2022年07月29日

【速報】東急電鉄さんから東武東上線とも直通運転している東急東横線における「Q SEAT(シート)」サービス車両として2023年度以降に運用するためのロング・クロス転換車両の導入について正式発表がありました!

  【速報】
  東急電鉄さんから
  東武東上線とも直通運転している東急東横線における
  「Q SEAT(シート)」サービス車両として2023年度以降に
  運用するためのロング・クロス転換車両の導入について
  正式発表がありました!

本日、2022年7月29日午後、東急電鉄さんから
現在大井町線にて運行している有料着席サービス「Q SEAT」を
2023年度以降、東横線へ拡大する計画が正式発表されました。

東急東横線は東武東上線とも直通運転しており着席サービスの
「Q SEAT(シート)」が東上線でも提供されることが期待されます。

▽『東急電鉄株式会社』 (公式)
 2022年7月29日 PM 付公開「お知らせ」のスクショ。
 東横線におけるロング・クロス転換車両の導入について
220729_tokyu-information_101-SQ.JPG
▽「Q SEAT(シート)」外観イメージ(4号車・5号車)とロゴデザインの写し。
 ロゴデザインの中の「E」の字の上にとまっているイラストの鳥さんがとても可愛い
 のですが、小さいので気付いてくれる乗客の方はどれくらいいらっしゃるでしょう?
220729_tokyu-information_301.JPG
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  『東急電鉄株式会社』 (公式)
  2022年7月29日 PM 付公開「お知らせ」
  東横線におけるロング・クロス転換車両の導入について
  https://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_644.html
 当社は、中期事業戦略“3つの変革・4つの価値”で掲げている「B都市交通における快適性の向上と課題の解決」の1つとして、現在大井町線にて運行している 有料着席サービス「Q SEAT」を2023年度以降に東横線へ拡大いたします。
 東横線において、「Q SEAT」サービス車両として運用するロング・クロス転換車両を一部編成に導入していきます。

※一部の10両編成車両のうち、4号車・5号車をロング・クロス転換車両にいたします。
※4号車・5号車には、「Q SEAT」の車体ラッピングを行います。

 営業線での運行開始時期や、詳細な「Q SEAT」サービス内容(運行区間・運行種別・料金体系・購入方法等)は改めて、お知らせいたします。

以 上

出典)上記、『東急電鉄株式会社』 (公式)
    2022年7月29日 PM 付公開「お知らせ」より

なお、上記の「お知らせ」は東急電鉄さん単独の発表で、横浜高速鉄道さんをはじめ
東急東横線の直通先の各鉄道事業社さんからの発表は、7月29日現在ありません。

2023年3月予定の相鉄新横浜線・東急新横浜線開業で東急東横線の10両編成が
不足するため、現存の8両編成の一部に新造の中間車2両を組み込む工事が総合車
両製作所横浜事業所で進められています。今年度は4編成が10両編成化される見込。
うち1編成は予備編成なので上記の「有料着席サービス『Q SEAT』を2023年度以降
に東横線へ拡大」する計画では当面3編成が「Q SEAT」運用に就けることになります。
東横線は東武東上線とも直通運転しており着席サービスの「Q SEAT」が東上線へも
展開されることが期待されますが、3編成だけでは足りないかもしれません。1時間毎
の運行だとして区間は和光市〜元町・中華街or新横浜駅間折返しが妥当のようです。

2022年6月28日、総合車両製作所横浜事業所から東急電鉄さんの長津田車両工場
(車庫)へ向けて10両編成化された東横線の電車が回送されたのですが、新造中間車
は2両とも外装がステンレスの無地のまま。窓も黒い遮光シートで内側から目隠しされ、
外から内装を確認できない状態で7月29日まで約一月留置されてきました。ネット上に
投稿された目撃情報によれば、内装は大井町線の「Q SEAT」車両とほぼ同じとのこと。
換気のためドアが開放されたとき車庫の外から内装を観察できることがあったようです。

