2020年10月15日

【Appleさんの「iPhone 12シリーズ」発表記念】HUAWEIさんからついに“超望遠&超広角カメラ”付きスマホ「HUAWEI P40 Pro+」が発表されました! / Appleさんの次期モデル「iPhone 12 Pro(仮称)」のメインカメラはどう出る!?【再掲載】

*この記事は、当ブログ2020年3月27日付記事の続きです。

  【Appleさんの「iPhone 12シリーズ」発表記念】

「分かりやすい」より「教えやすい」が大事、という現実。

▽『docomoOfficial』 NTTドコモ「YouTube」公式チャンネルのスクリーンショット。
 『ドコモCM「聞きやすい、教えやすい」篇』 の1コマ。「iPhone SE(第2世代)」で
 「ついにスマホデビューした」俳優の國村隼さん。スタジオジブリさん制作のアニメ
 映画、宮崎駿監督作品『風立ちぬ』に主人公二郎の会社の服部課長役でご出演。
201015_nttdocomo_iphone_00.JPG
 (c)NTTドコモ / Apple Inc

▽【ご参考】
 映画『風立ちぬ』場面写真より(当ブログ2020年10月13日付記事をご覧下さい)。
 左から入社当日早々会社が開発中の飛行機について独自の改良案を説明する主
 人公二郎、興味津々の服部課長、ボツにするものの才能は認める上司の黒川さん。
200918_kazetachinu012.jpg
 (c)2013 二馬力・GNDHDDTK

 関連動画リンク)
  『docomoOfficial』 NTTドコモ「YouTube」公式チャンネル
  『ドコモCM「聞きやすい、教えやすい」篇』 2020年8月7日公開
   「iPhone SE(第2世代)でスマホデビューした國村さん。
   同じiPhoneを使う娘夫婦に使い方を教えてもらい、
   家族の距離がいつもより近くなっていく。」
  https://www.youtube.com/watch?v=se7zhMnmgDQ

Appleさんの次期モデル「iPhone 13 Pro(仮称)」のメインカメラは
“クアッドカメラ”(撮影用カメラ4台搭載)になるとの噂もあるようですが鬼笑い福笑い。
“ペンタカメラ”(撮影用カメラ5台搭載)になるのならカメラの配列が
“トリプルトライアングル”(△▽△)になることを希望!

本題です。
2020年10月13日(米国現地時間)、
Appleさんが5G対応新型「iPhone 12シリーズ」4機種を同時発表!

 トライアングル
 トリプルカメラ
 が健在です!!

2020年10月13日(米国現地時間)発表!
  Appleさんの5G対応新型「iPhone 12シリーズ」(10月23日順次発売)。左から、
  「iPhone 12 Pro Max / iPhone 12 Pro / iPhone 12 / iPhone 12 mini」。
  「iPhone 12 mini」は「世界最小かつ最薄の5Gスマートフォン」(11月13日発売)。
201014_iPhone12series.jpg
 (c)Apple Inc

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

 「iPhone 12 mini」に
 デュアルカメラが搭載!

 されている件について?

Appleさん期待の5G対応新型「iPhone 12シリーズ」(10月23日から順次発売)。
Appleさんの上のリリース写真でお分かりのように、4機種も同時発表されてしまい
ました。これまで新型「iPhone」の同時発表は、初めは2機種、その後多くて3機種、
だったと思うのですが、米国のAppleさんがこんなに変わってしまったのはおそらく
注文が煩い日本のユーザーのせいですよ。我がままを自覚しなければいけません!

我がままを自覚している私ですので、向かって一番左の 「iPhone 12 Pro Max」
搭載のトリプルカメラの焦点距離についてだけ少し(「12 mini」の方はスルー?)。

 Appleさんの「iPhone 7 Plus」(当店店主吉川愛用中)搭載
 デュアル12MPカメラ(約1200万画素相当の広角、望遠カメラ)の仕様
  ・広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で28mm相当)
  ・望遠(というかやや望遠?):ƒ/2.8絞り値(135判換算で57mm相当

 Appleさんの「iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  ・超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  ・広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)
  ・望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)

 Appleさんの 「iPhone 12 Pro」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  ・超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  ・広角:ƒ/1.6絞り値(135判換算で26mm相当)
  ・望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)
  ・深度測定用ToF(Time of Flight)カメラ
    「LiDAR(Light Detection and Ranging)スキャナ」を新規採用

 Appleさんの 「iPhone 12 Pro Max」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  ・超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  ・広角:ƒ/1.6絞り値(135判換算で26mm相当)
  ・望遠:ƒ/2.2絞り値(135判換算で65mm相当
  ・深度測定用ToF(Time of Flight)カメラ
    「LiDAR(Light Detection and Ranging)スキャナ」を新規採用

 関連リンク)
  iPhone 12 Pro と 12 Pro Max - 仕様 - Apple(日本) (公式)

最新型ハイエンドモデル「iPhone 12 Pro Max」搭載の望遠カメラが135判換算
65mm相当まで伸びました。しかし「iPhone 12 Pro」は前機種と同じ52mm
相当のままです。ちなみに、当店店主の私、吉川が愛用中の「iPhone 7 Plus」で
57mm相当65mm相当と大差ないので「iPhone 7 Plus」を使い続けます!

困ったことになりました。
「iPhone 7 Plus」は多くの方がご愛用中なので、私が構えてもその中の1人です。
「iPhone 12 Pro Max」をお求めになる方は、65mm相当の望遠はシリーズ中、
「iPhone 12 Pro Max」だけ! 他の3機種は無し! ということに優越感を求めて
いると見込んで差別化した製品だとお見受けしましたAppleさん。私は求めてない!

旅行雑誌のルポライターさん等は「iPhone 12 Pro Max」だけで仕事こなせそう♪
私が構えてもその中の1人です(大ウソ)。

構えた人がプロだということが周囲にバレない「iPhone 〜 Pro Max」くださいな♪
我がままを自覚している私、ですか? (@△@;ゞ

「iPhone(初代)」は2007年6月29日米国発売でメインカメラは2MPの広角カメラ。
「iPhone 3G」は2008年7月11日に日本でも発売され、メインカメラは初代と同様。
「iPhone 4」が2010年6月24日に発売されると新機能のTV電話用カメラが自撮り
用カメラとして若い方々のコミュニケーション手段となりたちまち人気に! メインカメラ
も5MPと実用的になりデジタルカメラの脅威になりはじめます。2012年9月12日に
「iPhone 5」が発売されると日本でもLTE高速通信に対応したことから動画や音楽、
ゲーム等の通信端末として益々需要が増し利用者が激増。ビデオカメラの脅威にも。
「iPhone 6」が2014年9月19日に発売される頃、スマートフォンは誰もが持つ物に。
「iPhone(初代)」は当初、多機能で付加価値の高い通信端末として企画されました
がいつの間にかデジタルカメラやビデオカメラをご家庭から追い出してしまいました。
「iPhone 7 Plus」に望遠カメラ(上記参照)が追加されたのはその償いでしょうか?
2016年9月16日の発売ですが以降「iPhone」のみならずスマートフォンはご家庭
から失われたデジタルカメラやビデオカメラに代り、運動会の撮影に大活躍するよう
になるのです。にもかかわらず望遠カメラ付き「iPhone 12シリーズ」は大分高価な
「iPhone 12 Pro Max」、「iPhone 12 Pro」の上位機種のみ。第一、「Pro」って?
「iPhone」が日本で人気な理由にAppleさんが売りたい「iPhone」で応えて欲しい。
デジタルズームでいつまでもお茶を濁さないで!

 それはさておき
 「iPhone」機種

 増え過ぎ(@@;

2020年5月11日発売!
 Appleさんの「iPhone SE(第2世代)」(5G非対応)。
 「iPhone 8」の細部を改良した廉価版という印象で、今年の新製品は合計5機種。
201015_nttdocomo_iphone_se_01.png
 (c)Apple Inc

 関連リンク集)
  iPhone SE(第2世代) - 仕様 - Apple(日本) (公式)
  https://www.apple.com/jp/iphone-se/specs/
  iPhone SE(第2世代) | iPhone | NTTドコモ (公式)
  https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/se_2nd/

 Appleさんの「iPhone SE(第2世代)」搭載
 12MPカメラ(約1200万画素相当のカメラ)の仕様
  ・広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で28mm相当)

米国のAppleさんは多機能な「iPhone」を当初、付加価値の高い特別な製品として
位置付けていたようです。ところが日本では早くから独自に「ケータイ」の多機能化が
進み、学生さんが「ガラケー(ガラパゴス化したケータイ)」を持つことも「iPhone 3G」
(2008年、初めて日本で発売された「iPhone」)発売前から普通になっていました。

「iPhone」が学生さん同士のコミュニケーション手段として標準化するにつれ次第に
「iPhone」はご家族の間でのコミュニケーション手段として標準化していったのです。
「iPhone」が学生さんでも持てる料金プランをキャリア各社さんが用意した結果です。
日本国内では「Android」スマホ全メーカーの追随を許さず高シェアを誇るわけです。

一方「Android」スマホには「iPhone」とは異なる特長が各社それぞれの製品にあり
使い比べるマニア層を喜ばせていますが、マニアの方は不精して教えてくれません。
また、「Android」スマホには格安スマホもありますが周囲の誰も教えてくれません。
格安スマホ&格安キャリアの利用は合法でも日本ではキセル乗車並の節約術です。

 ご参考例リンク) 注:必ずしもキセル乗車のすべてが不正乗車とは限らないです。
  東京山手線内の駅を発着する場合の特例 | 運賃計算特例 | JR東日本(公式)
  https://www.jreast.co.jp/kippu/1104.html#09
  大井町(京浜東北線)〜越後湯沢(上越線)間 3740円
  大井町〜品川(山手線)間140円+品川〜越後湯沢間3410円=3550円
  何と! 大井町から一駅先の品川で切符を買い直した方が往復380円もお得!
  品川(山手線)〜石打(上越線)間 3740円
  品川〜越後湯沢(上越線)間3410円+越後湯沢〜石打間200円=2610円
  何と! 石打より一駅前の越後湯沢で切符を買い直した方が往復260円お得!
  大井町(京浜東北線)〜石打(上越線)間3740円
  ↑この場合「東京山手線内の駅を発着する場合の特例」は活かせないですね。

教えてもらっても・・・普通やらない d(-_-;
私はおよそ40年ほど前に浮いたお金で駅蕎麦を頂きました。ご馳走さまでした(-人-)

教えやすい」次期「iPhone SE(仮称第3世代)」に65mm相当望遠採用を希望!

65mm相当の12MP望遠カメラなら、
200mm相当までデジタルズームアップしても、A4サイズプリントに十分耐えます。

 「iPhone」が運動会を席巻!
 Appleさんなら必ずできます

▽【再掲載】
 『docomoOfficial』 NTTドコモ「YouTube」公式チャンネルのスクリーンショット。
 『ドコモCM「聞きやすい、教えやすい」篇』 より。「iPhone SE(第2世代)」で
 「ついに、スマホデビューした」俳優の國村隼さん。
201015_nttdocomo_iphone_00.JPG
▽「iPhoneにしてよかった。だって聞きやすい。」
201015_nttdocomo_iphone_01.JPG
▽↓他のメーカーさんからNTTドコモさんにクレームが来ないか心配です(@O@;ゝ?
 「iPhoneにしてくれてよかった。だって教えやすい。
201015_nttdocomo_iphone_02.JPG
▽「iPhone SE(第2世代)」。
 「はじめてのスマホは、幅広い世代に愛されているドコモのiPhoneで。」
201015_nttdocomo_iphone_03.JPG
 (c)NTTドコモ / Apple Inc

 関連動画リンク)【再掲載】
  『docomoOfficial』 NTTドコモ「YouTube」公式チャンネル
  『ドコモCM「聞きやすい、教えやすい」篇』 2020年8月7日公開
   「iPhone SE(第2世代)でスマホデビューした國村さん。
   同じiPhoneを使う娘夫婦に使い方を教えてもらい、
   家族の距離がいつもより近くなっていく。」
  https://www.youtube.com/watch?v=se7zhMnmgDQ

「フナに始まりフナに終わる」
「『iPhone』に始まり『らくらくスマートフォン』に終わる」
言わない? (@▽@;

2020年9月23日発売!
 「iPhoneを使う娘夫婦に使い方を教えてもら」えない方の「スマートフォンあるある」
 もサポートするNTTドコモさん×富士通さん開発の「らくらくスマートフォン F-42A」。
201015_nttdocomo_f42a_01.png
はじめて普通のスマホに近づいた注目の新機能!
 「F-42A」の特長! 「『スマホかんたんホーム』(右)を選べば、よく利用するアプリを
 すぐに使えて便利。よく利用するアプリだけを配置して、横スライドで操作ができる
 『スマホかんたんホーム』が選べます。一般的なスマホのようなホーム画面なので、
 ご家族の方もサポートしやすくなりました。」←何か最近現実に目覚めたドコモさん。
 アプリが追加できない残念なスマホ(?)だった初期の「らくらくスマートフォン」から
 大きな変貌を遂げた「F-42A」。シニア層にも人気の「LINE」アプリがより身近にハート
 富士フイルムさん提供「おみせプリント」、「PhotoBank」アプリのインストール済み
 モデルは当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」店主の残念なフィクション(妄想)です。
 注:『スマホかんたんホーム』のアイコンを勝手に貼り替えてすみません<(_ _)>
201015_nttdocomo_f42a_features_03-edit2.jpg
 (c)NTTドコモ / 富士通 / 富士フイルム

 関連リンク)
  らくらくスマートフォン F-42A | らくらくスマートフォン | NTTドコモ (公式)
  https://www.nttdocomo.co.jp/product/f42a/

 私もあなたもいつかは
 「らくらくスマートフォン」
 その理由がいまひとつ
 
次期製品は5G対応に期待ハート

 どなたか「iPhone」を
 「らくらくiPhone(仮)」
 にするアプリ開発して!

真剣に取り組むあなた。


*以降の記事は、当ブログ2020年3月27日付記事の再掲載です。

  【再掲載】
  HUAWEIさんからついに“超望遠&超広角カメラ”付きスマホ
  「HUAWEI P40 Pro+」が発表されました!

 スマホにカメラが付いたのか?
 カメラにスマホが付いたのか?
 もはやどちらでも良いレベル?

中国の有名通信機器メーカー、HUAWEI(ファーウェイ)さんが2020年3月26日、
「HUAWEI P40 Series」のスマートフォン3機種を発表しました。シリーズのうち、
「HUAWEI P40 Pro+」が最上位モデルで、今流行の超広角カメラに加え、スマホ
搭載カメラとしては画期的な超望遠カメラ(135判換算で240mm相当)を新採用し
注目されています。各国での発売は2020年6月予定ですが日本での発売は不明。
5G対応ですが、OSの種類やアプリの入手にGoogleさんの「Play ストア」が利用
できるかについても不明です。「HUAWEI P40 Pro+」は日本円で約16万円相当。
(期待の折り畳み式ディスプレイは見送らました。)

▽「HUAWEI P40 Pro+」は
 4+1種類のカメラを備えた最上位モデルでセラミック素材の背面パネルも採用。
 「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」ライブ配信動画の
 スクリーンショットより。
200327_HUAWEI P40 Series_107.JPG
 (c)Huawei Mobile

 関連動画リンク集) 音量にご注意ください。
  「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」
  Huawei Mobile (「YouTube」公式チャンネル) 2020年3月26日公開
  「HUAWEI P40 Series Launch Highlights」
  Huawei Mobile (「YouTube」公式チャンネル) 2020年3月27日公開
  https://www.youtube.com/watch?v=h0mD5v1MDFY

 関連ニュース集)
  『デジカメ Watch』 2020年3月27日付記事
  "ライカ・ペンタカメラ"搭載スマホ「HUAWEI P40 Pro+」海外発表
  1/1.28型RYYBセンサーや240mm相当の超望遠カメラを新採用
  https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1243383.html
  『ITmedia Mobile』 2020年3月27日付記事
  「HUAWEI P40」シリーズ3機種が発表
  P40 Pro+は5眼カメラ搭載で“20倍ズーム”対応 - 
  https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/27/news058.html

▽(左)「HUAWEI P40 Series」の各機種。
   「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」ライブ動画の
   スクリーンショットより(以下同様)。
▽(右)「HUAWEI P40 Pro+」の4+1種類のカメラの概要。搭載カメラはドイツの
   光学機器の名門「ライカ」ブランドを冠していますが、製造工場の詳細は不明。
200327_HUAWEI P40 Series_101.JPG200327_HUAWEI P40 Series_102.JPG
▽レンズの先端からイメージセンサーまで光を5回折り曲げる、屈曲光学系の極み。
 「HUAWEI P40 Pro+」の超望遠カメラの光学系はミラーとプリズムとを高精度
 に組み合わせ、画期的な薄型化と小型化とを実現した匠の業。このような技術は
 開発、製造とも、日本の光学メーカーがもっとも得意とするところだったのですが。
200327_HUAWEI P40 Series_103.JPG
▽(左)「HUAWEI P40 Pro+」の「ウルトラビジョン」を謳うカメラ部分のアップ。
   「LEICA VARIO-SUMMILUX-H 1:1.8-4.4/18-240 ASPH.」と表記。
▽(右)本体内部に配置された各カメラのイメージセンサーの透視図。望遠カメラ用
   は2種類ともより小型ですが、感度を保ちつつ画素数は800万を維持します。
200327_HUAWEI P40 Series_105.JPG200327_HUAWEI P40 Series_106.JPG
▽(左)「HUAWEI P40 Pro+」を横位置に構えたときロゴが正しい向きになる意匠。
▽(右)「HUAWEI P40 Pro+」のデジタルズーム域も含めた100倍の焦点距離の
   変化。光学ハイブリットズーム域だけでも日常生活では持て余しそうなのに。
200327_HUAWEI P40 Series_108.JPG200327_HUAWEI P40 Series_104.JPG
 (c)Huawei Mobile

 「HUAWEI P40 Pro+」の各メインカメラの仕様(焦点距離は135判換算)
  ・超広角:18mm相当F1.8(40MP)
  ・広角:23mm相当F1.9(50MP RYYBセンサー、OIS=光学手ぶれ補正付き)
  ・中望遠:80mm相当F2.4(8MP、OIS=光学手ぶれ補正付き)
  ・超望遠:240mm相当F4.4(8MP、OIS=光学手ぶれ補正付き)屈曲光学系
  ・深度測定用ToFカメラ

 「HUAWEI P40 Pro」の各メインカメラの仕様(焦点距離は135判換算)。
  ・超広角:18mm相当F1.8(40MP)
  ・広角:23mm相当F1.9(50MP RYYBセンサー、OIS=光学手ぶれ補正付き)
  ・望遠:125mm相当F3.4(12MP、RYYBセンサー、OIS付き)屈曲光学系
  ・深度測定用ToFカメラ

個人的には13mm、26mm、52mm、125mmの組み合わせが使いやすそうです。
これは、昨年の2019年9月20日に発売されたAppleさんの「iPhone 11 Pro」へ
搭載のトリプルカメラ(13mm、26mm、52mm)に、「HUAWEI P40 Pro」搭載の
125mm望遠カメラを組み合わせる発想。画素数も、各カメラとも12MPで揃います。

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年9月13日付記事
  Appleさんの「iPhone」もトリプルカメラに!
  あなたも私も「iPhone 11 Pro」! ご家族みなさまで「iPhone 11 Pro」!
  予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!

240mm相当の超望遠はスマホ搭載カメラとしては確かに画期的で、口径(明るさ)
もF4.4と頑張っていますが、焦点距離を欲張らない方がより大口径化しやすいはず
です。明るさを稼いだ方が同じ撮影環境ではより高速のシャッターが切れますので、
被写体ブレのリスクも減ります。ブレのない像をデジタルズームする方が鮮明です。
暗いシーンでの手ブレ補正もより大口径で焦点距離を欲張らない方が効果的です。
お子さまの運動会や舞台発表の撮影にも最適(高価な最上位モデル限定ですが)。
あるいは後付けの専用望遠コンバージョンレンズを開発した方がより明るい超望遠
カメラが実現します。画面四隅の画質低下はカットで可(荷物は少し嵩張りますが)。

  【再掲載】
  Appleさんの次期モデル
  「iPhone 12 Pro(仮称)」の

  メインカメラはどう出る!?

Appleさんは、2019年9月20日に発売された「iPhone 11 Pro」へ超広角カメラ
を含むトリプルカメラを搭載しましたが、そのデザインが個性的で話題になりました。

以降の記事は、
当ブログの2019年9月13日付記事の一部を再編集し、再掲載しています。


さて、ここで私たちの日本を代表するブランドの一つ、
SONY さんにご登場いただきましょう。

〔中略〕

SONY さんが2019年6月14日に発売したフラッグシップ「Android」スマホ、
「Xperia 1」も、最近主流になりつつあるトリプルカメラ搭載機の一つです。

各搭載カメラの仕様はAppleさんの「iPhone 11 Pro」のものと酷似していますが、
次のように、見る人がデザインから受ける印象は大分異なるように感じられます。

▽SONY さんのフラッグシップ「Android」スマホ、「Xperia 1」。
 (2019年6月14日発売)
sonymobile_xperia1-hero_01.jpg
sonymobile_xperia1-sm_img_03.jpgsonymobile_xperia1-mainvisual.jpg
 (c)Sony Mobile Communications

 SONY さんの「Xperia 1」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1220万画素相当の標準、望遠、超広角カメラ)の仕様
  1.標準(というか広角?):ƒ/1.6絞り値(135判換算で26mm相当)
  2.望遠(というか普通?):ƒ/2.4絞り値(135判換算で52mm相当)
  3.超広角:ƒ/2.4絞り値(135判換算で16mm相当)

 関連リンク)
  Xperia 1(エクスペリア ワン) | ソニーモバイル公式サイト

トリプルカメラは「Xperia 1」の中心で縦一直線に、端正に整列しています。

SONY さんの「Xperia 1」のデザインを私は、麗しいと感じました。

 もし女性の名前で呼ぶなら文字通り、
 麗子さん、でしょう。

実際に当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」のお客さまにも、早速お求めになられた方
がいらっしゃって、目の前で実物を見せていただいたのですが、それは端麗で見事な
デザインでした。SONY さんらしい、エリート的な知性さえ感じさせます。

対する、Appleさんの「iPhone 11 Pro」を
いま一度、あらためて拝見いたしましょう。

▽Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
iphone-11-pro-specs-2019-1-edit.JPG
 (c)Apple Inc

 Appleさんの「iPhone 11 Pro」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  1.超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  2.広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)
  3.望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)

 関連リンク)
  iPhone 11 Pro - 仕様 - Apple(日本) (公式)

麗しい? かどうかは兎も角いかがでしょう?
知性よりは知恵を、私は感じました。ただし、
選び抜かれたエリートのそれとは違います。
もっと違う宙の彼方からもたらされた智慧?

 少なくとも麗子さんとは
 呼ばれないでしょう。

だって、ちょっと、人間離れしていますもの。

Appleさんの「iPhone 11 Pro」のトリプルカメラの、
それぞれの中心を結ぶとほぼ正三角形になりますね。
つまり、各カメラの間隔は、ほぼ等距離ということです。
光学用語でカメラのレンズの中心を「光軸」と呼びます。

光軸を等距離に保てる搭載数の上限がトリプルカメラ!

それは何?

一種の美学? それとも哲学? 信仰なのかな?

 トライアングル
 トリプルカメラ
 三種の神器?

▽【再掲載】
 Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
 (c)Apple Inc

そうでしたか。
“神さま”のデザインでしたか(@△@;)

 知識は過去の産物だが、
 知恵は未来をもたらす。
  ラムビー族(ネイティブ・アメリカン)の格言

令和元年(西暦2019年)、林檎の会社が創りました。

誰もがきっと、スマホの搭載カメラの数はもっと増えると期待していることでしょう。
そう考えている限り、トリプルカメラの正三角形レイアウトは思いつかないと思います。
もちろん、私だって思いもつきませんでしたよ。
というか、気付かない?


