2016年01月30日

【年頭所感】2015〜2016年、これからのスマホプリントを占う〔前編〕

 多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、
 自分は何が欲しいのかわからないものだ。

   スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日〜2011年10月5日)
     アップル社の共同設立者の一人
711A37JYbfL.jpg
△『スティーブ・ジョブズ I』 2011年10月刊表紙より    (c)講談社
  ウォルター・アイザックソン 著、井口 耕二 翻訳
  有名な肖像写真。
続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 00:27| フォトライフ

2015年04月12日

ワクワクがとまらない、期待のスマホデビュー!

2ヶ月ぶりの更新です。
ご卒園、ご卒業、ご入園、ご入学、そしてお花見、ご宴会の
プリントシーズン真っ只中です。
おかげさまで当店も、賑やかな毎日を送らせていただいています。
どうもありがとうございます。

ところで、
当店スタッフの仲田が昨日、遂にスマホデビュー! しました。
機種は、より大きな5.5インチディスプレイを採用した
Apple「iPhone 6 Plus」です。

iphone6p-gold-select-2014.png
△Apple「iPhone 6 Plus」ゴールド  Apple公式サイトより
  カラーはこのほか、シルバー、スペースグレイがあります。
  (c)Apple Inc

背面カメラもオートフォーカス性能がアップし、
光学手ぶれ補正も搭載されたので(「iPhone 6」は未搭載)、
私の「iPhone 5」よりずっと使いやすそうなので羨ましいです。
画素数は800万と据え置きですが、その分設計に無理がなく、
暗いシーンでもクリアで美しい写りが期待できるのは
「iPhone 5s」譲りです。

仲田はこれまで長年愛用のガラケーを大切に使ってきたのですが、
先日とうとう調子がおかしくなってしまいました。
そこで購入店へ持ち込み修理を依頼したのですが、修理不能と診断
され、その場で別のガラケーへの機種変更手続きを薦められました。
ところが、自分の機種と使い方が同じガラケーはもう発売されていない
ことが分かり、せっかく新しく覚えるならスマートフォンの方が良いと、
思い切って「iPhone 6 Plus」を使うことに決めたのです。

彼女は店頭で一目見て気に入ったゴールドカラーを選びました。
フォーマルなシルバーも良かったのですが、ここはやはりゴールド!
ゴージャスな、というより、少しセピア調のシックなゴールドです。
家に帰ってからずーっと離さず、
ワクワク気分で楽しんでいるそうです(^^♪
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 08:33| フォトライフ

2015年01月28日

【年頭所感】2015年はスマホ&タブレットがフォトライフの主役に!

 今まで以上に増えてきたスマホ写真プリント

新しい年が明け、早くも1月が過ぎようとしています。
皆さま、お正月はいかが過ごされましたか?
新年会や初詣、さらには成人式のスナップ写真など、
多くのお客さまからたくさんのプリントのご注文をいただき、
あらためて感謝申し上げます。
今年はその中でも、スマホ写真のプリントをご注文になるお客さまが
今まで以上に増えてきたように、はっきりと感じています。

 AndroidスマホもiPhoneもOK!

昨年も年頭のごあいさつで話題に挙げましたが(こちらです)、
2014年は本当にスマホ写真プリントが
お客さまの間で定着し始めていることを実感できる年になりました。
富士フイルムさんの「わいぷり」こと「お店プリント」アプリが
アップル「iPhone」にも対応し、
より広くお客さまに親しんでいただけるようになったことも、
うれしい出来事でした。

▽「おみせプリント for iOS」(「iPhone」用)のスクリーンショット例。
  「おみせプリント for Android」最新版とほぼ同仕様のデザインです。
  詳しくは富士フイルムの公式サイトをご覧ください(こちらをクリック)。
screen568x568-1.jpg screen568x568-2.jpg screen568x568-3.jpg screen568x568-4.jpg
 (c)富士フイルム

 タブレット型パソコンは“新しいスタイルのデジカメ”