間もなく外装のラッピングが完成すれば東横線の「Q SEAT」車両がマスメディアにより
カメラを通じて公開されるでしょう。その日までは上記の東急電鉄さんの「お知らせ」しか
情報は無く、この件のニュースの配信は鉄道ファン向けの情報サイトに限られています。
   ↓
▽『マイナビニュース』 2022年7月29日 21:48 付公開のスクリーンショット。
 東急東横線「Q SEAT」導入、10両中2両をロング・クロス転換車両に
220729_mynavi._101-SQ.JPG
▽「大井町線に導入された 『Q SEAT』 車両(クロスシート時の車内)。
 2023年度以降、東横線でも 『Q SEAT』 サービスが開始される。」
220729_mynavi._301.JPG
 (c)マイナビニュース

 関連リンク)
  『マイナビニュース』 2022年7月29日 21:48 付公開
  東急東横線「Q SEAT」導入、10両中2両をロング・クロス転換車両に
  https://news.mynavi.jp/article/20220729-2411615/
 東急電鉄は29日、東横線にロング・クロス転換車両を導入し、大井町線で実施している有料着席サービス「Q SEAT」を2023年度以降に東横線へ拡大すると発表した。
 「Q SEAT」は大井町線から田園都市線方面へ帰宅する際の着席ニーズに応えるべく、2018年12月からサービス開始。大井町線の急行に使用する一部車両(7両編成)の3号車をロング・クロス転換車両とし、有料座席指定サービスを行う際、ドア間の座席をクロスシートに転換して営業運転を行う。大井町線では現在、平日17時以降に大井町駅を発車する急行(長津田行)のうち9本の列車で「Q SEAT」サービスを実施している。
 大井町線の「Q SEAT」車両はオレンジを基調とした車体ラッピングを施している。一方、東横線に導入予定の「Q SEAT」車両は赤を基調とした車体ラッピングに。10両編成で運行される一部車両の4・5号車をロング・クロス転換車両に変更するという。営業線での運行開始時期をはじめ、運行区間・運行種別・料金体系・購入方法など、「Q SEAT」の詳細な内容は改めて発表される。

MN 鉄道ニュース編集部

出典)上記、『マイナビニュース』 2022年7月29日 21:48 付公開より

2022年8月2日追記)

本日、8月2日現在のネット上の目撃情報によると、東急電鉄さんの長津田車両工場
(車庫)に総合車両製作所横浜事業所から6月29日に到着して以来、1ヶ月以上の間
外装がステンレスの無地のままだった「Q SEAT」車両のラッピングが、7月29日発表
の「お知らせ」にあった「外観イメージ」図通りほぼ完了したもようです。近いうちにマス
メディアを招いてのお披露目が行われると思われます。車内設備も公開されるでしょう。

2022年8月6日追記)

本日、8月6日に東横線の真新しい「Q SEAT」車両が報道公開されました。やはり、と
いいますか、このニュースの配信も鉄道ファン向け情報サイト 『鉄道ホビダス』 さんが
一番乗りのようです。乗り鉄さんより自作鉄道模型ファン向けの記事ですが、当ブログ
での本記事のカテゴリーは「旅のヒント」です。楽しいお出かけのヒントに尚情報不足?

▽『鉄道ホビダス』(Rail Magazine)
 2022年8月6日 PM 配信のスクリーンショット。
 東横線に真っ赤な「Q SEAT」車登場…! しかも10両中2両!
 「東急電鉄では、東横線にロング・クロス転換車両による有料着席サービス
 『Q SEAT』を2023年度以降に導入することになり本日その専用車両が報道公開さ
 れました」(取材日:2022年8月6日 場所:東急電鉄 長津田車両工場併設検車区)
220806_rail-hobidas_101-SQ.JPG
△車内が公開されました。鉄道写真家の広田尚敬先生もお元気そうで何より(右下)。
▽車内は大井町線「Q SEAT」準拠。コンセントが東武東上線直通時も使えたら便利。
220806_rail-hobidas_102-SQ.JPG
 (c)ネコ・パブリッシング

 関連ニュース)
  『鉄道ホビダス』(Rail Magazine) 2022年8月6日 PM 配信
  東横線に真っ赤な「Q SEAT」車登場…! しかも10両中2両!
  https://rail.hobidas.com/feature/410169/

