2021年08月12日

東映さんが映画『翔んで埼玉U(仮)』の製作決定を公式発表しました!!

*この記事は、ただ今編集中です。

  東映さんが
  映画『翔んで埼玉U(仮)』の
  製作決定を公式発表しました!!

▽『東映オフィシャルサイト』 2021年8月11日配信のスクリーンショット。
 映画『翔んで埼玉U(仮)』製作決定!!
210811_toei_saitama_101.JPG
 (c)東映

 関連リンク)
  『東映オフィシャルサイト』 2021年8月11日配信
  映画『翔んで埼玉U(仮)』製作決定!!
  https://www.toei.co.jp/release/movie/1226718_979.html
この度、まさかまさかの続編『翔んで埼玉U(仮)』の制作が決定致しました!

 前作から引き続いてプロデューサーを務める若松央樹は、続編を制作するに至った理由として、「前作の公開中、埼玉の皆様から“もっとディスっても大丈夫!”、他県の皆様には“自分たちの地元もいじって欲しい!”といった熱い反響が多数寄せられ、続編の話が持ち上がった」と言う。「前作で既に出し尽くした気持ちも強かったのですが、皆様の温かい声をいただき、武内監督や脚本の徳永氏の間で“続きを作ってみてはどうか”という話が自然と出るようになりました。その内容が思いの外盛り上がり、続編を制作することになりました。」とその経緯を明かしました。
 さらに、新ビジュアルと共に前作でW主演を務めたGACKT・二階堂ふみの続投、更に劇場公開が2022年に決定した情報も解禁となりました!
 麻実麗(あさみれい)役のGACKTは「不安しかありません。」と微妙なコメントを寄せ、すべての始まりと言っても過言ではない原作者・魔夜峰央に至っては「改めて言うが、正気か。」とあのぶっ翔びワールドの続編決定に少々困惑気味。反面、壇ノ浦百美(だんのうらももみ)役の二階堂ふみは「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です。」、武内監督からは前作を支えてくれた埼玉県への感謝と共に、早くも「日本最高峰の茶番劇をお届けしたいと思っています。」と、ある意味チームワーク抜群にも思えるコメントを寄せており、更なるスケールアップへの期待を感じずにはいられません。
 そして、解禁前夜となる8月10日(火)の夜には、約1年半の間なりを潜めていた『翔んで埼玉』公式HP等に突如小さな異変が勃発。SNSでは早くも「遂に続編ですか・・・・!?」というコメントで賑わっており、本日の情報解禁後には全『翔んで埼玉』ファンが歓喜の大熱狂に包まれること間違いなしです!
 続編の情報が解禁になったとはいえ、まだまだベールに包まれている本作。是非続報にもご期待ください!

<コメント>
【原作者 魔夜峰央】 改めて言うが、正気かおまえら

〔後略〕

上記、『東映オフィシャルサイト』 2021年8月11日配信より抜粋

吉沢亮さん演じる
渋沢栄一さん(現、埼玉県深谷市血洗島ご出身)の
友情出演に期待する人は私だけではないと思います。

竹中直人さんも
神奈川県知事(フィクション)と
茨城県知事(フィクション)との一人二役でぜひ再登場を。

 「快なり!」

 ご参考リンク)
  『NHKオンライン』 (公式サイト)
  大河ドラマ 『青天を衝け』
  https://www.nhk.or.jp/seiten/

− つづく −
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 20:59| 業界の話題