2024年01月17日

【2027年頃工事着工】東武鉄道さんと三菱地所さんによる池袋駅西口地区における大規模な再開発「池袋駅西口地区市街地再開発事業」で3棟の超高層複合ビルを建設【2043年頃完成予定】

*この記事は、2024年1月17日から18日にかけて編集されたものです。

  はじめに

2024年の年の初めです。
「来年の事を言えば鬼が笑う」と申しますが、
20年先の事を言って鬼たちに大いに笑ってもらいましょう!
平和で平穏で建設的な日々を取りもどすためにも・・・(^_^)
  
来年の事を言えば鬼が笑う
(らいねんのことをいえばおにがわらう)
  ↓
明日何が起こるかわからないのに、来年のことなどわかるはずはない。
将来のことは予測しがたいから、あれこれ言ってもはじまらないということ。
(出典:デジタル大辞泉)
 
  【2027年頃工事着工】
  東武鉄道さんと三菱地所さんによる
  池袋駅西口地区における大規模な再開発
  「池袋駅西口地区市街地再開発事業」で
  3棟の超高層複合ビルを建設

  【2043年頃完成予定】

カーリンさん運営 『ファッションプレス』 (https://www.fashion-press.net)は、
「ファッションを中心にビューティー、アート、グルメ、音楽、映画など、ライフスタイル
に関する情報を、より多くの人々にお届け」するWEBサイトですが1週間程前になる
記事で、東武鉄道さんも参画される東上線のターミナル駅、池袋駅西口地区の事業、
「池袋駅西口地区市街地再開発事業」について紹介されています。ぜひご覧ください。
   ↓
▽『ファッションプレス』 2024年1月12日 13:05 付配信
 スクリーンショット(部分)は2024年1月17日 16:00 現在のものです。
 池袋駅西口地区の大規模再開発
 −ホテルや商業施設を有する3つの超高層複合ビル建設へ、43年完成予定−
 (『自衛官募集ホームページ|防衛省・自衛隊』 はこちら
240112_fashion-press_101.JPG
▽『ファッションプレス』 2024年1月12日 13:05 付配信 掲載画像の写し。
 池袋駅西口地区の大規模再開発
 −ホテルや商業施設を有する3つの超高層複合ビル建設へ、43年完成予定−
240112_fashion-press_301.JPG
△「池袋駅西口地区市街地再開発事業」のメインビジュアルと言えそうな完成予想図。
 手前が交通広場。池袋西口公園と東京芸術劇場はC街区の右手奥です(管理人)。
▽上の完成予想図の駅構内側。東武東上線池袋駅構内の線路は今の3本から計画
 では4本に増設される予定。ホームが空くまで到着列車が駅手前で待機する状況
 が解消され「TJライナー」や「川越特急」等のダイヤも柔軟に組めるようになります。
240112_fashion-press_302.JPG
▽下図の「東武東上線池袋駅」は北通路の北改札口入口を指しています(管理人)。
240112_fashion-press_303.JPG
▽右側が池袋駅南通路入口、手前が目白駅寄りで奥が北池袋駅寄りです(管理人)。
240112_fashion-press_304.JPG
240112_fashion-press_305.JPG
 (c)Carlin, Inc. / 池袋駅西口地区市街地再開発準備組合

 関連ニュース)
  『ファッションプレス』 2024年1月12日 13:05 付配信
  池袋駅西口地区の大規模再開発
  −ホテルや商業施設を有する3つの超高層複合ビル建設へ、43年完成予定−
  https://www.fashion-press.net/news/113778
池袋駅西口地区の大規模再開発、
ウォーカブルな街へ


 池袋駅西口地区では、「池袋駅西口地区市街地再開発準備組合」により、大規模な再開発を実施。「A街区」「B街区」「C街区」「D街区」で構成され、それぞれの区域に3つの超高層複合ビルが誕生する。工事期間は2027年度から2043年度を予定。
 「池袋駅西口地区市街地再開発事業」は、池袋駅西口地区における東武鉄道と三菱地所による大規模な再開発。このプロジェクトでは、池袋駅東西を結ぶ北デッキなどを通して、池袋エリア全体で駅やまちへの回遊性を高め、ウォーカブルなまち・池袋に生まれ変わる「脱・駅袋」を目指す。

3つの街区にて実施

 再開発の対象となるのは、池袋駅西口のみずき通り、アゼリア通り、劇場通り、さらには東京芸術劇場やメトロポリタンプラザに囲まれた区域。この中で街区を4つに分け、「A街区」「B街区」「C街区」には、高層複合ビルを、「D街区」には公園を整備する。

〔後略〕

出典)上記、『ファッションプレス』 2024年1月12日 13:05 付配信より抜粋

 関連リンク)
  『Carlin, Inc.』 (公式) http://carlin.co.jp/
  『Fashion Press』 について
   ファッションを中心にビューティー、アート、グルメ、音楽、映画など、
   ライフスタイルに関する情報を、より多くの人々にお届け。
   URL: https://www.fashion-press.net