そして、スマホだけでなくタブレットでお写真を撮られるお客さまも、
次第に目立ってきました。
大きく見やすい液晶画面は、撮影にも再生にも、そして様々なアプリを
活用するにも、実に便利で快適です。
お客さまはタブレットについて、決してデジカメの代用品ではなく、
新しいスタイルのデジカメとして魅力を感じていらっしゃるようです。
今のところ「わいぷり」はタブレットに正式対応していませんので、
ご注文はケーブル接続かmicroSDメモリーカードを取り出しての対応
となります。はやく正式対応した改良版が出てほしいと思っています。
(アップル社側は「iPad」に「わいぷり」が対応できることを確認済み。)
(「Androidタブレット」の一部機種も当店店頭で動作確認済みです。)

▽アップルの小型タブレット「iPad mini 3」
  「iPhone」ユーザーなら撮った写真がiCloudサービスで自動的に
  「iPad」と共有できるので便利です(Wi-Fi環境とAC電源が必要)。
  (注:当店では高速のWi-Fi環境をお客さまへご提供しています。)
hero_large.png
 (c)Apple

 スマホ写真プリントは是非、しゃしんのポップへ!

「わいぷり」でスマホ写真プリントするメリットは何でしょう?
当店では次の3つに注目しています。

 1.一度に300画像まで選べます(ネットで届いたお写真も選べます)
 2.プリントでならバッテリー残量を気にせずお写真が楽しめます
 3.大きなA4サイズプリントもお店で明るくきれいに仕上がります

未体験のお客さまには、是非お勧めしたいと思います。
続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 20:39| フォトライフ

2014年02月11日

2月7日(土)は大変な大雪でしたね

掲載が遅くなってしまいました(^^ゞ

IMGP9665.JPG

△しゃしんのポップの世にも貴重な雪景色! ほぼ雪国です。

2月7日(土)は未明から雪が降り始め、
当店がある埼玉県入間郡越生町は夕方4時半過ぎにはご覧の写真のとおりに。
東京でも都心の積雪が45年ぶりに27センチに達するなど、
関東地方も大変な大雪に見舞われました。

こうした中でも、雪景色を撮るために早朝からお出かけになり、
早速当店へ立ち寄ってプリントをご注文くださったお客さまもいらっしゃいました。
作品制作への熱意に頭のさがる思いです。いつも本当にありがとうございます。続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 23:41| フォトライフ

2014年01月02日

【年頭所感】2013年に起きた大きな変化。2014年はしゃしんのポップも新ステージへ!

埼玉は年末から穏やかな晴天が続き、
新しい1年のスタートにふさわしいお正月になりました。
あらためまして皆さま、
新年明けましておめでとうございます。

2013年は、いくつかの大きな流れの変化を実感させられた
しゃしんのポップでした。主な変化を3つ取り上げてみますと、

 1.スマホプリントの躍進
 2.旅行写真やお出かけ写真のプリント増加
 3.大伸ばしプリントの増加

といったことが挙げられると思います。
いつもご利用くださるお客さまに深く感謝申し上げます。続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 00:00| フォトライフ

2013年09月14日

新海誠監督が描く、そう遠くない未来の「家族のアルバム」。短編アニメーション作品『だれかのまなざし』より(野村不動産提供)。

*この記事は 2019年8月22日に後半を追記し、再編集しました。

アニメーションだけど、一枚一枚ていねいに撮られた写真を見るようです。
ほんの7分に満たない短編だけど、深い余韻がいつまでも残ります。
アルバムをめくるように、くり返し眺めたくなる作品です。
(新海監督は、NHKみんなのうた「笑顔」のアニメーション作家さんです。)

 関連動画リンク) 公開終了しました。
  プラウドフューチャーシアター『だれかのまなざし』
  脚本・絵コンテ・演出・監督:新海誠 / 野村不動産提供
  2013年9月から「YouTube」のPROUDCHANNELにて全編公開中

▽新海誠公式サイト「Other voices -遠い声-」
 プラウドフューチャーシアター『だれかのまなざし』 作品紹介ページ
icon_manazashi.jpg
 (c)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

2019年8月22日追記)

