2021年12月31日

埼玉県発表「2021年埼玉県10大ニュース」で「NHK大河ドラマ 『青天を衝け』 の放映」が第3位に!

*この記事は、ただ今編集中です。
*著作権、肖像権等問題がある場合、関係者の方からご連絡あり次第善処します。

  埼玉県発表「2021年埼玉県10大ニュース」で
  「NHK大河ドラマ 『青天を衝け』 の放映」が第3位に!

▽『日本経済新聞』 2021年12月24日 19:31 付配信
 「埼玉県10大ニュース、1位は『コロナ』 漢字は『感』」 のスクリーンショット。
31848D74-67AB-477A-B887-08D52C2D1A4F.png 958919D5-BED2-4648-96C1-A20FE8DB409C.png
  (c)日本経済新聞

 関連ニュース)
  『日本経済新聞』 2021年12月24日 19:31 付配信
  埼玉県10大ニュース、1位は「コロナ」 漢字は「感」
 埼玉県の大野元裕知事は24日の記者会見で、2021年の埼玉県10大ニュースを発表した。1位は新型コロナウイルスへの対応、2位は埼玉県誕生150周年などと、県民生活に影響が大きい危機管理への対応と明るい話題が対照的に並んだ。同時発表した今年の漢字は「感」とした。
 10大ニュースにはこのほか、県出身の実業家、渋沢栄一を描いたNHK大河ドラマ「青天を衝け」の放映(3位)、異例の1年延期、無観客開催となった東京五輪・パラリンピック(4位)、12月に発生した高病原性鳥インフルエンザ(7位)などが選ばれた。大野知事は鳥インフルについて「速やかに防護措置を取ったが、冬季は流行期間にあたる。年をまたいで警戒体制を取りたい」と強調した。
 大野知事は今年の漢字を「感」にした理由について、新型コロナ対応に関する県民や事業者、医療従事者などへの「感謝」、東京五輪での「感動」などを挙げた。「今後の感染再拡大に備え、危機感と緊張感を持って対応したい」と、引き続き協力を呼びかけた。

出典)上記、『日本経済新聞』 2021年12月24日 19:31 付配信より

▽『埼玉県公式サイト』 2021年12月27日付公開
 「知事記者会見テキスト版 令和3年12月24日」より、「知事発表パネル」(PDF)。
211224_pref-saitama_panel_209.jpg
211224_pref-saitama_panel_210.jpg
211224_pref-saitama_panel_211.jpg
211224_pref-saitama_panel_212.jpg
211224_pref-saitama_panel_213.jpg
  (c)埼玉県

 関連動画リンク)
  『埼玉県公式チャンネル』 「YouTube」公式チャンネル
  2021年12月24日付公開
  【令和3年12月24日実施】知事記者会見
  https://www.youtube.com/watch?v=oguHPAmpe-I

 関連リンク)
  『埼玉県公式サイト』 2021年12月27日付公開
  知事記者会見テキスト版 令和3年12月24日 (こちらをクリック)
  (「知事発表パネル」のPDFはこちらをクリック)
〔前略〕