脱・駅袋
(出典:上記、『ファッションプレス』 2024年1月12日 13:05 付配信より抜粋)
  ↓
高度経済成長以来、東武東上線や西武池袋線の乗客で賑わってきた池袋駅ですが、
国鉄(現JR)山手線や赤羽線(今で言う埼京線)、営団地下鉄(現東京メトロ)丸ノ内線
へ乗り換える乗客がターミナルデパートの東武百貨店や西武百貨店(今の西武池袋
本店)に立ち寄るばかりで一向に駅構内から出てきてくれない状況を揶揄して池袋駅
が「駅袋」と呼ばれていた時期がありました。今は東武東上線も西武池袋線もその後
開業した東京メトロ有楽町線や副都心線と直通運転していて、JR埼京線や湘南新宿
ラインも加え埼玉県方面からの乗客が池袋駅経由で乗り換え無しに都心や副都心へ
行ける交通至便な時代になりましたが幸い前ほど「駅袋」と呼ばれなくなったようです。
2023年3月18日開業の相鉄新横浜線と東急新横浜線(相鉄・東急直通線)は東急
東横線および東京メトロ副都心線経由で東武東上線とも直通運転しており相模鉄道
(相鉄)沿線の方々も池袋や東上線、越生線沿線の街を気軽に訪れやすくなりました。

 池袋駅にとって正に真の意味で
 「脱・駅袋」のチャンス到来です!

2023年1月27日付記事より再掲載。
 『相模鉄道株式会社』 「YouTube」公式チャンネル
 2023年1月27日 PM 付公開のスクリーンショット。
 相模鉄道「広域ネットワークPR動画」 (こちらをクリック)。
230127_sotetsu_301.JPG
230127_sotetsu_302.JPG
230127_sotetsu_303.JPG
230127_sotetsu_304.JPG
230127_sotetsu_306.JPG
230127_sotetsu_307.JPG
230127_sotetsu_308.JPG
230127_sotetsu_309.JPG
230127_sotetsu_310.JPG
230127_sotetsu_311.JPG
230127_sotetsu_312.JPG
230127_sotetsu_313.JPG
230127_sotetsu_314.JPG
 (c)相模鉄道

 関連動画リンク)
  『相模鉄道株式会社』 「YouTube」公式チャンネル
  2023年1月27日 PM 付公開
  相模鉄道「広域ネットワークPR動画」
  https://www.youtube.com/watch?v=gjvrLOFv_v0
相鉄線の大進撃、さあ行こう。

 2023年3月18日開業の相鉄・東急直通線により、都心部や新横浜駅に直結し、乗り換え回数が減少するため、快適に目的地に行くことが可能となります。
 相鉄・東急直通線開業を50日前に控え、これからも情報を発信していきますので、開業を楽しみにお待ちください。

詳細は、相鉄・東急直通線特設サイトにてご確認ください。
https://www.sotetsu-project.jp/

出典)上記、『相模鉄道株式会社』 2023年1月27日 PM 付公開より

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2023年1月27日付記事
  【川越や池袋も紹介】
  東武東上線とも2023年3月18日に直通開始!
  相模鉄道さんから 『広域ネットワークPR動画』 が
  本日2023年1月27日にWEB公開されました♪
  【相鉄線の大進撃、さあ行こう。】

こちらも1週間程前になる記事ですが、
『東洋経済オンライン』 2024年1月11日付記事でも
「池袋駅西口地区市街地再開発事業」の概要が詳しく報じられています。
上記の 『ファッションプレス』 2024年1月12日付記事と併せてご覧ください。
   ↓
▽『東洋経済オンライン』 2024年1月11日 4:30 付配信
 スクリーンショット(部分)は2024年1月15日 13:36 現在のものです。
 東武東上線の「ザ・ターミナル」、池袋駅の求心力
 乗降人員トップ、将来は西口再開発で大変貌?
 東洋経済 記者:橋村季真
 https://toyokeizai.net/articles/-/726638
240111_toyokeizai_301.JPG
△「東武池袋駅管区長で駅長の丸山直哉さん(左)
 と助役(首席)の酒井暁生さん(記者撮影)」
240111_toyokeizai_101_1.JPG
240111_toyokeizai_101_2.JPG
240111_toyokeizai_101_3.JPG
 (c)東洋経済新報社

