2018年01月11日

2018〜2020年、これからのスマホプリントを占う。なんて言ってる場合じゃないですよ〜! で、5G(ファイブジー)とは?

  5G(ファイブジー)とは?

5G(ファイブジー)とは? あまりに専門的過ぎて私には説明できません(^^;
そこで(↓)こちらの、NTTドコモさんの最新TVCMですよ。

Perfumeの皆さんが出演するドコモ「FUTURE-EXPERIMENT」のTVCMです。
東京、ニューヨーク、ロンドンの3都市のステージを最先端の通信テクノロジーで
つないだ前例のないライブパフォーマンスに、目も耳も心も釘付け \(@o@;)/

*この記事は、当ブログ2016年1月30日付記事などからの続きでもあります。


FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 距離をなくせ。 TVCM (2017年12月28日に公開)
171228_IMG_1675.jpg
 (c)NTTドコモ

このライブパフォーマンスの全貌は、
NTTドコモさんの公式スペシャルコンテンツをご覧ください。
「FUTURE-EXPERIMENT VOL.01 docomo × Perfume 距離をなくせ。」
http://future-experiment.jp

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 21:14| フォトライフ

2017年10月18日

「USEN」さんの店内音楽放送で先日流れてきた美しい歌声2曲に寄せて

当店「しゃしんのポップ本店」ではいつも、
お客さまに店内で「USEN」さんの音楽放送をお楽しみいただいています。

2017年10月16日(月)は、雨の昼下がりに
チャンネルを「C-12 ラヴバラード J-POP」に指定していました。すると、
午後2時を過ぎた頃、私の好きな楽曲が続けて流れてきたのです。それは、
川嶋あい(かわしま あい)さんが歌う『Memorial Seasons』と、
MISIA(ミーシャ)さんが歌う『そばにいて...』でした。
どちらも、共にこの上なく美しい歌声です。

▽(左)「music.usen.com」のチャンネルの説明と、
 (右)2017年10月16日(月)14時10分前後の放送内容。川嶋あいさんが歌う
 楽曲『Memorial Seasons』の2つ後にMISIAさんが歌う楽曲『そばにいて...』
 が続いています。「シャッフル放送」との説明ですが、どこか深い意味を想わせて
 くれるようなプログラムです。スマホからも「music.usen.com」で検索できます。
171017_IMG_1348.jpg 171017_IMG_1350.jpg
 (c)USEN

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 20:31| フォトライフ

2017年08月14日

30年前のフジカラー、50年前のフジカラーは? 「(フジカラーのお店プリントは)お店に手ぶらで」暫定宣言!(の、予告篇2)

【前回まで】

以降の関連記事は、
当ブログの2017年8月7日付記事の一部を再編集し掲載しています。



幸い、ケータイ内蔵カメラの画質も次第に向上して、大容量の安価なメモリーカード
も普及したことから、2010年頃にはだいぶ状況も変わってきました。写真屋さんの
プリント需要のうち、フィルムのお客さまより、デジカメやケータイのお客さまの割合
の方が大きくなり始めたのです。当店の前身になる山口写真館さん支店のPOP店
でも、店頭プリント受付機を3台に増設していただきました。ただ、デジタル化時代へ
向けて設備投資を無理に急ぎ過ぎたり、逆に見送った写真屋さんの中には、経営難
から撤退されたお店さんも少なくありませんでした(その影響は今も続いています)。

2004年から放映されてきた富士フイルムさんの人気TVCM、「長瀬店長シリーズ」
はその成果を見届けるように2010年前半に完結しました。同時に当店はスタートし、
多くのお客さまにとって今いちばん身近なカメラ、スマホの時代を迎え入れるのです。

▽フジカラーTVCM 長瀬店長シリーズ 「大きなケータイ」篇より(2007年放映)
 長瀬智也さん演じる店長さん、堀北真希さん演じる店員さん、そして長年にわたり
 親しまれてきた、樹木希林さん演じる綾小路さん(長年常連のお客さまという設定)。
 この3人がときにはお店を離れ公私共々繰り広げるドラマが人気のシリーズでした。
 このTVCMが放映された2007年のこと。米国のアップル社さんから今日のスマホ
 の元祖、「iPhone(初代)」が米国内で発売され、翌年は日本でも「iPhone 3G」
 が発売されました(2016年1月30日付記事参照)。
FullSizeRender.jpg
 (c)富士フイルム