2021年埼玉県10大ニュース、今年の漢字について

 最後に、今年最後の定例会見ということで、今年1年間を振り返り、10大ニュースと今年の漢字を発表させていただきたいと思います。まず、2021年埼玉県10大ニュースを発表させていただきます。10位から5位までを御覧いただきます。10位は、「初代埼玉バーチャル観光大使に『春日部つくし』さんが就任」であります。9位でありますけれども、「全国初のエスカレーター条例の施行」であります。8位、これも全国初になりましたが、「全国初!『ケアラー月間』の創設」であります。7位、「県内で高病原性鳥インフルエンザ発生」であります。県内で発生した鳥インフルエンザについては、養鶏事業者や家禽類を飼育する関係者の皆様の御協力の下、速やかな防護措置を展開することができました。しかしながら、この渡り鳥がいる冬期の期間は、鳥インフルエンザが流行する期間と言われています。まだ、鳥インフルエンザの脅威が終わったわけではないので、県では年をまたいで警戒体制を継続する予定であります。そして第6位、「スポーツでは、埼玉ゆかりの話題が盛りだくさん!」であります。今年は埼玉県のスポーツ分野、大変盛り上がりました。埼玉パナソニックワイルドナイツの熊谷への本拠地移転や、浦和レッズの8度目の天皇杯優勝、そして、今年開幕した女子プロサッカーリーグWEリーグに埼玉県のチームが3チームも参入したほか、埼玉出身力士の大栄翔関の優勝など、埼玉県にこのような時ではありますが大変明るいニュースをお届けいただきました。そして5位、「SDGs未来都市に埼玉県が選定される!」であります。今年はSDGs未来都市に埼玉県が選定をされました。埼玉版SDGsを推進するためのツールとしてSDGsを学んで、感じてポイントゲットをコンセプトとしたアプリ「S3(エスキューブ」をリリースをいたしました。是非、皆様には、アプリを御活用いただき、ともに埼玉版SDGsを推進していただきたいと思います。次いで4位から2位の発表であります。第4位、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催」であります。今年の夏に開催された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は、史上初となった大会の延期、さらには無観客での開催と厳しい状況の中、この埼玉の地でも、バスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃の4種目が行われ、世界トップレベルの選手が熱戦を繰り広げました。その中でも、数多くの埼玉ゆかりの選手が大活躍をし、埼玉県民に感動とともに夢と希望を与えてくれました。本大会の開催にあたり、多くの都市ボランティアやホストファミリーの皆様がワンチームとなり、本大会を盛り上げていただきました。改めて皆様の御協力に感謝を申し上げるとともに、今後、レガシー、共生社会、埼玉県としても、しっかりと推進して参りたいと思います。3位は、「渋沢栄一が主人公の大河ドラマ『青天を衝け』放映!」であります。2月から渋沢栄一翁の半生を描いた、NHK大河ドラマ「青天を衝け」が放映され、地元、出身地が、大いに盛り上がった1年となりました。渋沢栄一アンドロイドから、講義を受けられる渋沢栄一記念館に加え、新たな観光スポットとして大河ドラマ館が完成したほか、2024年に刷新をされる予定になっている新1万円札の肖像にも選ばれております。また本県には渋沢翁に加え、塙保己一、荻野吟子の埼玉三偉人のほか、偉大な功績を残した偉人も多数存在します。是非、皆様には、埼玉県内各地の偉人ゆかりの地にも訪れていただき、埼玉の魅力を感じていただきたいと思います。そして2位、「みんなでお祝い!埼玉県誕生150周年」であります。今年11月14日、県民の日で埼玉県は誕生して150歳を迎えました。県では、この大きな節目の年に、「埼玉」に関わる一人一人が埼玉県を知り、見つめ直し、その魅力を未来へと繋いでいくため、「知る」「祝う」「伝える」の3つのコンセプトの下、「埼玉150年プロジェクト」を展開をいたしました。埼玉150周年記念式典や、イベントの開催などのほか、企業・団体との連携により、記念商品やコラボ企画などが誕生し、埼玉150周年を鮮やかに彩っていただきました。これまでの150年という長い歴史を紡いでいただいた、すべての先人に改めて感謝と敬意を表するとともに、この埼玉150年を契機に、すべての県民や事業者の方々と心を一つにして、笑顔と希望に溢れ、県民誰もが生き生きと暮らしていける、「日本一暮らしやすい埼玉」の実現に取り組んでまいります。最後に1位の発表です。「〜新型コロナウイルス感染症への対応〜感染予防対策に協力いただいた県民、事業者、医療従事者の皆様へ感謝!」であります。新型コロナウイルス対策では、ワクチン接種センターの開設や抗体カクテル療法の開始、国内最大規模でのワクチン検査パッケージ実証実験など、県として戦略と戦術を定め、様々な施策を講じ、その中には、日本でも初めてのものも多く含まれていました。この9月には、緊急事態宣言が解除されることとなりましたが、この長きにわたる不要不急の外出自粛や営業自粛要請など、皆様には大変な御不便をかけましたが、御理解、御協力をいただき、さらには、医療関係者を初めとするエッセンシャルワーカーの皆さんの、命がけの奮闘に対し、深く敬意を表するとともに、心から感謝を申し上げたいと思います。今後の感染再拡大に備え、引き続き強い危機感と緊張感を持ちながら、ポストコロナを見据え、感染症と共存できるウィズコロナの強い埼玉経済を構築してまいります。このように、今年は感謝、感謝の年でした。最後に「今年の漢字」ですが「感(かん)」を選ばせていただきました。東京2020オリンピック競技大会では、埼玉ゆかりの選手をはじめ、大会に携わるボランティアの皆様の活動状況などがメディアを賑わせ、多くの県民に興奮と感動を与えていただきました。埼玉150周年を迎えた今年は、これまでの埼玉県の発展に御尽力いただいた全ての先人たちに思いを馳せ、感謝した1年でありました。また、今年は猛威を振るう新型コロナウイルス感染症に対して、様々な施策を講じた1年でもありました。新型コロナウイルス感染症対応の第一線で奮闘、活躍をされていた、医療従事者、介護従事者の方々へ、県民の皆様から感謝の気持ちを伝えたメッセージも数多くいただきました。新型コロナウイルス感染症が蔓延する厳しい状況下だからこそ、人と人とが助け合い、感動を共有し、感謝することができた、そんな1年であったと、万感を込めて選ばせていただきました。今年は、「感(かん)」という文字でございました。さて、改めてでございますが、私からも、この「感(かん)」の文字、感謝の気持ちを込めて、1年を締めくくりたいと思います。皆さん、今年1年、ありがとうございました。私からは以上であります。

