2022年06月28日

【速報!】え、東武東上線にも東急「Qシート」!?【サプライズ!】

*この記事は、2022年6月28日から30日にかけて編集されたものです。

  はじめに

*次の記事は、当ブログの
 2018年4月20日付記事の一部を再編集し再掲載したものです。


以前は新幹線や中〜長距離列車、観光列車などにしか見られなかった有料の座席
指定(座席定員)制サービスですが、身近な通勤電車でも手頃な料金で利用できる
ようになってきました。ラッシュ時のお出かけも、快適で楽しいものになりそうですね。

今回の記事ではこれから運転が予定されている列車や、この春から運転が始まった
列車など、首都圏の民鉄各線の通勤電車の座席指定(座席定員)制有料サービスを
五つ、新しい順にご紹介します。

  ≪1≫
  東急大井町線、東急田園都市線で2018年冬から
  有料の座席指定車両(7両編成中1両)付き「急行」が運転開始予定
  ただ今愛称募集中!

 「急行(愛称募集中)」 【平日運転】
 ・運転開始 2018年冬 予定
 ・主な区間 東急大井町線大井町駅〜東急田園都市線(直通)長津田駅
 ・運転時間 夜の下り方向
 ・座席料金 未定(座席指定制・7両編成中の1両で実施)

東急電鉄では東横線「S-TRAIN(Sトレイン)」(土休日のみ、2017年3月25日運転
開始)に続く通勤電車の座席指定制有料サービスで、2018年冬から開始予定です。

▽『東急電鉄』 (公式) 2018年3月26日付公開の写し。
 ニュースリリース
 「当社初! 平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始!
 2018年冬、大井町駅から田園都市線方面への平日夜の帰宅をより快適に!」
 【別紙1】 「大井町線有料座席指定サービス」の詳細 (中央)
 【別紙2】 「大井町線有料座席指定サービスの愛称募集」の詳細 (右)
180326_tokyu-news_101.JPG 180326_tokyu-news_102.JPG 180326_tokyu-news_103.JPG
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  『東急電鉄』 (公式) 2018年3月26日付公開
  ニュースリリース
  当社初! 平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始!
  2018年冬、大井町駅から田園都市線方面への平日夜の帰宅をより快適に!
  (PDFはこちら

▽『東急電鉄』 (公式) 2018年10月23日付公開の写し。
 ニュースリリース
 「2018年12月14日(金)より、 
 大井町線の有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始します!」 (左上)
 【別紙】 大井町線有料座席指定サービス「Q SEAT」の詳細 (右上以降)
181023_tokyu-news_101.JPG 181023_tokyu-news_102.JPG
181023_tokyu-news_103.JPG 181023_tokyu-news_104.JPG
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  『東急電鉄』 (公式) 2018年10月23日付公開
  ニュースリリース
  2018年12月14日(金)より、 
  大井町線の有料座席指定サービス「Q SEAT」を開始します!
  (PDFはこちら

東横線の「S-TRAIN(Sトレイン)」(後述)は西武秩父線方面との直通で、車両も西武
の通勤電車ですが、大井町線、田園都市線の新しい「急行」は他社線との直通でなく、
自社車両で実施される本当の意味で東急初の座席指定制有料サービスになります。

この新しい「急行」は、従来6両編成だった「急行」に座席指定車両を1両増やす発想
で、停車駅のホームも7両分に延長されました。大井町線は、当店のお客さまが利用
される機会は少ないと思いますが、同様のサービスが東上線とも直通する東横線で
実施されれば、横浜方面へのお出かけに便利でしょう。将来に期待したいと思います。


*上の記事は、次の当ブログの
 2018年4月20日付記事の一部を再編集し再掲載しました。

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2018年4月20日付記事
  ラッシュ時のお出かけもより快適で楽しいものに!
  首都圏の民鉄各線に広がる通勤電車の座席指定(座席定員)制有料サービス
  http://poppop.sblo.jp/article/183010370.html

〜同様のサービスが東上線とも直通する東横線で実施されれば、
横浜方面へのお出かけに便利でしょう。将来に期待したいと思います。

   ↓
期待して正解だったようです。という、今回の記事です。

  【速報!】
  え、東武東上線にも
  東急「Qシート」!?
  【サプライズ!】

近い将来、東武東上線に「TJライナー」のほか、
新たな着席サービスが加わるかもしれません。

2023年3月予定の相鉄新横浜線・東急新横浜線開業で東急東横線の10両編成が
不足するため、現存の8両編成の一部に新造の中間車2両を組み込む工事が総合車
両製作所横浜事業所で順次進んでいるとのこと。一昨年工事済みの編成は通常の10
両編成化でしたが、現在工事中の編成は新造の中間車2両のうち、目視できた1両が
「Qシート」仕様の車両で、編成中に組み込む号車の位置も一昨年分と異なることから
「Qシート」営業を東横線でも開始する準備ではないかとの目撃情報が、2022年6月
10日頃からネット上に流れているようです。今年度工事対象の4編成に「Qシート」が
組み込まれる見通しですが運用は限定的になりそうなので、はたして東武東上線にも
「Qシート」として直通するのか気になります。「Qシート」は「TJライナー」に準じた仕様。