 関連ニュース)
  『東洋経済オンライン』 2024年1月11日 4:30 付配信
  東武東上線の「ザ・ターミナル」、池袋駅の求心力
  乗降人員トップ、将来は西口再開発で大変貌?
  東洋経済 記者:橋村季真
  https://toyokeizai.net/articles/-/726638
 東武東上線は東京都心から北西へ延びる75kmの路線だ。通勤通学だけでなく、小江戸・川越など沿線の観光に利用されている。和光市から下り方面では東京メトロ有楽町線・副都心線と相互直通運転をしており、東急東横線や横浜高速鉄道線、相鉄線への列車も走る。一部は複々線区間になっている。
 一方、都心側のターミナルとなるのが池袋駅だ。2022年度1日平均の乗降人員は38万8238人。全部で205ある東武鉄道の旅客駅のなかでトップを誇る。2位は東武スカイツリーラインの北千住(38万2081人)で、3位が和光市(15万2949人)だが、両駅とも東京メトロとの直通人員を含んでおり、池袋の実力のほどがうかがえる。

乗り入れ各社も利用が多い

 東武の池袋駅はJR線の西側に隣接する。JR池袋駅は1番線から8番線まであり、埼京線・湘南新宿ライン・山手線の列車が発着する。東武鉄道の100系車両で毎日運用するJR新宿―東武日光間の直通特急「スペーシア日光」は湘南新宿ラインのホームに姿を見せる。
 地下には東京メトロの丸ノ内線・有楽町線・副都心線。丸ノ内線は池袋を起点としている。JR線の東側には西武鉄道の池袋駅。西武のフラッグシップである秩父方面の特急「ラビュー」が乗り入れる。親会社の西武ホールディングスが本社を置くのも池袋だ。東京メトロ池袋駅の乗降人員は46万1392人(2022年度1日平均)、西武の池袋駅は39万7892人(同)で、それぞれの社内で1位となっている。
 各社の乗降人員の多さは池袋駅が乗り換えの一大拠点であることを示している。
 東口に西武百貨店、西口に東武百貨店があり、家電量販店大手ビックカメラのテーマソングに「不思議な不思議な池袋 東が西武で西東武」と歌われた。同社のテーマソングは2023年、「ふくふく ふくろう いけぶくろ でんでん でんしゃが 8路線」と歌詞もメロディも新しくなった。

〔中略〕

 東武池袋駅管区長で同駅長の丸山直哉さんは、伊勢崎線の館林駅管区長から2023年10月に異動してきた。入社して以来、東上線での勤務は初めてという。「昔から東武鉄道にとって東上線は稼ぎ頭で、池袋は乗降人員も収入もダントツ。これからもしっかりとやっていかなくては。駅係員がよく協力してこれだけの規模の駅を支えてくれている」と話す。
 助役(首席)の酒井暁生さんは「(他社線も含めて運行トラブルの際は)一日に何回謝っているのかわからないこともある。さまざまな事情を抱えたお客さまに対応する現場係員の順応力は頼もしい」と強調する。

西口地区で動き出す再開発

 池袋西口地区には、東武百貨店と西口公園、バスターミナルを一体とした再開発の動きがある。東武も決算説明資料で、次期中期経営計画に向けて「東武グループ最大のターミナル駅として、さらなる拠点性の向上を目指した施設・用途計画の推進」を挙げている。
 また、同社と再開発準備組合が公表した住民説明用の計画概要によると、対象エリアをA〜D街区に分け、A街区に地上41階(約220m)、B街区に50階(約270m)、C街区に33階(約185m)の計3棟の超高層ビルを建設。D街区には公園を整備する。
 池袋大橋から見た池袋駅方面。将来は東武東上線の上空に歩行者空間を整備、駅構内は1線増やして4線とする計画がある(記者撮影) 工事期間は既存建物の解体を含めて最短で2027年度から2043年度の予定。駅部分については線路の本数を現在の3線から4線に増やし、池袋大橋までの線路上空に歩行者空間を整備する計画だ。
 街の大変貌に合わせて、「東武グループ最大のターミナル」である池袋駅の求心力も一段と強まることになりそうだ。

東洋経済 記者:橋村季真

出典)上記、『東洋経済オンライン』
    2024年1月11日 4:30 付配信より抜粋

ビックカメラのテーマソング(旧CMソング):
不思議な不思議な池袋 東が西武で西東武
   ↓
東口の西武池袋本店さんの土地はヨドバシカメラさんの親会社であるヨドバシHDさん
が購入されるとのことです。ヨドバシカメラさんも今年中を目処に西武池袋本店さんに
出店される予定です。当ブログの2023年8月16日付記事もあわせてご一読ください。

ビックカメラのテーマソング(新CMソング):
ふくふく ふくろう いけぶくろ でんでん でんしゃが 8路線
(出典:上記、『東洋経済オンライン』 2024年1月11日 4:30 付配信より抜粋)
   ↓
2023年8月16日付記事より再掲載。
 『ビックカメラのテーマソング | ビックカメラ』 (公式)
 「ビックカメラの新CMソング みんなで弾いてみよう♪」 楽譜画像の写し(こちら)。
230816_biccamera_ikebukuro2023.png
 (c)ビックカメラ