〔中略〕

NHK大河ドラマ「青天を衝け」最終回について

埼玉(新聞)
 すいません、もう1問お願いします。「青天を衝け」なんですけれども、いよいよ最終回なんですけれども、これまでの感想、あと期待みたいなものをお聞かせいただけますでしょうか。

知事
 本当に半生を描いてもらって、しかもこれ私の個人的な感想だと思いますけれども、途中からものすごい展開が早くてですね、ワクワクするような状況になりました。私たちが、尊敬をしてきた渋沢栄一という方がどういう方かというのをしっかりと受け止められましたし、また、これが多くの方々に共有していただけるのであれば大変嬉しいというふうに思っています。今回の「青天を衝け」は2月からの放映だったので、若干短いのかなというふうには思いますけれども、しかし見応えがあったと思いますし、最終回、残念ですけれども、我々としてはですね、埼玉県民の期待に応えるような、そういうドラマになってくれたんじゃないかなというふうに私はうれしく思っています。

(終)

出典)上記、『埼玉県公式サイト』 2021年12月27日付公開
    「知事記者会見テキスト版 令和3年12月24日」より抜粋

▽『Yahoo!ニュース』 2022年1月1日 10:34 付配信のスクリーンショット。
 オミクロン株警戒、クラスター対策強化も
 埼玉・大野知事、取り組み語る「県民が安心できる医療提供を」(埼玉新聞)
 「悩んでいたら相談して下さい」と日本国政府も呼びかけています(政府広報)。
63AA9EE8-DC0A-4461-BE4F-7EA4A0C4648A.png A0C3579D-4D75-4EC4-A46B-EE270933DA41.png
 (c)Yahoo!ニュース / 埼玉新聞

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2022年1月1日 10:34 付配信
  オミクロン株警戒、クラスター対策強化も
  埼玉・大野知事、取り組み語る「県民が安心できる医療提供を」(埼玉新聞)
  (こちらをクリック)
 埼玉県の大野元裕知事は埼玉新聞社の新春インタビューに応じ、新年の抱負を「ワンチーム埼玉で諸課題に取り組み、埼玉県の未来を切り開く年としたい」と力強く話した。
 2022年も新型コロナウイルスの感染が続いており、変異株「オミクロン株」への警戒も求められる。大野知事は今後の対応を「ワクチン追加接種を進め、コロナ医療と一般医療の両立を図り、県民が安心できる総合的保健・医療提供体制を整備する」との考えを示し、クラスター対策や保健所機能の強化も進めるとした。
 昨年、NHK大河ドラマの主人公となるなど、脚光を浴びた深谷市出身の渋沢栄一について「大きく変わる時代に未来を切り開いた人。誰一人取り残さないという考えはSDGs〔Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)〕の精神そのもの」と先見の明と志の高さを称賛。「変化の時代に生きた人が今に残してくれたものは大きい」とその精神を現代に受け継ぎたいとした。
 新年度から始まる県の新5か年計画については「私の思いを詰め込んだ」と話し、「大切なことは各施策を実際に実現すること。真摯(しんし)に一つずつ、つくり上げていく」と強調した。