*以降の記事は、当ブログの
 2022年6月28日付記事の一部を再編集し再掲載したものです。


▽東急大井町線で活躍中の有料座席指定制車両「Qシート」。
 この車両は急行用7両編成中に1両組み込まれ「Qシート」
 営業以外はロングシート状態(中央の画像)で運転されます。
180327_tokyu6020_3.jpg
▽クロスシート状態の東急大井町線用「Qシート」車両(6020系電車)の車内。
180327_tokyu6020_2.jpg
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  『東急電鉄』 (公式)
  大井町線有料座席指定サービス Qシート
  https://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/types/q_seat/

2022年5月16日付記事より再掲載。
 「東急電鉄(株) 2022年度の設備投資計画」より、
 「都市交通における快適性の向上と課題の解決」の写し。
220513_tokyu-news-2-1-1.jpg 220513_tokyu-news-2-1-5.jpg
 (c)東急電鉄

 関連リンク)
  ニュースリリース(2022年)|東急株式会社 (公式)
  https://www.tokyu.co.jp/company/news/2022/
  2022年5月13日付更新
  「東急電鉄(株) 2022年度の設備投資計画
  事業基盤の強靭化と社会的価値の持続的提供のため総額444億円を投資」
  (PDFはこちら
  相鉄・東急直通線 (こちらをクリック)
〔前略〕

3.都市交通における快適性の向上と課題の解決
 今年度は2023年3月の開業に向けた東急新横浜線に関する工事や目黒線8両編成化を中心とした快適な 車内空間につながる設備投資を行います。また、リアルタイム混雑情報などの拡充や有料着席サービス拡大、アフターコロナの新しい生活様式にあった駅機能の拡充についても検討を加速化していきます

(1)東急新横浜線開業に向けた各種工事
 2023年3月の開業に向けて東急新横浜線(新横浜〜日吉間)の工事を進めており、整備主体である鉄道・運輸機構、相互直通運転先の相模鉄道とも連携して開業準備を進めています。7社局14路線を結ぶ広大な鉄道ネットワークを形成することで、所要時間の短縮、乗換回数の減少など交通利便性・速達性が向上します。また、新横浜駅へのアクセスが向上し、首都圏から関西・中京方面への出張や旅行などがさらに便利になります。

(2)目黒線8両編成化による輸送力増強
 2022年4月より順次進めている目黒線当社所属車両の8両編成化について、東急新横浜線開業までに全26編成への対応が完了し、新線開業による交通利便性・速達性向上に加え、輸送力増強により快適性が向上します。

(3)有料着席サービスの拡充
 大井町線で運行している有料着席サービス「Qシート」につきまして、利用状況などをふまえて、他路線への展開など、サービス拡充の検討を深めていきます

〔後略〕

出典)上記、『東急株式会社』 (公式)
    「ニュースリリース」 2022年5月13日付更新
    「東急電鉄(株) 2022年度の設備投資計画」より抜粋

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年5月16日付記事
  東武鉄道さんが
  「東上線における新たな着席サービス導入検討」を保留に!?
▽東武東上線の有料座席指定列車「TJライナー」で活躍中の東武50090型電車。
 2019年3月16日ダイヤ改正以降は料金不要の「川越特急」としても活躍中です。
about_tj01_l.jpg
▽ロングシート状態の東武50090型車内。電源コンセントの設置予定はありません。
about_tj04_l.jpg
▽クロスシート状態の50090型車内(主に「TJライナー」や「川越特急」での運転時)。
about_tj03_l.jpg
 (c)東武鉄道

 関連リンク)
  『東武鉄道公式サイト』 
  TJライナーのご案内
   座席指定券を購入してゆったり座れる
   人と環境にやさしい次世代型通勤・通学車両
  https://www.tobu.co.jp/railway/tj/


*上の記事は、次の当ブログの
 2022年6月28日付記事の一部を再編集し再掲載しました。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年6月28日付記事
  【速報!】え、東武東上線にも東急「Qシート」!?【サプライズ!】
  http://poppop.sblo.jp/article/189629798.html
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 17:36| 旅のヒント