 関連動画リンク)
  『ビッビックカメラ【公式】』 「YouTube」公式
  2024年1月9日更新
  ビックカメラ 新テーマソング カラオケ231226
  https://www.youtube.com/watch?v=I-SH5XDqQio

 関連リンク)
  『ビックカメラのテーマソング | ビックカメラ』 (公式)
   ふくふく ふくろう いけぶくろ
   でんでん でんしゃが 8路線
   やまのて しょうなん さいきょうせん
   とうぶ せいぶ まるのうち ふくとしん
   ゆうらくちょうせん さあ 行こう
   ビーック ビックビック ビックカメラ
  https://www.biccamera.co.jp/shopguide/report/bgm/

ビックカメラのテーマソング(新CMソング):
ふくふく ふくろう いけぶくろ でんでん でんしゃが 8路線
(出典:上記、『東洋経済オンライン』 2024年1月11日 4:30 付配信より抜粋)
   ↓
「せいぶ」が「8路線」のうちの1路線であることが私にも分かりやすいです(^^)

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2023年8月16日付記事
  【みんな行け行け池袋!】
  東武東上線池袋駅の側に本店を構えるビックカメラさんが
  2023年7月末頃からCMテーマソング♪ をリニューアルしました

東武池袋駅管区長で同駅長の丸山直哉さん:
「〜東武鉄道にとって東上線は稼ぎ頭で、池袋は乗降人員も収入もダントツ〜」
(出典:上記、『東洋経済オンライン』 2024年1月11日 4:30 付配信より抜粋)
   ↓
池袋駅で東上線に乗り換えたときや直通電車で和光市駅から東上線に乗り入れた
とき、何とも言えない心の安らぎを覚えます。何とも言えない中毒性がありますので
お出かけの際はご注意ください(和光市駅で乗り換えだと何とも言えない気分です)。

 覚醒する東武東上線・・・(@∀@;

2023年7月27日付記事より再掲載。
 『東武鉄道公式サイト』
 2023年5月12日付公開「2022年度決算説明会資料」P.32 PDF抜粋(PDF)。
230518_tobu_chukei_33-32p.JPG
△「V.中期的な事業計画の推進(既存事業の磨き上げ)」
 国際アート・カルチャー都市 池袋エリア再開発の推進
▽池袋エリア再開発の推進 整備後の池袋西口(当社街区イメージ)
230518_tobu_chukei_300.JPG
 (c)東武鉄道 / 池袋駅西口地区市街地再開発準備組合

 関連リンク)
  『東武鉄道公式サイト』
  2023年度決算説明会資料
  https://www.tobu.co.jp/ir/bs/
  2023年5月26日付公開「2022年度決算説明会質疑応答」(PDFはこちら
  2023年5月12日付公開「2022年度決算説明会資料」(PDFはこちら

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2023年7月27日付記事
  東武鉄道さんの2023年5月26日公開
  「2022年度決算説明会質疑応答」より2024年度に都市計画決定見込みの
  池袋駅西口エリア再開発事業について2027年度頃に工事着工となる見通し
  【東武鉄道さん単独事業エリアの事業期間は15〜20年程度要する見込み】

東武百貨店さんは東武鉄道さんの完全子会社で東武百貨店池袋店さんは東武東上
線池袋駅施設の一部です。池袋駅西口エリア再開発事業については2027年度頃に
工事着工となる見通しです。本事業で東武百貨店池袋店さんもリニューアルします!

 東武百貨店は鉄道会社純正
 ターミナルデパートの正統派

複数の鉄道事業者の路線が競合する近畿圏は旅客サービス競争も激しいのに比べ、
首都圏では山手線各駅を起点に各鉄道事業者の路線が放射状に広がっているので
旅客サービス競争は起きにくいと20世紀末頃までは思われがちでしたがそれは通勤
ラッシュ対策で送電設備や車両の増強、車庫や駅施設の改良、新線建設、複々線化
や立体交差化、地下化などの投資に追われ競争どころではなかったためでそれらの
事業が一段落し通勤輸送力に余裕が生じてきた現在、どの鉄道事業者さんも首都圏
で選ばれる沿線を目指して旅客サービス競争に力を入れていらっしゃいます。この間
ネット社会の到来でテレワークも増え、通勤快速をより快適な有料特急へ置き換える
動きも一部路線で出始めています。
   ↓
▽『Yahoo!ニュース』 2024年1月15日 20:27 付配信
 スクリーンショットは2024年1月18日 10:19 現在のものです。
 JR京葉線、朝の快速2本継続へ 全廃から一転 ダイヤ改正を修正(毎日新聞)
230115_mainichi_101.JPG
 (c)Yahoo!ニュース / 毎日新聞