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2022年1月1日 10:34 付配信より
   ↑
 新5か年計画については

 「私の思いを詰め込んだ」
  何だか胸がグルグルいたします。

▽『埼玉県公式サイト』 2021年9月30日付公開
  『彩の国だより』 令和3年10月号 知事コラム「読書の秋」(右下)の写し。
210930_pref-saitama_sainokuni-2110-02.jpg210930_pref-saitama_sainokuni-2110-03.jpg
  (c)埼玉県

 関連リンク)
  『埼玉県公式サイト』 2021年9月30日付公開
  『彩の国だより』 令和3年10月号 (PDF版はこちらのページから)
  知事コラム「読書の秋」 (WEB版はこちらをクリック)
 新型コロナウイルスの感染防止に向け、皆さんには「ステイホーム」をお願いしています。改めて皆さんのご協力に感謝します。
 そこで、家での充実した過ごし方の一つとして、読書をお勧めします。秋は何をするのにも良い季節です。おいしい農産物の多い埼玉県にいると「食欲の秋」の意味は容易に実感できます。では、なぜ「読書の秋」というのでしょうか。
 「読書の秋」について調べてみると、中国(唐)の韓愈(かんゆ。768〜824)の詩にある「灯火稍(ようや)く親しむべく、簡編(かんぺん)巻舒(けんじょ)すべし」という一節を由来として挙げているものが多く見られました。これは、季候が良く夜の長い秋は、灯火の下で書を読むのに適した季節であることをいったものです。
 文豪・夏目漱石も『三四郎』の中で「灯火親しむべし」とこの詩句を引用しており、ここからこの詩句が広まっていったとの見方もあります。
 また、中国(南宋)の楊万里(ようばんり。1127〜1206)の詩の中には「書冊秋に読むべく、詩句秋に捜すべし」という一節があります。これも秋に書物を読むことを奨励したものです。
 「読書の秋」は、こうした中国の古典にちなんだ言葉と考えられ、大正時代には新聞記事の見出しに使われています。
 埼玉を舞台にしたアニメ、映画などが話題を集めていますが、埼玉を舞台にした小説も数多くあります。そうした作品に登場する地名、作品に描かれている風景を身近に感じられるのは埼玉県民の特権です。大河ドラマに登場する埼玉県の風景を見てツッコミを入れたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、小説を通じて埼玉の魅力を再発見するのも、埼玉県民ならではの楽しみ方かもしれません。
 10月27日からは読書週間も始まります。「活字離れ」「読書離れ」といった言葉が聞かれるようになって久しくなりましたが、今年はコロナ禍での楽しみ方として、「読書の秋」を堪能されるのはいかがでしょうか。

埼玉県知事 大野元裕

出典)上記、『埼玉県公式サイト』 2021年9月30日付公開
    『彩の国だより』 令和3年10月号 知事コラム「読書の秋」より

上記「知事コラム」中の「大河ドラマに登場する埼玉県の風景」とは、
次にご紹介するNHK大河ドラマ 『青天を衝け』 の主人公、渋沢栄一さんの郷里の
血洗島(現、埼玉県深谷市血洗島)の風景のことです。背景の軽井沢の山並に良く
似ている秩父の山並が実際より近くに感じるのは、カメラアングルや光線の関係だと
想いますたぶんそういうことなんだと想いますだって妙義山も見えません(@@;)ゞ?