そして2014年4月以降、多くのスマホやタブレットに「わいぷり(Wi-Fiプリント注文
ソフトの略)」こと「FUJIFILMおみせプリント」アプリが対応。店頭プリント受付機に
スマホ等から無線で写真プリントサービスをご注文していただけるようになりました。
その頃当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」も駐車場付の現在地へ移転しました。

「長瀬店長シリーズ」TVCM放映開始の2004年4月から、多くのスマホやタブレット
に「わいぷり(Wi-Fiプリント注文ソフトの略)」こと「FUJIFILMおみせプリント」アプリ
が対応した2014年4月まで、その間10年です。「十年一昔」と言われますが、この
10年間は多くの写真屋さんにとって、体力を激しく消耗した10年だったと思います。
とすれば、それはあまりにも「永すぎた10年」だったのかもしれません(春? 冬?)。



上記の関連記事は、
当ブログの2017年8月7日付記事の一部を再編集し掲載しています。

【ここからが今回】

フィルムやカメラなど撮影用品の会社、アルバムやフレームなど写真用品の会社、
それらと店頭用写真プリントシステムの会社とは、本来業種の異なった会社です。
富士フイルムさんのすごいところは、そのすべてを同時に手掛け、取扱店を地道に
開拓してきたことです。このような会社は今日、世界中どこにも類を見ません。元々
カラーフィルムを開発、生産できる会社自体が少なかったので無理もないでしょう。

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 15:22| フォトライフ

2017年08月07日

1GBが39,800円 (@_@; )、14年前のメモリーカードの値段? 「(フジカラーのお店プリントは)お店に手ぶらで」暫定宣言!(の、予告篇)

【前回まで】

以降の関連記事は、
当ブログの2017年8月1日付記事の一部を再編集し掲載しています。



ふと思い立って、フジカラーTVCMの名場面を集めてみました!
(出どころは? どうぞ聞かないでやってください <(_ _)>)

  長瀬店長シリーズ(2004年4月から2010年上半期まで放映)
  (2017年8月1日付記事の一部を再編集して掲載)

デジカメ写真のお店プリントをさらに広めるべく、何と20本以上制作されたそうです。
長瀬智也さん演じる店長さん、堀北真希さん演じる店員さん、そして長年にわたって
親しまれてきた、樹木希林さん演じる綾小路さん(長年常連のお客さま、という設定)。
この3人がときにはお店を離れ、公私共々繰り広げるドラマが人気のシリーズでした。

  長瀬店長シリーズ 「大きなケータイ」
  ケータイからも、フジカラーでお店プリント
  (2017年8月1日付記事の一部を再編集して掲載)

2007年の放映です。10年前ですね。

2000年頃、写真付メール用にカメラ付ケータイが発売され若い人の間で大人気に。
2003年頃からカメラ付ケータイにminiSDカードが採用され、デジカメ写真のように、
より気軽にお店でプリント注文していただけるようになりました。

その後ケータイのカメラも画素数が100万画素を超え、「普通の写真サイズ」のL判
(89×127mm)ならデジカメと変わらない美しい写真プリントをお楽しみいただける
ようになりました。その需要拡大を図り制作されたTVCMが「大きなケータイ」篇です。

FullSizeRender.jpg
 (c)富士フイルム

 綾小路さん 「ケータイで撮っても、普通の写真サイズで楽しめるように、
       開発してもらったんです」
 長瀬店長 「お店プリントすればいいじゃないですか」
 綾小路さん 「え?」
続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 22:25| フォトライフ

2017年08月01日

フィルムもプリントもフジカラー♪ 樹木希林さんが40年以上にわたって出演 なつかしの、フジカラーTVCMをふり返って

  なつかしの、フジカラーTVCM名場面

なつかしい? それとも新鮮?
ふと思い立って、フジカラーTVCMの名場面を集めてみました!
(出どころは? どうぞ聞かないでやってください <(_ _)>)