 関連ニュース)
  『Yahoo!ニュース』 2024年1月15日 20:27 付配信
  JR京葉線、朝の快速2本継続へ 全廃から一転 ダイヤ改正を修正(毎日新聞)
  (こちらをクリック)
 JR京葉線のダイヤ改正を巡り、JR千葉支社の土沢壇支社長は15日、千葉市中央区の千葉市役所で神谷俊一市長と面会し、改正の一部を見直し、朝の上りの快速2本の運行を継続すると伝えた。同支社はこれまで通勤快速を廃止し、日中を除く快速を各駅停車に変更するとしてきた。平日朝に快速が各駅停車となるのは3本となる。
 同支社によると、平日朝の始発から午前10時まで、蘇我駅を出発する上り快速は5本あり、3月のダイヤ改正で全て各駅停車にする予定だった。今回の修正で、午前6時8分の上総一ノ宮駅発と、午前6時12分の君津駅発でいずれも東京駅行きの快速2本を継続。また、時間は未定だが、土休日の朝の上り快速2本も継続の方針という。一方、平日朝の上り2本、夕に下り2本あった通勤快速の廃止に変更はない。
 土沢支社長は報道陣の取材に「速達性と幕張新都心の利便性について考えが浅はかだったと反省している」とした上で、「ダイヤ改正は車両の運用など調整が多くあり、短期間での変更は事実上、不可能。年末年始を返上して何ができるか探り、ぎりぎりの判断だった」と説明した。更に「柔軟にダイヤの再検討をしていく」と再修正の可能性にも言及した。
 一方、神谷氏は「要望を受け入れて検討したことはありがたいが、(快速2本だけでは)納得できない」と述べた。通勤客の生活や幕張新都心の競争力を理由に通勤快速や快速のこれまで通りの継続を求める姿勢で、「他自治体や経済界と合同で再検討を要望していく」とした。
 また、千葉県の熊谷俊人知事は報道陣の取材に「現時点で最大限の努力をしたと理解しているが、本質的な解決には至っていない。沿線地域の速達性に配慮した更なるダイヤの見直しが速やかに実現されるように強く求めていく」と話した。

【長沼辰哉、小林多美子】

出典)上記、『Yahoo!ニュース』 2024年1月15日 20:27 付配信より

▽『JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社』 (公式)こちらをクリック)。
 スクリーンショットは2024年1月18日 13:18 現在のものです。
 2023年12月15日付「ニュースリリース」 2024年3月ダイヤ改正について
231215_jreast_press_2023timetable_101.JPG
▽『JR東日本ニュース』 千葉支社 2023年12月15日号より(PDFはこちら)。
 「
2024年3月ダイヤ改正について」 1〜3、7〜9ページ目抜粋 ファイルの写し。
231215_jreast_press_2023timetable_301_1.JPG 231215_jreast_press_2023timetable_301_2.JPG
2024年3月ダイヤ改正について」 7ページ目。2024年1月16日(火)に内容の
 一部変更を行いました。 変更内容については、こちらのリンク先よりご確認ください
231215_jreast_press_2023timetable_301_3.JPG 231215_jreast_press_2023timetable_301_7.JPG
▽JR京葉線は、「通勤快速」が「普通」(各駅停車)に変更された後でも表定速度(運転
 時刻表制定速度)は東武東上線の日中の「急行」小川町駅〜池袋駅間の表定速度
 とそう変わらない52km/h前後。東急東横線全区間の日中の「特急」も同程度です。
 東上線が東横線経由で直通運転している横浜高速鉄道みなとみらい線は始発駅の
 元町・中華街駅から東横線との接続駅である横浜駅まで、途中4駅ある4.1kmの区
 間を「特急」は途中1駅停車で所用時間最短6分、表定速度41km/hにとどまります。
 同じ通勤路線でもJRと比べ沿線に出資者が多く不動産開発も行ってきた事業者の駅
 間隔の短さがうかがえます。東上線小川町駅〜武蔵嵐山駅間は7kmで所用時間7
 分。中間に私の自宅があり近くに嵐山信号場はありますが駅は無くこの間すべての
 列車が「特急」も同然で、なおかつ一日を通して満席になることはまずありえません。
 嵐山信号場周辺は丘陵と緑に囲まれた、住むのが申し訳なくなる位い良い環境です。
231215_jreast_press_2023timetable_301_8.JPG 231215_jreast_press_2023timetable_301_9.JPG
▽『JR東日本ニュース』 千葉支社 2024年1月16日号より(PDFはこちら)。
 「2024年3月ダイヤ改正内容の一部変更について」 全2ページ 
ファイルの写し。
240116_jreast_press_2023timetable_301_1.JPG 240116_jreast_press_2023timetable_301_2.JPG
 (c)JR東日本

 関連リンク)
  『JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社』 (公式)
  2023年12月15日付「ニュースリリース」 2024年3月ダイヤ改正について

2024年3月16日ダイヤ改正でJR東日本さんは、京葉線を経由する
特急「わかしお」
について朝の通勤時間帯の上り方面を3本から4本に増発するため、勝浦駅6時44
分発〜東京駅8時25分着の特急「わかしお」を新設すると2023年12月15日に発表
されています。