以上の記事は、
当ブログの2019年9月13日付記事の一部を再編集し、再掲載しています。

Appleさんは、「iPhone 11 Pro」へ搭載のトリプルカメラのデザインに独自の価値
観を抱いているように感じられます。今後もこのデザインを変えるようには思えません。

トリプルカメラのうち、超広角カメラをより望遠のカメラと差し替えたモデルも加えるか。
それとも、トリプルカメラにより望遠のカメラも並べたモデルを用意するか、まったく謎。

近年スマホの上位モデルは益々高価になる傾向でも、これから写真や映像の世界に
入門しようとする人にとってはスマホ一台で概ね用が足りることになり、新たに本格的
なカメラやハイエンドパソコンを買いそろえるよりはコストパフォーマンスは高そうです。
もし途中で飽きてもスマホはスマホとして役に立ち無駄な買い物にはならないでしょう。
(できれば飽きずに続けられると良いのですが。)

 電話もできますよね。


カメラで電話する私?

スマホの搭載カメラや関連アプリ、ネットサービスの充実で、本当に才能や可能性の
ある人たちが活躍できる時代になることを当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」としても
願ってやみません。

*この記事は、当ブログ2020年10月15日付記事に続きます。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 16:38| 業界の話題

2020年09月20日

「10年かけて卒業する」! アイドルグループからではないです。新型コロナのせいで居酒屋の経営からなのだそうです。新型コロナのせいでなくてもカメラ屋の経営からはとうに卒業しました。

*よろしければ、当ブログ2020年9月18日付記事もあわせてご覧ください。

  「10年かけて卒業する」!
  アイドルグループからではないです。
  新型コロナのせいで居酒屋の経営からなのだそうです。
  新型コロナのせいでなくてもカメラ屋の経営からはとうに卒業しました。

宴会の記念写真のカメラ係さんを率先して引受けることができるお客さまは長い間、
街のカメラ屋さんやカメラメーカーさんにとっても大のお得意さまであり続けました。
宴会のカメラ係さんは幹事さんを兼ねる場合も多く、宴会会場のお店とカメラ屋さん
とは、宴会好きのお得意さまをお互いに共有している場合も少なくありませんでした。

今となっては昔話ですが。

スマートフォン(スマホ)が普及してカメラも写真フィルムも売れなくなって、それでも
地元の方々から未だに「カメラ屋さん」と呼ばれている私たち写真店では、スマホの
普及によりおかげさまで、ホームパーティなどのお写真プリントのご注文も増えつつ
あり、新型コロナ禍を何とか乗り切ろうとしている今日この頃です。日頃のお客さまの
ご愛顧にあらためて深く感謝申し上げます。ほんとうに、どうもありがとうございます。

 <(_ _)>

街のケーキ屋さんをはじめ、個性豊かな食べもの屋さんにも深く感謝申し上げます。

  200918_irasutoya_photo_jidori.png
  (c)かわいいフリー素材集 いらすとや

ステキな被写体とシャッターチャンスとを創ってくださり、どうもありがとうございます。

<(_ _)>

▽越生町のマスコット。梅の妖精「うめりんハート
 越生町の特産品の梅干を保存している壺から現れました。

200617_ogose_umerinB-4.jpg

 (c)越生町

「うめりん」ちゃんも、
お客さまのお写真の中にいっぱい写ってくれて、どうもありがとうございます(^^) ♪

さて、

  居酒屋」って!?

地鶏居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニー社長の米山久さん
を毎日新聞さんが取材しました。取材記事タイトルにある通り、米山社長が描くのは
「外食の未来」であって「居酒屋の未来」ではありません。しかし低価格の居酒屋は、
学生さんや若い労働者さんにとって、新型コロナ禍後も拠り所になろう大切な存在。
私にとっても青春(?)の想い出です。

▽『毎日新聞』 2020年9月18日 23:01 付記事、
 「『10年かけて居酒屋を卒業する』塚田農場の米山久社長が描く外食の未来とは」
 のスクリーンショット。取材映像に「団体客 上司に誘われての宴会 減少↓、本当に
 好きな人と 少人数で食事 増加↑」の字幕が(当ブログ2020年9月18日付記事)。
200919_mainichi_100.JPG
 (c)毎日新聞

 関連ニュース)
  『毎日新聞』 2020年9月18日 23:01 付記事
  「10年かけて居酒屋を卒業する」
  塚田農場の米山久社長が描く外食の未来とは
 居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーの米山久社長が毎日新聞の取材に応じ、「10年かけて居酒屋を卒業する」と話した。新型コロナウイルスをきっかけに大手の居酒屋チェーンの客足は減少しており、「脱居酒屋」で生き残りを図る。
 新型コロナ感染拡大による外出自粛などで外食業界は大きな影響を受けているが、居酒屋は特に大きな打撃を受けている。米山氏は、客足減について「1年半から2年は続く」と予測する。
 そのうえで、感染拡大が収束しても新型コロナを機に広まった「新しい生活様式」が定着し、「団体や宴会の利用よりも、限られた人数で過ごす時代にどんどん変わるだろう」と指摘。企業などの団体から少人数の集まりに変わると質を重視するようになるため、量や価格の安さを売りにした「総合居酒屋」では生き残れないとして、地鶏やしゃぶしゃぶ、定食など料理に力を入れた専門店にかじを切る方針を示した。米山氏は、「飲み放題」が利用者に「安く酔えればいい」という風潮を生み出したとして、「『飲み放題』を変えていく必要がある」と語った。

出典)上記、『毎日新聞』 2020年6月2日 18:15 付記事より

  関連リンク)
   『apcompany / エー・ピーカンパニー 公式サイト』
   塚田農場 四十八漁場 関根精肉店 芝浦食肉
   http://www.apcompany.jp/

  「『飲み放題』を変えていく必要がある」のでしょうか?

地鶏居酒屋チェーン「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーさんは2001年に
設立、2013年に東証1部上場という比較的新しい会社さんです。株式会社は株主
様のもの。上場間もない会社さんですから株主様方のご意向(顔色)は尚更大事。
新型コロナ禍を受けての「脱居酒屋」の流れはエー・ピーカンパニーさんに限らない
ようですが、私にとって気になる居酒屋さんは、埼玉県ゆかりの次の会社さんです。

地酒の蔵元居酒屋「清龍」を東京都内で店舗展開している清龍酒造株式会社さん
(埼玉県蓮田市)は1865(慶応元)年創業の老舗の蔵元さんです。埼玉県内でも
年間清酒出荷量が特に多い酒造会社さんの1社ですが全量直販でそのほとんど
を蔵元居酒屋「清龍」などの直営の飲食店に出荷しています。このような販売方式
は全国でも清龍酒造さんだけだそうですがネット通販でも全国にファンを開拓され
ています。高級清酒はもちろんですが普通酒も丁寧な造りで常連さんに好評です。

どちらかというと高級志向の飲食店さんではお酒もそれに合わせ高級志向で揃え
ますが、若い方々が毎日のように通えるお店が「清龍」さんなら、普通がいいです。

  普通がいいです。

今は高級清酒まで最新設備で安く大量生産できる時代。むしろこだわりの普通酒
こそ地酒として大衆居酒屋の看板商品であって欲しい。でも地鶏は違うかな・・・?
普通酒は家庭料理、屋台料理、何でも合わないと売れないのです。そんなお話し。

なお、居酒屋「清龍」さんの宴会、宴席コースは「飲み放題」付きです(リンク参照)。

▽清酒「清龍」の醸造元、清龍酒造株式会社さん(埼玉県蓮田市)の公式サイトより。
 直営の蔵元居酒屋「清龍」を東京都内で店舗展開していますが、「お知らせ」です。
 「【閉店のお知らせ】 誠に勝手ながら、歌舞伎町店は8月21日(金)を持ちまして、
 閉店いたしました。開業以来36年間のご愛顧、誠にありがとうございました。引き
 続き、近隣の店舗をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。」残念です・・・。
200919seiryu_101.JPG
 (c)清龍酒造

 関連リンク集)
  『清龍酒造株式会社 公式サイト』  清龍酒造はお客様に直接、お酒をお届けします。|清龍酒造 (公式)
   作り手の顔が見える安心できるお酒を飲んでいただくために。 
    かつてはどんな小さな町にも大きな煙突のある蔵元が一軒はありました。
    地元で採れたお米でお酒を仕込み、
    酒蔵の煙突から出る煙が見える範囲の地域でお酒が消費される。
    それが地酒の良さでした。 
    しかしながら現在では、大手蔵元の最新設備による酒造りや
    近代的な流通の複雑な販売経路によって、
    その古き良き時代の日本酒が失われつつあります。 
    地酒の蔵元「清龍」では、作り手の顔が見える手造りのお酒を、
    お客様に安心して飲んでいただきたいと考えております。
    そのために直接お届けしております。
  https://www.seiryu-syuzou.co.jp/syuzou/seiryu_index.php
  居酒屋 清龍|清龍酒造 (公式)
   お店で飲んでるお酒が、小売価格でおみやげに。
    居酒屋清龍では通常店頭販売を行っておりませんが、
    ステイホームが推奨される中、美味しい清龍の日本酒
    を「たくのみ」していただきたく、期間限定で清酒清龍の
    店頭販売をいたします。
  https://www.seiryu-syuzou.co.jp/sakagura/brand/seiryu.html

蔵元居酒屋「清龍」を東京都内で店舗展開している清龍酒造株式会社さんについて、
次の当ブログ記事でもご紹介させていただきました。記事の一部を抜粋し以降の欄
に再掲載いたしましたので、どうぞご覧ください。

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年6月28日付記事
  新型コロナを乗り越えて! 夏の贈り物にもおすすめ!
  埼玉県産の素敵な清酒(日本酒)とスイーツでお家Cafe and Bar
  http://poppop.sblo.jp/article/187642517.html


以降の記事は上記の関連記事、
当ブログの2020年6月28日付記事の一部を抜粋、再編集し再掲載しています。


「清龍」というブランドからは、清酒の銘柄より居酒屋チェーン店さんを想い浮かべる
人の方が首都圏では多いでしょう。蓮田市の清龍酒造さんは日本で唯一、消費者へ
の直接販売を専門とする酒造メーカーさんです。工場直売やネット通販だけではなく、
地酒の蔵元として地域のお客さまのために居酒屋も直営されています。その店舗の
すべてがJR中央線より北側の東京都内の駅周辺で、9軒8軒中旗艦店3軒が池袋駅
周辺という現実感覚です。価格も手頃で質量ともに良心的。私も学生時代の飲み会
で大変お世話になりました。当時はチューハイばかりを注文し、埼玉県の蔵元さんの
直営店と知ったのはそれから十数年後。もっと早く地酒に目覚めるべきでした。商売
熱心な割にあまり商売っ気を感じさせないのは、埼玉県内の各事業者さん全般の特
徴です(清酒『清龍』も注文しないとお店に入りにくいということは決してありません)。

ここ数日間の報道で、
池袋の主にお酒を提供する飲食店さんの関係者の方々の間で
新型コロナウイルスの新たな感染者の発生が目立っていますが、
蔵元居酒屋「清龍」さんの場合は接待を伴う形態ではありません。
カラオケ設備もありませんので、静かに飲食する分にはそれほど
心配される必要はないと思います。

蔵元居酒屋「清龍」さんでは、
期間限定で清酒「清龍」の店頭販売をされているそうです。
販売期間など詳細はこちらの公式サイトの店舗情報ページをご参照ください。

▽直営の蔵元居酒屋「清龍」も東京都内で店舗展開してきた清酒「清龍」の醸造元、
 清龍酒造株式会社さん(埼玉県蓮田市)の公式サイト(2020年6月28日現在)。
200628_seiryu_101.JPG
200628_seiryu_102.JPG
 (c)清龍酒造

 関連リンク)
  『清龍酒造株式会社 公式サイト』

 池袋で飲む埼玉県のお酒も
 池袋で買う埼玉県のお酒も、
 どちらの味も格別なのです☆
 そんな、池袋の街。



以上の記事は、
当ブログの2020年6月28日付記事の一部を抜粋、再編集し再掲載しています。


 これからも“普通の写真店”って
 何となく良いですよね (^_^) ♪

*よろしければ、当ブログ2020年9月18日付記事もあわせてご覧ください。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 19:38| 業界の話題

2020年07月27日

【再掲載 / 2019年9月20日 開発発表】写真機。それは、枕元に置いて夢見るカメラ。PENTAXのブランドビジョン「PENTAX STATEMENT」2020年7月16日より公開【PENTAX / RICOH 一眼レフ】 「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」開業10周年感謝特別記念記事

*この記事は、2020年7月18日から31日にかけて編集、追記されたものです。
*この記事は、
2019年9月30日付記事を再編集し、再掲載しています。

  「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」開業10周年感謝特別記念記事

  【再掲載 / 2019年9月20日 開発発表】
  写真機。
  それは、枕元に置いて夢見るカメラ。
  PENTAXのブランドビジョン「PENTAX STATEMENT」
  2020年7月16日より公開

  【PENTAX / RICOH 一眼レフ】

 関連リンク) 2020年7月31日追記
  RICOH IMAGING 公式サイト|2020年7月31日付新着記事
  新APS-Cフラッグシップモデル最新情報
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/new_aps-c_dslr/

2020年7月18日追記
 PENTAXのブランドビジョン「PENTAX STATEMENT」スクリーンショットの抜粋。
 2020年7月16日より公開(こちらをクリック)。
200716_PENTAX_STATEMENT_101.JPG
200716_PENTAX_STATEMENT_102.JPG
200716_PENTAX_STATEMENT_103.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連リンク) 2020年7月18日追記
  RICOH IMAGING 公式サイト|2020年7月16日付新着コンテンツ
  PENTAXのブランドビジョン「PENTAX STATEMENT」を公開
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/brand/pentax/vision/
PENTAX believes in
the future of SLR photography.

一眼レフの未来を創る

レンズと光学式ファインダーを通った現実の光を、眼で見て、心で感じながら撮る。
その独創のメカニズムは、一眼レフカメラだけのもの。
撮った写真はもちろんのこと、どこで撮るかを考え、何を撮るかを決め、
完成した画を思い描いてシャッターを切る、
そんな撮影プロセスのすべてを愉しみつくすために、
日本で初めて一眼レフを造り上げたPENTAX。
私たちは、このカメラの新しい未来に挑み続けます。

〔中略〕

光学ファインダーへの飽くなきこだわり。

レンズを通った光がミラーで反射され、
プリズムによってファインダーの接眼部へと導かれる。
レンズが捉えた像をそのまま肉眼で見ることのできる
ガラス製ペンタプリズムを用いた光学ファインダーに、
私たちはこだわり続けます。
PENTAXならではの高い加工精度で造り上げた光学ファインダーは、
被写体への光の当たり具合や色合い、陰影などをエモーショナルに捕捉。
自分で見た映像から想像力を働かせ、表現したい画を
思い描いて撮影する。 その愉しさは、格別のもの。
ピントの山やボケ味をつかみやすいことも、
「感じたまま」を表現するために欠かせない性能です。

〔中略〕

PENTAX STATEMENT
私たちが私たちであるための、5つの決意。

写真が好きだからカメラを造る。
写真を愛するからこそ、写真をよく知るからこそ、写真好きに選ばれるカメラを造る。

対話するように撮れるカメラを理想とする。
感性と創造力を駆使し、被写体と言葉を交わすように自分だけの画を創れるカメラをめざす。

撮影プロセスまで愉しめるカメラにこだわる。
ファインダーを覗く、ピントを合わせる、シャッターを切る、画を創る。すべての「撮る快感」を追求する。

数値では測れない領域まで挑む。
数値的な高性能だけを求めるのではなく、開発者自身の感性をも盛り込んで深い味わいを追求する。

ユーザーの「写真体験」を資産とする。
ハードウェアだけでなく、撮る、創る、鑑賞する、すべての心躍る「写真体験」をユーザーと共有したい。

〔後略〕

出典)上記「PENTAX STATEMENT」より抜粋

 コンピューターを通さない
 本ものの自然の光が私を
 シャッターチャンスへ誘う。
 今度も、その次も、ずっと。
 釣り師の手には釣り竿を。
 写真家の手には写真機を。


モニターの映像と実際の撮影結果とでは、
色調などの誤差が小さいときもありますが、
条件によっては大きくなる場合もあります。
また、カメラに搭載のモニターの再現性は、
理想的環境の高級モニターに及びません。
上質な光学ファインダーは実に重宝します。

安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店 店 主
 (2020年7月18日追記

プロのマグロ漁師さんたちが愛用する本格派の釣り竿は、
趣味として釣りを楽しむ遊漁者の方々の間でも人気です。

一方、海なし県のご当地、埼玉県の荒川水系の清流では
夏の初めのこの季節、盛んになるのが鮎の「友釣り」です。

いずれの漁も専用の釣り竿は本格派になる程高価ですが、
鮎の友釣り用は「長さと軽さ、感度が求められるため、製造
には高度な技術、素材が求められ(友釣り Wikipedia)」、
カーボン製の最高級品は何と30〜50万円になり、FRP製
の釣り竿と比べると桁違いに高価になるようです。マグロ漁
の場合釣り竿が向かない漁場では竿を使わず釣るそうです。

 マグロ漁師さんの方が
 稼げそうですね(^_^;
  (そりゃそうだ!)

しかしながら、ご自身が釣る自慢の天然鮎しかお客さまに
お勧めしたくないという釣り師のご主人が腕を揮う料理店
も、少なからず存在するようです。そのような料理を予約
されるお客さまはきっと、お金でははかれない価値をその
ご主人の「おもてなし」に感じていらっしゃることでしょう。

2020年7月27日追記
 某グルメ漫画。
200727_oishinbo_8_ayunofurusato_301_302.jpg
私の誕生日は
永六輔さんやさだまさしさんと同じ4月10日「駅弁の日」。
であると同時に、実は「四万十の日」でもあったのでした。
200727_oishinbo_8_ayunofurusato_303.jpg
 出典:『美味しんぼ』 第8巻 「鮎のふるさと」 より
 (c)原作 雁屋哲 / 作画 花咲アキラ / 出版 小学館

私見ですが、
リコーイメージングさんが挑む「PENTAX」のビジョンは、
気がします。カメラマンを本業として稼ぎたいと思う方や、
そうしたカメラマンに憧れる方は多分、避けた方が無難な
写真機でしょう。

新型コロナウイルス感染症の世界規模での蔓延のため、
2020年の東京オリンピック、パラリンピックは延期され、
来年の開催も厳しい見通しです。メディア各社の報道で
大手メーカーさんのカメラが大活躍する場でもあります
が、リコーイメージングさんの「PENTAX」は何故か無縁。

だけど・・・、
RuRuRuRu〜〜 ♪
明日はきっと何かある。

そんな、写真機。

これからも期待してます、
リコーイメージングさん。

安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店 店 主

 関連動画リンク) 2020年7月23日追記
  尾藤イサオ 『あしたのジョー』 歌詞&動画視聴 - 歌ネット
  作詞:寺山修司、作曲:八木正生
  https://www.uta-net.com/movie/5062/

  写真機。
  それは、枕元に置いて夢見るカメラ。

写真機。

2020年7月23日更新
 写真機の一種。
 交換レンズを外したところ(写真はイメージです)。
 『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
 「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
 〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜」のスクリーンショット(こちら)。
200722_pentax_101.JPG
200722_pentax_102.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連動画リンク) 2020年7月23日追記
  『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
  これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
  〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜
  https://www.youtube.com/watch?v=49nIApVS4VA&t=952s

 関連リンク)
  RICOH IMAGING 公式サイト|2019年9月20日付ニュースリリース
  Kマウントデジタル一眼レフカメラを開発
  〜「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」で参考展示〜
  http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2019/20190920_027962.html

それは、枕元に置いて夢見るカメラ。

といっても、
真夜中に出てきたお化けを撮るためのものではなく、
夢で見たものを念写するためのものでもありません。

 念写とは(以下、略)、
  母校の写真学科でで習った!・・・覚えが消えてる?
   (↑実習サボった!・・・記憶も消えてる?)
    映画学科や演劇学科の人たちが時々やってたかも。
     (↑お芝居ですそれ多分、自主制作の。)

カメラなら毎晩、枕元に。

ホラ。

▽カメラの一種(写真はイメージです)。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

というか、それ、スマホです(-_-)

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

 参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年9月13日付記事
  Appleさんの「iPhone」もトリプルカメラに!
  あなたも私も「iPhone 11 Pro」!
  ご家族みなさまで「iPhone 11 Pro」!
  予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!

夢見るカメラ。

写真機。

良いですね!

▽写真機の一種(画像はイメージです)。
 「ペンタックス」、「PENTAX」、「ペンタックス」、「PENTAX」。
190920_IMG_5898.jpg190920_IMG_5899.jpg
 「ボーエンだよ、ボーエンだよ、ボーエンだよ」、「ワイドだよ」。
190920_IMG_5892.jpg190920_IMG_5893.jpg
▽「1000mmだよ、1000mmだよ、1000mmだよ、1000mmだよ、1000mm」。
190920_IMG_5894.jpg190920_IMG_5895.jpg
▽「アサヒ ペンタックス」。
▽△1962年頃の「ペンタックスSV」TVCM(通称「黒い男」)より、スクリーンショット。
190920_IMG_5896.jpg
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)  出典:WEBで検索

   ↑
 「ワイドだよ」って!?
   ↓

▽“不思議な商品”の露天商を営む謎の老婆:
 「ワイドだよ」という意味でございます。
 それは お買いになった方だけがわかるのございます(決して後悔はさせません)。
 (『週刊ストーリーランド』第40回、「生み出すニワトリ(ロケ地:きっと埼玉)」より)
IMG_1033.png
 (c)富士フイルム(?)、日本テレビ、トムス・エンタテインメント(東京ムービー)

“不思議な商品”の露天商を営む謎の老婆から、

   ↑
 「ワイドだよ」を
 お買いになった方が
 おわかりになられたようです。
   ↓

▽おうちのお父さん(画像はイメージです)。
numa_lens_hamaru_man.png
 (c)いらすとや

「お父さんが落としたのはこの“ 金の飾り帯 を巻いたレンズ”ですか?」
「ではこの“ 緑の飾り帯 を巻いたレンズ”ですか?」
「あとは“サードパーティ製レンズ”か“東側のデッドコピーレンズ”だけですね」

「女神さま、私が落としたレンズはまさしく“それ”です!」
(“XRリケノン”は“サードパーティ製”じゃないよぅ(ToT; )
  ↑ あと“コズミカ”も(謎?)