『だれかのまなざし』本編の公開が終了していますので、
本編の映像で制作された主題歌のMVをご紹介します。

▽「和紗 『それでいいよMV (Short Ver.)』」 スクリーンショットより。
 『だれかのまなざし』のエンディングで心に染みいるように流れる主題歌で、
 当店でも「USEN」さんの有線放送で時々流れることがあり、私も大好きな曲です。
 物語の舞台は東京の西部。遠景は多摩川と、富士山でしょうか?
 リビングのテーブルが映す、そう遠くない未来の「家族のアルバム」が印象的です。
130409_Sony Music-soredeiiyo_01.JPG
130409_Sony Music-soredeiiyo_02.JPG130409_Sony Music-soredeiiyo_03.JPG
130409_Sony Music-soredeiiyo_04.JPG
130409_Sony Music-soredeiiyo_05.JPG130409_Sony Music-soredeiiyo_06.JPG
130409_Sony Music-soredeiiyo_07.JPG
130409_Sony Music-soredeiiyo_08.JPG130409_Sony Music-soredeiiyo_09.JPG
 (c)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
 (c)Sony Music (Japan) / PROUDCHANNEL

 関連動画リンク)
  和紗 『それでいいよMV (Short Ver.)』 - YouTube (公式)
  作詞:松井五郎 作曲:川口大輔 編曲:松浦晃久 / Sony Music (Japan)
   (2013年4月9日 に公開)
  https://www.youtube.com/watch?v=kYRHFyfvIrE
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 22:38| フォトライフ

2013年07月03日

おかげさまで3周年!

この7月に「しゃしんのポップ」は、
おかげさまで開店3周年を迎えることができました。
日頃ご利用くださっているお客さまに、あらためて感謝申し上げます。続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 00:45| フォトライフ

2013年01月04日

【年頭所感】2013年、お客さまへの感謝の気持ちと“お店プリント”の展望

あらためまして皆さま、
新年明けましておめでとうございます。

今年の埼玉のお正月はお天気に恵まれ、
私も新春の気分にひたりながら
穏やかに過ごすことができました。
皆さまはいかがでしたか?

さて、昨年末の当店、
しゃしんのポップの状況を振り返りますと、
たいへん嬉しいことに30日の最終日まで
お客さまからのご注文の進行に追われるという、
例年になく忙しい毎日を送る日々が続きました。
特に「フジカラーの年賀状」は件数、枚数とも
近年にない成長を記録できました(概算で150%超)。
ご利用くださるお客さまに深く感謝申し上げるとともに、
これからも益々のご愛顧を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。
誠にありがとうございます。

続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 02:26| フォトライフ

2012年10月30日

これぞ“究極のデジカメ”!? 「週刊 ダイヤモンド」の表紙に登場【注:「架空の商品」です…(^^;)】

以前、当ブログでは「写真がきれいに撮れるデジタルカメラとは?」
という記事(こちらをクリック)の中で
次の2つのタイプのカメラをご紹介しました。

 1.レンズ交換式のタイプ
 2.スマートフォン

「開発元や製造元、販売店などが売った後も利益を得られる」ので、
その分お金をかけて良い製品が開発できる、というのが理由です。

ならば良いとこ取りで、
「レンズ交換式のスマホ(スマートフォン)はどう?」
という発想なのでしょう(↓)。

2012092212-thumb-208xauto-22491.jpg (c)ダイヤモンド社

「週刊 ダイヤモンド」2012年9月22日号(こちらをクリック)の表紙に、
まさにそんな夢のような“究極のデジカメ”の写真が掲載されました。

続きを読む
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 23:59| フォトライフ

2012年08月20日

写真がきれいに撮れるデジタルカメラとは?

写真がきれいに撮れるデジタルカメラとは?