沿線自治体が取り組むべき施策として、埼玉県比企郡小川町の先進事例をご紹介し
ます。「通勤もテレワークも便利! 埼玉県内初! 小川町だけ!」と町制作ポスター
にもキャッチコピーが明示されています。当店店主の私は小川町在住ですが車通勤。

小川町では、「通勤に係る下りTJライナー座席指定券購入費用の一部を補助」します。
次にご紹介する 『和紙のふるさと 小川町』 公式サイト内「くらしの情報」をご覧下さい。
   ↓
▽『和紙のふるさと 小川町』 (公式)
 「くらしの情報 住まい・生活 公共交通」 2023年6月30日付更新のスクショ。
 通勤に係る下りTJライナー座席指定券購入費用の一部を補助します!
230630_town-ogawa_TJ_101-1.JPG 230630_town-ogawa_TJ_101-2.JPG
▽「小川町通勤者座席指定券購入費補助事業(TJライナー補助事業)」ポスター写し。
 小川町制作2022年版です。事業の説明については2023年版と変更ありません。
220627_town-ogawa_TJ_301.JPG
▽「小川町通勤者座席指定券購入費補助事業(TJライナー補助事業)」ポスター写し。
 小川町制作2023年版。一部キャッチコピーを「通勤もテレワークも便利」に変更。
 右下の路線図にも新しく開業した東急新横浜線、相鉄新横浜線等が加わりました。
230630_town-ogawa_TJ_301.JPG
 (c)小川町 / 東武鉄道

 関連リンク)
  『和紙のふるさと 小川町』 (公式)
  「くらしの情報 住まい・生活 公共交通」 2023年6月30日付更新
  通勤に係る下りTJライナー座席指定券購入費用の一部を補助します!
  https://www.town.ogawa.saitama.jp/0000003756.html
  (ポスター画像はこちらをクリック)
小川町通勤者座席指定券購入費補助事業(TJライナー補助事業)

小川町に転入する方を対象に、
通勤に係る下りTJライナー座席指定券購入費用の一部を3年間補助します!

〜始発駅から座って通勤でき、TJライナーで座って帰れる安心感〜
 始発駅小川町に移住してみませんか。

■対象者
小川町に令和2年3月1日以後に転入する方で、
下記の要件のいずれにも該当する方。

・1年以内に小川町に住所がないこと。
・東上線を利用して東京都内等に通勤し、
 下りTJライナー座席指定券に対して通勤手当が支給されていないこと。
・本人及び世帯員に本町の町税に滞納がないこと。
暴力団員でないこと。

■補助額
1月につき7,500円を上限とします。

出典)上記、『和紙のふるさと 小川町』 2023年6月30日付更新より抜粋

小川町に転入する方を対象に、
通勤に係る下りTJライナー座席指定券購入費用の一部を3年間補助します!
   ↓
小川町に転入後、3年以内に小川町内にて就労、起業されることを強くお勧めします。
貴方さまのご武運を心よりお祈り申し上げます。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2022年10月31日付記事
  有機農業が盛んな「有機の里」と呼ばれる埼玉県比企郡小川町に光<3>
  東武鉄道さんが東武東上線と小川町の二次交通をセットにした
  「小川町満喫特別きっぷ」を期間限定で発売します!
  2022年11月1日(火)〜2022年12月28日(水)の間
  【観光庁の「第2のふるさとづくりプロジェクト」の一環として本格始動!】
  http://poppop.sblo.jp/article/189899926.html

東武東上線有料座席指定速達列車「TJライナー」小川町駅行きは午後5時から11時
(土休日は午後10時)まで、池袋駅を30分毎に発車しています。小川町駅まで64.1
kmの距離を約60分で走破。正に快挙と言えるでしょう。
   ↓
 関連リンク)
  『東武鉄道公式サイト』
  TJライナーのご案内
   座席指定券を購入してゆったり座れる
   人と環境にやさしい次世代型通勤・通学車両
  https://www.tobu.co.jp/railway/tj/

下り「TJライナー」の有料区間は池袋駅から最初の停車駅のふじみ野駅までで大人
370円、小児190円。ふじみ野駅以降は座席指定ではなくなり、料金不要の自由乗
降になります。ふじみ野駅の次の停車駅の川越駅まで、「TJライナー」は池袋駅から
30.5kmの距離を夕方ラッシュ時でも26分で走破しこの間の表定速度は70km/h
を誇ります。川越駅の次の川越市駅で、池袋駅を9分先発の「急行」に追い付きます
(土休日ダイヤの場合です。平日ダイヤの運転パターンは少し変則的になります。)。