正直なお父さんは
女神さまごと全部持ち帰ったらお母さんに叱られました。

「“金の斧”は!? “銀の斧”は!? どうして無いのっ (•`O´•)!?」

ヨキケス(斧消す)じゃなくてスケキヨにされかけたところで
目が覚めたお父さんでした。

▽女神さま(画像はイメージです)。
ginnoono_kinnoono.png
 (c)いらすとや

 関連リンク集)
  レンズ沼のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (公式)
   一眼レフカメラのレンズを買い続ける沼に落ちた人のイラストです。
  https://www.irasutoya.com/2017/09/blog-post_129.html
  金の斧と銀の斧のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (公式)
   イソップ物語のひとつ「金の斧」のワンシーン、
   川から出てきた女神様が金の斧と銀の斧を差し出しているイラストです。
  https://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_938.html

2020年7月23日追記
 写真機用交換レンズの例。
 『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
 「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
 〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜」のスクリーンショット(こちら)。
200722_pentax_103.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連動画リンク) 2020年7月23日追記
  『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
  これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
  〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜
  https://www.youtube.com/watch?v=49nIApVS4VA&t=952s

写真機には様ざまな種類のレンズのほか、
写真機ならではの付属品も用意されています。
写真機の象徴とも言える付属品の一部をご紹介します。

▽写真機の付属品の一例(偽物にご注意ください)。
 枕元に置いて夢見るカメラのホットシューこそ、写真機の象徴。これはそのカバー。
 「枕 カバー?」 ←ちがいます(-_-)
 撮影のとき何にどう使用するのか、知らなくても特に困ることはないので安心です。
 知っていても別に得しませんが、それでも欲しい人のための“不思議な商品”です。
 貴重な逸品を撮影中失くすと困るので、寝室の棚で大切に保管すると良いでしょう。
 「枕 カバー?」 ←ちがいます(-_-;!
 「全世界3000個限定で新発売」は、信じてもらえないとお気の毒。そんな世の中。
190920_o_hc171.jpg
▽ホットシューカバー「O-HC171」の公式直販サイトのスクリーンショット。
 発売は2019年10月4日ですが、発表された9月20日の時点で販売予定数量に
 達し予約受付終了したそうです。お友だちの分も予約した人が多かったのでしょう。
191004_pentax-hot-shoe-cover-o-hc171_01.JPG191004_pentax-hot-shoe-cover-o-hc171_02.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連リンク集)
  RICOH IMAGING 公式サイト|2019年9月20日付ニュースリリース
  PENTAX 100YEARS OF HISTORYを記念した
  オリジナルデザインのホットシューカバーを全世界3000個限定で新発売
  http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2019/20190920_027955.html
  PENTAX 100 YEARS OF HISTORY記念アクセサリー (公式)
  PENTAX 100YEARS OF HISTORY | RICOH IMAGING (公式直販サイト)
  https://ricohimagingstore.com/original-goods/pentax-100-years-of-history.html
  ホットシューカバー O-HC171 | RICOH IMAGING(公式直販サイト)
  https://ricohimagingstore.com/pentax-hot-shoe-cover-o-hc171-s0031080.html
 PENTAX 100YEARS OF HISTORYを記念した
 オリジナルデザインの
ホットシューカバーを
 全世界3000個限定で新発売

 リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、2019年11月27日に当社がカメラ製品等で展開している「PENTAX」(ペンタックス)ブランドの起源である旭光学工業合資会社(当時)の誕生から100年を迎えることを記念し、オリジナルデザインのホットシューカバーを数量限定で発売いたします。

 製品名  ホットシューカバー「O-HC171」
 価格   オープン価格
 発売日  2019年10月4日
 販売数量 全世界 3000個限定

 主な特長

・ホーニング加工による精密な仕上げで研ぎあげたメタルパーツの上面に「PENTAX 100YEARS OF HISTORY」ロゴを鏡面仕上げであしらった、高級感のあるデザインです。着脱時の指がかりを良くするための別パーツを用意し、カシメ加工で強固に固定しています。
・ブラックとシルバーどちらのカメラボディにもマッチするガンメタルカラーを採用しています。

出典)上記、RICOH IMAGING 公式サイト
   2019年9月20日付ニュースリリースより

▽写真機の付属品の一例。
 「フラッシュを浴びる」のフラッシュですよ。ストロボ、スピードライトとも呼ばれます。
 写真機以外のカメラでは特殊効果以外まず使用されないほど写真機の象徴です。
 (リコーイメージングさんは現在、呼び方を「フラッシュ」に統一しているようです。)
190920_PENTAX_s0030456.jpg
 (c)リコーイメージング

 関連リンク集)
  RICOH IMAGING 公式サイト|フラッシュ関連 (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/accessory/index35_st.html
  *オートフラッシュ AF540FGZ II | RICOH IMAGING (公式直販サイト)
  https://ricohimagingstore.com/pentax-af540fgz2-s0030456.html

▽写真機の付属品、フラッシュの「使用説明書」の表紙。
 表紙を見ただけでも、付属品の写真機への装着例が理解できます。
 下図は上の「ペンタックスオートフラッシュ AF540FGZ U」の使用説明書の表紙。
 図のように、カメラのホットシューに直接装着して使用すれば写真機そのものです。
 なお、ホットシューは元々アクセサリーシューとも呼ばれていましたが、フラッシュ
 との接続部に電気接点を設けコードレスにしたタイプはホットシューと呼ばれます。
 上述のホットシューカバーは、電気接点を汚れや衝撃などから保護するものです。
190920_PENTAX_190920_acc_st_af360fg2.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連リンク)
  使用説明書 / ダウンロード / サポート | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/manual/
  『ペンタックスオートフラッシュ AF540FGZ U 使用説明書』のPDFはこちら


 前置きが長くなり
  誠に申し訳ありません<(_ _)>

 ここから本題です。

新型写真機。

まさに、枕元に置いて夢見るカメラ。

といっても、
まだ開発中の試作品なので、
写真機自体が“夢見るカメラ”そのものと言えるかもしれません。

2019年9月20日付で
リコーイメージングさんから開発発表された新型写真機の試作品をご紹介します。
「ペンタックス」ブランドの高級デジタル一眼レフカメラですが、詳細は非公開です。
ニュースリリースでは「発売時期:2020年中をターゲットに開発中 ・価格:未定」です。

▽写真機の一種。
 交換レンズを外したところ。
 (2019年9月20日付でリコーイメージングさんから開発発表された試作品。)
 来年この写真機を手に入れる方はその晩、枕元に置いて良い夢を見ることでしょう。
190920_PENTAX_K_201.jpg
190920_PENTAX_K_202.jpg
 (c)リコーイメージング

 関連ニュース)
  『デジカメ Watch』 2019年9月21日記事
  リコーイメージング、開発中のデジタル一眼レフカメラを
  ファンイベントに参考出品 - 

 関連リンク)
  RICOH IMAGING 公式サイト|2019年9月20日付ニュースリリース
  Kマウントデジタル一眼レフカメラを開発
  〜「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」で参考展示〜
  http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2019/20190920_027962.html
Kマウントデジタル一眼レフカメラを開発
〜「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」で参考展示〜

 リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、9月21日から世界各地で順次開催を予定しているファンイベント「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」注において、現在開発中のKシリーズデジタル一眼レフカメラを参考展示いたしますのでお知らせいたします。また、東京・大阪での「PENTAXミーティング」開催後、1週間の期間限定でリコーイメージングスクエア新宿(9月23日〜9月29日)、リコーイメージングスクエア大阪(9月29日〜10月5日)においても参考展示をおこないます。

注:国内のPENTAXミーティングは、お申し込みの受付を終了しています。

 参考展示製品の概要

 ●デジタル一眼レフカメラ

 製品名:未定

・APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載した当社Kマウントデジタル一眼レフカメラの最上位モデル
・発売時期:2020年中をターゲットに開発中
・価格:未定

※上記製品の仕様・外観等は最終決定ではありません。

出典)上記、RICOH IMAGING 公式サイト
   2019年9月20日付ニュースリリース(太字は原文のまま)より

上記ニュースリリース中の「Kマウント」については、次の公式サイト内の頁をご参照
ください。ここでの「マウント」とはカメラ本体と交換レンズ類とを着脱するための座金
のことです。「マウント」には多くの規格があり、「Kマウント」はリコーイメージングさん
の前身企業の旧、旭光学工業さんが1970年代に策定し、後に親会社となる現在の
リコーさんにも、同年代から採用されました。「Kマウント」は由緒ある「マウント」です。

 関連リンク)
  RICOH IMAGING 公式サイト
  リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980|リコー XR-1 / XR-2
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/ricoh-filmcamera/cameralist/XR-1-2.html

余談ですが、旧、旭光学工業さんの工場(1940年竣工)は、
東京都板橋区大山(後に同区前野町へ本社社屋と共に移転)にありました。
私の父方の祖父も同じ時期、大山でレンズなどの光学部品加工業を営んでいたと、
当ブログの先だっての記事でもご紹介させていただきました。
お互いにご近所さん同士だったのですね。

▽『PENTAX official | 続・知れば知るほどPENTAX』 (公式)、
 「2019.12.31 PENTAXの歴史 | さらば!愛しの板橋本社(ラリー)」のスクショ。
191231_pentaxofficial_3222.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連リンク) 2020年7月25日追記
  PENTAX official | 続・知れば知るほどPENTAX (公式)
  2019.12.31 PENTAXの歴史 | さらば!愛しの板橋本社(ラリー)
  https://pentaxofficial.com/shirebashiruhodo/3222/

 関連リンク)
  PENTAX HISTORY since 1919 | COURSE OF HISTORY (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/pentax/pentaxhistory/course/

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年8月6日付記事
  今日、2019年8月6日は、74回目の広島原爆忌です
  http://poppop.sblo.jp/article/186379110.html

 関連記事) 2020年7月25日追記
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年12月4日付記事
  当店の店名の由来のおはなし 「吉川写真店」と「しゃしんのポップ」〔その4〕

祖父の大山の町工場は事業所名こそ“三笠光学”と命名していましたが、
硝子不足で仕事を失いかけ大きな紙風船の加工を請け負って食い繋いでいたところ、
空襲に遭って工場は全焼し、廃業に至りました。第二次世界大戦中の出来事でした。

私見ですが、かつて
東京都板橋区内に本社工場を構えていた時代のメーカー各社さんのカメラ、写真機、
レンズ類はどれもみな最高でした。生まれも育ちも板橋区赤塚新町の私の誇りです。

  一眼レフカメラのトップカバーが
  屋根型である所以(ゆえん)

一眼レフカメラは、二眼レフカメラなども含めたレフレックスカメラの一種。その原型
は素描を補助する携行用「カメラ・オブスクラ」に見ることもできます。写真機としての
一眼レフカメラの歴史もたいへん古く、今から180年前に始まる写真産業の黎明期
までさかのぼると考えて良いでしょう。基本構造は簡単です。レンズと感光材料との
間に設けたミラーにより、カメラ上部に設置したすりガラス状のピントグラス(フォーカ
シングスクリーンとも呼ばれます)にレンズが作る実像を投影します。撮影者はピント
グラスでピントや構図を確認した後、ミラーを上方へ跳ね上げる操作をすれば、すぐ
撮影体勢に移れて便利です。この操作は長らく手動か半自動の時代が続きましたが、
煩わしさを避けるためカメラを二段に重ねた二眼レフカメラも考案されました。その後、
「ペンタックス」ブランドを産み出した旧、旭光学工業さんが世界に先駆けてミラーの
上下動作の完全自動化に取り組み製品化に成功しました。クイックリターンミラーと
呼ばれるその新機構を採用した製品が1954年発売の「アサヒフレックス IIB」です。

▽1954年に発売された「アサヒフレックス IIB」。
 1952年発売の、日本初の35mmフィルム用一眼レフカメラ「アサヒフレックス I」
 に新機構のクイックリターンミラーを組み込み、一眼レフの実用性を高めました。
 目の高さで縦位置構図の写真も撮りやすいよう光学式ビューファインダーも装備。
190924_img_asahiflex_IIB.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

初期の一眼レフカメラはピントグラスを上から覗くのが普通で「アサヒフレックス IIB」
も例外ではありませんでした。ピントグラスの上にペンタダハプリズムというプリズム
とそれに続く接眼レンズとを設置すれば、カメラを自然に目の前で構えることができ
ます。旧、旭光学工業さんは製造が困難なペンタダハプリズムの量産化にも世界に
先駆けて成功しました。

▽一眼レフカメラの標準的なペンタダハプリズムを用いた光学式ファインダーの光路。
 この透視図は「ペンタックス K-1」(「ペンタックス K-1」の当ブログ記事はこちら)。
K-1 fea04_03.jpg
 (c)リコーイメージング

ペンタダハプリズムの“ダハ(dach)”はドイツ語で“屋根”を意味し、横から見ると5角
柱に見えるプリズムの一辺に相当する所が直角の屋根状に加工されていることから
ペンタダハプリズムと呼ばれています。このダハプリズムを採用した一眼レフカメラは
必然的に、その部分を屋根型のカバーで覆ったような、特徴あるデザインになります。

ペンタダハプリズムの量産化に成功した旧、旭光学工業さんがその成果を取り入れ、
1957年に発売した「アサヒペンタックス(通称AP)」が正にその典型でした。発売時に
街の写真店(カメラ屋さん)店頭で、屋根型カバーの外観が人目を引いたことは、言う
までもありません。世のお父さん方の心をショーウィンドウに釘付けにしたことでしょう。

▽旧、旭光学工業さんは、製造が困難なペンタダハプリズムの量産化にも世界に先
 駆けて成功し、1957年発売の「アサヒペンタックス(通称AP)」から採用しました。


190624_img_asahi_pentax.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

「アサヒペンタックス」の成功はカメラメーカー各社に大きな影響を及ぼしました。以降、
レンズ交換式写真機の代名詞として、一眼レフカメラは隆盛を極めることになります。

東京オリンピックが開催され東海道新幹線(東京〜新大阪間)が開業した1964年、
 「アサヒフレックス IIB」の発売から10年を経て、露出計を内蔵し、颯爽と登場した
 「アサヒペンタックス SP」。露出合せの失敗は激減し、プロ用としてはもちろん家庭
 用としても爆発的に売れました。次の開発目標はピント合わせも含めた完全自動化
 でしたが、諸般の事情により23年後の1987年発売の「ペンタックス SFX」(後述)
 でようやく旧、旭光学工業さんは全自動一眼レフカメラの市場参入を果たしました。
190924_img_asahi_pentax_SP.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

「アサヒペンタックス SP」にはまだホットシューがなく、着脱式アクセサリーシューが
別売の付属品として用意されました。なので、会社を世界的な大手カメラメーカーの
地位へと導いた記録的ヒット商品であるにもかかわらず、上述のホットシューカバー
「O-HC171」とはあまり縁がないのです。でも、それでいい。飾りはいらない潔さ。

2020年7月23日追記
 『雑誌 買取 - メルク堂古書店』 (公式)より、
 「アサヒカメラ 1964年10月復刊15周年記念増大号」在庫照会ページのスクショ。
 「新しい東京・東京オリンピックの撮影ガイド」の特集記事、「アサヒペンタックスSP
 (ニューフェース診断室)」の連載記事の見出しが五輪開催の高揚感を偲ばせます。 
200725_asahicamera_1965_10.JPG200723_asahicamera_1965_10.JPG
 (c)メルク堂古書店 / 朝日新聞出版

 ご参考リンク) 2020年7月23日追記
  『雑誌 買取 - メルク堂古書店』 (公式)
  「アサヒカメラ 1964年10月 復刊15周年記念増大号」
   世界の風景、東京オリンピックの撮影ガイド
   アサヒペンタックスSP(ニューフェース診断室)
  https://melkdo.jp/view/1605121010

2020年7月24日追記
 『アサヒカメラ』 2020年6月号表紙(左)と同、7月号表紙(右)。
200601_asahicamera.jpg200701_asahicamera.jpg
 (c)朝日新聞出版

2020年7月24日追記
 『朝日新聞出版 最新刊行物』 雑誌 (公式)、
 「『アサヒカメラ』 2020年7月号」のスクショ。「新製品フラッシュ&レビュー」では
 「リコーイメージング HD PENTAX-D FA*85mmF1.4ED SDM AW」を紹介。
200701_asahicamera_101.JPG
200701_asahicamera_102.JPG
 (c)朝日新聞出版

 ご参考リンク) 2020年7月24日追記
  『朝日新聞出版 最新刊行物』 雑誌 (公式)
  「アサヒカメラ」 2020年7月号
  https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22018

2020年7月24日追記
 『朝日新聞出版 最新刊行物』 2020年6月 お知らせ (公式)、
 「『アサヒカメラ』休刊のお知らせ」のスクリーンショット。
200601_publications.asahi.JPG
 (c)朝日新聞出版

  ご参考リンク) 2020年7月24日追記
  『朝日新聞出版 最新刊行物』 2020年6月 お知らせ (公式)
  『アサヒカメラ』休刊のお知らせ
  https://publications.asahi.com/news/1385.shtml
アサヒカメラ」休刊のお知らせ

2020年6月
朝日新聞出版

 月刊誌『アサヒカメラ』(毎月20日発行)は2020年7月号(6月19日発売)をもって休刊します。
 コロナ禍による広告費の激減により、誠に残念ではありますが、これ以上維持していくことが困難となりました。
 『アサヒカメラ』は、1926(大正15)年4月の創刊以来、日本最古の総合カメラ誌として、多くの写真家に愛されてきました。カメラの最新情報や、国内外で活躍する第一線の写真家の作品を紹介するとともに、写真コンテスト等を実施してきました。
 94年という長きにわたり、ご愛読、ご協力くださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。
 今後、カメラ・写真の情報に関しては、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.」内での記事を配信していきます。増刊やムックに関しては引き続き刊行する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。
 なお、木村伊兵衛写真賞は引き続き、朝日新聞社及び朝日新聞出版が共催して参ります。

出典)上記『朝日新聞出版 最新刊行物』 2020年6月お知らせ(公式)より

2020年7月25日追記
 『BCN+R』 2020年4月28日 15:00 付記事、
 「『月刊カメラマン』突然の休刊、カメラ雑誌の老舗に何があった?」のスクショ。
200428_bcnretail_100.JPG
 (c)BCN

 ご参考ニュース) 2020年7月25日追記
  『BCN+R』 2020年4月28日 15:00 付記事
  『月刊カメラマン』突然の休刊、カメラ雑誌の老舗に何があった?
 創刊以来42年の歴史を持つカメラ雑誌の老舗『月刊カメラマン』が、4月20日発売の2020年5月号で突然休刊した。4月22日、発行元のモーターマガジン社がウェブサイトで発表した。通常、雑誌が休刊したり廃刊したりする際には、編集長の挨拶などを掲載するのが出版界の慣例。しかし、5月号には休刊の告知が一切なく、次号の予告も掲載したまま。突然の休刊だったことがうかがえる。
 月刊カメラマンの井戸川博英編集局長は、「休刊は会社の方針として突然決まった。新型コロナウイルスとの関連性など理由については、社として明らかにできないが察してほしい」と話す。広告主や執筆陣など、関係者に休刊を連絡したのは4月21日の10時だったという。ぎりぎりの決断だったようだ。坂本直樹編集長も4月21日、Facebookで休刊を報告。長年の協力や購読に感謝を述べた後、引き続き「MOOK制作やカレンダー・写真作品販売などで邁進」すると発表した。
 今後は『月刊カメラマン』の姉妹サイト「Webカメラマン」やFacebook、YouTubeなどで情報発信を継続する。同誌の人気企画だった「激論! 間違いだらけのカメラ選び」なども、ネット上での展開を視野に入れ「カメラマン編集部らしい他メディアでは真似のできない、大胆かつユニークなコンテンツを展開していく」(井戸川編集局長)予定だ。なお、読者投稿の写真作品で構成する「フォトコンテスト」については、「ウェブ上でも継続して実施するかどうかは検討中」(同)という。ネットを駆使した新生「カメラマン」の再起に期待したい。(BCN・道越一郎)

出典)上記『BCN+R』 2020年4月28日 15:00 付記事より

2020年7月25日追記
 『BCN+R』 2020年6月3日 12:34 付記事、
 「『アサヒカメラ』も休刊、純広告11ページに激減で白旗、カメラ7割減が直撃」の
 スクリーンショット。
200603_bcnretail_101.JPG
200603_bcnretail_102.JPG
 (c)BCN

 ご参考ニュース) 2020年7月25日追記
  『BCN+R』 2020年6月3日 12:34 付記事
  『アサヒカメラ』も休刊、純広告11ページに激減で白旗、カメラ7割減が直撃
 朝日新聞出版は6月1日、月刊カメラ雑誌「アサヒカメラ」を6月19日発売の2020年7月号で休刊すると発表した。1926年(大正15年)4月に創刊し、今年で94年目を数える総合カメラ誌がまもなく消える。2010年頃までは5万部以上あった発行部数は徐々に減少。2018年以降は2万部台まで落ち込んでいたものの、直近の数号は3万1500部まで持ち直していた。しかし、同社によると「この数年伸び悩んでいた広告収入が、今回のコロナ禍で激減。紙の定期刊行物を維持することが困難だと判断」し、休刊を決めたという。
 休刊直前の6月号に掲載されている純広告のページ数は、自社広告を除くと11ページ。しかも、カラーの広告ページはわずか5ページしかない。窮状がうかがえる。一方、誌面は充実している。「いまこそ、フィルム!」と題した渾身の特集だ。デジタルカメラ全盛時代に、あえてアナログのフィルムやカメラ、写真をぶつけた。
 特に、現在入手可能な68種類のフィルム特性を実写で比較した企画や現在入手可能なフィルムカメラをまとめた企画は圧巻だ。まるで100年近くカメラ雑誌の頂点に君臨してきた同誌の墓標のようだ。
 今後は、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.」内の記事としてカメラや写真関連の情報を配信。写真家の作品や撮影ノウハウの紹介、撮影ルールやマナーの問題などにも取り組んでいく。紙媒体は増刊やムックなどで引き続き刊行していく方針。同誌中心に実施してきた木村伊兵衛写真賞については、朝日新聞社、朝日新聞出版の共催で継続する。
 今年に入って古参のカメラ雑誌が消えるのは、4月に突然休刊した「月刊カメラマン」に続き2誌目。スマートフォンの影響で、もともと縮小傾向にあるカメラ市場だが、新型コロナウイルス感染症の影響が加わって、販売台数は激減している。
 特に、3月以降の縮小はすさまじく、BCNが調査した販売台数前年同月比は3月が50.1%、4月が31.5%と7割減。5月は多少持ち直したものの35.5%と回復には程遠い。カメラ雑誌の淘汰はさらに進みそうだ。(BCN・道越一郎)

出典)上記『BCN+R』 2020年6月3日 12:34 付記事より

メーカーさんも出版社さんも各種法人さんも公共団体さんも個人でさえも今や、
「YouTube」に自前の公式チャンネルを持ち、動画で続々情報発信する時代です。

 写真家も「YouTube」デビューしないと
 写真家として認知してもらえない時代!

プロもアマチュアもその点は同じです。
写真家、フォトグラファーを目指す前に先ず一度“YouTuber(ユーチューバー)”、
映像作家になりましょう。ただし、独りだけでやるのなら多分、続かないと思います。

あの日にかえりたい、ひこうき雲で。

2020年7月27日追記
 「君が、大人になる頃、僕は、プロになっているかもしれない。PENTAX MG。
 〜初めから、本物」青春の後ろ姿を想い出す私。泣きながらちぎれない写真。
200727_IMG_0060.jpg200727_IMG_0062.jpg200727_IMG_0064.jpg200727_IMG_0065.jpg200727_IMG_0063.jpg200727_IMG_0066.jpg
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)  出典:WEBで検索

 初めから、本物
 っていいですね

「アサヒペンタックス SP」は個人的に歴代ペンタックスの中でも特にお気に入りです。
私とほぼ同世代という親近感もありますがこれほど飾り気のないペンタックスは本機
とその姉妹機の「アサヒペンタックス SL」くらいです。清楚で、それでいて精悍な印象
が好きです。残念ながら使用した経験はないのですが、私が以前勤務していた都内
の某出版社で年末の大掃除の際、私がどこからか見つけ創業社長に伝えたところ、
「あなたにあげます」と譲り受けました。メーカーさんに診てもらったら「修理不能」と
いうことでしたが、置き物として今も記念に取ってあります。

「アサヒペンタックス SP」の基本設計は1995年販売終了の「ペンタックス K1000」
(後述)まで受け継がれました。「SP」より後の製品はホットシューも標準装備です。

次のカメラは、中学校入学前、東武東上線大山駅近くの洋品店で制服を見繕った後、
偶然前を通った写真屋さんの店頭で見つけて購入。私が初めて枕元に置いて夢見た
カメラです。それは、小さい子供の頃の想いでの夢か、大人に近づくことへの憧れの
夢か、そのときから、私の生きる世界は大きく変化したように感じました。それは私の
未来の可能性を切り開いたのか、それとも選択肢を切り落とし狭めてしまったのかは、
未だ謎?