▽『NHKオンライン』 (公式サイト)
 大河ドラマ 『青天を衝け』 2021年12月24日公開
 「特集 Movie|VFX BREAKDOWN ep23-26」 のスクショ。
 画面右上の妙義山(たぶん)と高圧線の上手な消し方(左:Before / 右:After)。
 夢の中で血洗島に帰郷した渋沢栄一さんを従兄の尾高長七郎さんが励ます場面。
211224_nhk_seiten-movie_301.JPG 211224_nhk_seiten-movie_302.JPG
 (c)NHK

 関連リンク)
  『NHKオンライン』 (公式サイト)
  大河ドラマ 『青天を衝け』 2021年12月24日公開
  特集 Movie|VFX BREAKDOWN ep23-26
  https://www.nhk.or.jp/seiten/special/movie/

▽『NHKオンライン』 (公式サイト) 大河ドラマ 『青天を衝け』
 「特集:今週の栄一 41」 (2021年12月26日放送 最終回)のスクリーンショット。
 渋沢栄一さんのお孫さんで後継者の渋沢敬三さんがラストシーンで先祖代々続く
 血洗島(ちあらいじま=現、埼玉県深谷市血洗島、ロケ地:群馬県安中市)の農場
 を訪れ、若き日の祖父栄一さんの幻と対話します(私もまだまだ励もうと思います)。
 「はははは、なぁに言ってんだい(⌒▽⌒)!」↑恥ずかしくてとても言えません。
5F57A9A3-116F-4EB6-B212-4ED971AEB396.png 6E99E2C7-90AC-4A67-B403-C467E5954340.png
D19B46BB-174F-43B1-B11E-820AADB7A059.jpeg
6C504046-2BEF-4BB6-88EF-FEE925055269.jpeg
 (c)NHK

 関連リンク)
  『NHKオンライン』 (公式サイト) 大河ドラマ 『青天を衝け』
  「特集:今週の栄一 41」 (2021年12月26日放送 最終回)
  https://www.nhk.or.jp/seiten/special/weekly_41

 関連リンク)
  『NHKオンライン』 (公式サイト)
  大河ドラマ 『青天を衝け』 
  https://www.nhk.or.jp/seiten/
  放送予定 『青天を衝け』 
  https://www.nhk.jp/p/seiten/ts/61Z4879Q1K/schedule/
大河ドラマ『青天を衝け』総集編の放送について

総合
2022年1月3日(月)
午前8:15〜10:00 第1部(55分)・第2部(50分)
午前10:05〜11:49 第3部(54分)・第4部(50分)

BS4K
2022年1月1日(土)
午後1:30〜3:15 第1部(55分)・第2部(50分)
午後3:15〜4:59 第3部(54分)・第4部(50分)

※放送予定は変更になることがあります。

出典)上記、『NHKオンライン』 (公式サイト)  大河ドラマ『青天を衝け』 より

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2021年12月28日付記事
  【再々掲載 / また会えます! 2022年お正月に総集編放送】
  NHK大河ドラマ 『青天を衝け』 の登場人物人気投票で
  渋沢平九郎さんが3位以内に(『ねとらぼ調査隊』実施)
  演じていただいた岡田健史さんの表現力に高い評価!

*著作権、肖像権等問題がある場合、関係者の方からご連絡あり次第善処します。

新型コロナウイルス変異株まん延の懸念から
「東京2020オリンピック聖火リレー」の公道走行を急遽中止した自治体が目立つ中、
埼玉県では東京都に隣接している地域に限定した「まん延防止等重点措置」のみで
新規感染をコントロールし「まん延防止等重点措置」対象地域の川口市(スタート)と
さいたま市(ゴール)が式典のみに変更された以外はほぼ予定通りの実施でした。
聖火ランナーの関係者の方は沿道での観覧が認められたので良かったと思います。

▽『Yahoo!ニュース』 2021年9月6 19:14 付配信動画のスクリーンショット。
 オリパラ終え大野知事が職員らに感謝 / 埼玉県(テレ玉)
 「『東京オリンピック・パラリンピック』 終了 大野知事が県職員ら ねぎらう」
  県オリンピック・パラリンピック課
  ■大会組織委員会との連絡 ■聖火リレーのルート調整
  ■都市ボランティアの運営など
33EB70ED-4EF7-42EA-B6E5-BC6C6FCA4C2F.png
10D1F213-1D5C-4BDC-B8F9-EDDEAFB54285.png
FB1A1718-1ADB-4BEB-9115-6F609139ADE5.png
B581923D-8EB1-4E2F-AFF9-4FB96C3CA889.png
▽『テレ玉 / 地デジ3ch』 2021年9月6 12:04 付配信のスクリーンショット。
 テレ玉ニュース | オリパラ終え大野知事が職員らに感謝
210906_teletama_101.JPG
 (c)Yahoo!ニュース / テレビ埼玉