2023年1月27日付記事より再掲載。
 『相模鉄道株式会社』 「YouTube」公式チャンネル
 2023年1月27日 PM 付公開のスクリーンショット。
 相模鉄道「広域ネットワークPR動画」 (こちらをクリック)。
230127_sotetsu_301.JPG
230127_sotetsu_302.JPG
230127_sotetsu_303.JPG
230127_sotetsu_304.JPG
230127_sotetsu_306.JPG
▽2023年3月18日ダイヤ改正で土休日朝に相鉄本線海老名駅5時14分発〜
 東武東上線小川町駅7時39分着の直通速達列車の運転も開始されました! 
230127_sotetsu_309.JPG
230127_sotetsu_310.JPG
230127_sotetsu_313.JPG
 (c)相模鉄道

 関連動画リンク)
  『相模鉄道株式会社』 「YouTube」公式チャンネル
  2023年1月27日 PM 付公開
  相模鉄道「広域ネットワークPR動画」
  https://www.youtube.com/watch?v=gjvrLOFv_v0

さて、1885年(明治18年)3月1日の品川駅〜池袋駅〜赤羽駅間開業以来、およそ
123年間並行する競争相手の無かった今のJR山手線、埼京線でしたが2008年6月
14日に東京メトロ副都心線渋谷駅〜池袋駅間開業に伴う「急行」運転開始で、ついに
同区間で旅客サービス合戦の火蓋が切られました。さらに、2013年3月16日ダイヤ
改正により東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線との直通運転も始まると、両線
の「特急」と副都心線の「急行」とが一体化し、横浜駅〜池袋駅間でJR湘南新宿ライン
ともスピード競争が展開される運びとなりました。2023年3月18日にはJR東海道・山
陽新幹線の全列車が停車する新横浜駅を介し相鉄新横浜線と東急新横浜線(相鉄・
東急直通線)が開業し東横線および副都心線経由で東武東上線とも直通運転を開始。
東京メトロさんも東急電鉄さんも自らの陣営にJR東海さんの新幹線をも取り込み、JR
東日本さんの湘南新宿ライン「特別快速」に対し小田原駅〜池袋駅間でも勝負を挑み
ます。湘南新宿ライン各列車の旅客サービスの決め手、伝統のグリーン車に対しては
東急電鉄さんも2023年8月10日から平日夕方以降に一部の渋谷駅発元町・中華街
駅行き「急行」で有料座席指定サービス「Qシート」を開始。東武鉄道さんもこれと同調
して東上線の有料座席指定速達列車「TJライナー」の元町・中華街駅や新横浜駅への
直通運転を始めるかが注目されます。埼京線より選ばれる沿線になることを目指して。

2023年10月4日付記事より再掲載
 東武東上線有料座席指定速達列車「TJライナー」で活躍する東武50090型電車。
 2008年2月に登場。2010年度までに6編成が就役しました(うち1編成は予備)。
 2019年3月16日ダイヤ改正以降は料金不要の「川越特急」としても活躍中です。
about_tj01_l.jpg
▽クロスシート時の50090型車内(主に「TJライナー」や「川越特急」での運転時)。
 50090型電車の従来の2人掛けの座席は左右のクッションが一体構造でしたが、
 2023年春から左右のクッションが分離した座席と交換した編成が登場しました。
 新しい仕様では東武伊勢崎線の「THライナー」で活躍中の東武70090型電車の
 座席と同様に座布団も背摺りも1人分ずつセパレートしたタイプとなり、その間に
 収納式の簡素な肘掛けも装備されています。座席の色は従来の青系統が継承さ
 れています。コンセントやドリンクホルダー等は未設置ですが今後のリニューアル
 の動向が気になります。2023年9月に2本目の座席交換した編成が登場しました。
230512_tenryu-kogyo_303.JPG
▽50090型電車の従来の2人掛けの座席。左右のクッションが一体構造(クロス時)。
230501_tobu_301.JPG
▽東武伊勢崎線の「THライナー」で活躍中の東武70090型電車の座席(クロス時)。
200807_tenryu-kogyo_301.JPG
▽『東武鉄道公式サイト』 「TJライナーのご案内」のスクリーンショット。
 「新横浜まで乗り換えなし!2023.3.18 東上線ダイヤ改正」のキャッチコピーが
 目立つ特設サイトのリンクバナーが堂々と貼られていますが「TJライナー」は直通
 運転しません新横浜駅にも元町・中華街駅にも新木場駅にも(T_T)
230318_tobu_tj_101.JPG
▽『東武鉄道公式サイト』 2023年2月27日公開
 『2023.3.18 東武東上線ダイヤ改正特設サイト』 バナーの写し。
 東海道新幹線 新横浜駅まで直通運転開始
230301_tobu_tojo-line_301.jpg
△▽なお、イラストの東武東上線所属車両は、保安装置などの仕様が相鉄新横浜線
 に未対応なので定期列車としては新横浜駅に直通運転していません。残念な感じ。
230301_tobu_tojo-line_302.png
 「相鉄新横浜線・東急新横浜線(羽沢横浜国大〜新横浜〜日吉駅間)開業により、
 乗り換えなしで東海道新幹線 新横浜駅までダイレクトアクセスが可能となり、
 関西方面へのおでかけが大変便利になります。」とのことです。
230301_tobu_tojo-line_303.png
 (c)東武鉄道 / 天龍工業