 いずれにせよ、
 写真機のシャッターは
 夢の中でも良く切れるものです。

カメラを手にすることで、視野が広くなる人もいれば、狭くなる人もいます。
(注:レンズを換えても変わりません。)
それが解ったところで何がどうなるわけでもないですが、
覚えておいて損は無い邪魔にはならないと思います。
スマホをお忘れなく。

▽1975年発売の「アサヒペンタックス KM」。私が初めて手に入れた一眼レフです。
 1964年発売の「アサヒペンタックス SP」の基本設計を受け継ぎ新しく策定された
 先述の「Kマウント」を初めて採用。新しい交換レンズ類や姉妹機とともに発売され
 ました。「アサヒペンタックス KM」は機能を整理した「同 K1000」を事実上の同型
 機とし、「K1000」販売終了の1995年まで20年に及ぶロングセラーになりました。
 その間、若干のマイナーチェンジのみで仕様変更はほとんどなく、私も同様でした。
190625_img_asahi_pentax_KM.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

▽1986年(海外では1976年から)発売開始の「アサヒペンタックス K1000」。写真
 は後期型の「ペンタックス K1000」で、「ASAHI」のロゴや「AOCO」のシンボルが
 なくなって少し寂しくなりました。「アサヒペンタックス KM」の事実上の同型機です。
190924_img_asahi_pentax_K1000.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

 関連リンク)
  『比企ライフネット』 (個人サイト)
  話題のこーなー 2002年8月19日 記
  小川生まれの珠玉の逸品 ペンタックスレンズの思い出
  http://hiki-life.net/main/topics/topics02/020819/

次のカメラは「アサヒペンタックス KM」の姉妹機にも見えますが、機能は似ていても、
まったく設計の異なる製品です。2011年10月1日以降は同じ企業グループですが、
当初は旧、旭光学工業さんと現、リコーさんとは別々の企業でした。今から100年前、
1919年に創業した旧、旭光学工業合資会社さんは19年後、1938年に株式会社に
改組したのですが、実は旭光学工業株式会社の屋号は先にリコーさんの前身である
理研光学さんが関連会社の社名に用いていた屋号を、無償で旧、旭光学工業さんが
譲り受け改組できたという経緯があったと伝えられています(本当の事情は、もう少し
複雑だったのかもしれません)。そのため、両社の関係は昔から友好的で、1977年
発売の「リコー XR-1」にも、両社間の正式協議を経て「Kマウント」が採用されました。

▽1977年発売の「リコー XR-1」。
 「Kマウント」を採用し、リコーブランドとペンタックスブランドと両方の交換レンズ類
 が共用できることから話題になりました。リコーさんの「Kマウント」は正式協議を経
 た採用でしたがその後「Kマウント」はオープン規格になり他社でも採用されました。

190920_RICHO_XR-1.jpg
 (c)リコーイメージング(現、リコー)

 関連リンク集)
  PENTAX | ブランド | RICOH IMAGING (公式)
  2019年11月27日、「PENTAX」は
  その起源となった旭光学工業合資会社(当時)の誕生から100年を迎えます。
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/brand/pentax/
  PENTAX HISTORY since 1919 (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/pentax/pentaxhistory/
  リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980|リコー XR-1 / XR-2 (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/ricoh-filmcamera/cameralist/XR-1-2.html

次のカメラは、長くなるので説明は
省略させていただきます(ミノルタ・ハネウェル特許訴訟 - Wikipedia)。
なお、先述の「アサヒペンタックス SP」は米国のハネウェルさんから
「ハネウェルペンタックス SP」として発売された実績もあり、露出やピント、
フラッシュのシステムなどの自動化で旧、旭光学工業さんとハネウェルさんとは
一時期、協同で研究開発する関係でもあったようです(やはり、長くなりますね)。

▽1987年発売の「ペンタックス SFX」(未来のカメラに見えますが違います)。
 当時はすでにカメラメーカー数社がピント合わせも含めた全自動一眼レフカメラを
 発売していましたが、諸般の事情で発売が遅れた本製品が、旧、旭光学工業さん
 初の全自動一眼レフカメラになりました。ペンタダハプリズムの上に小型フラッシュ
 を収納式に内蔵したのは本製品が世界初で、一眼レフの特徴だった屋根型カバー
 はデザイン上、面影も残らないほど忘れられたような扱いになってしまっています。
 ホットシューは正面から見て向かって左隅に移動しました。「O-HC171」も隅に?
190924_img_pentax_SFX.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

2000年頃から各メーカーさんの主力一眼レフもフィルムからデジタルカメラの時代
に入り、旧、旭光学工業さんも開発中の試作品を発表するなど注目を集めましたが、
他社よりも小型軽量なその試作品に満足せず、なお小型軽量化を突き詰めた製品が
ついに3年後の2003年に発売され、私も速攻で他社製品から買い換えました(笑)。
その名は、「ペンタックス *istD(イストディー、*は発音しません)」といいます(笑)。

リコーイメージングさんが開発発表した上記の試作品(この後も写真を再掲載します)
の、直接のルーツになった製品として評価して良いと思います。もう16年も前の製品
になりますが、良い写真機です。

▽2003年発売のペンタックス初のデジタル一眼レフカメラ、
 「ペンタックス *istD(イストディー、*は発音しません)」。
 内蔵フラッシュのカバーが、一眼レフカメラの特徴とも言えるペンタダハプリズムの
 屋根型カバーの意匠を模したデザインになり、懐かしいフォルムが再現されました。
 上述の「ペンタックス SFX」に比べ内蔵フラッシュが小型化されて甦った外観です。
 ホットシューもこの頃の製品では従来の位置にもどっています。
190924_img_pentax_ist_D.png
 (c)リコーイメージング(旧、ペンタックス)

 関連リンク) ↓まだ見れます(@▽@;)! 懐かし〜(生産終了製品)。
  *ist D|デジタル一眼レフカメラ | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/digital/ist-d/

▽2010年発売の「ペンタックス K-5」。当店臨時スタッフ仲田の愛機で私も愛用。
 上記「ペンタックス *istD(イストディー、*は発音しません)」の発展型モデル。
 内蔵フラッシュカバーがよりペンタダハプリズムの屋根型カバーらしく先祖返り。
190924_img_pentax_K-5.png
 (c)リコーイメージング

 関連リンク) まだ見れます(生産終了製品)。
  K-5|デジタル一眼レフカメラ | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-5/feature.html

▽【再掲載】
 あらためてリコーイメージングさんが開発発表した上記の試作品を見てみましょう。
 屋根型カバーは単なる見せかけではなく、正真正銘ペンタダハプリズムのカバー
 です。その復活のため内蔵フラッシュはあえて省略されより精悍な印象を感じます。
 (近年のデジカメは高画質の超高感度撮影ができフラッシュの出番は減りました。)
 一目で「ペンタックス」のデジタル一眼レフカメラだと分かるデザインになりました!
190920_PENTAX_K_201.jpg
190920_PENTAX_K_202.jpg
▽【再掲載】2020年7月23日追記
 『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
 「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
 〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜」のスクリーンショット(こちら)。
 本動画では2019年9月20日付で開発発表された上記試作品のシルバーモデル
 も予告されました(詳細未定)。さらに、ペンタダハプリズムの素材には加工が困難
 な高屈折率の特殊な光学ガラスを特別採用するとの情報も。通常の光学ガラスと
 比べ、ピントグラス(フォーカシングスクリーン)がより明るく近くに見える設計になる
 ので、目の疲れない光学ファインダーによる快適な撮影が期待できることでしょう。
 なおシルバーモデルは塗装に手間がかかるためブラックモデルより発売が後回し
 になり、かつ数量限定品になりがちでしたが、本製品についてはレギュラー商品と
 して、ブラック / シルバー両モデルの2020年内同時発売を目指しているとのこと。
 シルバー塗装は炎天下などで精密光学部品や電子部品に有害な熱の影響を妨げ
 るほか、良く目立つので望遠レンズを構えていても覗きや盗撮と誤解され難いなど、
 数々の優れた利点があります。真鍮製カバーが主流だった頃は、クローム鍍金の
 シルバーがむしろ標準仕様でした。私の最初のペンタックスもシルバー仕様でした。
200722_pentax_101.JPG
200722_pentax_102.JPG
▽2016年発売の「ペンタックス K-1」。写真は交換レンズを取り外したところ。レンズ
 が作る実像をピントグラス(フォーカシングスクリーン)へ投影するミラーがはっきり
 見えます。内蔵フラッシュをあえて省略したペンタダハプリズムの屋根型カバーが、
 正真正銘一眼レフカメラであることの証です。「Kマウント」採用のデジタル一眼レフ
 カメラでは最上位機種でハイスペックのためペンタックスとしてはやや大柄ですが、
 先に開発発表された上記試作品のデザインは「ペンタックス K-1」に準じています。
K-1 main_img_05.jpg
2020年7月23日追記
 『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
 「これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
 〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜」のスクリーンショット(こちら)。
 本動画では「ペンタックス K-1 U シルバーモデル(バッテリーグリップも用意)」も
 予告されました(詳細未定)。交換レンズもシルバーモデルが追加予定【再掲載】。
200722_pentax_104.JPG
200722_pentax_103.JPG
 (c)リコーイメージング

  関連動画リンク) 2020年7月23日追記
  『RICOH IMAGING』 「YouTube」公式 2020年7月22日 19:00 付公開
  これからのPENTAXカメラが大切にしていくこと [第2部]
  〜NEW APS-Cフラッグシップモデル最新情報〜
  https://www.youtube.com/watch?v=49nIApVS4VA&t=952s

 関連リンク)
  PENTAX K-1 / K-1U スペシャルサイト | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-1/special/

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2016年2月20日付記事
  リコーイメージングが初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフ
  「PENTAX K-1」を一昨日発表
  http://poppop.sblo.jp/article/174123584.html

さて、今日のデジタルカメラは写真(静止画、画像)とビデオ(動画、映像)と、いずれ
の撮影にも対応でき、デジタル一眼レフカメラも「ペンタックス K-5」が発売される頃、
同機はもちろん、各社製品とも音声付き動画撮影機能が標準で備わっていました。

実際、2010年頃にはすでにプロの映像制作関係者やテレビ放送関係者の間でも、
デジタル一眼レフカメラが便宜的に活用される機会が増え、一眼レフカメラを携えた
カメラマンが必ずしも専業の写真家、フォトグラファーと言えなくなりつつありました。

もう30年以上も昔のお話しですが、
私も母校の写真学科を卒業する際、謝恩会でお祝いの言葉を贈ってくださった先生
の1人から「写真しか撮れない人はこれからの社会ではカメラマンとして通用しない
との厳しいアドバイスを授かりました。「ビデオ撮影も勉強してください」とのことです。
最初のカメラがスマホの世代の皆さまにとっては、ごく当たり前のことですよね。

▽【再掲載】
 スマホの一種(写真はイメージです)。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

「電話を再発明」したネット端末。
ポケットコンピューター。
というか、それ、ほぼカメラです。
(アプリで電子楽器にもなります。録音もできます。詩や小説、絵などもかけます。)

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

ところで、「カメラマン」と「キャメラマン」と「カメラさん」と、
それぞれ何が違うのでしょうか?

「写真師」と呼ばれた職業もかつてはあったそうです。
「手品師」の一種でしょうか? なので鳩も出ました(?)。

 「写プライズ」?

▽写真機の一種(楽器じゃないです)。
 「写真師」っぽく見られそうな(?)アコーディオン式かつ折畳式「組立暗箱」カメラ。
 私も母校の写真学科の卒業制作では、この種のカメラを中古で求め使用しました。
 背面のピントグラスと本体との間に感光材料(シートフィルム)をセットしたホルダー
 が収まり、撮影体制になります。その間、ピントグラスはホルダーに遮られピントも
 構図も確認できなくなります。そこで一眼レフですよ! 折り畳めなくなりますけど。
 昔の写真師が大きな黒い布を被って写真機を覗くのは、ピントグラスが見易くなる
 から(それだけ)。獅子舞するかのように鳩を出すというのは往時の都市伝説です。
 ちなみに黒い被り布ですが、滅多に洗濯しなかったと思います(経験者は語る?)。
 母校の写真学科の学生は入学時に皆、“マイ被り布”を購入することが必須でした。
 スタジオ実習でもこの種のカメラ(金属製)が用いられていたからですが、レンズは
 私たちの富士フイルムさん謹製「フジノン」ブランドのシリーズで、私はファンでした。
 この種のカメラ用のレンズは各社さんともに生産終了ですが、中古品は潤沢です。
190930_WISTA_FIELD45RoseSW.jpg
 (c)ウイスタ

記念の贈りものにもどうぞ。
    ↓
 関連リンク集)
  東京都板橋区常盤台 WISTAへようこそ (メーカー公式)
  https://www.wista.co.jp/
  WISTAオンラインストア / FIELD45RoseSW (メーカー公式)
  https://www.wista.co.jp/cp-bin/eccube/html/products/detail.php?product_id=34

私がカメラで撮影のお仕事をさせていただくときは、
お客さまから「写真屋さん」と呼ばれています(^^)/

2020年7月25日追記
 「写真屋さん」っぽく見らやすかった写真機の一種(6cm幅ロールフィルム使用)。
 1969年発売の「アサヒペンタックス 6×7」(右)も、ペンタダハプリズム採用です。
200725_history500-series.JPG190211_pentaxofficial_2726.JPG
 (c)Hasselblad / リコーイメージング

 関連リンク集) 2020年7月25日追記
  Hasselblad | 500 Series (公式)
  PENTAX official | 続・知れば知るほどPENTAX (公式)
  2019.2.11 PENTAXの歴史 | 一番ご長寿のPENTAX一眼レフは?(ラリー)
  https://pentaxofficial.com/shirebashiruhodo/2726/

  デジタル一眼レフカメラが
  写真機である所以(ゆえん)

デジタル一眼レフカメラで動画撮影する場合、撮影中ミラーは跳ね上がったたままの
状態になり、ピントグラス(フォーカシングスクリーン)へのレンズからの実像の投影は
できなくなります。そのため一眼レフカメラであるにもかかわらず、モニターを見ながら
普通のライブビュー撮影で動画を撮ることになります。

つまり、一眼レフカメラとしての特長が活かせるのは写真撮影時のみ、ということです。
このとき「撮影者はコンピューターが生成したライブビュー映像ではなく、レンズを通し
て見つめた被写体、光景に心を動かされシャッターを切ったのだ」と捉える人もいます。
(ライブビュー撮影で写真を撮ることはできますが、バッテリーは余計に消耗します。)

一眼レフカメラのミラーを固定式のハーフミラーか、プリズムで構成された同じ役割を
するビームスプリッターと呼ばれる光学部品に置き換える方式もありますが、光路と
共に光量も2分されるなどの欠点がありユーザーに歓迎されず、廃れてしまいました。

一時期、デジタル一眼レフ市場へ参入した某家電系メーカーさんは、得意の放送用
機材の販路を活かすべく、音声付き動画撮影には不要なミラーの撤廃という快挙を
成し遂げました。これによりカメラ本体は薄型化され、マウントは大口径になりレンズ
設計の自由度は飛躍的に高まりました。交換レンズを中心にシステム全体の再設計
が必要でしたが、そのビジネスは成功しプロの撮影機材の主流になろうとしています。
一眼レフからミラーを廃した、ミラーレスデジタルカメラと呼ばれる、新しいジャンルの
カメラの誕生です(一眼レフカメラからレフを省いて「一眼カメラ」と呼んでも怒られる
ようなことは多分ないと思いますが、初心者の方にはお勧めできません)。

プロカメラマンには、いよいよ仕事の好き嫌いは許されなくなりました。何でも、撮る!

▽世界最初のミラーレスデジタルカメラ。
 2008年10月31日発売の「パナソニック・ルミックスDMC-G1」。
 一眼レフのペンタダハプリズムに代り電子ビューファーンダーが組み込まれました。
 写真は交換レンズを取り外したところ。ミラーが無いため、イメージセンサーを直に
 見ることができます(シャッター幕はライブビュー撮影に備え予め開かれています)。
 カメラ本体が薄型で、イメージセンサーのサイズに対しマウントがかなり大口径で
 あることが分かります。本製品は、プロ用としてはもちろん家庭用としても支持され、
 各メーカーさんの商品企画や製品開発に影響を及ぼしました。
191001_panasonic_DMC-G1.jpg
 (c)パナソニック

 関連リンク)
  Panasonic | デジタル一眼カメラ/ボディ DMC-G1 商品概要 (公式)
  https://panasonic.jp/dc/p-db/DMC-G1.html

お話しは飛びます。

 「ラジカメ」知ってる人!?
 「羅爾亀」?
 『シン・ゴジラ対ガメラ(嘘)』じゃないですよ〜w

▽“不思議な商品”? のパンフレットより。
 1978年6月、パナソニックさんの前身にあたる松下電器産業さんから発売された
 「ナショナル ラジカメCR1」なる商品。当時中学1年生で「アサヒペンタックス KM」
 を使い始めたばかりの私にとっては、正しく“不思議な商品”でした。今は不思議と
 不思議に感じない私がここにいます(表紙はありし日の写真師が鳩を出そうとw)。
 「ラジオ付ストロボカメラ CR1 仕様」の「カメラタイプ」欄に「ラジオ、フラッシュ内蔵
 式ポケットカメラ」との記載があり混乱が見受けられます。現在、パナソニックさん
 では「ストロボ」ではなく、「フラッシュ」に呼び方を統一しているようです。
191001_NATIONAL-CR-1_01.jpg
 (c)パナソニック(旧、松下電器産業)

パナソニックさんの前身にあたる松下電器産業さんが、電球用ソケットの製造販売で
創業されたことは世界的に有名なお話しです。写真スタジオ向けの照明機材も数多く
手がけてこられた家電系メーカーさんですから、「ラジオ付ストロボカメラ」という発想
は得意分野の「ラジオ」と「ストロボ(フラッシュ)」とを「カメラ」という媒体で融合させた
結果だったのでしょう。「ラジオ」に加え「カセットテープレコーダー」も融合できたら?
いえ、“たられば”のお話しは控えましょう(『事件記者コルチャック』氏もビックリ!?)。
旧、松下電器産業さんは写真用品としての照明機材等の販路は開拓済みでしたから、
「ナショナル ラジカメCR1」は成功を収めました(パナソニック フォト・ライティング - 
Wikipedia)。本製品のパンフレットの表紙に登場する組立暗箱を構えたスタジオの
写真師さんも、ありし日の照明機材のお得意さまでしょう。

 あっ、フジノン!?

▽「ナショナル ラジカメCR1」のパンフレットより。
 私も今まで存じなかったこと。何と、撮影レンズに私たちの富士フイルムさん謹製、
 「3群4枚構成 フジノン23mm F5.6」が採用されているのです。“贅沢の極み”。
 (富士フイルムさんの当時の社名は、富士写真フイルムさんでした。)
191001_NATIONAL-CR-1_02.jpg191001_NATIONAL-CR-1_03.jpg
 (c)パナソニック(旧、松下電器産業)

 関連リンク)
  フジノンの歴史 エピソード1 | X Stories | 富士フイルム Xシリーズ & GFX
  https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-history-of-fujinon-episode1/

▽【再再掲載】
 ラジカメの一種(写真はイメージです)。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

ラジオアプリをインストールしてお聴きください。

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

従来の大手一眼レフカメラメーカーさんや大手家電系メーカー各社さんもハイリスク
は承知の上で、次のカメラのようなミラーレスカメラの市場に参入し始めていますが、
リコーイメージングさんは今のところ、そのような事業計画は公表していないようです。

▽最近のプロ用ミラーレスデジタルカメラの例。
 2018年9月28日発売のハイエンドモデル「ニコン Z 7」。
 別売の純正「ステレオマイクロホン ME-1」をアクセサリーシュー(ホットシュー)に
 装着した姿はもはや写真機の面影を残していません。正に万能業務用カメラです。
190624_nikon-z_7-product_12.jpg
 (c)ニコン

 関連記事)
  ニコンイメージング | ミラーレスカメラ | Z 7 - 概要 (公式)
  https://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_7/

1960年代、
望遠レンズを装着した「アサヒペンタックス」を
お子さまの運動会や学芸会などへ持参できるお父さんは
羨望の眼差しで迎えられ、たちまちご近所の人気者になれました。

リコーイメージングさんが開発発表した
デジタル一眼レフの上記試作品も、発売されればまた、
持参した人が羨望の眼差しで迎えられ人気者になれると良いなぁと、
願ったり祈ったり望んだりこそいたしませんが、本当に私はそう想っています。
家庭用レンズ交換式カメラの座はミラーレスデジタルカメラに奪われつつありますが。

屋根型のトップカバーはデジタル一眼レフカメラであることの証。
それは正真正銘写真機であることの証。
ミラーレスデジタルカメラは違います。

これからの「ペンタックス」のデジタル一眼レフカメラは、
それを手にする人が「カメラマン」でも「キャメラマン」でも「カメラさん」でもなく、
純粋に「写真家」、「フォトグラファー」であり続けるための、お守りのような存在になる。

 写真機。
 それは、枕元に置いて夢見るカメラ。

だから、大切なお守り。夢の途中も。旅の途中も。

 カメラを覗くと、夢を見る。
  カメラを覗くと、旅になる。
   そんな魔法、あってもいいかな。
    そんなお守り、あってもいいかな。
     シャッターを切った、その瞬間だけでも・・・。

そんなふうに考えてみたのですが、
そのお守りは、手にする人を解き放つおまじないか、
それとも呪縛へと変って行くのか、今は謎?

 いずれにせよ、
 写真機のシャッターは
 夢の中でも良く切れるものです。

なお、当然のことなのですが、一眼レフカメラはシャッターが切られた瞬間、あるいは
開いている間はミラーが跳ね上がり、ピントグラス(フォーカシングスクリーン)上の像
は消失し真っ暗になります。そして、写真として残るのです。

 シャッターを切った、その瞬間だけでも
  何かが見えていたような気がしたのなら、それこそ
   夢の途中の旅、旅の途中の夢、なのかもしれないですね。

そんな宿命。

▽【再再掲載】
 リコーイメージングさんが
 2019年9月20日に開発発表したデジタル一眼レフの試作品。
 一目で「ペンタックス」のデジタル一眼レフカメラだと分かるデザインになりました!
190920_PENTAX_K_102.jpg
 (c)リコーイメージング

でも、ミラーレスデジタルカメラの検討は、
リコーイメージングさんも以前されています。

 関連リンク)
  PENTAX K-1 / K-1U スペシャルサイト | RICOH IMAGING (公式)
  Challengers 商品企画 (こちらをクリック)
答えは、いつもユーザーの声にある。

ペンタックスにとって初のフルサイズ機となるだけに、商品企画担当チームには、システムをどうするか迷いがあった。たとえば、ミラーレスという選択肢もある。ミラーボックスを持たず、フランジバックを短くできる利点を活かせば小型・軽量化ができる。ならば、マウントも新規に開発したほうが本質的、かつ合理的ではないだろうか。 商品企画チームの疑問に答えたのは、ユーザーの声だった。ドイツのフォトキナに出張した折、現地の『PENTAXIAN(ペンタキシアン)』(ペンタックス愛好家)に声をかけられた。PENTAXIAN(ペンタキシアン)は「せっかくペンタックスで写真の楽しさに目覚め、ステップアップしていこうと思っているのに、APS-Cサイズの次が645サイズでは敷居が高い」とフルサイズ機の不在を嘆いた。 「やはり、私たちは既存のペンタックスユーザーを大切にしなければならない、ということを再認識させられました。となると、新規マウントはありえませんよね。彼らが持っているKマウントレンズが使え、彼らが評価してくれている光学ファインダーを採用した一眼レフ。ペンタックスのフルサイズ機は、これしかないと確信しました」

出典)上記、『PENTAX K-1 / K-1U スペシャルサイト』 記事より抜粋。

現行の「ペンタックス」デジタル一眼レフカメラはもちろん
各機種とも、音声付き動画の撮影にも対応しています。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 01:51| 業界の話題

2020年07月03日

【祝】2020年7月3日「新宿 北村写真機店」さんがオープンされました! 「これまでにない写真体験を。カメラと写真を愛するすべての人へ。」【入館無料】

  【祝】2020年7月3日
  「新宿 北村写真機店」さんがオープンされました!【入館無料】
   これまでにない写真体験を。
   カメラと写真を愛するすべての人へ。

▽『カメラのキタムラ』 「YouTube」公式 2020年7月1日付公開、
 「新宿 北村写真機店オープン記念 プロモーションムービー」スクリーンショット。
200703_kitamura_101.JPG
200703_kitamura_102.JPG
 (c)カメラのキタムラ

 関連動画リンク)
  『カメラのキタムラ』 「YouTube」公式 2020年7月1日付公開
  「新宿 北村写真機店オープン記念 プロモーションムービー」
  https://www.youtube.com/watch?v=jOkSvwyi6ms

▽『新宿 北村写真機店 公式サイト』 ブックラウンジ(3F)ページのスクリーンショット。
 「コーヒーを飲みながら、プリントやフォトブック等の注文を行うことができます。
 写真集も豊富に取り揃えておりますので、
 新しいインスピレーションの場としてご活用ください。」
200703_kitamura_103.JPG
 (c)カメラのキタムラ

 関連リンク集)
  『新宿 北村写真機店 公式サイト』
  https://www.kitamuracamera.jp/ja
  ブックラウンジ(3F) | サービス | 新宿 北村写真機店 (公式)
  https://www.kitamuracamera.jp/ja/services/book
  写真プリント(3F) | サービス | 新宿 北村写真機店 (公式)
  https://www.kitamuracamera.jp/ja/services/print
  2020年7月3日| お知らせ | 新宿 北村写真機店 (公式)
  (こちらをクリック)
これまでにない写真体験を。カメラと写真を愛するすべての人へ。

カメラやアクセサリーの販売から、プリントサービス、修理まで、写真に関する書籍を揃えたブックラウンジやイベントスペースまでを揃えた北村写真機店のデザインコンセプトは、カメラの原点と言われるカメラ オブスクラ(暗い部屋)。全てのカメラ愛好家たちのフォトライフに寄り添うための場所として誕生しました。

2020年7月3日(金)、株式会社キタムラ(代表取締役社長:浜田 宏幸)は、カメラの聖地新宿に、写真とカメラにまつわるライフスタイル提案を行う新しい専門店「新宿 北村写真機店」をオープンし、写真とカメラを愛する方からカメラ初心者の方まで、全ての方へ、豊かなフォトライフを提案していきます。

地下1Fから地上6Fまで全7フロアで構成される店内では、カメラ売場、Leicaを中心としたヴィンテージサロン、修理や日々のメンテナンスまでサポートするサービスカウンター、コーヒーを片手に写真プリントや書籍を楽しめるBOOK LOUNGE、プロ用機材が完備されたレンタルスタジオ、写真展示などを行うイベントスペースなど、様々な写真のニーズにお応えするコンテンツを揃えます。

店舗デザインはTONERICO.incが手がけ、カメラの起源であるオブスクラをモチーフにしたロゴは木住野彰悟(6D)が手がけます。

*当初、2020年5月の開業を予定していましたが、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、オープン時期を変更しました。

 住所 東京都新宿区新宿3-26-14
 電話番号 03-5361-8300

出典)上記『新宿 北村写真機店 公式サイト』
   2020年7月3日付お知らせより

本日、2020年7月3日にオープンされました。
心よりお祝い申し上げます。

所在地は新宿駅東口の、
「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」さんや
「新宿中村屋」さんと同じ通りの並びですね。
「紀伊国屋書店」さんとは斜向いになります。
「新宿中村屋」さんと聞くと私はいつも、
以前に当店臨時スタッフの仲田と訪れた
長野県安曇野市穂高の
碌山美術館」を想い出します。

「新宿 北村写真機店」さんの
プリントサービスは既存の「カメラのキタムラ」さんと同様に、
富士フイルムさんのフジカラープリントサービスの提供、取次が中心になります。

プリントサービスの注文受付機コーナーや
アルバム、フォトフレーム、写真フィルムなどの展示販売は3Fで、
ブックラウンジと同じスペース。
スターバックス」さんも同じ3Fのフロアです。
「カメラのキタムラ」さんと共通の親会社、
「CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ」さんの系列店の
「TSUTAYA」さんが移転された後に入居されたことから、
「スターバックス」さんも「CCC」グループさんとのライセンス契約の形態で、
そのまま元の3Fで営業されるようです。

*ご参考価格(2020年7月3日現在、某所「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」調べ)

 「スターバックス」さんのドリップコーヒー(ホット、アイス)
 ・ショートサイズ(240ml)290円(税別)+2杯目100円(税別)=390円(税別)

 「新宿 北村写真機店」さん及び「カメラのキタムラ」さんのフジカラープリント
 ・ましかく(89×89mm)、L(89×127mm)、HV(89×158mm)
  ↑各サイズとも37円(税別)×10枚=370円(税別)

限られた予算。
迫り来る究極の選択。
貴方だけのリラックスタイムを
どうぞ心ゆくまでお愉しみください。
と、いうサービス。
そんな感じ?

