ”は「本人が判断を」(2021年8月11日)
210812_ann_301.JPG
210812_ann_302.JPG
 (c)ANNnewsCH / テレビ朝日

 関連ニュース動画)
  『ANNnewsCH』 「YouTube」公式チャンネル 2021年8月11日付公開
  丸川大臣 バッハ会長“銀ブラ”は「本人が判断を」(2021年8月11日)
  https://www.youtube.com/watch?v=-uiavfhF4cw
 オリンピック期間中に感染者が急増したことについて、10日、東京五輪担当・丸川珠代大臣は、次のように話しました。
 「定期的な検査や厳格な行動管理。組織委員会とも連携しながら、徹底を図らせて頂いた。五輪の開催は、感染拡大の原因にはなっていないものと考えている」
 また、不要不急の外出自粛が呼び掛けられているなか、9日にIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長が、ボランティアらを引き連れ、東京・銀座を訪れていたことについては、次のように話しました。
 「まず14日間、防疫措置の中で過ごして頂いているかが、重要なポイント。不要不急かは、これはもうご本人が判断すべきものである」

(「グッド!モーニング」2021年8月11日放送分より)

出典)上記、『ANNnewsCH』 2021年7月23日付公開より

当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」へのご来店につきましても、
丸川珠代東京五輪相が上記の会見でもおっしゃられているように、
不要不急かはお客さまご自身で判断していただけたら、と思います。
丸川珠代東京五輪相のご活躍に期待します。

▽『Yahoo!ニュース』 2021年8月10日 19:52 付配信
 スクリーンショットは2021年8月10日 23:59 現在のものです。
 “丸川発言”に現場医師からも怒り
 「もうそんな事をおっしゃってる場合ではありません」(スポニチアネックス)
210810_sponichi_101.JPG
 (c)Yahoo!ニュース / スポーツニッポン新聞

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年8月10日 19:52 付配信
  “丸川発言”に現場医師からも怒り
  「もうそんな事をおっしゃってる場合ではありません」(スポニチアネックス)
  (こちらをクリック)
 新型コロナウイルス感染患者の対応にあたりながらTBS「Nスタ」(月〜金曜後3・49)など多くのテレビ番組にリモート出演を続けて現場の悲痛な声を訴え続けている「インターパーク倉持呼吸器内科」(栃木県宇都宮市)の倉持仁院長が10日、自身のツイッターを更新。丸川珠代五輪担当相(50)の発言を叱り飛ばした。
 丸川大臣は10日に行われた閣議後の記者会見で、東京五輪期間中(7月23日〜8月8日)に新型コロナウイルスの感染者数が増加したことについて「五輪の開催は感染拡大の原因にはなっていないものと考えている」と発言。国民からは批判の声が相次いでいるが、倉持院長はそのことを報じるニュースを貼り付けた上で「もうそんな事をおっしゃってる場合ではありません」とバッサリ。「それはのちに科学的な方法で明らかになります。ハウス!とは言えませんので、、、、」と続けて静かに怒りをにじませた。
 丸川大臣は国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67)が東京五輪閉幕翌日の9日夕方に東京・銀座を散策した件についても「まず14日間しっかりと防疫措置の中で過ごしていただいているかということは重要なポイントだと思います。加えて不要不急であるかということは、これもしっかりご本人が判断すべきものであります」と語り、火に油を注いだ。

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年8月10日 19:52 付配信より

▽『Yahoo!ニュース』 2021年8月12日 22:59付配信
 スクリーンショットは2021年8月14日 16:43 現在のものです。
 バッハ会長の“銀ブラ”に「何で行ってるの」
 橋本会長ら“寝耳に水”だった(日刊スポーツ)
210812_nikkansports_101.JPG
 (c)Yahoo!ニュース / 日刊スポーツ新聞

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年8月12日 22:59付配信
  バッハ会長の“銀ブラ”に「何で行ってるの」
  橋本会長ら“寝耳に水”だった(日刊スポーツ)
  (こちらをクリック)
 国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長(67)が東京・銀座を散策した件について、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会上層部にとって“寝耳に水”だったことが12日、関係者への取材で明らかになった。
 組織委幹部によると、橋本聖子会長は「何で行っているのか」「あれはまずいのでは」と驚いていたという。同幹部も「銀座に行く用があったとは思えない。不要不急の外出でしょう」と話した。
 都内は緊急事態宣言発令中で、不要不急の外出を控えるように呼びかけられている。また、大会関係者は入国後14日間経過すれば行動制限はなくなるが、選手に大会中の観光を禁じていただけに示しがつかないなどとして、批判が集まっていた。
 一方、丸川珠代五輪相は10日の閣議後の会見で、バッハ氏の“銀ブラ”について「まず、しっかりと防疫措置の中で過ごしていただいていることが重要なポイントです」と強調。「不要不急であるかは、しっかりとご本人が判断すべきものだと思う」と、問題なしとの見解を示していた。