 関連リンク集)
  『東武鉄道公式サイト』
  2023.3.18 東武東上線ダイヤ改正 特設サイト
  東海道新幹線 新横浜駅まで直通運転開始
  TJライナーのご案内
   座席指定券を購入してゆったり座れる
   人と環境にやさしい次世代型通勤・通学車両
  https://www.tobu.co.jp/railway/tj/

 関連リンク集)
  『天龍工業株式会社』 (公式)
  2023年5月12日付公開「ニュースリリース」
  東武鉄道株式会社 50090型更新L/C腰掛に採用
  https://www.tenryu-kogyo.co.jp/post-5365/
  2020年8月7日付公開「ニュースリリース」
  東武鉄道(株) 様 70090型L/C腰掛納入
  https://www.tenryu-kogyo.co.jp/post-3003/

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2023年10月4日付記事
  【東洋紡さんのブレスエアーレジスタードマークを採用】
  東武東上線の有料座席指定列車「TJライナー」や
  特急料金不要の「川越特急」の座席の仕様変更が進行中!
  【天龍工業さん謹製のL/C腰掛

  ご 参 考

2023年10月6日付記事より再掲載。
 『東洋経済オンライン』 2019年3月22日 4:40 付配信
 スクリーンショットは2023年10月8日 15:38 現在のものです。
 東武鉄道が取り組む「埼玉への移住促進」大作戦
 県と組み空き家活用、子育て世代にアピール
 まち探訪家:鳴海 侑 著
190322_toyokeizai_301.JPG
△「埼玉県内の住宅地を走る東武東上線の電車(写真:naonao/PIXTA)」
190322_toyokeizai_101.JPG
 (c)東洋経済新報社

 関連ニュース)
  『東洋経済オンライン』 2019年3月22日 4:40 付配信
  東武鉄道が取り組む「埼玉への移住促進」大作戦
  県と組み空き家活用、子育て世代にアピール
  まち探訪家:鳴海 侑 著
  https://toyokeizai.net/articles/-/272174
 超高齢社会・人口減少社会と言われ始めて久しい。東京圏ではまだ人口が増加しているものの、長期的には減少に転じるとみられ、沿線人口が収支に直結する大手私鉄各社は「選ばれる沿線」となるためにさまざまな取り組みを行っている。
 各社それぞれの手法で取り組みを行うなかで、中古住宅の「住み替え」を支援することで沿線外住民の関心を惹こうとしているのが東武鉄道だ。2016年から埼玉県と組み、同県内への住み替えを支援する「もっとずっとプロジェクト」を立ち上げ、自治体と協働で若い世代を取り込もうとしている。
 「自虐ネタ」で話題の映画 『翔んで埼玉』 がヒットするなど、注目度の高まる埼玉県。この取り組みの中身と狙いに迫ってみた。

ターゲットは子育て世代

 東武と埼玉県は2016年11月に「東武鉄道沿線における子育て世帯等に対する県内への住み替え促進と沿線地域の活性化に向けた相互連携に関する協定」を締結し、埼玉県内の東武沿線に新しい住民を呼び込むための取り組みを始めた。それが「もっとずっとプロジェクト」である。
 現在その中で行われているのが「住み替え支援」だ。この取り組みでは一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」(Japan Trans-housing Institute、以下JTI)の制度を利用する。もともとこの「住み替え支援」は2006年から始まったプロジェクトで、シニア世代が建てた一軒家を、家賃保証のもとで借り上げるものだ。そして主に子育て世代へ、3年の定期借家として貸し出す。
 家賃保証はJTIが家賃から貸主側へ支払うお金を差し引いた分を積み立て、一般社団法人「高齢者住宅財団」の基金で債務保証も行う。また、耐震面でもJTIの仕組みを利用する際に耐震診断・保証を行う。
 この仕組みで、子育てを終えたシニア世代の田舎暮らしやまちなか居住といったセカンドライフと、これから子育てを行う若い世代の双方を支援している。シニア世代はサブリースで家賃保証があるために家賃収入の心配がいらず、子育て世代は安値で一軒家を借りることができるのがこの制度のメリットだ。そして、空き家対策やストック活用にもつながる。

〔後略〕

出典)上記、『東洋経済オンライン』
    2019年3月22日 4:40 付配信より抜粋

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2023年10月6日付記事
  【あと数マイル(^-^)】
  県境を走る東京都内の鉄道の埼玉県内までの延伸を目指し
  「選ばれる沿線」へ! 「あと数マイルプロジェクト」推進のおさらい
  【大野元裕埼玉県知事公約】
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 19:57| 旅のヒント