  長瀬店長シリーズ(2004年4月から2010年上半期まで放映)

デジカメ写真のお店プリントをさらに広めるべく、何と20本以上制作されたそうです。
長瀬智也さん演じる店長さん、堀北真希さん演じる店員さん、そして長年にわたって
親しまれてきた、樹木希林さん演じる綾小路さん(長年常連のお客さま、という設定)。
この3人がときにはお店を離れ、公私共々繰り広げるドラマが人気のシリーズでした。
なぜか当店「アルバムの森 しゃしんのポップ」スタートと同時に完結してしまいました。

最初にご紹介するのは、このTVCMです。
長瀬店長シリーズの中でも特に発想がユニークで、私には深く印象に残っています。

  長瀬店長シリーズ 「大きなケータイ」
  ケータイからも、フジカラーでお店プリント

2007年の放映です。10年前ですね。
「十年一昔」と言われますが、この店内インテリアと銀色のユニフォームは今見ても
十分、“近未来的”な雰囲気が出ています(そっちの話し、ですか?)。

2000年頃、写真付メール用にカメラ付ケータイが発売され若い人の間で大人気に。
2003年頃からカメラ付ケータイにminiSDカードが採用され、デジカメ写真のように、
より気軽にお店でプリント注文していただけるようになりました。

その後ケータイのカメラも画素数が100万画素を超え、「普通の写真サイズ」のL判
(89×127mm)ならデジカメと変わらない美しい写真プリントをお楽しみいただける
ようになりました。その需要拡大を図り制作されたTVCMが「大きなケータイ」篇です。

FullSizeRender_3.jpg
 (c)富士フイルム

 長瀬店長 「でかっ!?」
 綾小路さん 「ケータイで撮っても、普通の写真サイズで楽しめるように、」
続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 22:06| フォトライフ

2017年07月10日

パシフィコ横浜で開催の「PHOTONEXT2017」へ行ってきました〔その5〕   「ソフトバンク」さんの写真セルフプリントコーナー「スマホプリントステーション」の製造元はノーリツプレシジョンさんでした(当店スタート7周年の所感にかえて)

パシフィコ横浜で6月20〜21日開催のフォトグラファーズ&フォトビジネスフェア、
「PHOTONEXT2017」(写真館、写真店向け関連用品展示会)レポート〔その5〕
です。

注)以下の記事は会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容の詳細等をレポートするものではありません。
(「PHOTONEXT2017」の公式サイトはこちらをご覧ください。)

  実はアナログ派だった?
  「アルバムの森 しゃしんのポップ」店主の行動

今回の展示で私たちはまず、最初に富士フイルムさんのブースへ寄らせていただ
こうと考えていました。「FUJIFILM」の大きなロゴマークのサインは、会場の1番奥
に掲げられていたにもかかわらず、入口からも実に良く目立ちました。

「いや、なにも、あんなに威張らなくても・・・(@@;」

入口から真っ直ぐ「FUJIFILM」のサイン目指して歩いていた私たちでしたが、ある
展示の前でピタッ! と足を止めたのは私で、仲田を少し、戸惑わせてしまいました。

「・・・初めて見た」
(今話題の映画に、これとよく似たセリフがありましたっけ(^^;?)

「NORITSU QSS-2301」!?
本体にアクセントを添える、特徴あるストライプ。WEB上の写真でしか見たことは
なかったのですが、間違いありません。しかも、電源が入っています。なんで??

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 23:56| フォトライフ

2017年03月05日

フォトアルバムは、ご家族のどなたがお作りになっていらっしゃいますか?

フォトアルバムは、
ご家族のどなたがお作りになっていらっしゃいますか?