コーヒーは飲み干したら御代わりができます。
写真は御代わりができません。だから、
フジカラーのお店プリント。

  【入館無料】

「新宿 北村写真機店」さんは、

入館無料。

と、思わずご案内したくなるような雰囲気のあるお店。
と、いうより私設ミュージアムに近いかもしれません。
メーカー各社さんの合同ショールーム、アフターサービスの総合窓口として、
お客さまからも評価が集まると良いですね。

メーカーさんはカメラや写真を始めたお客さまが飽きずに固定ファンになって
くださるために、老舗の小売店さんがどれほど営業努力をされてこられたか、
真剣に考えた方が良いと思います。そして、その対価は補償されるべきです。
売り上げのノルマを達成するため、不毛な価格競争で貴重な販売チャンネル、
サービス窓口がどれほど食い潰されていったことか。社会的な損失は大です。
従来はカラー写真フィルムの売り上げや現像料等の儲けで補填できましたが、
そのような原資(?)は今、ほぼゼロです。

しかし「新宿 北村写真機店」さんなら手遅れではありません。

過去の過ちを救いより良い方向へ導いてくださるのは、
もちろん、理解のあるお客さまにほかならないのです。

新宿駅東口で交通の便が良く、
美術やファッションなどを勉強されるお客さまも増えそうな気がします。

▽2020年7月3日(金)〜8月2日(日)まで、
 オープン記念展覧会として『蜷川実花展 - 千紫万紅 -』が
 6Fのイベントスペース 「Space Lucida(スペース ルシダ)」で開催中です。
200701_kitamura_signage_02183427446814_xxlarge.jpg
 (c)カメラのキタムラ / 蜷川実花

 関連リンク)
  イベント | 新宿 北村写真機店 (公式)
  Mika Ninagawa Exhibition "Profusion of Flower"
  蜷川実花展 - 千紫万紅 - 
   「なぜ花を撮るのか」とよく聞かれる。
   取り憑かれたように、狂ったように撮り続けている、
   その理由はまだみつからない。
   花と自分との境界線がなくなるほど
   夢中で撮り続けてきた何万枚もの花の写真。
   その中のほんの一部だけれど、
   理由をつけることが出来ない思いみたいなものを感じてもらえたら。
  https://www.kitamuracamera.jp/ja/event/20200702-79017223081

「これまでにない写真体験を。カメラと写真を愛するすべての人へ。」

とのことですので、
「新宿 北村写真機店」さんをほかの何かと比べることは、
ナンセンスだと思います。

でも私はどうしても、日本大学芸術学部写真学科時代に同じく新宿駅東口にあった
「カメラのきむら」新宿店でアルバイトしていた頃のことを想い出してしまうのでした。
当時はまだ、カラー写真フィルムの店内即日現像プリント自体が珍しい時代でした
からそのような設備は「カメラのきむら」さんでは導入されず、富士フイルムさんなど
写真フィルムメーカー各社さん直属の現像所の営業マンの方々が毎日出入りされ、
その際、お客さまの苦情をいかに代弁できるかで各店の責任者が評価されました。
カメラ売り場の副店長さんの指示で、近隣のライバル店へ新型のカメラがどこまで
値切れるか私がお客を装い探りに行かされることもありました(バレませんでした)。
そうした行為がお互いエスカレートすると、メーカーさんの責任者さんが嗅ぎつけて
両店長へ自粛するよう要請する事態が、たまにですが時々生じることもありました。
「後あとまで面倒見の良い」、「お客さまにNO!と言わない」「カメラのきむら」さんは、
経営難からその後、「カメラのキタムラ」さんに統合されました。

おもねりではなく、本当の意味での“おもてなし”こそ大切なのだと、今感じています。
おもねりは一方通行ですが、“おもてなし”は相互の信頼関係があって成り立ちます。

「新宿 北村写真機店」でお客さまとお店との幸せな関係が末長く育まれますように。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 20:03| 業界の話題

2020年03月27日

【速報】HUAWEIさんからついに“超望遠&超広角カメラ”付きスマホ「HUAWEI P40 Pro+」が発表されました! / Appleさんの次期モデル「iPhone 12 Pro(仮称)」のメインカメラはどう出る!?

  【速報】
  HUAWEIさんからついに“超望遠&超広角カメラ”付きスマホ
  「HUAWEI P40 Pro+」が発表されました!

 スマホにカメラが付いたのか?
 カメラにスマホが付いたのか?
 もはやどちらでも良いレベル?

中国の有名通信機器メーカー、HUAWEI(ファーウェイ)さんが2020年3月26日、
「HUAWEI P40 Series」のスマートフォン3機種を発表しました。シリーズのうち、
「HUAWEI P40 Pro+」が最上位モデルで、今流行の超広角カメラに加え、スマホ
搭載カメラとしては画期的な超望遠カメラ(135判換算で240mm相当)を新採用し
注目されています。各国での発売は2020年6月予定ですが日本での発売は不明。
5G対応ですが、OSの種類やアプリの入手にGoogleさんの「Play ストア」が利用
できるかについても不明です。「HUAWEI P40 Pro+」は日本円で約16万円相当。
(期待の折り畳み式ディスプレイは見送らました。)

▽「HUAWEI P40 Pro+」は
 4+1種類のカメラを備えた最上位モデルでセラミック素材の背面パネルも採用。
 「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」ライブ配信動画の
 スクリーンショットより。
200327_HUAWEI P40 Series_107.JPG
 (c)Huawei Mobile

 関連動画リンク集) 音量にご注意ください。
  「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」
  Huawei Mobile (「YouTube」公式チャンネル) 2020年3月26日公開
  「HUAWEI P40 Series Launch Highlights」
  Huawei Mobile (「YouTube」公式チャンネル) 2020年3月27日公開
  https://www.youtube.com/watch?v=h0mD5v1MDFY

 関連ニュース集)
  『デジカメ Watch』 2020年3月27日付記事
  "ライカ・ペンタカメラ"搭載スマホ「HUAWEI P40 Pro+」海外発表
  1/1.28型RYYBセンサーや240mm相当の超望遠カメラを新採用
  https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1243383.html
  『ITmedia Mobile』 2020年3月27日付記事
  「HUAWEI P40」シリーズ3機種が発表
  P40 Pro+は5眼カメラ搭載で“20倍ズーム”対応 - 
  https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2003/27/news058.html

▽(左)「HUAWEI P40 Series」の各機種。
   「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」ライブ動画の
   スクリーンショットより(以下同様)。
▽(右)「HUAWEI P40 Pro+」の4+1種類のカメラの概要。搭載カメラはドイツの
   光学機器の名門「ライカ」ブランドを冠していますが、製造工場の詳細は不明。
200327_HUAWEI P40 Series_101.JPG200327_HUAWEI P40 Series_102.JPG
▽レンズの先端からイメージセンサーまで光を5回折り曲げる、屈曲光学系の極み。
 「HUAWEI P40 Pro+」の超望遠カメラの光学系はミラーとプリズムとを高精度
 に組み合わせ、画期的な薄型化と小型化とを実現した匠の業。このような技術は
 開発、製造とも、日本の光学メーカーがもっとも得意とするところだったのですが。
200327_HUAWEI P40 Series_103.JPG
▽(左)「HUAWEI P40 Pro+」の「ウルトラビジョン」を謳うカメラ部分のアップ。
   「LEICA VARIO-SUMMILUX-H 1:1.8-4.4/18-240 ASPH.」と表記。
▽(右)本体内部に配置された各カメラのイメージセンサーの透視図。望遠カメラ用
   は2種類ともより小型ですが、感度を保ちつつ画素数は800万を維持します。
200327_HUAWEI P40 Series_105.JPG200327_HUAWEI P40 Series_106.JPG
▽(左)「HUAWEI P40 Pro+」を横位置に構えたときロゴが正しい向きになる意匠。
▽(右)「HUAWEI P40 Pro+」のデジタルズーム域も含めた100倍の焦点距離の
   変化。光学ハイブリットズーム域だけでも日常生活では持て余しそうなのに。
200327_HUAWEI P40 Series_108.JPG200327_HUAWEI P40 Series_104.JPG
 (c)Huawei Mobile

 「HUAWEI P40 Pro+」の各メインカメラの仕様(焦点距離は135判換算)
  ・超広角:18mm相当F1.8(40MP)
  ・広角:23mm相当F1.9(50MP RYYBセンサー、OIS=光学手ぶれ補正付き)
  ・中望遠:80mm相当F2.4(8MP、OIS=光学手ぶれ補正付き)
  ・超望遠:240mm相当F4.4(8MP、OIS=光学手ぶれ補正付き)屈曲光学系
  ・深度測定用ToFカメラ

 「HUAWEI P40 Pro」の各メインカメラの仕様(焦点距離は135判換算)。
  ・超広角:18mm相当F1.8(40MP)
  ・広角:23mm相当F1.9(50MP RYYBセンサー、OIS=光学手ぶれ補正付き)
  ・望遠:125mm相当F3.4(12MP、RYYBセンサー、OIS付き)屈曲光学系
  ・深度測定用ToFカメラ

個人的には13mm、26mm、52mm、125mmの組み合わせが使いやすそうです。
これは、昨年の2019年9月20日に発売されたAppleさんの「iPhone 11 Pro」へ
搭載のトリプルカメラ(13mm、26mm、52mm)に、「HUAWEI P40 Pro」搭載の
125mm望遠カメラを組み合わせる発想。画素数も、各カメラとも12MPで揃います。

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年9月13日付記事
  Appleさんの「iPhone」もトリプルカメラに!
  あなたも私も「iPhone 11 Pro」! ご家族みなさまで「iPhone 11 Pro」!
  予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!

240mm相当の超望遠はスマホ搭載カメラとしては確かに画期的で、口径(明るさ)
もF4.4と頑張っていますが、焦点距離を欲張らない方がより大口径化しやすいはず
です。明るさを稼いだ方が同じ撮影環境ではより高速のシャッターが切れますので、
被写体ブレのリスクも減ります。ブレのない像をデジタルズームする方が鮮明です。
暗いシーンでの手ブレ補正もより大口径で焦点距離を欲張らない方が効果的です。
お子さまの運動会や舞台発表の撮影にも最適(高価な最上位モデル限定ですが)。
あるいは後付けの専用望遠コンバージョンレンズを開発した方がより明るい超望遠
カメラが実現します。画面四隅の画質低下はカットで可(荷物は少し嵩張りますが)。

  Appleさんの次期モデル
  「iPhone 12 Pro(仮称)」の

  メインカメラはどう出る!?

Appleさんは、2019年9月20日に発売された「iPhone 11 Pro」へ超広角カメラ
を含むトリプルカメラを搭載しましたが、そのデザインが個性的で話題になりました。

以降の記事は、
当ブログの2019年9月13日付記事の一部を再編集し、再掲載しています。


さて、ここで私たちの日本を代表するブランドの一つ、
SONY さんにご登場いただきましょう。

〔中略〕

SONY さんが2019年6月14日に発売したフラッグシップ「Android」スマホ、
「Xperia 1」も、最近主流になりつつあるトリプルカメラ搭載機の一つです。

各搭載カメラの仕様はAppleさんの「iPhone 11 Pro」のものと酷似していますが、
次のように、見る人がデザインから受ける印象は大分異なるように感じられます。

▽SONY さんのフラッグシップ「Android」スマホ、「Xperia 1」。
 (2019年6月14日発売)
sonymobile_xperia1-hero_01.jpg
sonymobile_xperia1-sm_img_03.jpgsonymobile_xperia1-mainvisual.jpg
 (c)Sony Mobile Communications

 SONY さんの「Xperia 1」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1220万画素相当の標準、望遠、超広角カメラ)の仕様
  1.標準(というか広角?):ƒ/1.6絞り値(135判換算で26mm相当)
  2.望遠(というか普通?):ƒ/2.4絞り値(135判換算で52mm相当)
  3.超広角:ƒ/2.4絞り値(135判換算で16mm相当)

 関連リンク)
  Xperia 1(エクスペリア ワン) | ソニーモバイル公式サイト

トリプルカメラは「Xperia 1」の中心で縦一直線に、端正に整列しています。

SONY さんの「Xperia 1」のデザインを私は、麗しいと感じました。

 もし女性の名前で呼ぶなら文字通り、
 麗子さん、でしょう。

実際に当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」のお客さまにも、早速お求めになられた方
がいらっしゃって、目の前で実物を見せていただいたのですが、それは端麗で見事な
デザインでした。SONY さんらしい、エリート的な知性さえ感じさせます。

対する、Appleさんの「iPhone 11 Pro」を
いま一度、あらためて拝見いたしましょう。

▽Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
iphone-11-pro-specs-2019-1-edit.JPG
 (c)Apple Inc

 Appleさんの「iPhone 11 Pro」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  1.超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  2.広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)
  3.望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)

 関連リンク)
  iPhone 11 Pro - 仕様 - Apple(日本) (公式)

麗しい? かどうかは兎も角いかがでしょう?
知性よりは知恵を、私は感じました。ただし、
選び抜かれたエリートのそれとは違います。
もっと違う宙の彼方からもたらされた智慧?

 少なくとも麗子さんとは
 呼ばれないでしょう。

だって、ちょっと、人間離れしていますもの。

Appleさんの「iPhone 11 Pro」のトリプルカメラの、
それぞれの中心を結ぶとほぼ正三角形になりますね。
つまり、各カメラの間隔は、ほぼ等距離ということです。
光学用語でカメラのレンズの中心を「光軸」と呼びます。

光軸を等距離に保てる搭載数の上限がトリプルカメラ!

それは何?

一種の美学? それとも哲学? 信仰なのかな?

 トライアングル
 トリプルカメラ
 三種の神器?

▽【再掲載】
 Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
 (c)Apple Inc

そうでしたか。
“神さま”のデザインでしたか(@△@;)

 知識は過去の産物だが、
 知恵は未来をもたらす。
  ラムビー族(ネイティブ・アメリカン)の格言

令和元年(西暦2019年)、林檎の会社が創りました。

誰もがきっと、スマホの搭載カメラの数はもっと増えると期待していることでしょう。
そう考えている限り、トリプルカメラの正三角形レイアウトは思いつかないと思います。
もちろん、私だって思いもつきませんでしたよ。
というか、気付かない?


以上の記事は、
当ブログの2019年9月13日付記事の一部を再編集し、再掲載しています。

Appleさんは、「iPhone 11 Pro」へ搭載のトリプルカメラのデザインに独自の価値
観を抱いているように感じられます。今後もこのデザインを変えるようには思えません。

トリプルカメラのうち、超広角カメラをより望遠のカメラと差し替えたモデルも加えるか。
それとも、トリプルカメラにより望遠のカメラも並べたモデルを用意するか、まったく謎。

近年スマホの上位モデルは益々高価になる傾向でも、これから写真や映像の世界に
入門しようとする人にとってはスマホ一台で概ね用が足りることになり、新たに本格的
なカメラやハイエンドパソコンを買いそろえるよりはコストパフォーマンスは高そうです。
もし途中で飽きてもスマホはスマホとして役に立ち無駄な買い物にはならないでしょう。
(できれば飽きずに続けられると良いのですが。)

 電話もできますよね。


カメラで電話する私?

スマホの搭載カメラや関連アプリ、ネットサービスの充実で、本当に才能や可能性の
ある人たちが活躍できる時代になることを当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」としても
願ってやみません。

*この記事は、当ブログ2020年10月15日付記事に続きます。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 14:05| 業界の話題

2020年01月23日

「レアなお宝てんこ盛り!懐かしの富士フイルムノベルティご開帳イベントに行ってきた」を『おたくま経済新聞』さんの最新記事からご紹介します&「富士フイルム フォトイメージングフェア (旧、大商談会)」で富士フイルムさんからお土産をいただきました

*この記事は、2020年1月22日付記事を再編集し、再掲載したものです。

  「レアなお宝てんこ盛り!
  懐かしの富士フイルムノベルティ
ご開帳イベントに行ってきた」を
  『おたくま経済新聞』さんの最新記事からご紹介します

「フジカラーで写そう〜 ♪」

非常にキャッチーな書き出しで始まる記事の続きは?

 関連ニュース)
  『おたくま経済新聞』 2020年1月21日付記事
  レアなお宝てんこ盛り!
  懐かしの富士フイルムノベルティご開帳イベントに行ってきた
  https://otakei.otakuma.net/archives/2020012101.html
 かつて主流だった、写真を写真屋さんで現像してもらう、というシステム。そんな写真文化、中でも富士フイルムが作った店舗什器や販促グッズをみんなで楽しもう!というイベントが都内のライブハウスで開かれ、その様子を見に行ってきました。
 このイベントを主催したのは、富士フイルムが好きすぎて「富士フイルムになりたい!」という大の富士フイルムファン、tsubakiさん。富士フイルム愛が高じて、フジカラーのフィルムをモチーフにしたマフラーを作ってしまったという方です。ファンシー絵みやげ研究家の山下メロさんをゲストに迎え、イベントはスタート。〔以下略〕

出典)上記、『おたくま経済新聞』 2020年1月21日付記事より抜粋。

ファンシー絵みやげ」の絵柄とは、
もしかしたらこの観光案内絵地図のイラストのような絵柄のことでしょうか?
(当ブログ2019年3月28日付記事より転載。)
  ↓
▽撤収されたラックの裏に「OGOSE STATION TOURIST GUIDE MAP」が!?
 タイトルは英文ですが説明は和文のみ。インバウンド対応、という訳ではなさそう
 ですね。イラストのキャラクターのファッションはもしかして、末期頃のSHOWA?
 OTIC(Ogose Town Information Center)の現在地オープンは平成元年。
190327_IMG_4250.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽「おくたま」ではなく「おたくま」だそうです。
 「経済新聞」だそうです。アフィリエイト広告にもどうかご注目ください。
 (『おたくま経済新聞』 2020年1月21日付記事トップ スクリーンショット。)
200121_fujifilm_novelty-item01.JPG
 (c)おたくま経済新聞

「おたくま」の「おた」と「#ヲタ活宣言」の「ヲタ」とは、
違うのですが同じだそうです。
そんな気は、しました。

 関連リンク)
  おたくま経済新聞について | おたくま経済新聞 (公式)
  https://otakei.otakuma.net/about.html

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年9月4日付記事
  【#ヲタ活宣言?】(@▽@;) 富士フイルムさん一社提供でお送りする
  秋の新番組が必見です【YouTube限定?】

▽「レアなお宝」の一つ。詳細は次のリンク先の記事をご参照ください。
 (『おたくま経済新聞』 2020年1月21日付記事より スクリーンショット。)
200121_fujifilm_novelty-item02.JPG
 (c)おたくま経済新聞

▽この写真を撮った人の言わんとする意味がだいたい見当がつきました。
200122_IMG_7753.jpg
 (c)おたくま経済新聞 / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽なるほどパチリ、写ルンです(2017年大商談会記念バージョン 非売品 期限切れ)。
200122_IMG_7772.jpg 200122_IMG_7761.jpg
 (c)おたくま経済新聞 / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」は写真店です。
ネットカフェはスマホでネット検索すると見つかります。
旅先で〜〔以下略〕
(上の写真にあるモニターは、当店の店頭プリント受付機のモニターです。)

(こちらはアフィリエイト広告ではありません。)
  ↓
▽1年の思い出を、一生ものクオリティーに。
200101_YA&PB_Campaign_WPSpop.jpg
 (c)富士フイルム

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年1月6日付記事
  【1年とは言わず毎月でも】
  富士フイルムさんの「イヤーアルバム」&「フォトブックハードカバー」
  2冊注文で(スマホからアンケートに答えて)さらに1冊無料!
  2020年1月1日(水)(当店は3日)〜2月2日(日)ご注文分まで
  【想い出を一生ものクオリティーに】

明日、1月23日も
上の写真にある富士フイルムさんのイベント(旧、大商談会)へ行って参ります。
そこで私はこう言いたいのでしょう。ノベルティはどこだ!?

ではごきげんよう。達者でなァ。


2020年1月23日夜以降 追記)

注)以降の記事は、
  「富士フイルム フォトイメージングフェア」会場で感じた印象をまとめたものです。
  展示内容やセミナーの講義内容などを詳しくお伝えするものではありません。

  「富士フイルム フォトイメージングフェア (旧、大商談会)」で
  富士フイルムさんからお土産をいただきました

2020年1月23日(木)に
当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」は臨時休業とさせていただき、
お客さまにはたいへんご迷惑をおかけしました。当日は都内で開催された
「富士フイルム フォトイメージングフェア(旧、大商談会)」の展示会&セミナーに
参加して参りました(今回も寂しく、私一人での出張になりました)。

▽本日、2020年1月23日、
 「富士フイルム フォトイメージングフェア (旧、大商談会)」の
 展示会&セミナー東京会場で、富士フイルムさんからお土産をいただきました。
 富士フイルムさんの“オリジナル ト―トバック”です(^^)
200123_IMG_8009.jpg
 (c)富士フイルム / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

いつも、どうもありがとうございます。「ウエルシア越生店」さんでお買物をするときに
マイバックとしてありがたく持参させていただきます<(_ _)>

▽【ご参考】
 「ウエルシア越生店」さん。
 (当店「安瑠芭夢驛 吉川写真店」前の駐車スペースから2020年1月18日撮影。)
200118_IMG_7676-edit.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽2020年1月23日、都内で開催された「富士フイルム フォトイメージングフェア」の
 各種セミナー(要予約)を受講して参りました(写真はイメージです)。
200123_IMG_7874.jpg
 (c)富士フイルム / カメラのOGATA / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

だんだん蒼褪(あおざ)めていく私の顔。

▽『セミナー中のお願い』
 「空気を読んでください」と読めた人はきっと、大人なのだと思います。 
200123_IMG_7830.jpg
 (c)富士フイルム / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

「また、セミナーの様子は、SNS等への投稿は可能です。
ただし、セミナー資料の投稿や、他のお客様の顔が写らないようご配慮ください。」

了解、空気が読めました!