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年8月12日 22:59付配信より

▽『Yahoo!ニュース』 2021年8月8日 19:42 付配信
 スクリーンショットは2021年8月12日 17:20 現在のものです。
 コロナ『自宅療養が基本』方針めぐり 橋下・大野両氏が論戦(フジテレビ系 FNN)
210811_fnn_101.jpg 210811_fnn_102.jpg
▽「埼玉県 入院基準スコア」
210811_fnn_103.jpg
 (c)Yahoo!ニュース / フジテレビ

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年8月8日 19:42 付配信
  コロナ『自宅療養が基本』方針めぐり
  橋下・大野両氏が論戦(フジテレビ系 FNN)
  (こちらをクリック)
 新型コロナウイルスの感染者について、重症者や重症化のリスクのある人を除いて「自宅療養を基本とする」とした政府の方針について、評価が分かれている。
 8月8日のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」で、この問題について、レギュラーコメンテーターの橋下徹氏(元大阪市長・弁護士)は、決定のプロセスに問題があったと指摘しながらも、「菅首相の大英断だ。病院、自治体、開業医の役割分担を明確化することが今回の方針の肝だ」と政府の方針を評価した。

〔中略〕

大野知事:
 最終的には重症者だけを(病院に)入れられるような体制をつくることがとても大切だ。重症者、死亡者を下げるのがわれわれの究極の目的だ。もちろん根絶できればいいが、ワクチンで根絶できたのは人類の歴史で天然痘だけだ。かかっても重症化しないような体制であれば、軽症者は風邪やインフルエンザと同じように、かかりつけ医のところに行って帰ることになる。こういう体制にしなければいけないが、現状ではそれだけ抑えられていないので、一定の間口は広げておき、そして徐々に狭めていって、重症者を対象とする方向に持っていくことが極めて大切だ。

橋下氏:
 ということは、方向性自体としては、ゆくゆくはかかりつけ医の責任、役割分担の明確化を計っていくが、今回の菅首相のやり方は、プロセスが問題だったということか。

大野知事:
 その通りだ。まさにそうでないと、コロナウイルスとの戦いが終わらないことになる。いつまでも同じことがずっと続く。将来的にはその方向〔重症者を対象とする方向〕だ。ただ、プロセスとして、いまの段階で、重症者だけ(入院)というと、国民も医師も理解できないと思う。

〔後略〕

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年8月8日 19:42 付配信より抜粋

▽『NHK 首都圏のニュース』 2021年8月11日 16:38 付配信
 スクリーンショットは2021年8月12日 17:41 現在のものです。
 東京の入院3500人超で最多 受け入れ先なく埼玉への搬送も
210811_nhk_101.JPG
 (c)NHK

 関連ニュース)
  『NHK 首都圏のニュース』 2021年8月11日 16:38 付配信
  東京の入院3500人超で最多 受け入れ先なく埼玉への搬送も
  (こちらをクリック)
 新型コロナウイルスの感染の急拡大で、都内では入院患者が3500人を超えて最多となり、自宅で療養する人も1万7000人を超えています。
 こうした中、都内で受け入れ先が見つからない患者が、埼玉県の病院に搬送されるケースもみられています。

 埼玉県川越市にある埼玉医科大学総合医療センターには、今週、都内に住む40代の女性の受け入れ要請がありました。
 病院によりますと、女性は5日間、自宅で療養していましたが、血液中の酸素の値が下がったため、保健所が入院調整を行ったということです。
 しかし、受け入れ先はなく、その後も救急隊員が入院先を探しましたが断られ続け、救急車の車内にとどまるなど、6時間余り、病院は見つからなかったということです。
 そして、東京都と埼玉県が調整し、都心から50キロほど離れたこの病院に搬送されたということです。
 この病院では、連日のように入院要請があり、先週から重症用の病床6床がほとんど埋まるなど、病床は常時ひっ迫していますが、9日は患者の退院が続いたため、一時的にベッドに空きがあり、受け入れができたということです。
 この患者は、入院時すでに酸素の投与が必要な「中等症2」と呼ばれる状態でした。
 第5波では、基礎疾患がなく大きな病気にかかったこともない40代や50代の世代が、「中等症2」の状態になるケースが相次ぎ、その中から、人工呼吸器を装着しなければならない「重症」にまで悪化する患者もみられるということです。
 感染症科の岡秀昭医師は「(第5波では)中等症2から重症に急激に悪化することがあり、今回のように搬送先が見つからなければ、命を失ってもおかしくない。適切な治療を行えば助けられるものが、その治療にたどり着けず、残念ながら命が失われてしまう状況になってくると思う」と危機感を訴えています。

