2014年01月02日

2013年に起きた大きな変化。2014年はしゃしんのポップも新ステージへ!

埼玉は年末から穏やかな晴天が続き、
新しい1年のスタートにふさわしいお正月になりました。
あらためまして皆さま、
新年明けましておめでとうございます。

2013年は、いくつかの大きな流れの変化を実感させられた
しゃしんのポップでした。主な変化を3つ取り上げてみますと、

 1.スマホプリントの躍進
 2.旅行写真やお出かけ写真のプリント増加
 3.大伸ばしプリントの増加

といったことが挙げられると思います。
いつもご利用くださるお客さまに深く感謝申し上げます。
 1.スマホプリントの躍進

2013年7月に当店も富士フイルムさんの「おみせプリント」アプリに
対応し、おかげさまでたくさんのお客さまからご利用いただけるよう
になりました(当ブログ2013年8月7日付記事参照)。
今のところAndroid OS Ver.2.3以上のスマートフォンのみの対応
ですが、今後対応機種も増えるそうなので楽しみにしてください。
スマホは写真を撮るだけでなく、テーマ別に整理したりアプリで
加工したりネットで送受信したりと、撮った後も楽しみが広がり
ますね。デジカメと違い、機種変更しても使い方がそれほど変わ
らないとか、前の機種で撮った写真も受信した写真も同じアプリ
で再生できるとか、欲しい機能だけをアプリで追加できるとか、
充電機器やケーブルがある程度規格統一されているとか、誰もが
安心して使える条件が揃っています。スマホで初めて写真を撮る
ようになられたお客さまも多く、気軽にプリント注文できるお店
として、皆さまに喜んでいただけるよう頑張ります!
スマホは写真を再生するアルバム代りに便利ですが、バッテリー
がすぐ消耗しますので、ぜひプリントも併せてお楽しみください。

 2.旅行写真やお出かけ写真のプリント増加

これは目立って増えてきました。
お客さまのお出かけの機会が増えたというより、やはり外出中の
シャッターチャンスが増えたことが一番の理由でしょう。接写や
夜景も失敗なく写せるデジカメやスマホが増えたので、お出かけ
先で食べた美味しい料理や綺麗なイルミネーションなどのお写真
のプリント受注も増えてきました。スマホなどの自分撮り用カメラは
もともとビデオ通話のために考えられたものでしたが、デートでの
ツーショットに欠かせない機能としても、カップルのお客さまに重宝
されているみたいですネ。
グループでのお出かけにデジカメを持ち出すと、カメラ係として
本人も周囲もどうしても意識してしまいがちです。スマホなら誰もが
持つ時代ですから、もっと気軽に楽しいスナップがたくさん撮れるの
ではないでしょうか(思えば、嵩張るカメラや何本もの換えのフィルム
が荷物になって悩まされた遠い昔がうそのようです)。
私とスタッフの仲田は、学生時代も今現在も旅は大好きですから、
その経験を活かし、旅好き、お出かけ好きのお客さまに親しまれる、
何度も来たくなるようなお店に、しゃしんのポップを育てていきたい
と思います。

 3.大伸ばしプリントの増加

スマホだけでなく、レンズ交換ができる高級デジカメも人気です。
しかしながら、スマホからデジカメへ持ち替えると、「なぜ?」と
思えるほど不便で分かりにくい点が多いように感じます。スマホと
同じ感覚でデジカメも使えるよう、メーカーさんにも頭を切り替えて
欲しいものだと常々考えさせられます。
韓国のサムスン電子さんはすでに製品化に取り組まれていますが
スマホに強いソニーさん携帯電話業界経験者をマーケティング
統括部商品戦略部長に迎えたリコーイメージング(ペンタックス)さん

サムスンさん同様一度はAndroid搭載デジカメを発売したニコンさん
にも、ぜひ頑張ってもらいたいと期待しているところです。
前置きが長くなりましたが、当店の近隣市町村(村。ございます
とも、県内唯一の東秩父村!)には写真を展示できる施設が多数
あることから作品発表の機会に恵まれ、写真熱が特に高いエリア
として以前から地元以外の写真好きの方々からも知られています。
お店プリント用の設備はデジタル化で大伸ばしプリントにも対応
できるようになったのですが、当店の設備では誠に申し訳ないこと
にA4判までのプリントにしかお応えすることができません。それを
超えるサイズは調布の富士フイルムさんの総合ラボにネット送信
で外注しているため、恐縮ですがお渡しまで日数を頂いています。
トリミングや濃度、色調などの編集はあらかじめ当店で行い、テスト
プリントで仕上がりを確認したうえでデータをラボへ送信しています。
当店もラボもまったく同じ富士フイルム設計基準の設備を使用して
いるので、本番の大伸ばしプリントも同じ色調で仕上がってきます。
編集済みデータはしばらく店内で保存しますので、後日サイズを
変えて追加注文されたい場合でも同じ仕上がり結果が得られます。
ここがデジタル化の大きな利点で、おかげさまで当店のたくさんの
お客さまから支持していただけるようになりました。
年末、富士フイルムの営業担当者さんが当店を訪問してくださり、
そのときもぜひA3判対応の設備を導入されては、というお話しに
なりました。慎重かつ前向きに検討を重ねたいと思います。
今は普通のデジカメやスマホからでも、美しい大伸ばしプリントが
できる時代になりました。どうぞお気軽にご相談ください。

以上、3つのポイントを念頭に、2014年以降の当店のビジョンを
思い描いてまいります。これからも益々のご愛顧を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) しゃしんのポップ at 00:00| フォトライフ