▽『画像の保存方法』に関する調査結果の資料画像を
 スマホやタブレットへ熱心に保存する、全国の写真店からお越しの受講者の皆さま。
200123_IMG_7904-edit.jpg
 (c)富士フイルム / 某調査会社 / 受講者の皆さま / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

「ただし、セミナー資料の投稿や、他のお客様の顔が写らないようご配慮ください。」

了解、空気が読めました!

▽『LINEアルバムからすぐにフォトブック作れます! 今すぐお試しください!』資料。
 そして、講師の方のお話しを静聴する受講者の皆さま。
 スマホに一括ダウンロードされた「LINEアルバム」は、店頭プリント受付機送信用
 アプリ「おみせプリントアプリ(わいぷり)」の選択画面へそっくり反映され便利です。
200123_IMG_7913.jpg
 (c)富士フイルム / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽『“今”からはじめる フォトライフ キッズセット』の資料(注:ご参考用のサンプル)
 富士フイルムさんの純正高級デジタルカメラをお持ちの方々もいらっしゃいました。
 富士フイルムさんの純正高級デジタルカメラでなければ写ラナインです、といった
 仕掛けの資料画像もある、ということはなかったようです。次回は、どうでしょう?
200123_IMG_7927-edit.jpg
 (c)富士フイルム / 受講生の皆さま / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

▽上記資料画像の写しです。
 (左)『LINEアルバムからすぐにフォトブック作れます! 今すぐお試しください!』
 (右)『“今”からはじめる フォトライフ キッズセット』(注:ご参考用のサンプルです。
   当店ではお取り扱いしていない種類のプリントサービスも掲載されています。)
200123_fuji_tokyo_seminar_1011-edit.JPG 200123_fuji_tokyo_seminar_1021_1-edit.JPG
 (c)富士フイルム

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2019年6月17日付記事
  NTTドコモさんの「ドコモ 子育て応援プログラム」vs.
  ソフトバンクさんの「子育て応援クラブ」の激戦区に
  富士フイルムさんの「フジフイルム フォトバンク」はどう参戦するか!?
  〔後編〕

(こちらはアフィリエイト広告ではありません。)
  ↓
▽1年の思い出を、一生ものクオリティーに。
200101_YA&PB_Campaign_WPSpop.jpg
YAhyousi_design_itiran.jpg
 (c)富士フイルム

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年1月6日付記事
  【1年とは言わず毎月でも】
  富士フイルムさんの「イヤーアルバム」&「フォトブックハードカバー」
  2冊注文で(スマホからアンケートに答えて)さらに1冊無料!
  2020年1月1日(水)(当店は3日)〜2月2日(日)ご注文分まで
  【想い出を一生ものクオリティーに】
  ↑
(大事なことなので2回書きました。)

これまでお電話でしかお話しさせていただく機会がなかった
富士フイルムさんの営業担当のT○様と、この日初めてお会いすることができました。

T○様は、「イヤーアルバム」や「フォトブックハードカバー」の受注が全くない写真店
も少なくない中、当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」のお客さま方が日頃よくご注文
してくださるので、どのようなセールスを当店は心掛けているのかと尋ねられました。

もちろんそれは、当店をいつもご愛顧くださるお客さま方のおかげにほかなりません。
どうもありがとうございます<(_ _)>

私はしばらく考えてから、次のようにお答えしました。
「お金のかかりそうなサービスを色々と勧められることがないので、
お客さま方は安心して当店が利用できるからではないでしょうか」
  ↑
(いったい、何のために都内までセミナーを受講しに行ったのでしょうかこの人は?)

▽「できる できない じゃない、やるか やらない かだ。」(写真はイメージです)
200123_IMG_7874.jpg
 (c)富士フイルム / カメラのOGATA / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店
  ↑
(大事なことなので2回載せました。)

▽「不安瑠芭夢」の「不」も解決! できる「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」です(^_^)v
200123_IMG_7924.jpg
 (c)富士フイルム / 受講生の皆さま / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

「セミナー資料」をもっとご覧になりたい方は誠にごめんどうさまですが、
越生町の当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」までご足労いただくか、もしくは
スマホごと当店店主を拉致してください(通報してくださった方はもれなく表彰されます)。

▽これらの写真を撮った人はたぶん、ビルや人波が珍しかったのだと思います。
 (東京都港区北青山にて。)
200123_IMG_8016.jpg 200123_IMG_8023-edit.jpg
 (c)富士フイルム / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

空気の美味しさが分かるなら、
読めなくてもぜんぜん大丈夫。

生きていけます。

▽当店「安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店」の地元、越生へもどると越生駅西口旧駅舎は
 屋根や壁の解体が進んでいて、昭和8年(1933年)春以来86年以上にわたって
 それらを支え続けてきた軸材が露わになっていました。想えば、一昨年亡くなった
 私の父も、この旧駅舎の完成と同じ年の生まれでした。
 (2020年1月23日、越生駅自由通路の跨線橋から撮影。)
200123_IMG_8036.jpg
 (c)安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年1月14日付記事
  【最終回】『越生駅西口旧駅舎の日常』
  令和2年(2020年)1月14日撮影 「男子高校生と解体工事開始前日」の巻

2020年1月27日 補足)

▽【ご参考】
 「レアなお宝」をもう一つ。もしやと思い、探したら見つかりました!
 何年か前の富士フイルムさんの「大商談会」で、お土産に何組かいただきました。
 「FUJIFILM アレルキャッチャーレジスタードマークマスク ふつうサイズ 2枚組」。「日本製」です。
 その節は、どうもありがとうございます。記念のノベルティなので勿体なくて使えず
 に、今もあります。と言いますか、拡販のお力になれず申し訳ありません<(_ _)>
 (ダイワボウノイさんのOEMでしたが、富士フイルムさんからの販売は終了です。)
200127_IMG_8089-edit.jpg
 (c)富士フイルム / 安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店

↑パッケージのデザインが一目で富士フイルムさん。

「アレルキャッチャーレジスタードマーク」は、ダイワボウ(大和紡績グループ)さんの登録商標です。
「ウエルシア越生店」さん(上述)では残念ですが、お取り扱いはしていませんでした。

 関連リンク)
  アレルキャッチャーレジスタードマーク | ダイワボウノイ (公式)
  https://allercatcher.com/

 緊急販売再開しましょう、富士フイルムさん d(@▽@;)!

マスクをつけないと今心配されている新型コロナウイルスがうつるんです。
「富士フイルム フォトイメージングフェア」の来場者の方々は写真屋さんばかり。
こうなったらマスクは「テッテ的」に探すほかなさそうです(文法、合ってます?)。

 とって良いのは写真だけ。
 うつって良いのも写真だけ。

好きです、日本語。

追記)
その後の報道によれば、新型コロナウイルスに空気感染の心配はないそうです。
感染の予防には感染した人との濃厚接触を避け、手洗いやうがいを徹底することが
有効ということです。同時に、自身の感染に気付かないまま、咳をすることで感染を
拡大しないよう、咳エチケットとしてマスクが効果的ということです。特殊素材による
使い捨てマスクが無くても、洗って繰り返し使える布製の簡素な手作りマスクで十分
役に立つそうです(特殊素材の使い捨てマスクの増産分は医療機関優先に出荷)。

 関連ニュース)
  『みんなの株式(みんかぶ)』 2020年1月27日12:22 付記事
  <注目テーマ> 
  「マスク」が1位にランクイン、新型ウイルスの感染拡大で需要急増
  https://minkabu.jp/news/2568583

▽2020年1月20日、
 富士フイルムさんの公式サイトがリニューアルしました(ご参考記事はこちら)!
 以前のポータルサイト風デザインから抜け出した、新しいPC向けサイトのホーム。
 ページトップ上の各コンテンツの並び方が「個人のお客さま」、「医療関係の皆さま」
 (「お客さま」でなくあえて「皆さま」)、その後が「ビジネスのお客さま」の順になって
 いるところに、富士フイルムさんのこれからの経営戦略が表明されているようです。
200120_fujifilm-home.JPG
 (c)富士フイルム

(↑ あ、マスク!)
頼りにしてます。富士フイルムさん!

2020年2月3日 補足)

 関連ニュース)
  『朝日新聞デジタル』 上海=宮嶋加菜子 2020年2月1日 16時21分 付記事
  マスクを求め、客が殴り合い デマ横行「マスクしか…」
  https://www.asahi.com/articles/ASN21524HN10UHBI01S.html

 関連ニュース)
  『NHKニュース』 2020年2月2日 11時48分 付記事
  中国新型肺炎の死者304人 患者数1万4380人に | 
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269291000.html

2020年2月9日 補足)

2020年2月9日現在、
ウエルシア越生店さんでは依然、
マスクの品薄状態が続いているようです。

追記)【再掲載】
その後の報道によれば、新型コロナウイルスに空気感染の心配はないそうです。
感染の予防には感染した人との濃厚接触を避け、手洗いやうがいを徹底することが
有効ということです。同時に、自身の感染に気付かないまま、咳をすることで感染を
拡大しないよう、咳エチケットとしてマスクが効果的ということです。特殊素材による
使い捨てマスクが無くても、洗って繰り返し使える布製の簡素な手作りマスクで十分
役に立つそうです(特殊素材の使い捨てマスクの増産分は医療機関優先に出荷)。

2020年2月5日付で富士フイルムホールディングスさんは、
「中国における新型コロナウイルス対策の支援について」との見出しで
次の内容のニュースリリースを発表しました。

▽富士フイルムホールディングス 2020年2月5日付 ニュースリリース
 中国における新型コロナウイルス対策の支援について(スクリーンショット)
200205fujifilm_news.JPG
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  富士フイルムホールディングス公式サイト
  2020年2月5日付 ニュースリリース
  中国における新型コロナウイルス対策の支援について
  https://holdings.fujifilm.com/ja/news/list/702
2020年2月5日
中国における新型コロナウイルス対策の支援について

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスを原因とする感染症に罹患された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。 富士フイルムホールディングス株式会社(社長:助野 健児)は、中国における新型コロナウイルス対策の支援のため、グループ企業である富士フイルム株式会社より肺炎の臨床検査をサポートする医療診断機器など、富士ゼロックス株式会社より医療現場で活用できるプリンターなど、総額700万人民元相当(日本円で約1.1億円)の機材・物資を寄付いたします。尚、従来通り、お客さま問い合わせへの24時間対応に加え、迅速な医療機器の設置や保守サービスにも対応いたします。 引き続き、武漢市をはじめとする中国各地域の医療現場をサポートし、富士フイルムグループ全体で罹患された皆さまを支援してまいります。

出典)上記、富士フイルムホールディングス公式サイト
   2020年2月5日付 ニュースリリースより抜粋。

新型コロナウイルス感染症の一刻も早い収束を強く願っています。

 ご参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 吉 川 写 真 店』
  2020年3月31日付記事
  【追悼と感謝の気持ちと願いを込めて】
  富士フイルムさんのTVCMにもご出演くださいました志村けんさんを偲んで
  / 富士フイルムさん開発の新型コロナウイルス治療にも有望な治療薬
  「アビガン」が増産に向けて治験開始

〜 2020年3月20日付記事へつづく 〜
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 23:59| 業界の話題

2020年01月22日

2020年1月20日、富士フイルムさんの公式サイトがリニューアルしました!

  2020年1月20日、
  富士フイルムさんの公式サイトが
  リニューアルしました!

遅くなって申し訳ありません。
富士フイルムさんの公式サイトがリニューアルしましたので、ご紹介します。

 関連リンク)
  富士フイルム公式サイト
  https://www.fujifilm.com/jp/ja

今回のリニューアルではスマホ向けサイトのグレードアップが重視され、それに伴い
PC向けサイトとの機能やデザインの統一も図られ、とても閲覧しやすくなりました。

次の各ページのスクリーンショットをご覧ください。

▽以前のポータルサイト風デザインから抜け出した、新しいPC向けサイトのホーム。
 ページトップ上の各コンテンツの並び方が「個人のお客さま」、「医療関係の皆さま
 (「お客さま」でなくあえて「皆さま」)、その後が「ビジネスのお客さま」の順になって
 いるところに、富士フイルムさんのこれからの経営戦略が表明されているようです。
200120_fujifilm-home.JPG
 (c)富士フイルム

では、注目のリニューアルされたスマホ向けサイトを見てみましょう。
以前はどちらかというと、旧態依然としたケータイ向けサイト、といったイメージでした。

▽(左)PC向けサイトと機能やデザインの統一が図られたスマホ向けサイトのホーム。
▽(右)「個人のお客さま」向けの各種プリントサービス毎のページトップから店舗検索
 へのアクセスがしやすくなりました。
200120_IMG_7774.jpg 200120_IMG_7775.jpg
 (c)富士フイルム

▽「フジカラーのお店検索」のコンテンツは従来のまま、未更新でした。
 いつの日か「フジカラーのお店特設サイト」が構築される時を夢見て待ちましょう。
200120_IMG_7776.jpg 200120_IMG_7777.jpg
 (c)富士フイルム

なお、次の各コンテンツはリンク切れです。
おそらく、更新されず削除されたのでしょう。

 (( ;゚Д゚))≪ え〜!? ショック!!

 関連リンク) ↓2020年2月3日現在、再公開を確認できました。
  富士フイルムのあゆみ カラーラボ市場の変化への対応 (公式)

 関連リンク)
  フロンティア340E : 主な仕様 | 富士フイルム (公式)
  https://fujifilm.jp/business/photo/digital_lab/frontier/oldproduct/frontier340e/spec.html

▽当店で日々活躍している富士フイルムさんのデジタルレーザー露光銀塩プリンター、
 「フロンティア340E」(詳しくはこちら)。2003年春から稼動中。フィルムスキャナー
 は本体と一体型(現在は使用不可)。中は真っ暗。現像液は45℃。乾燥温度70℃。
 タフな働き者(背後のシルエットは多分上位機種「フロンティア350」)。2002年から
 2007年3月まで販売されました。なお本体左下奥に「Windows2000」のパソコン
 を内蔵しています。当店の内臓パソコンは17年間故障知らず、フリーズ知らずです。
fuji_pht_03_01.jpg (c)富士フイルム

 関連リンク)
  「INNOVATION | これまでの挑戦写真 |
  フィルムメーカーが世界初のデジタルカメラを開発」 | 富士フイルム

▽「FUJIX DS-1P」(1988年発表)昭和 63年生れ (( ;゚Д゚))!?
 専用のメモリーカードに「2M BYTE SRAM」の文字が見えます。フラッシュメモリ
 の実用化はもう少し先で、当時のカードは小型バッテリーを内蔵していましたが、
 デジタル写真データを半導体メモリーカードに保存する本機種の方式は、非常に
 画期的でした。「2M BYTE」の容量でも非常に高価(試作機用なので非売品?)
 なメモリーカードだったそうです。
fujifilm_ds-1p_03.jpg
 (c)富士フイルム
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 23:59| 業界の話題

2019年09月30日

【2019年9月20日 開発発表】写真機。それは、枕元に置いて夢見るカメラ。【PENTAX / RICOH 一眼レフ】

*この記事は、2020年7月17日付記事に続きます。

  写真機。
  それは、枕元に置いて夢見るカメラ。

写真機。

▽写真機の一種(写真はイメージです)。
190920_PENTAX_K_201.jpg
190920_PENTAX_K_202.jpg
 (c)リコーイメージング

 関連リンク)
  RICOH IMAGING 公式サイト|2019年9月20日付ニュースリリース
  Kマウントデジタル一眼レフカメラを開発
  〜「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」で参考展示〜
  http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2019/20190920_027962.html

それは、枕元に置いて夢見るカメラ。

といっても、
真夜中に出てきたお化けを撮るためのものではなく、
夢で見たものを念写するためのものでもありません。

 念写とは(以下、略)、
  母校の写真学科でで習った!・・・覚えが消えてる?
   (↑実習サボった!・・・記憶も消えてる?)
    映画学科や演劇学科の人たちが時々やってたかも。
     (↑お芝居ですそれ多分、自主制作の。)

カメラなら毎晩、枕元に。

ホラ。

▽カメラの一種(写真はイメージです)。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

というか、それ、スマホです(-_-)

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

 参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』
  2019年9月13日付記事
  Appleさんの「iPhone」もトリプルカメラに!
  あなたも私も「iPhone 11 Pro」!
  ご家族みなさまで「iPhone 11 Pro」!
  予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!

夢見るカメラ。

写真機。

良いですね!

▽写真機の一種(画像はイメージです)。
 「ペンタックス」、「PENTAX」、「ペンタックス」、「PENTAX」。
190920_IMG_5898.jpg190920_IMG_5899.jpg
 「ボーエンだよ、ボーエンだよ、ボーエンだよ」、「ワイドだよ」。
190920_IMG_5892.jpg190920_IMG_5893.jpg
▽「1000mmだよ、1000mmだよ、1000mmだよ、1000mmだよ、1000mm」。
190920_IMG_5894.jpg190920_IMG_5895.jpg
▽「アサヒ ペンタックス」。
▽△1962年頃の「ペンタックスSV」TVCM(通称「黒い男」)より、スクリーンショット。
190920_IMG_5896.jpg
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)  出典:WEBで検索

   ↑
 「ワイドだよ」って!?
   ↓

▽“不思議な商品”の露天商を営む謎の老婆:
 「ワイドだよ」という意味でございます。
 それは お買いになった方だけがわかるのございます(決して後悔はさせません)。
 (『週刊ストーリーランド』第40回、「生み出すニワトリ(ロケ地:きっと埼玉)」より)
IMG_1033.png
 (c)富士フイルム(?)、日本テレビ、トムス・エンタテインメント(東京ムービー)

“不思議な商品”の露天商を営む謎の老婆から、

   ↑
 「ワイドだよ」を
 お買いになった方が
 おわかりになられたようです。
   ↓

▽おうちのお父さん(画像はイメージです)。
numa_lens_hamaru_man.png
 (c)いらすとや

「お父さんが落としたのはこの“ 金の飾り帯 を巻いたレンズ”ですか?」
「ではこの“ 緑の飾り帯 を巻いたレンズ”ですか?」
「あとは“サードパーティ製レンズ”か“東側のデッドコピーレンズ”だけですね」

「女神さま、私が落としたレンズはまさしく“それ”です!」
(“XRリケノン”は“サードパーティ製”じゃないよぅ(ToT; )
  ↑ あと“コズミカ”も(謎?)

正直なお父さんは
女神さまごと全部持ち帰ったらお母さんに叱られました。

「“金の斧”は!? “銀の斧”は!? どうして無いのっ (•`O´•)!?」

ヨキケス(斧消す)じゃなくてスケキヨにされかけたところで
目が覚めたお父さんでした。

▽女神さま(画像はイメージです)。
ginnoono_kinnoono.png
 (c)いらすとや

 関連リンク集)
  レンズ沼のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (公式)
   一眼レフカメラのレンズを買い続ける沼に落ちた人のイラストです。
  https://www.irasutoya.com/2017/09/blog-post_129.html
  金の斧と銀の斧のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (公式)
   イソップ物語のひとつ「金の斧」のワンシーン、
   川から出てきた女神様が金の斧と銀の斧を差し出しているイラストです。
  https://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_938.html

写真機には様ざまな種類のレンズのほか、
写真機ならではの付属品も用意されています。
写真機の象徴とも言える付属品の一部をご紹介します。

▽写真機の付属品の一例(偽物にご注意ください)。
 枕元に置いて夢見るカメラのホットシューこそ、写真機の象徴。これはそのカバー。
 「枕 カバー?」 ←ちがいます(-_-)
 撮影のとき何にどう使用するのか、知らなくても特に困ることはないので安心です。
 知っていても別に得しませんが、それでも欲しい人のための“不思議な商品”です。
 貴重な逸品を撮影中失くすと困るので、寝室の棚で大切に保管すると良いでしょう。
 「枕 カバー?」 ←ちがいます(-_-;!
 「全世界3000個限定で新発売」は、信じてもらえないとお気の毒。そんな世の中。
190920_o_hc171.jpg
▽ホットシューカバー「O-HC171」の公式直販サイトのスクリーンショット。
 発売は2019年10月4日ですが、発表された9月20日の時点で販売予定数量に
 達し予約受付終了したそうです。お友だちの分も予約した人が多かったのでしょう。
191004_pentax-hot-shoe-cover-o-hc171_01.JPG191004_pentax-hot-shoe-cover-o-hc171_02.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連リンク集)
  RICOH IMAGING 公式サイト|2019年9月20日付ニュースリリース
  PENTAX 100YEARS OF HISTORYを記念した
  オリジナルデザインのホットシューカバーを全世界3000個限定で新発売
  http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2019/20190920_027955.html
  PENTAX 100 YEARS OF HISTORY記念アクセサリー (公式)
  PENTAX 100YEARS OF HISTORY | RICOH IMAGING (公式直販サイト)
  https://ricohimagingstore.com/original-goods/pentax-100-years-of-history.html
  ホットシューカバー O-HC171 | RICOH IMAGING(公式直販サイト)
  https://ricohimagingstore.com/pentax-hot-shoe-cover-o-hc171-s0031080.html
 PENTAX 100YEARS OF HISTORYを記念した
 オリジナルデザインの
ホットシューカバーを
 全世界3000個限定で新発売

 リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、2019年11月27日に当社がカメラ製品等で展開している「PENTAX」(ペンタックス)ブランドの起源である旭光学工業合資会社(当時)の誕生から100年を迎えることを記念し、オリジナルデザインのホットシューカバーを数量限定で発売いたします。

 製品名  ホットシューカバー「O-HC171」
 価格   オープン価格
 発売日  2019年10月4日
 販売数量 全世界 3000個限定

 主な特長

・ホーニング加工による精密な仕上げで研ぎあげたメタルパーツの上面に「PENTAX 100YEARS OF HISTORY」ロゴを鏡面仕上げであしらった、高級感のあるデザインです。着脱時の指がかりを良くするための別パーツを用意し、カシメ加工で強固に固定しています。
・ブラックとシルバーどちらのカメラボディにもマッチするガンメタルカラーを採用しています。

出典)上記、RICOH IMAGING 公式サイト
   2019年9月20日付ニュースリリースより

▽写真機の付属品の一例。
 「フラッシュを浴びる」のフラッシュですよ。ストロボ、スピードライトとも呼ばれます。
 写真機以外のカメラでは特殊効果以外まず使用されないほど写真機の象徴です。
 (リコーイメージングさんは現在、呼び方を「フラッシュ」に統一しているようです。)
190920_PENTAX_s0030456.jpg
 (c)リコーイメージング

 関連リンク集)
  RICOH IMAGING 公式サイト|フラッシュ関連 (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/accessory/index35_st.html
  *オートフラッシュ AF540FGZ II | RICOH IMAGING (公式直販サイト)
  https://ricohimagingstore.com/pentax-af540fgz2-s0030456.html

▽写真機の付属品、フラッシュの「使用説明書」の表紙。
 表紙を見ただけでも、付属品の写真機への装着例が理解できます。
 下図は上の「ペンタックスオートフラッシュ AF540FGZ U」の使用説明書の表紙。
 図のように、カメラのホットシューに直接装着して使用すれば写真機そのものです。
 なお、ホットシューは元々アクセサリーシューとも呼ばれていましたが、フラッシュ
 との接続部に電気接点を設けコードレスにしたタイプはホットシューと呼ばれます。
 上述のホットシューカバーは、電気接点を汚れや衝撃などから保護するものです。
190920_PENTAX_190920_acc_st_af360fg2.JPG
 (c)リコーイメージング