 関連動画リンク)
  『Yahoo!ニュース』 2021年9月6 19:14 付配信
  オリパラ終え大野知事が職員らに感謝 / 埼玉県(テレ玉)
  「『東京オリンピック・パラリンピック』 終了 大野知事が県職員ら ねぎらう」
   県オリンピック・パラリンピック課
   ■大会組織委員会との連絡 ■聖火リレーのルート調整
   ■都市ボランティアの運営など
  (リンク切れ)

 関連ニュース)
  『テレ玉 / 地デジ3ch』 2021年9月6 12:04 付配信
  テレ玉ニュース | オリパラ終え大野知事が職員らに感謝
  (リンク切れ)
 東京2020オリンピックパラリンピックの終了に伴い、大会に携わった県の職員たちに、大野知事が訓示し、労をねぎらいました。
 大会開催にあたり、県は2015年からオリンピック・パラリンピック課を設置し、これまでに、大会組織委員会との連絡や、聖火リレーのルートの調整、都市ボランティアの運営などを行ってきました。
 6日、大野知事は、県と県警あわせておよそ40人の職員に対し、「前代未聞の環境の中で、大会の感動を共有することができる場を作ったのは、みなさんです」と話しました。
 その上で、「この大きな意義を達成されたみなさんが、県にとって大きな財産を与えてくれたと思っている」と感謝しました。
 県オリンピック・パラリンピック課は、今年度末まで設置される予定で、今後は、大会の記録映像の編集や、書類の作成などを行うということです。