大事な条件が1つあります。
それは、開発元や製造元、販売店などが
売った後も利益を得られるタイプの製品であること。
典型的なものが、次の2つのタイプです。

 1.レンズ交換式のタイプ
 2.スマートフォン

これらが利益を生み出す仕組みは実にシンプルです。
レンズ交換式の場合、お客さまが交換レンズを買い増しされるたびに
メーカーの利益になります。
カメラ本体は手がけず、交換レンズだけを製造、販売するメーカーも
あるほどです。
スマートフォンは言うまでもなく、アプリやコンテンツ等のダウンロード
販売料やクラウドサービス料などがスマホ用OS開発元の利益になり
ます。また、スマホ利用者への効果を期待したWEBCMの広告収入
から利益を得るOS開発のビジネスモデルもあります(googleさん)。

毎日、様々なタイプのカメラで撮影されたお客さまのお写真をプリント
させていただいていますが、やはりこの2つのタイプのカメラは写りが
リアルできれいです。

画像を捉えるレンズやセンサーの技術的水準は、コンパクトデジカメも
決して劣るものではありません。差が出るのは電子頭脳。ここが要です。
カメラに組み込むコンピューターやプログラムの開発は、とてもお金が
かかるものです。絶えず改良を続けようにもコンパクトデジカメのように
作って売るだけでは、誰もがそれを手に入れてしまうと市場が飽和して
売価が下がり、次第に開発費を回収しにくくなってきます。

スマートフォンで十分きれいな写真が撮れるようになった今、せっかく
それとは別にデジタルカメラを持つのならレンズ交換式が良いと考える
お客さまが増えてきているようです。
私も、そうした方がコンパクトデジカメだけを持ち歩くよりずっと沢山の
シャッターチャンスに出会えるような気がします。

かつて、レンズ交換式のカメラはどちらかというと写真を専門的に撮る
人たちが使うカメラでした。
魚眼レンズから超望遠レンズまで自由に選んで、表現力に富んだ写真の
世界をもっと多くのお客さまに楽しんでいただけたらと思います。

2018年5月10日追記)

スマホはそれ自体が元々携帯用のタブレット型パーソナルコンピューター
と呼べるものです。各種カメラアプリを後からインストールすることにより、
さらに変化に富んだ多彩な撮影がお楽しみいただけるようになります。

2018年5月21日追記)

商品を売るだけでなく、顧客から継続的に収益を上げるビジネスモデルの
ことを「リカーリング・ビジネス」と呼ぶそうです。

 関連記事)
  当ブログ『安瑠芭夢家 しゃしんのポップ』 2018年5月10付記事
  民生用コンパクトデジカメの草分け、カシオさんが
  「コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退により赤字体質から脱却」
  する取り組みを公表
  http://poppop.sblo.jp/article/183194510.html

 関連記事)
  当ブログ『安瑠芭夢家 しゃしんのポップ』 2018年3月2付記事
  富士フイルム2018年大商談会改め、フォトイメージングフェア〔番外編〕
  “世界初” 衝撃の昭和のデジタルカメラからスマホ時代までの長い道のり

 関連記事)
  当ブログ『安瑠芭夢家 しゃしんのポップ』 2012年10月30日付記事
  これぞ“究極のデジカメ”!?
  「週刊 ダイヤモンド」の表紙に登場【注:「架空の商品」です…(^^;)】

 関連リンク)
  『デジカメ Watch』 2012年1月12日付記事
  【CES/PMA】富士フイルム、「FUJIFILM X-Pro1」の説明会を開催
〔抜粋して引用〕

 初めに電子映像事業部次長の松本雅岳氏がXシリーズの成り立ちと現状について紹介した。

「レンズ交換式デジタルカメラを出そうと考えていたのは約3年前。しかし、ハイアマチュア向けを含むレンズ交換式の世界で実績のない富士フイルムが突然出しても、世の中の人に振り向いてもらえないのではないかという危惧があった。そこでFUJIFILM X100を企画、その後FUJIFILM X10、FUJIFILM X-S1を発売した」

「スマートフォンの品質が良くなってきた。低価格なデジタルカメラとの差が縮まり、そうしたカメラが売れてなくなっている。特に米国では顕著。低価格帯のカメラを主に扱うメーカーは、売上を4割ほど落とすのではないか」

「3年前にも携帯電話の画質向上を危惧していた。安いカメラが淘汰される時代、残るのは中高級カメラ。今後、そういうカメラを作れるメーカーしか生き残れないのではと考えていた」

posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 01:14| フォトライフ