 関連リンク)
  使用説明書 / ダウンロード / サポート | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/manual/
  『ペンタックスオートフラッシュ AF540FGZ U 使用説明書』のPDFはこちら


 前置きが長くなり
  誠に申し訳ありません<(_ _)>

 ここから本題です。

新型写真機。

まさに、枕元に置いて夢見るカメラ。

といっても、
まだ開発中の試作品なので、
写真機自体が“夢見るカメラ”そのものと言えるかもしれません。

2019年9月20日付で
リコーイメージングさんから開発発表された新型写真機の試作品をご紹介します。
「ペンタックス」ブランドの高級デジタル一眼レフカメラですが、詳細は非公開です。
ニュースリリースでは「発売時期:2020年中をターゲットに開発中 ・価格:未定」です。

▽【再掲載】
 写真機の一種
 (2019年9月20日付でリコーイメージングさんから開発発表された試作品。)
 来年この写真機を手に入れる方はその晩、枕元に置いて良い夢を見ることでしょう。
190920_PENTAX_K_201.jpg
190920_PENTAX_K_202.jpg
 (c)リコーイメージング

 関連ニュース)
  『デジカメ Watch』 2019年9月21日記事
  リコーイメージング、開発中のデジタル一眼レフカメラを
  ファンイベントに参考出品 - 

 関連リンク)
  RICOH IMAGING 公式サイト|2019年9月20日付ニュースリリース
  Kマウントデジタル一眼レフカメラを開発
  〜「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」で参考展示〜
  http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2019/20190920_027962.html
Kマウントデジタル一眼レフカメラを開発
〜「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」で参考展示〜

 リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、9月21日から世界各地で順次開催を予定しているファンイベント「PENTAXミーティング 100周年スペシャル」注において、現在開発中のKシリーズデジタル一眼レフカメラを参考展示いたしますのでお知らせいたします。また、東京・大阪での「PENTAXミーティング」開催後、1週間の期間限定でリコーイメージングスクエア新宿(9月23日〜9月29日)、リコーイメージングスクエア大阪(9月29日〜10月5日)においても参考展示をおこないます。

注:国内のPENTAXミーティングは、お申し込みの受付を終了しています。

 参考展示製品の概要

 ●デジタル一眼レフカメラ

 製品名:未定

・APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載した当社Kマウントデジタル一眼レフカメラの最上位モデル
・発売時期:2020年中をターゲットに開発中
・価格:未定

※上記製品の仕様・外観等は最終決定ではありません。

出典)上記、RICOH IMAGING 公式サイト
   2019年9月20日付ニュースリリース(太字は原文のまま)より

上記ニュースリリース中の「Kマウント」については、次の公式サイト内の頁をご参照
ください。ここでの「マウント」とはカメラ本体と交換レンズ類とを着脱するための座金
のことです。「マウント」には多くの規格があり、「Kマウント」はリコーイメージングさん
の前身企業の旧、旭光学工業さんが1970年代に策定し、後に親会社となる現在の
リコーさんにも、同年代から採用されました。「Kマウント」は由緒ある「マウント」です。

 関連リンク)
  RICOH IMAGING 公式サイト
  リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980|リコー XR-1 / XR-2
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/ricoh-filmcamera/cameralist/XR-1-2.html

余談ですが、
1940年代は旧、旭光学工業さんの工場は東京都板橋区大山にありました。
私の父方の祖父も同じ時期、大山でレンズなどの光学部品加工業を営んでいたと、
当ブログの先だっての記事でもご紹介させていただきました。
お互いにご近所さん同士だったのですね。

 関連リンク)
  PENTAX HISTORY since 1919 | COURSE OF HISTORY (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/pentax/pentaxhistory/course/

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』
  2019年8月6日付記事
  今日、2019年8月6日は、74回目の広島原爆忌です
  http://poppop.sblo.jp/article/186379110.html

祖父の大山の町工場は事業所名こそ“三笠光学”と命名していましたが、
硝子不足で仕事を失いかけ大きな紙風船の加工を請け負って食い繋いでいたところ、
空襲に遭って工場は全焼し、廃業に至りました。第二次世界大戦中の出来事でした。

私見ですが、かつて
東京都板橋区内に本社工場を構えていた時代のメーカー各社さんのカメラ、写真機、
レンズ類はどれもみな最高でした。生まれも育ちも板橋区赤塚新町の私の誇りです。

  一眼レフカメラのトップカバーが
  屋根型である所以(ゆえん)

一眼レフカメラは、二眼レフカメラなども含めたレフレックスカメラの一種。その原型
は素描を補助する携行用「カメラ・オブスクラ」に見ることもできます。写真機としての
一眼レフカメラの歴史もたいへん古く、今から180年前に始まる写真産業の黎明期
までさかのぼると考えて良いでしょう。基本構造は簡単です。レンズと感光材料との
間に設けたミラーにより、カメラ上部に設置したすりガラス状のピントグラス(フォーカ
シングスクリーンとも呼ばれます)にレンズが作る実像を投影します。撮影者はピント
グラスでピントや構図を確認した後、ミラーを上方へ跳ね上げる操作をすれば、すぐ
撮影体勢に移れて便利です。この操作は長らく手動か半自動の時代が続きましたが、
煩わしさを避けるためカメラを二段に重ねた二眼レフカメラも考案されました。その後、
「ペンタックス」ブランドを産み出した旧、旭光学工業さんが世界に先駆けてミラーの
上下動作の完全自動化に取り組み製品化に成功しました。クイックリターンミラーと
呼ばれるその新機構を採用した製品が1954年発売の「アサヒフレックス IIB」です。

▽1954年に発売された「アサヒフレックス IIB」。
 1952年発売の、日本初の35mmフィルム用一眼レフカメラ「アサヒフレックス I」
 に新機構のクイックリターンミラーを組み込み、一眼レフの実用性を高めました。
 目の高さで縦位置構図の写真も撮りやすいよう光学式ビューファインダーも装備。
190924_img_asahiflex_IIB.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

初期の一眼レフカメラはピントグラスを上から覗くのが普通で「アサヒフレックス IIB」
も例外ではありませんでした。ピントグラスの上にペンタダハプリズムというプリズム
とそれに続く接眼レンズとを設置すれば、カメラを自然に目の前で構えることができ
ます。旧、旭光学工業さんは製造が困難なペンタダハプリズムの量産化にも世界に
先駆けて成功しました。

▽一眼レフカメラの標準的なペンタダハプリズムを用いた光学式ファインダーの光路。
 この透視図は「ペンタックス K-1」(「ペンタックス K-1」の当ブログ記事はこちら)。
K-1 fea04_03.jpg
 (c)リコーイメージング

ペンタダハプリズムの“ダハ(dach)”はドイツ語で“屋根”を意味し、横から見ると5角
柱に見えるプリズムの一辺に相当する所が直角の屋根状に加工されていることから
ペンタダハプリズムと呼ばれています。このダハプリズムを採用した一眼レフカメラは
必然的に、その部分を屋根型のカバーで覆ったような、特徴あるデザインになります。

ペンタダハプリズムの量産化に成功した旧、旭光学工業さんがその成果を取り入れ、
1957年に発売した「アサヒペンタックス(通称AP)」が正にその典型でした。発売時に
街の写真店(カメラ屋さん)店頭で、屋根型カバーの外観が人目を引いたことは、言う
までもありません。世のお父さん方の心をショーウィンドウに釘付けにしたことでしょう。


▽旧、旭光学工業さんは、製造が困難なペンタダハプリズムの量産化にも世界に先
 駆けて成功し、1957年発売の「アサヒペンタックス(通称AP)」から採用しました。


190624_img_asahi_pentax.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

「アサヒペンタックス」の成功はカメラメーカー各社に大きな影響を及ぼしました。以降、
レンズ交換式写真機の代名詞として、一眼レフカメラは隆盛を極めることになります。

▽東京オリンピックが開催され東海道新幹線(東京〜新大阪間)が開業した1964年、
 「アサヒフレックス IIB」の発売から10年を経て、露出計を内蔵し、颯爽と登場した
 「アサヒペンタックス SP」。露出合せの失敗は激減し、プロ用としてはもちろん家庭
 用としても爆発的に売れました。次の開発目標はピント合わせも含めた完全自動化
 でしたが、諸般の事情により23年後の1987年発売の「ペンタックス SFX」(後述)
 でようやく旧、旭光学工業さんは全自動一眼レフカメラの市場参入を果たしました。
190924_img_asahi_pentax_SP.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

「アサヒペンタックス SP」にはまだホットシューがなく、着脱式アクセサリーシューが
別売の付属品として用意されました。なので、会社を世界的な大手カメラメーカーの
地位へと導いた記録的ヒット商品であるにもかかわらず、上述のホットシューカバー
「O-HC171」とはあまり縁がないのです。でも、それでいい。飾りはいらない潔さ。

「アサヒペンタックス SP」は個人的に歴代ペンタックスの中でも特にお気に入りです。
私とほぼ同世代という親近感もありますがこれほど飾り気のないペンタックスは本機
とその姉妹機の「アサヒペンタックス SL」くらいです。清楚で、それでいて精悍な印象
が好きです。残念ながら使用した経験はないのですが、私が以前勤務していた都内
の某出版社で年末の大掃除の際、私がどこからか見つけ創業社長に伝えたところ、
「あなたにあげます」と譲り受けました。メーカーさんに診てもらったら「修理不能」と
いうことでしたが、置き物として今も記念に取ってあります。

「アサヒペンタックス SP」の基本設計は1995年販売終了の「ペンタックス K1000」
(後述)まで受け継がれました。「SP」より後の製品はホットシューも標準装備です。

次のカメラは、中学校入学前、東武東上線大山駅近くの洋品店で制服を見繕った後、
偶然前を通った写真屋さんの店頭で見つけて購入。私が初めて枕元に置いて夢見た
カメラです。それは、小さい子供の頃の思い出の夢か、大人に近づくことへの憧れの
夢か、そのときから、私の生きる世界は大きく変化したように感じました。それは私の
未来の可能性を切り開いたのか、それとも選択肢を切り落とし狭めてしまったのかは、
未だ謎?

 いずれにせよ、
 写真機のシャッターは
 夢の中でも良く切れるものです。

カメラを手にすることで、視野が広くなる人もいれば、狭くなる人もいます。
(注:レンズを換えても変わりません。)
それが解ったところで何がどうなるわけでもないですが、
覚えておいて損は無いと思います。
スマホをお忘れなく。

▽1975年発売の「アサヒペンタックス KM」。私が初めて手に入れた一眼レフです。
 1964年発売の「アサヒペンタックス SP」の基本設計を受け継ぎ新しく策定された
 先述の「Kマウント」を初めて採用。新しい交換レンズ類や姉妹機とともに発売され
 ました。「アサヒペンタックス KM」は機能を整理した「同 K1000」を事実上の同型
 機とし、「K1000」販売終了の1995年まで20年に及ぶロングセラーになりました。
 その間、若干のマイナーチェンジのみで仕様変更はほとんどなく、私も同様でした。
190625_img_asahi_pentax_KM.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

▽1986年(海外では1976年から)発売開始の「アサヒペンタックス K1000」。写真
 は後期型の「ペンタックス K1000」で、「ASAHI」のロゴや「AOCO」のシンボルが
 なくなって少し寂しくなりました。「アサヒペンタックス KM」の事実上の同型機です。
190924_img_asahi_pentax_K1000.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

 関連リンク)
  『比企ライフネット』 (個人サイト)
  話題のこーなー 2002年8月19日 記
  小川生まれの珠玉の逸品 ペンタックスレンズの思い出
  http://hiki-life.net/main/topics/topics02/020819/

次のカメラは「アサヒペンタックス KM」の姉妹機にも見えますが、機能は似ていても、
まったく設計の異なる製品です。2011年10月1日以降は同じ企業グループですが、
当初は旧、旭光学工業さんと現、リコーさんとは別々の企業でした。今から100年前、
1919年に創業した旧、旭光学工業合資会社さんは19年後、1938年に株式会社に
改組したのですが、実は旭光学工業株式会社の屋号は先にリコーさんの前身である
理研光学さんが関連会社の社名に用いていた屋号を、無償で旧、旭光学工業さんが
譲り受け改組できたという経緯があったと伝えられています(本当の事情は、もう少し
複雑だったのかもしれません)。そのため、両社の関係は昔から友好的で、1977年
発売の「リコー XR-1」にも、両社間の正式協議を経て「Kマウント」が採用されました。

▽1977年発売の「リコー XR-1」。
 「Kマウント」を採用し、リコーブランドとペンタックスブランドと両方の交換レンズ類
 が共用できることから話題になりました。リコーさんの「Kマウント」は正式協議を経
 た採用でしたがその後「Kマウント」はオープン規格になり他社でも採用されました。

190920_RICHO_XR-1.jpg
 (c)リコーイメージング(現、リコー)

 関連リンク集)
  PENTAX | ブランド | RICOH IMAGING (公式)
  2019年11月27日、「PENTAX」は
  その起源となった旭光学工業合資会社(当時)の誕生から100年を迎えます。
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/brand/pentax/
  PENTAX HISTORY since 1919 (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/pentax/pentaxhistory/
  リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980|リコー XR-1 / XR-2 (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/ricoh-filmcamera/cameralist/XR-1-2.html

次のカメラは、長くなるので説明は
省略させていただきます(ミノルタ・ハネウェル特許訴訟 - Wikipedia)。
なお、先述の「アサヒペンタックス SP」は米国のハネウェルさんから
「ハネウェルペンタックス SP」として発売された実績もあり、露出やピント、
フラッシュのシステムなどの自動化で旧、旭光学工業さんとハネウェルさんとは
一時期、協同で研究開発する関係でもあったようです(やはり、長くなりますね)。

▽1987年発売の「ペンタックス SFX」(未来のカメラに見えますが違います)。
 当時はすでにカメラメーカー数社がピント合わせも含めた全自動一眼レフカメラを
 発売していましたが、諸般の事情で発売が遅れた本製品が、旧、旭光学工業さん
 初の全自動一眼レフカメラになりました。ペンタダハプリズムの上に小型フラッシュ
 を収納式に内蔵したのは本製品が世界初で、一眼レフの特徴だった屋根型カバー
 はデザイン上、面影も残らないほど忘れられたような扱いになってしまっています。
 ホットシューは正面から見て向かって左隅に移動しました。「O-HC171」も隅に?
190924_img_pentax_SFX.png
 (c)リコーイメージング(旧、旭光学工業)

2000年頃から各メーカーさんの主力一眼レフもフィルムからデジタルカメラの時代
に入り、旧、旭光学工業さんも開発中の試作品を発表するなど注目を集めましたが、
他社よりも小型軽量なその試作品に満足せず、なお小型軽量化を突き詰めた製品が
ついに3年後の2003年に発売され、私も速攻で他社製品から買い換えました(笑)。
その名は、「ペンタックス *istD(イストディー、*は発音しません)」といいます(笑)。

今回、リコーイメージングさんが開発発表した試作品(この後も写真を再掲載します)
の、直接のルーツになった製品として評価して良いと思います。もう16年も前の製品
になりますが、良い写真機です。

▽2003年発売のペンタックス初のデジタル一眼レフカメラ、
 「ペンタックス *istD(イストディー、*は発音しません)」。
 内蔵フラッシュのカバーが、一眼レフカメラの特徴とも言えるペンタダハプリズムの
 屋根型カバーの意匠を模したデザインになり、懐かしいフォルムが再現されました。
 上述の「ペンタックス SFX」に比べ内蔵フラッシュが小型化されて甦った外観です。
 ホットシューもこの頃の製品では従来の位置にもどっています。
190924_img_pentax_ist_D.png
 (c)リコーイメージング(旧、ペンタックス)

 関連リンク) ↓まだ見れます(@▽@;)! 懐かし〜(生産終了製品)。
  *ist D|デジタル一眼レフカメラ | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/digital/ist-d/

▽2010年発売の「ペンタックス K-5」。当店臨時スタッフ仲田の愛機で私も愛用。
 上記「ペンタックス *istD(イストディー、*は発音しません)」の発展型モデル。
 内蔵フラッシュカバーがよりペンタダハプリズムの屋根型カバーらしく先祖返り。
190924_img_pentax_K-5.png
 (c)リコーイメージング

 関連リンク) まだ見れます(生産終了製品)。
  K-5|デジタル一眼レフカメラ | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-5/feature.html

▽【再再掲載】
 あらためてリコーイメージングさんが今回、開発発表した試作品を見てみましょう。
 屋根型カバーは単なる見せかけではなく、正真正銘ペンタダハプリズムのカバー
 です。その復活のため内蔵フラッシュはあえて省略されより精悍な印象を感じます。
 (近年のデジカメは高画質の超高感度撮影ができフラッシュの出番は減りました。)
 一目で「ペンタックス」のデジタル一眼レフカメラだと分かるデザインになりました!
190920_PENTAX_K_201.jpg
 (c)リコーイメージング

▽2016年発売の「ペンタックス K-1」。写真は交換レンズを取り外したところ。レンズ
 が作る実像をピントグラス(フォーカシングスクリーン)へ投影するミラーがはっきり
 見えます。内蔵フラッシュをあえて省略したペンタダハプリズムの屋根型カバーが、
 正真正銘一眼レフカメラであることの証です。「Kマウント」採用のデジタル一眼レフ
 カメラでは最上位機種でハイスペックのためペンタックスとしてはやや大柄ですが、
 今回開発発表された上記試作品のデザインは「ペンタックス K-1」に準じています。
K-1 main_img_05.jpg
 (c)リコーイメージング

 関連リンク)
  PENTAX K-1 / K-1U スペシャルサイト | RICOH IMAGING (公式)
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-1/special/

 関連記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』
  2016年2月20日付記事
  リコーイメージングが初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフ
  「PENTAX K-1」を一昨日発表
  http://poppop.sblo.jp/article/174123584.html

さて、今日のデジタルカメラは写真(静止画、画像)とビデオ(動画、映像)と、いずれ
の撮影にも対応でき、デジタル一眼レフカメラも「ペンタックス K-5」が発売される頃、
同機はもちろん、各社製品とも音声付き動画撮影機能が標準で備わっていました。

実際、2010年頃にはすでにプロの映像制作関係者やテレビ放送関係者の間でも、
デジタル一眼レフカメラが便宜的に活用される機会が増え、一眼レフカメラを携えた
カメラマンが必ずしも専業の写真家、フォトグラファーと言えなくなりつつありました。

もう30年以上も昔のお話しですが、
私も母校の写真学科を卒業する際、謝恩会でお祝いの言葉を贈ってくださった先生
の1人から「写真しか撮れない人はこれからの社会ではカメラマンとして通用しない
との厳しいアドバイスを授かりました。「ビデオ撮影も勉強してください」とのことです。
最初のカメラがスマホの世代の皆さまにとっては、ごく当たり前のことですよね。


▽【再掲載】
 スマホの一種(写真はイメージです)。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

「電話を再発明」したネット端末。
ポケットコンピューター。
というか、それ、ほぼカメラです。
(アプリで電子楽器にもなります。録音もできます。詩や小説、絵などもかけます。)

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

ところで、「カメラマン」と「キャメラマン」と「カメラさん」と、
それぞれ何が違うのでしょうか?

「写真師」と呼ばれた職業もかつてはあったそうです。
「手品師」の一種でしょうか? なので鳩も出ました(?)。

 「写プライズ」?

▽写真機の一種(楽器じゃないです)。
 「写真師」っぽく見られそうな(?)アコーディオン式かつ折畳式「組立暗箱」カメラ。
 私も母校の写真学科の卒業制作では、この種のカメラを中古で求め使用しました。
 背面のピントグラスと本体との間に感光材料(シートフィルム)をセットしたホルダー
 が収まり、撮影体制になります。その間、ピントグラスはホルダーに遮られピントも
 構図も確認できなくなります。そこで一眼レフですよ! 折り畳めなくなりますけど。
 昔の写真師が大きな黒い布を被って写真機を覗くのは、ピントグラスが見易くなる
 から(それだけ)。獅子舞するかのように鳩を出すというのは往時の都市伝説です。
 ちなみに黒い被り布ですが、滅多に洗濯しなかったと思います(経験者は語る?)。
 母校の写真学科の学生は入学時に皆、“マイ被り布”を購入することが必須でした。
 スタジオ実習でもこの種のカメラ(金属製)が用いられていたからですが、レンズは
 私たちの富士フイルムさん謹製「フジノン」ブランドのシリーズで、私はファンでした。
 この種のカメラ用のレンズは各社さんともに生産終了ですが、中古品は潤沢です。
190930_WISTA_FIELD45RoseSW.jpg
 (c)ウイスタ

記念の贈りものにもどうぞ。
    ↓
 関連リンク集)
  東京都板橋区常盤台 WISTAへようこそ (メーカー公式)
  https://www.wista.co.jp/
  WISTAオンラインストア / FIELD45RoseSW (メーカー公式)
  https://www.wista.co.jp/cp-bin/eccube/html/products/detail.php?product_id=34

私がカメラで撮影のお仕事をさせていただくときは、
お客さまから「写真屋さん」と呼ばれています(^^)/

  デジタル一眼レフカメラが
  写真機である所以(ゆえん)

デジタル一眼レフカメラで動画撮影する場合、撮影中ミラーは跳ね上がったたままの
状態になり、ピントグラス(フォーカシングスクリーン)へのレンズからの実像の投影は
できなくなります。そのため一眼レフカメラであるにもかかわらず、モニターを見ながら
普通のライブビュー撮影で動画を撮ることになります。

つまり、一眼レフカメラとしての特長が活かせるのは写真撮影時のみ、ということです。
このとき「撮影者はコンピューターが生成したライブビュー映像ではなく、レンズを通し
て見つめた被写体、光景に心を動かされシャッターを切ったのだ」と捉える人もいます。
(ライブビュー撮影で写真を撮ることはできますが、バッテリーは余計に消耗します。)

一眼レフカメラのミラーを固定式のハーフミラーか、プリズムで構成された同じ役割を
するビームスプリッターと呼ばれる光学部品に置き換える方式もありますが、光路と
共に光量も2分されるなどの欠点がありユーザーに歓迎されず、廃れてしまいました。

一時期、デジタル一眼レフ市場へ参入した某家電系メーカーさんは、得意の放送用
機材の販路を活かすべく、音声付き動画撮影には不要なミラーの撤廃という快挙を
成し遂げました。これによりカメラ本体は薄型化され、マウントは大口径になりレンズ
設計の自由度は飛躍的に高まりました。交換レンズを中心にシステム全体の再設計
が必要でしたが、そのビジネスは成功しプロの撮影機材の主流になろうとしています。
一眼レフからミラーを廃した、ミラーレスデジタルカメラと呼ばれる、新しいジャンルの
カメラの誕生です(一眼レフカメラからレフを省いて「一眼カメラ」と呼んでも怒られる
ようなことは多分ないと思いますが、初心者の方にはお勧めできません)。

プロカメラマンには、いよいよ仕事の好き嫌いは許されなくなりました。何でも、撮る!