出典)上記、『テレ玉 / 地デジ3ch』 2021年9月6 12:04 付配信より抜粋

*著作権、肖像権等問題がある場合、関係者の方からご連絡あり次第善処します。

▽『東京2020オリンピック』 (NHK公式)
 「東京2020オリンピック聖火リレー」 2021年7月6〜8日付配信(こちら
 各実施日の聖火リレーライブストリーミング配信中継映像のスクリーンショット。
210706_torch-hidaka_301.JPG
△▽2021年7月6日高麗神社。ユネスコ世界遺産に登録されている高句麗古墳群
 の壁画をもとに再現された衣装が彩ります。乗馬で聖天院入口付近まで進みます。
 静かな観覧でも観客の皆さんの心の歓声はランナーの皆さんへ届いたことでしょう。
210706_torch-hidaka_302.JPG
▽巾着田曼珠沙華公園 (きんちゃくだまんじゅしゃげこうえん)内も乗馬で進みます。
 巾着田では2016年に高句麗古墳壁画の世界を再現した騎射競技大会「馬射戲
 (マサヒ)」も開催されました。騎射とは流鏑馬(やぶさめ)等馬上から弓を射ること。
 コロナの影響とはいえ在日選手の方も含め北朝鮮選手団の不参加は残念でした。
210706_torch-hidaka_303.JPG
▽2021年7月7日秩父神社。まず、秩父鉄道秩父本線秩父駅へ向けて出発します。
210707_torch-chichibu_301.JPG
▽秩父駅到着。ここから親鼻駅までは列車の旅。牽引する電気機関車は、先頭から
 デキ506(赤)+デキ505(緑)+デキ201(黒)+デキ502(黄)+デキ302(水色)
 の5重連でオリンピックシンボル(五輪)を模しています。先頭は同線最新の機関車
 ですが1980年製造なので41歳。3両目のデキ201は1963年製造で58歳です。
 最古参はデキ102・103が1954年製造で67歳、SLのC58の363号機は77歳。
210707_torch-chichibu_302.JPG
▽5重連の電気機関車に続く客車はJR東日本さんから「SLパレオエクスプレス」用に
 譲り受けた旧国鉄12系。1988年からSL運転が実現したのでこの客車があります。
 SLは同年開催の'88さいたま博覧会と前年のJR発足の記念で保存機関車を復元。
210707_torch-chichibu_303.JPG
▽いわゆる“乗り鉄”する聖火。夜行列車でも見たい気がします。『銀河鉄道の夜』?
210707_torch-chichibu_304.JPG
▽聖火は長瀞名物のライン下りで荒川を下ります(馬にも列車にも船にも乗るとは)。
 聖火担当の長瀞ラインくだり(秩父鉄道系)と荒川ライン下りの2団体が船を運航。
210707_torch-nagatoro_302.JPG
▽普段は武甲山産出の石灰をセメント工場まで地道に運ぶ電気機関車の晴れ舞台。
 南栗橋の整備工場との間を行き来する東武東上・越生線の電車の回送でも活躍。
 東武越生線の電車は短いので南栗橋から同形式の秩父鉄道対応済電車が送迎。
210707_torch-nagatoro_303.JPG
▽ライン下りの船に乗る聖火と先程乗ってきた五輪を模した5重連電気機関車列車
 との貴重な立体交差。ランナーの方もNHKのカメラマンさんもおつかれさまです!
 秩父鉄道関係者の皆さんも豪華な演出へのご協力をどうもありがとうございます!
210707_torch-nagatoro_304.JPG
▽水量豊かな荒川を豪快に下ります(観光での乗船時にはライフジャケットが貸与)。
210707_torch-nagatoro_305.JPG
▽貴重な船上での聖火リレー。奇跡的に晴れ間が続く中、トーチがまぶしく輝きます。
210707_torch-nagatoro_306.JPG
210707_torch-nagatoro_307.JPG
▽長瀞の岩畳上からも中継。穏やかな流れ、瀞(とろ)が長く続く所なので長瀞です。
210707_torch-nagatoro_308.JPG
▽岩畳乗船場所に到着。ここからさらに下流へと下る別コースも運航されています。
210707_torch-nagatoro_309.JPG
210707_torch-nagatoro_310.JPG
▽2021年7月8日、小江戸川越の蔵造りの町並みを聖火が駆け抜けます。
210708_torch-kawagoe_301.JPG
210708_torch-kawagoe_302.JPG
210708_torch-kawagoe_303.JPG
 (c)NHK

 関連リンク)
  『東京2020オリンピック』 (NHK公式)
  東京2020オリンピック聖火リレー
  各実施日の聖火リレーライブストリーミング配信ページ

*著作権、肖像権等問題がある場合、関係者の方からご連絡あり次第善処します。

▽『埼玉県公式サイト』
 「埼玉で開催!Tokyo2020|東京2020オリンピック聖火リレー見どころ紹介」
 より、東京2020オリンピック聖火リレーが通る自治体と日程を示すマップの写し。
 当店「安瑠芭夢驛 吉川写真店」最寄の聖火リレーは、1日目(7月6日)の日高市、
 2日目(7月7日)の秩父市・皆野町・長瀞町、3日目(7月8日)の鶴ヶ島市・坂戸市
 と嵐山町・東松山市・滑川町です。3日連続越生町近隣で実施される夢のイベント!
210707_torchbearer_pref-saitama_otrmap.JPG
 (c)埼玉県

 関連リンク)
  『埼玉県公式サイト』
  埼玉で開催!Tokyo2020
  東京2020オリンピック聖火リレー見どころ紹介
  (こちらをクリック)
東京2020オリンピック聖火リレー 見どころ

〔前略〕

1日目 7月6日(火)

〔中略〕

特別な聖火リレー

 高麗神社がスタート地点。参道を抜けた後、乗馬で聖天院入口付近まで進みます。その後、カワセミ街道をランナーがつなぎ、巾着田は再び乗馬での走行。ゴールの曼珠沙華公園内広場でミニセレブレーションが行われます。 

乗馬
 今からおよそ1300年前、高句麗(こうくり)から日本に渡来した高麗人(こまびと)たちによって、現在の日高市を中心とする地域に高麗郡(こまぐん)が築かれました。そこで、ユネスコ世界遺産に登録されている高句麗古墳群の壁画をモチーフに再現したカラフルな衣装に身を包んだ人々が、騎射文化になぞらえた乗馬による歴史ロマンあふれる聖火リレーを演出します。