2022年6月28日未明、総合車両製作所横浜事業所から10両編成化された東横線
の電車が東急電鉄さんに向けて回送されました。ネット投稿された動画によると新造
中間車2両は外装がステンレスの無地で、号車番号や車両番号の記載も含め外装
の仕上げは東急電鉄さん到着後に車庫で施されるようです。撮り鉄の皆さま、危険な
暑さの中お疲れさまです。新造の中間車2両は計4組、都合8両用意されるとのことで、
予想ですがともに「Qシート」仕様車で、うち1両は既存の10両編成との交換用となる
可能性もあります。結果、5号車に「Qシート」を組み込んだ10両編成が8本誕生する
ことになります(うち1本は予備用)。複雑な編成組み換えですが、各編成とも電動車と
付随車との比率が1対1になるよう、良く考えられています。新造の中間車はそれぞれ
電動車と付随車ですが、今回10両編成化される分の5号車が電動車版の「Qシート」、
既存の10両編成の5号車が付随車版「Qシート」になる予想です。既存の10両編成は
4号車、5号車とも付随車で、電動車版「Qシート」との交換は無さそう。5号車は東横線
上り方向から数えて5両目。東武東上線内では下り方向から数えて5両目になります。
なお回送時の動画によると付随車版「Qシート」は4号車の位置に連結されていました。
2両分も駅のホームを「Qシート」の乗車整理で占有することは混乱が生じ難しそうです。
「Qシート」仕様と見られる新造の中間車2両はネットに投稿された動画や情報によれば
窓が内側から黒い遮光シートで目隠しされ車内の様子が目視できないとのこと。何やら
反社会的な車のようですがサプライズ発表まで関係者間に守秘義務があるのでしょう。
各10両編成とも来年3月開業の相鉄新横浜線直通対応済みですので、相鉄線内から
東上線まで通しで「Qシート」有料着席サービスが実施される場合、関係事業者合同で
ニュースリリースが発表されることになると思います。発表を楽しみに待とうと思います。
   ↓
今回10両編成化された東横線電車の各車両の床下機器類の構成から4号車の位置
に連結された新造の付随車版「Qシート」と既存の10両編成の付随車との交換は無さ
そうです。今年度は4号車と5号車が「Qシート」の10両編成が4本誕生する見通しです。
東横線と西武秩父線とを直通運転している「S-TRAIN(Sトレイン)」の4号車はトイレ付
なので東横線4号車「Qシート」も座席料の積立でトイレが設置されるかも知れません。
併せて、東上線所属の電車にも
「Qシート」と同様のサービスが導入されるか注目です。

2022年6月29日、東急電鉄さんの車庫に到着したばかりの東横線の新造「Qシート」
車両のドアが換気のため開放されている写真がネット上に投稿されました。真昼間の炎
天下、危険な暑さが続く中、撮り鉄の皆さま、どうもお疲れさまです。内装のデザインは
次の東急大井町線で活躍中の「Qシート」とほぼ同じでした。外装の色が楽しみですね。

東武東上線にとって和光市駅でつながっている東京メトロ副都心線の地下トンネルは、
なんだか 『ドラえもん』 の四次元ポケット? のようなものではないかと想えてきました。

2022年7月18日補足)
2022年7月18日現在なお東横線の新造「Qシート」2両の外装はステンレスの無地
のまま車庫に留置中とのこと。10両編成の4、5号車に組み込まれ、時どき車庫内で
試運転が行われているようです。東横線の「Qシート」が第三セクターの横浜高速鉄道
さんを含む東急電鉄さん独自のサービスなら外装デザインも含めてそろそろ正式発表
されても良い頃ですが、まだということは直通先各社さんと申し合わせがあるようです。

▽東急大井町線で活躍中の有料座席指定制車両「Qシート」。
 この車両は急行用7両編成中に1両組み込まれ「Qシート」
 営業以外はロングシート状態(中央の画像)で運転されます。
180327_tokyu6020_3.jpg
▽クロスシート状態の東急大井町線用「Qシート」車両(6020系電車)の車内。
180327_tokyu6020_2.jpg
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  『東急電鉄』 (公式)
  大井町線有料座席指定サービス Qシート
  https://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/types/q_seat/