〔後略〕

出典)上記、『NHK 首都圏のニュース』
    2021年8月11日 16:38 付配信より抜粋

▽『Yahoo!ニュース』 2021年8月11日 6:08 付配信
 深刻なデルタ株感染力「ワクチン1回目接種の効果も減少」(女性自身)
210811_jisin_101.jpg 210811_jisin_102.jpg
210811_jisin_103.jpg
 (c)Yahoo!ニュース / 光文社

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2021年8月11日 6:08 付配信
  深刻なデルタ株感染力「ワクチン1回目接種の効果も減少」(女性自身)
  (こちらをクリック)
 「菅首相の『人流は減っている』という発言は、現実を無視しているとしか思えません。感染者の増加は止まらず、もはや“オーバーシュート”しているのです」
 こう話すのは、埼玉医科大学総合医療センター・総合診療内科・感染症科教授の岡秀昭先生だ。菅首相は7月27日の会見で、新型コロナウイルスの新規感染者のうち「デルタ株」の割合が急速に増加していることを認めつつ、人流は抑えられているとの見解を示した。
 ところが、その翌日には東京都内の新規感染者数が第3波のピークを大きく上回る3177人にのぼり、神奈川県でも初めて1000人を超えてしまった(1051人)。全国的に感染者数は急増の傾向にあり、政府は神奈川・千葉・埼玉の首都圏3県と大阪府に再び緊急事態宣言を発出することを決めた。
 岡先生によれば、そんな“後手後手”の対応で、日本はすでにオーバーシュート、すなわち感染爆発の状態に突入してしまったのだという。危惧されるのは、重症者のさらなる増加だ。
 「このまま有効な対策がなされなければ、新規感染者数が2倍、3倍と増えていってもおかしくありません。そうなると、次第に重症者の数も増加するでしょうから、病院での受け入れが難しくなってしまうのです」(岡先生・以下同)
 7月31日の東京都の新規感染者数は4058人。2倍、3倍ともなれば、都内での1日の新規感染者数が1万人をゆうに超えることも、現実味を帯びてきているのだ。
 「今後、入院用の病床が埋まってしまい、自宅待機の人が増えれば、自宅で亡くなるケースが起こることも。死亡率の増加が避けられなくなってしまうのです。ワクチン普及の効果が見え始めているとはいえ、40代、50代では1回目の接種を済ませた人の数もまだまだ少ないのが現状です。この世代の人々にとって、現在の爆発的な感染者数の増加は極めて危険だと言わざるをえません」

■デルタ株の恐ろしさの理由は“ワクチン接種の効果”

 岡先生によれば、今回の感染爆発を招いている大きな要因が、これまで国内で広がったウイルスに比べ強い感染力をもつ変異型の「デルタ株」にあるという。さらに、岡先生がデルタ株の恐ろしさの理由に挙げるのが、ワクチン接種の効果だ。
 「デルタ株に対しても、もちろんワクチンの効果は得られます。ただし1回接種だけでは従来型に対して6割あった予防効果が3割程度に落ちてしまいます。2回目の接種から2週間後でようやく、従来型と同等の9割ほどまで予防効果が上がるといわれています」
 なんと、デルタ株では1回目のワクチン接種の効果が半減する恐れがあるというのだ。さらに、岡先生は2回目のワクチン接種後もけっして油断するべきではないと警鐘を鳴らす。
 「2回接種完了後でも、免疫が付き感染予防効果が得られるには2週間ほどを要します。2回目の接種後、2週間たたないうちに感染する人が私たちの病院でもしばしば入院しています」
 ワクチン2回目の接種後も油断せず、一人ひとりが感染対策を心掛けるようにしたい。

「女性自身」2021年8月17日・24日合併号 掲載

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2021年8月11日 6:08 付配信より

■デルタ株の恐ろしさの理由は“ワクチン接種の効果”
   ↑
私でも見て分かるような見出しにしてくださいお願いです。

 今夜も、
 さだまさしさんの『防人の詩』を
 聴いて床に就きたいと想います。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 15:02| 未分類