2日目 7月7日(水)

〔中略〕

特別な聖火リレー

電気機関車五重連
 秩父地域の経済発展を担ってきたのが、武甲山の石灰石を原料とするセメント産業。山間部の困難な輸送環境を今日まで支え続けてきたのが、地元県民に愛され続ける力強いフォルムの電気機関車です。地域の誇りとして輝きを放ち続ける全5両を連結(五重連)し、五色に塗装のうえ、秩父鉄道の秩父駅〜親鼻駅間にて聖火を乗せた客車を牽引します。 

長瀞ラインくだり
 国指定の名勝・天然記念物「長瀞」を水面から楽しみながら、地質学的にも貴重で美しい景観の岩畳を通る「長瀞ラインくだり」。開催都市東京へとつながる大河川「荒川」の上流をゆったりと、時にスリリングに下ります。全国的にも抜群の知名度を誇る観光スポットの長瀞で、オリンピック聖火を乗せた和舟が親鼻橋〜岩畳間を川下りします。

〔中略〕

3日目 7月8日(木)

 川越城本丸御殿前で出発式を開催し、最終日の3日目がスタートします。川越市役所前を抜け、札の辻交差点から、江戸の情緒を色濃く残す蔵造りの町並みへ。その先の連雀町交差点がゴールです。

 鶴ヶ島市広田橋交差点をスタート。川越坂戸毛呂山線(県道39号線)を北西へオリンピック聖火が走り抜けます。公共施設や大学、商店が立ち並ぶ市街地を通り抜け、ゴールの坂戸市役所へ向かいます。

〔中略〕

 スタート地点は嵐山町の国立女性教育会館。こちらでミニセレブレーションが開催されます。オリンピック聖火は、国道254号線を東へ進み、東松山方面へ。滑川町のつきのわ駅南口ロータリーでゴールです。

〔後略〕

出典)上記、『埼玉県公式サイト』 「埼玉で開催!Tokyo2020」より抜粋

▽『埼玉県公式サイト』 2021年7月2日付公開
 東京2020オリンピック聖火リレー | 埼玉で開催!Tokyo2020 (WEBはこちら
 『埼玉県「東京2020オリンピック聖火リレー」実施のお知らせ』
 「埼玉県では、2021年7月6日(火)〜8日(木)の3日間がリレー実施期間です」
 交通規制の詳細 (PDFはこちら:3,301KB)
210702_pref-saitama_torchbearer_traffic-1.jpg
▽『埼玉県「東京2020オリンピック聖火リレー」交通規制のお知らせ 7月6日(火)』
 交通規制の詳細 (PDFはこちら:3,301KB)
210702_pref-saitama_torchbearer_traffic-2.jpg
▽『埼玉県「東京2020オリンピック聖火リレー」交通規制のお知らせ 7月7日(水)』
 交通規制の詳細 (PDFはこちら:3,301KB)
210702_pref-saitama_torchbearer_traffic-3.jpg
▽『埼玉県「東京2020オリンピック聖火リレー」交通規制のお知らせ 7月8日(木)』
 交通規制の詳細 (PDFはこちら:3,301KB)
210702_pref-saitama_torchbearer_traffic-4.jpg
 (c)埼玉県

 関連リンク)
  『埼玉県公式サイト』 2021年7月2日付公開
  東京2020オリンピック聖火リレー | 埼玉で開催!Tokyo2020
  (こちらをクリック) 交通規制の詳細 (PDFはこちら:3,301KB)

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2021年7月5日付記事
  【再掲載 / 観覧は自宅からインターネットのライブ中継で】
  埼玉県の「東京2020オリンピック聖火リレー」は
  2021年7月6日(火)から8日(木)の3日間
  県内(越生町近隣市町含む)を巡ります!
  【交通規制の詳細発表】
  http://poppop.sblo.jp/article/188803763.html

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2021年8月15日付記事
  【長い? 短い?】
  「2020年東京オリンピック競技大会」と
  NHK大河ドラマ 『青天を衝け』と
  終戦と経済とワクチンと
  【16日間が過ぎました】
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 23:23| 旅のヒント