2022年5月16日付記事より再掲載。
 「東急電鉄(株) 2022年度の設備投資計画」より、
 「都市交通における快適性の向上と課題の解決」の写し。
220513_tokyu-news-2-1-1.jpg 220513_tokyu-news-2-1-5.jpg
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  ニュースリリース(2022年)|東急株式会社 (公式)
  https://www.tokyu.co.jp/company/news/2022/
  2022年5月13日付更新
  「東急電鉄(株) 2022年度の設備投資計画
  事業基盤の強靭化と社会的価値の持続的提供のため総額444億円を投資」
  (PDFはこちら
  相鉄・東急直通線 (こちらをクリック)
〔前略〕

3.都市交通における快適性の向上と課題の解決
 今年度は2023年3月の開業に向けた東急新横浜線に関する工事や目黒線8両編成化を中心とした快適な 車内空間につながる設備投資を行います。また、リアルタイム混雑情報などの拡充や有料着席サービス拡大、アフターコロナの新しい生活様式にあった駅機能の拡充についても検討を加速化していきます

(1)東急新横浜線開業に向けた各種工事
 2023年3月の開業に向けて東急新横浜線(新横浜〜日吉間)の工事を進めており、整備主体である鉄道・運輸機構、相互直通運転先の相模鉄道とも連携して開業準備を進めています。7社局14路線を結ぶ広大な鉄道ネットワークを形成することで、所要時間の短縮、乗換回数の減少など交通利便性・速達性が向上します。また、新横浜駅へのアクセスが向上し、首都圏から関西・中京方面への出張や旅行などがさらに便利になります。

(2)目黒線8両編成化による輸送力増強
 2022年4月より順次進めている目黒線当社所属車両の8両編成化について、東急新横浜線開業までに全26編成への対応が完了し、新線開業による交通利便性・速達性向上に加え、輸送力増強により快適性が向上します。

(3)有料着席サービスの拡充
 大井町線で運行している有料着席サービス「Qシート」につきまして、利用状況などをふまえて、他路線への展開など、サービス拡充の検討を深めていきます

〔後略〕

出典)上記、『東急株式会社』 (公式)
    「ニュースリリース」 2022年5月13日付更新
    「東急電鉄(株) 2022年度の設備投資計画」より抜粋

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年5月16日付記事
  東武鉄道さんが
  「東上線における新たな着席サービス導入検討」を保留に!?
▽東武東上線の有料座席指定列車「TJライナー」で活躍中の東武50090型電車。
 2019年3月16日ダイヤ改正以降は料金不要の「川越特急」としても活躍中です。
about_tj01_l.jpg
▽ロングシート状態の東武50090型車内。
about_tj04_l.jpg
▽クロスシート状態の50090型車内(主に「TJライナー」や「川越特急」での運転時)。
about_tj03_l.jpg
 (c)東武鉄道

 関連リンク)
  『東武鉄道公式サイト』 
  TJライナーのご案内
   座席指定券を購入してゆったり座れる
   人と環境にやさしい次世代型通勤・通学車両
  https://www.tobu.co.jp/railway/tj/

お話しは変わるのですが、
東武鉄道さんの「特急リバティ」は1編成が3両1組なので、東急電鉄さんの多摩川線
蒲田駅まで直通できます。東急多摩川線は3両編成(以前4両編成)、東武越生線は
4両編成。似た者同士で蒲田駅から越生駅まで観梅貸切「特急リバティ」良いですね。
2019年3月16日には越生駅東口も開設され貸切送迎バスが発着可能になりました。

 はじめから貸切バスで行く!?

▽『東武鉄道公式サイト』 内、「特急リバティについて」画像の写し。
220127_tobu_revaty_101.jpg
 (c)東武鉄道

 ご参考リンク)
  特急リバティについて|東武鉄道公式サイト
  https://www.tobu.co.jp/railway/special_express/vehicle/revaty/
特急リバティのご紹介

 東武鉄道の広域な路線ネットワークを活かした、観光・通勤に、お客さまの利便性をさらに高める特急列車「500系」の愛称です。車内は無料Wi-Fi環境を整備し、各座席にコンセントを設置。背面テーブルがあり、ノートパソコンやスマートフォン利用に便利で通勤にも最適。1編成3両固定の「併結・分割」を可能にした仕様で、途中駅で列車の併結・分割を行うことにより、ひとつの特急で目的地の異なるお客さまにご利用いただけます。