当店のお客さまの場合は、お母さまやおばあちゃまが
ご家族のフォトアルバムを作っていらっしゃるというご家庭が
多いように見受けられます。

続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 19:17| フォトライフ

2016年08月18日

【祝】おめでとうございます。JSS毛呂山の瀬戸大也選手がリオ五輪で銅メダルを受賞! (そして、中継映像は高画質の写真に迫る4K/8Kの時代へ)

昨日の17日、リオデジャネイロから帰国された
毛呂山町(当店のお隣の町です)ご出身の瀬戸大也選手は、
今回のオリンピックの男子400メートル個人メドレーで見事、
銅メダルを獲得されました! 本当におめでとうございます。
4年後に控えた東京オリンピックに向けての抱負も熱く語って
いらっしゃいましたので、これからのご活躍も楽しみです(^^)。

地元後援会の皆さまもよく、こちらへご来店くださっています。
いつも、どうもありがとうございます。
当店としても写真プリントサービスを通じて、少しでも応援の
お役に立てればと思っております。

 シャッターを切る快感は視聴者のものに!?

ところで、
オリンピックといえば、競技と同じくらい白熱するものに、
報道関係者の取材合戦も挙げられますね。
特に新聞社の専用席から超望遠レンズを構える報道写真家
の方々の、決定的瞬間を逃すまいとする緊張感溢れる姿は、
テレビカメラの恰好のターゲットにもなっていました。
続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 19:05| フォトライフ

2016年02月15日

富士フイルム2016年大商談会「写真ライフを“極める”」〔番外編その1〕

 実践セミナー 今こそ新しい写真需要を創造しよう
   をふり返って

〔前略〕
スマホ時代の到来こそ写真店にとって
チャンスなのではないでしょうか。
(本セミナーの案内文より)

もう一度、富士フイルム2016年大商談会の実践セミナーについて
ふり返ってみましょう(〔後編〕参照)。

講師の方の説明では、2015年現在、東京都内のスマホ保有率はすでに69.2%に達し、
20代女性では97.8%になるということでした(大手広告代理店調べ)。

写真店側からみれば、お店の前を往来する7割前後、あるいはもっとそれ以上の人が、
その場で写真プリントを注文されるお客さまになり得る時代が来た、ということですね。
多くのお客さまにとっては、お出かけ先で急に思い立ったときや、ちょっと時間が空いた
とき、近くに写真店があればスマホを取り出しプリント注文できる時代になったわけです。

スマホ時代以前だと、お店で写真プリントを注文しようと思ったら、あらかじめデジカメや
写真データを保存したメモリなどを、さらにデジカメ普及以前ならフィルム(ネガ)を用意
して出かける必要がありました。そして、時間ができたときに限ってそれらを持ち合わせ
ていなくて「また今度」、となってしまうのです。今度という時はなかなか来ないものです。

そのような違いからも、まさしくフォトライフに「スマホ時代」が到来したと言えるでしょう。
カメラ映像機器工業会(CIPA)の報告でも、スマホの普及が進んだ2010年をピークに
デジカメの出荷数量は急速に下がり出し、ダウントレンドに転じています(下図参照)。

▽本セミナーで配布された年表資料「時代がフォトライフを変える」
  1985年以降のフィルム全盛時代から2015年に至る、30年間の変化が分かります。
  (c)富士フイルムイメージングシステムズ(株) フォトイメージング事業部 営業推進部
160205 fujifilm business discussion_01.JPG

 ☆ところが、富士フイルムはデジカメの新時代をも開拓するのです!

じゃん!!

▽なんでしょう? 昔のフィルムカメラ!?   (c)富士フイルム
FUJIFILM X-Pro2_ffnr1035_04.jpg
続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 23:53| フォトライフ

2016年02月01日

2015〜2016年、これからのスマホプリントを占う〔後編〕


 Today, Apple is going to reinvent the phone.
 =今日、アップルが電話を“再発明”します。

   スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日〜2011年10月5日)
     アップル社の共同設立者の一人
710KT5bqFNL__SL1500_.jpg
△『スティーブ・ジョブズU』 2011年11月刊表紙より    (c)講談社
  ウォルター・アイザックソン 著、井口 耕二 翻訳
続きを読む
posted by しゃしんのポップ本店 at 00:45| フォトライフ