〔後略〕

出典)上記、『東武鉄道公式サイト』 内 「特急リバティについて」より抜粋

上記「特急リバティについて」紹介文中の「東武鉄道の広域な路線ネットワーク」には、
東武東上線、越生線は残念なことに現在のところ対象に含まれていません。両線に
所属する電車はすべて、浅草駅を起点とする東武日光線の南栗橋工場へ貨物列車
扱いで秩父鉄道秩父本線経由で回送されメンテナンスを受けていますが、営業運転
での行き来はありません。「特急リバティ」の東上線への配属計画も発表されません。

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年6月6日付記事
  【速報】
  新横浜方面行きだけでなく
  羽田空港方面行きも東武東上線に登場? 
  東急・京急接続「新空港線(蒲蒲線)」
  地方負担の割合について東京都と大田区とが合意
  【2035年開業を目指す】
  http://poppop.sblo.jp/article/189584711.html

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年2月24日付記事
  【再掲載 / 公式】
  有機農業が盛んな「有機の里」と呼ばれる埼玉県比企郡小川町に光<1>
  東武鉄道さんが東上線から新横浜駅、海老名駅方面への直通を発表!
  新幹線〔新横浜駅〕へのダイレクトアクセスが実現(2023年3月予定)
  &東京メトロ千代田線と直通する
  小田急「ロマンスカー」にライバル登場!?
  【東上線に「特急リバティ」直通の妄想も夢ではない!?】
  http://poppop.sblo.jp/article/189357461.html

上記「特急リバティ」が近い将来東武東上線から東急多摩川線蒲田駅まで直通すれば
羽田空港が少しだけ近くなるでしょう。時間によっては、新たな着席サービス「Qシート」
が利用できるようになるかもしれません。蒲田駅〜京急蒲田駅間は健康作りと気晴らし
も兼ねて10分歩きましょう。ご旅行先や出張先ではもっと歩くことが普通なのですから。
   ↓
東武越生線越生駅から京急空港線羽田空港第1・第2ターミナル駅までの経路などに
ついて調べてみました。意外にも東急多摩川線経由と品川駅乗り換えの京急線経由
とでは所用時間、運賃とも差がないことが判明しました(朝の土休日ダイヤでの比較)。

ご注意:
次の各プランは所用時間や運賃を比較検討するためのもので実際のおすすめプラン
ではありません。乗り換え時間に無理がありますので余裕をもってお出かけください。

1 越生〜品川〜羽田空港第1・第2ターミナル(京急線) 土休日(2022年6月)

 所要時間 2時間11分 乗換3回
 運賃合計 1,010+300(京急線)=1,290

  越 生 08:04発 東武越生線 坂戸行
  坂 戸 08:22着 (↓乗り換え2分・急いで)
      08:24発 東武東上線・東京メトロ副都心線
          「Fライナー急行」元町・中華街行
  渋 谷 09:23着 (↓乗り換え10分)
      09:33発 JR山手線 品川、東京方面内回り
  品 川 09:46着 (↓乗り換え4分・急いで)
      09:55発 京急本線・空港線「快速特急」羽田空港〜行
  羽田空港第1・第2ターミナル
      10:15着

2 越生〜蒲田〜羽田空港第1・第2ターミナル(京急線) 土休日(2022年6月)

 所要時間 2時間11分 乗換4回
 運賃合計 1,040+250(京急線)=1,290
 備考 蒲田駅〜羽田空港間の路線バスは所要時間がかかるので比較対象外です。

  越 生 08:04発 東武越生線 坂戸行
  坂 戸 08:22着 (↓乗り換え2分・急いで)
      08:24発 東武東上線・東京メトロ副都心線
          「Fライナー急行」元町・中華街行
  渋 谷 09:23着 (直通運転・乗り換え不要)
      09:24発 東急東横線「Fライナー特急」元町・中華街行
  自由が丘
      09:32着 (↓乗り換え2分・同じホーム)
      09:34発 東急東横線 元町・中華街行
  多摩川 09:37着 (↓乗り換え6分・急いで)
      09:43発 東急多摩川線 蒲田行
  蒲 田 09:54着 (↓乗り換え9分・京急蒲田駅まで約800m、徒歩約10分)
  京急蒲田
      10:05発 京急空港線「快速特急」羽田空港〜行
  羽田空港第1・第2ターミナル
      10:15着
 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年6月6日付記事
  【速報】
  新横浜方面行きだけでなく
  羽田空港方面行きも東武東上線に登場? 
  東急・京急接続「新空港線(蒲蒲線)」
  地方負担の割合について東京都と大田区とが合意
  【2035年開業を目指す】
  http://poppop.sblo.jp/article/189584711.html
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 07:02| 旅のヒント