▽世界最初のミラーレスデジタルカメラ。
 2008年10月31日発売の「パナソニック・ルミックスDMC-G1」。
 一眼レフのペンタダハプリズムに代り電子ビューファーンダーが組み込まれました。
 写真は交換レンズを取り外したところ。ミラーが無いため、イメージセンサーを直に
 見ることができます(シャッター幕はライブビュー撮影に備え予め開かれています)。
 カメラ本体が薄型で、イメージセンサーのサイズに対しマウントがかなり大口径で
 あることが分かります。本製品は、プロ用としてはもちろん家庭用としても支持され、
 各メーカーさんの商品企画や製品開発に影響を及ぼしました。
191001_panasonic_DMC-G1.jpg
 (c)パナソニック

 関連リンク)
  Panasonic | デジタル一眼カメラ/ボディ DMC-G1 商品概要 (公式)
  https://panasonic.jp/dc/p-db/DMC-G1.html

お話しは飛びます。

 「ラジカメ」知ってる人!?
 「羅爾亀」?
 『シン・ゴジラ対ガメラ(嘘)』じゃないですよ〜w

▽“不思議な商品”? のパンフレットより。
 1978年6月、パナソニックさんの前身にあたる松下電器産業さんから発売された
 「ナショナル ラジカメCR1」なる商品。当時中学1年生で「アサヒペンタックス KM」
 を使い始めたばかりの私にとっては、正しく“不思議な商品”でした。今は不思議と
 不思議に感じない私がここにいます(表紙はありし日の写真師が鳩を出そうとw)。
 「ラジオ付ストロボカメラ CR1 仕様」の「カメラタイプ」欄に「ラジオ、フラッシュ内蔵
 式ポケットカメラ」との記載があり混乱が見受けられます。現在、パナソニックさん
 では「ストロボ」ではなく、「フラッシュ」に呼び方を統一しているようです。
191001_NATIONAL-CR-1_01.jpg
 (c)パナソニック(旧、松下電器産業)

パナソニックさんの前身にあたる松下電器産業さんが、電球用ソケットの製造販売で
創業されたことは世界的に有名なお話しです。写真スタジオ向けの照明機材も数多く
手がけてこられた家電系メーカーさんですから、「ラジオ付ストロボカメラ」という発想
は得意分野の「ラジオ」と「ストロボ(フラッシュ)」とを「カメラ」という媒体で融合させた
結果だったのでしょう。「ラジオ」に加え「カセットテープレコーダー」も融合できたら?
いえ、“たられば”のお話しは控えましょう(『事件記者コルチャック』氏もビックリ!?)。
旧、松下電器産業さんは写真用品としての照明機材等の販路は開拓済みでしたから、
「ナショナル ラジカメCR1」は成功を収めました(パナソニック フォト・ライティング -
Wikipedia)。本製品のパンフレットの表紙に登場する組立暗箱を構えたスタジオの
写真師さんも、ありし日の照明機材のお得意さまでしょう。

 あっ、フジノン!?

▽「ナショナル ラジカメCR1」のパンフレットより。
 私も今まで存じなかったこと。何と、撮影レンズに私たちの富士フイルムさん謹製、
 「3群4枚構成 フジノン23mm F5.6」が採用されているのです。“贅沢の極み”。
 (富士フイルムさんの当時の社名は、富士写真フイルムさんでした。)
191001_NATIONAL-CR-1_02.jpg191001_NATIONAL-CR-1_03.jpg
 (c)パナソニック(旧、松下電器産業)

 関連リンク)
  フジノンの歴史 エピソード1 | X Stories | 富士フイルム Xシリーズ & GFX
  https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-history-of-fujinon-episode1/

▽【再再掲載】
 ラジカメの一種(写真はイメージです)。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

ラジオアプリをインストールしてお聴きください。

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

従来の大手一眼レフカメラメーカーさんや大手家電系メーカー各社さんもハイリスク
は承知の上で、次のカメラのようなミラーレスカメラの市場に参入し始めていますが、
リコーイメージングさんは今のところ、そのような事業計画は公表していないようです。

▽最近のプロ用ミラーレスデジタルカメラの例。
 2018年9月28日発売のハイエンドモデル「ニコン Z 7」。
 別売の純正「ステレオマイクロホン ME-1」をアクセサリーシュー(ホットシュー)に
 装着した姿はもはや写真機の面影を残していません。正に万能業務用カメラです。
190624_nikon-z_7-product_12.jpg
 (c)ニコン

 関連記事)
  ニコンイメージング | ミラーレスカメラ | Z 7 - 概要 (公式)
  https://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_7/

1960年代、
望遠レンズを装着した「アサヒペンタックス」を
お子さまの運動会や学芸会などへ持参できるお父さんは
羨望の眼差しで迎えられ、たちまちご近所の人気者になれました。

リコーイメージングさんが今回、
開発発表したデジタル一眼レフの試作品も発売されればまた、
持参した人が羨望の眼差しで迎えられ人気者になれると良いなぁと、
願ったり祈ったり望んだりこそいたしませんが、本当に私はそう想っています。
家庭用レンズ交換式カメラの座はミラーレスデジタルカメラに奪われつつありますが。

屋根型のトップカバーはデジタル一眼レフカメラであることの証。
それは正真正銘写真機であることの証。
ミラーレスデジタルカメラは違います。

これからの「ペンタックス」のデジタル一眼レフカメラは、
それを手にする人が「カメラマン」でも「キャメラマン」でも「カメラさん」でもなく、
純粋に「写真家」、「フォトグラファー」であり続けるための、お守りのような存在になる。

 写真機。
 それは、枕元に置いて夢見るカメラ。

だから、大切なお守り。夢の途中も。旅の途中も。

 カメラを覗くと、夢を見る。
  カメラを覗くと、旅になる。
   そんな魔法、あってもいいかな。
    そんなお守り、あってもいいかな。
     シャッターを切った、その瞬間だけでも・・・。

そんなふうに考えてみたのですが、
そのお守りは、手にする人を解き放つおまじないか、
それとも呪縛へと変って行くのか、今は謎?

 いずれにせよ、
 写真機のシャッターは
 夢の中でも良く切れるものです。

なお、当然のことなのですが、一眼レフカメラはシャッターが切られた瞬間、あるいは
開いている間はミラーが跳ね上がり、ピントグラス(フォーカシングスクリーン)上の像
は消失し真っ暗になります。そして、写真として残るのです。

 シャッターを切った、その瞬間だけでも
  何かが見えていたような気がしたのなら、それこそ
   夢の途中の旅、旅の途中の夢、なのかもしれないですね。

そんな宿命。

▽リコーイメージングさんが
 2019年9月20日に開発発表したデジタル一眼レフの試作品。
 一目で「ペンタックス」のデジタル一眼レフカメラだと分かるデザインになりました!
190920_PENTAX_K_102.jpg
 (c)リコーイメージング

でも、ミラーレスデジタルカメラの検討は、
リコーイメージングさんも以前されています。

 関連リンク)
  PENTAX K-1 / K-1U スペシャルサイト | RICOH IMAGING (公式)
  Challengers 商品企画
  http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-1/special/challengers/challengers01.html
答えは、いつもユーザーの声にある。

ペンタックスにとって初のフルサイズ機となるだけに、商品企画担当チームには、システムをどうするか迷いがあった。たとえば、ミラーレスという選択肢もある。ミラーボックスを持たず、フランジバックを短くできる利点を活かせば小型・軽量化ができる。ならば、マウントも新規に開発したほうが本質的、かつ合理的ではないだろうか。 商品企画チームの疑問に答えたのは、ユーザーの声だった。ドイツのフォトキナに出張した折、現地の『PENTAXIAN(ペンタキシアン)』(ペンタックス愛好家)に声をかけられた。PENTAXIAN(ペンタキシアン)は「せっかくペンタックスで写真の楽しさに目覚め、ステップアップしていこうと思っているのに、APS-Cサイズの次が645サイズでは敷居が高い」とフルサイズ機の不在を嘆いた。 「やはり、私たちは既存のペンタックスユーザーを大切にしなければならない、ということを再認識させられました。となると、新規マウントはありえませんよね。彼らが持っているKマウントレンズが使え、彼らが評価してくれている光学ファインダーを採用した一眼レフ。ペンタックスのフルサイズ機は、これしかないと確信しました」

出典)上記、『PENTAX K-1 / K-1U スペシャルサイト』 記事より抜粋。

現行の「ペンタックス」デジタル一眼レフカメラはもちろん
各機種とも、音声付き動画の撮影にも対応しています。

*この記事は、2020年7月17日付記事に続きます。
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 21:58| 業界の話題

2019年09月13日

Appleさんの「iPhone」もトリプルカメラに! あなたも私も「iPhone 11 Pro」! ご家族みなさまで「iPhone 11 Pro」! 予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!

  Appleさんの「iPhone」もトリプルカメラに!
  あなたも私も「iPhone 11 Pro」!
  ご家族みなさまで「iPhone 11 Pro」!
  予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、
  9月20日発売!

お友だちはみんな「iPhone」。
家族もみんな「iPhone」。

 だから自分も「iPhone」。

 ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;; 
{;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  
 ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
  `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました。
  ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f.   
  ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!    (c)板垣恵介、秋田書店、2ch

さて、どうしましょう?

Appleさんの「iPhone 11 Pro」、
予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!
とのことです。

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

▽Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
   カメラがいっぱい♪
  に見える目の錯覚?
 「ハィ! ちーず (^^)v 」
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc

 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  1.超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  2.広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)
  3.望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)

ところで、これって?

▽鳥よけ目玉風船3個セット (黄色、白、黒) 「目玉で鳥を恐がらせ近づけない!」
190913_5uCs2ABSAmE._UX949_TTW.jpg
 (c)Tomerry

 関連リンク)
  『Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン』 (公式)
  Tomerry 改良版 鳥よけ目玉風船 反射シール付き バルーン
  ハトよけ カラス 対策 3セット (赤、黒、白) | 防鳥・防獣ネット
  詳細はこちらをクリック(現在在庫切れです)

赤、黒、白)???

 いえ、別に、何でもありません。忘れてください(オウムは対象ではなさそうです)。

▽ガァ子ちゃん:ねぇ、シロウちゃん。「FUJIFILM PhotoBank」はシロウチャンの
 ことを、ちゃんと「オウム」って認識できたよ♪
 シロウちゃん:できたの? えらいナ〜(^^)(←シロウちゃんの口ぐせなんですw)
 ガァ子ちゃんと一緒に写っている鳥さんはシロウ@コバタンです。今年42歳になり
 ます! 2015年の11月、飼い鳥の保護団体施設から当店臨時スタッフの仲田が
 里親として自宅へお迎えし、仲良く愉快に暮らしています。「iPhone 7 Plus」にて
 撮影(プライバシー保護のため、この写真の位置情報は消去してあります)。
190830_IMG_1266.JPG


  鳥ぷるぷるカメラ?


▽「iPhone 11 Pro」(左)と(右)「iPhone 11 Pro
 Max」ですって?
iphone-11-pro-specs-2019-1-edit.JPG
 (c)Apple Inc

 関連リンク)
  iPhone 11 Pro - 仕様 - Apple(日本) (公式)

Maxもある?

みんなMaxなの?

Maxにする(@@;)?

 Today, Apple is going to reinvent the phone.
 =今日、アップルが電話を“再発明”します。
   
 2007年1月9日、初代「「iPhone」のプレゼンテーション会場にて。
 故、スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日〜2011年10月5日)
  アップル社の共同設立者の一人

▽「Today, that magic is finally... (今日、その魔法がついに・・・)」
190912_Steve-J_Peeping-Life-World-History_26_01.JPG
 (c)Anime Bancho / 森りょういち

▽(左)「I m sure you will be captivated by my presentation as you
 listen. (きっと聞いていくうちに、君は、虜になると思うよ)」
▽(右)「John. (ジョン君)」
190912_Steve-J_Peeping-Life-World-History_26_02.JPG190912_Steve-J_Peeping-Life-World-History_26_03.JPG
 (c)Anime Bancho / 森りょういち

▽「After you listen to this, your lifestyle will be different...
 (そう、これを聞くと、みんなの、生活が変わる)」
190912_Steve-J_Peeping-Life-World-History_26_04.JPG
 (c)Anime Bancho / 森りょういち

▽(左)「...and John will change, too. (そして、ジョンも変わる)」
▽(右)「By John, are you talking about me? (ジョンって、俺ですか?)」
   「Just for you! (サービス!)」
190912_Steve-J_Peeping-Life-World-History_26_05.JPG190912_Steve-J_Peeping-Life-World-History_26_06.JPG
 (c)Anime Bancho / 森りょういち

 関連動画リンク)
  『Peeping Life(ピーピング ライフ)-World History #26 Steve.J 』
  2013年9月5日に公開 (「YouTube」 公式)
   Steve.J の巻
   時は西暦.2000年。場所はアメリカ。
   明日は、いよいよ会社の革新的な新商品発表の日。
   前日にプレゼンテーションのリハーサルをするSteve.J なのだが...
  https://www.youtube.com/watch?v=B-Zey4U0_uk

 関連動画リンク)
  『森りょういち監督PeepingLifeワールドヒストリーについて大いに語る』
  2012年12月29日に公開 (「YouTube」 公式)
この、森りょういち監督のアニメ作品、
『Peeping Life(ピーピング ライフ)-World History #26 Steve.J 』 の
「YouTube」での公開は2013年9月5日なのでもう、6年も前になりますね。
(富士フイルムさんの店頭プリント受付機が「iPhone」とのWiFi接続に対応
するより、さらに半年前の公開ということになります。)

何度見ても、と言いますか、
見れば見るほど面白くなって行きます。World History (^▽^)!

パロディですから、作中では「時は西暦.2000年。場所はアメリカ」とされていますが、
故、スティーブ・ジョブズさんの本当の伝説的名プレゼンテーションはそれから7年後、
2007年1月9日にアメリカ国内の会場で行われ、次の“名言”が飛び出したのです。

 Today, Apple is going to reinvent the phone.
 =今日、アップルが電話を“再発明”します。
   
 2007年1月9日、初代「「iPhone」のプレゼンテーション会場にて。
 故、スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日〜2011年10月5日)
  アップル社の共同設立者の一人

▽『スティーブ・ジョブズ I・U』 ウォルター・アイザックソン 著、井口 耕二 翻訳
 2011年10・11月 講談社刊 表紙より、有名な肖像写真。 
711A37JYbfL.jpg710KT5bqFNL__SL1500_.jpg
 (c)講談社

 関連リンク)
  「アップル プレスリリース」 2007年1月10日 (公式)
  アップル、iPhoneで携帯電話を再定義 - Apple (日本)
  https://www.apple.com/jp/newsroom/2007/01/09Apple-Reinvents-the-Phone-with-iPhone/

 参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』
  2016年1月30日付記事
  2015〜2016年、これからのスマホプリントを占う〔前編〕
 参考記事)
  当ブログ『想い出を未来へ運ぶ始発駅*安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』
  2016年2月1日付記事
  2015〜2016年、これからのスマホプリントを占う〔後編〕
  http://poppop.sblo.jp/article/173236884.html

再発明、し過ぎでしょ(^^;

それより前に、
故、スティーブ・ジョブズさんは次の“名言”、
というより“格言”も遺してくださっています。

 多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、
 自分は何が欲しいのかわからないものだ。

 故、スティーブ・ジョブズ(1955年2月24日〜2011年10月5日)
  アップル社の共同設立者の一人

もう一度、あらためて拝見いたしましょう。

▽【再掲載】
 Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
 (c)Apple Inc



 わからないままでいた方が
 よいときもあるみたいです。

Appleさんの「iPhone 11 Pro」、
予約注文は本日、2019年9月13日“午後9時”開始で、9月20日発売!
とのことです。

 関連リンク)
  iPhone - Apple(日本) (公式)

買う?

  ぼくの、わたしの、
  「iPhone 11 Pro」の思い出

注;1〜6まで、フィクションです。

 1.アルバムに残る、初めてヨチヨチ歩きできたときの嬉しそうなわたしの笑顔。
   その写真を撮ってくれた母のスマホは、「iPhone 11 Pro」。

 2.わたしの「YouTuber(ユーチューバー)」デビューは2歳のとき。
   撮るのも観るのもアップロードも、いつだってスマホは、「iPhone 11 Pro」。
   (「iPhone 11 Pro」は5G未対応です。たぶん、大人の事情?)

 3.ぼくの小学校の入学祝いに、両親からお揃いのスマホをプレゼントされた。
   ぼくの初めてのカメラにもなったそのスマホは、「iPhone 11 Pro」。
   (お子さまがインターネットを利用するときは、保護者が指導・管理しましょう。)

 4.写真が趣味の父が、長年夢だった超広角交換レンズの購入を泣く泣く断念!
   代わりに、そのお金で父が家族全員に贈ったスマホは、「iPhone 11 Pro」。

 5.特に理由もなく、勤めていた会社を辞めた。
   プロとして独立したぼくを支えてくれたスマホは、「iPhone 11 Pro」。

 6.彼にわたしのアップを不意に撮られた。怒ってとっくに消したと思っていたのに、
   思いがけず「FUJIFILM PhotoBank(フォトバンク)」に残っていたあの写真を
   娘が見て笑ってる。『超広角越しの私』を撮ったスマホは、「iPhone 11 Pro」。

それにしても、

 4番目のお父さん、
 良いお父さんですね(^^)

注;以上、1〜6まで、フィクションです。

 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
    ↓ 待ってました〜\(^^)/♪
  1.超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  2.広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)
  3.望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)

超広角交換レンズって?

高い、でかい、重い、の三拍子
「iPhone 11 Pro」なら空気のようにタダ同然? かも!?

▽キヤノン一眼レフカメラ用超広角交換レンズ「EF14mm F2.8L II USM」。
Canon EF14mm F2.8L II USM.jpg
 (c)キヤノン

 関連リンク)
  EF14mm F2.8L II USM|キヤノンオンラインショップ (公式)
  276,300円(税別)
  https://store.canon.jp/online/g/g2045B001/

▽ニコン一眼レフカメラ用超広角交換レンズ「AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED」。
AI AF Nikkor 14mm f2.8D ED.jpg
  (c)ニコン

 関連リンク)
  AI AF Nikkor 14mm f/2.8D ED | ニコンダイレクト (公式)
  222,750円(税別)

▽富士フイルムミラーレスカメラ用超広角ズーム交換レンズ
 「フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR」(135判換算で12-24mm相当)。
FUJINON XF8-16mmF2.8 R LM WR.jpg
 (c)富士フイルム

 関連リンク)
  フジノンレンズ XF8-16mmF2.8 R LM WR | フジフイルムモール (公式)
  249,500円(税込)
  http://fujifilmmall.jp/shop/g/g16591570

▽おうちのお父さん(「iPhone 11 Pro」発売前)。

numa_lens_hamaru_man.png
 (c)いらすとや

 関連リンク)
  レンズ沼のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (公式)
   一眼レフカメラのレンズを買い続ける沼に落ちた人のイラストです。
  https://www.irasutoya.com/2017/09/blog-post_129.html

カメラメーカーさんごめんなさい。富士フイルムさんもごめんなさい<(_ _)>

  まじめに
  トリプルカメラのデザインのお話し

  Appleさんの「iPhone 11 Pro」vs.
  SONY さんの「Xperia 1」

今から12年以上前の2007年1月9日、アメリカ国内で行われたプレゼンテーション
で発表されたAppleさんの初代「iPhone」は発売後、世界中でファンを獲得しました。
そのデザインが従来の携帯電話やインターネット端末よりも洗練されていたからです。

▽2007年6月、米国内で発売が開始された初代「iPhone」。
 「Today, Apple is going to reinvent the phone.
 =今日、アップルが電話を“再発明”します」
 (本製品発表プレゼンテーションでの故、スティーブ・ジョブズさんの名言です。)
iphone-iphone-original-colors.jpg
 (c)Apple Inc

 関連リンク)
  「アップル プレスリリース」 2007年1月10日 (公式)
  アップル、iPhoneで携帯電話を再定義 - Apple (日本)
  https://www.apple.com/jp/newsroom/2007/01/09Apple-Reinvents-the-Phone-with-iPhone/

初代「iPhone」のメインカメラは約200万画素と地味でしたが、モバイルデータ通信
がまだ3Gの時代でしたので無理もないでしょう。当初はインターネットの音楽配信が
楽しめる携帯電話として売り出したのでデザインもその用途で完成されたものでした。

「多くの場合人は形にして見せてもらうまで自分は何が欲しいのかわからないものだ」
との格言を遺した故、スティーブ・ジョブズさん自身も「iPhone」のデザインには相当
こだわったと伝えられているのですが、実はその頃の開発秘話が公開されています。
スティーブ・ジョブズさんは最初「iPhone」に「戻る」ボタンを搭載したかったそうです。

2年ほど前の、次の文献をご参照ください。

 関連リンク)
  『ギズモード・ジャパン』 2017年6月26日付記事
  スティーブ・ジョブズはiPhoneに「戻る」ボタンを搭載したかった
  https://www.gizmodo.jp/2017/06/iphone-back-botton.html
2017年6月29日がなんの日かご存知でしょうか?

そう、初代iPhoneが発売されてからちょうど10年を迎える記念すべき日なんです。もちろんiPhoneを発明したのはスティーブ・ジョブズ。常に自分の中に高い理想を持っていて、それが形になるまでデザイナーにびっちりこだわることでよく知られています。この初代iPhoneが開発されたときも例外ではありません。

そんなiPhoneが発売されてから10年に合わせて発売された書籍『The One Device: The Secret History of the iPhone』(著:Brian Merchant)の中で、iPhoneの開発中にあった1つの面白い事実が明らかになりました。なんとスティーブ・ジョブズはもともとiPhoneに「戻る」ボタンを搭載すべきだと社内で強く主張していたそうなんです。

出典)上記、『ギズモード・ジャパン』 2017年6月26日付記事より抜粋。
   (テキストリンク及び太字は原文のまま。)

社内での議論の末、最終的にはAppleさんのデザイナー、
Chaudhriさんの強い主張が通り「iPhone」は「戻る」ボタンを持たずに誕生しました。
そのおかげで今、私たちは「戻る」ボタンに頼らなくてもスマホを取扱うことができます。
そのことこそが、Appleさんという会社の基本的な姿勢なのだと、私は思っています。
こういうのを、「企業DNA」というのでしょうか。

さて、ここで私たちの日本を代表するブランドの一つ、
SONY さんにご登場いただきましょう。

スティーブ・ジョブズさんは生前、
SONY さんの共同創業者の一人である故、盛田昭夫さんのことを深く敬愛され、
その数々の業績を自らのお手本や目標にされていたそうですが、
今のSONY さんの製品もAppleさんのお手本や目標になりうるのでしょうか?

3か月ほど前、SONY さんが2019年6月14日に発売したフラッグシップ「Android」
スマホ、「Xperia 1」も、最近主流になりつつあるトリプルカメラ搭載機の一つです。

各搭載カメラの仕様はAppleさんの「iPhone 11 Pro」のものと酷似していますが、
次のように、見る人がデザインから受ける印象は大分異なるように感じられます。

▽SONY さんのフラッグシップ「Android」スマホ、「Xperia 1」。
 (2019年6月14日発売)
sonymobile_xperia1-hero_01.jpg
sonymobile_xperia1-sm_img_03.jpgsonymobile_xperia1-mainvisual.jpg
 (c)Sony Mobile Communications

 SONY さんの「Xperia 1」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1220万画素相当の標準、望遠、超広角カメラ)の仕様
  1.標準(というか広角?):ƒ/1.6絞り値(135判換算で26mm相当)
  2.望遠(というか普通?):ƒ/2.4絞り値(135判換算で52mm相当)
  3.超広角:ƒ/2.4絞り値(135判換算で16mm相当)

 関連リンク)
  Xperia 1(エクスペリア ワン) | ソニーモバイル公式サイト

トリプルカメラは「Xperia 1」の中心で縦一直線に、端正に整列しています。

SONY さんの「Xperia 1」のデザインを私は、麗しいと感じました。

 もし女性の名前で呼ぶなら文字通り、
 麗子さん、でしょう。

実際に当店「安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ」のお客さまにも早速お求めになられた方
がいらっしゃって、目の前で実物を見せていただいたのですが、それは端麗で見事な
デザインでした。SONY さんらしい、エリート的な知性さえ感じさせます。

対する、Appleさんの「iPhone 11 Pro」を
いま一度、あらためて拝見いたしましょう。

▽【再々掲載】
 Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
iphone-11-pro-gallery-2019-4.jpg
iphone-11-pro-specs-2019-1-edit.JPG
 (c)Apple Inc

 Appleさんの「iPhone 11 Pro」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角、望遠カメラ)の仕様
  1.超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  2.広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)
  3.望遠(というか普通?):ƒ/2.0絞り値(135判換算で52mm相当)

 関連リンク)
  iPhone 11 Pro - 仕様 - Apple(日本) (公式)

麗しい? かどうかは兎も角いかがでしょう?
知性よりは知恵を、私は感じました。ただし、
選び抜かれたエリートのそれとは違います。
もっと違う宙の彼方からもたらされた智慧?

 少なくとも麗子さんとは
 呼ばれないでしょう。

だって、ちょっと、人間離れしていますもの。

Appleさんの「iPhone 11 Pro」のトリプルカメラの、
それぞれの中心を結ぶとほぼ正三角形になりますね。
つまり、各カメラの間隔は、ほぼ等距離ということです。
光学用語でカメラのレンズの中心を「光軸」と呼びます。
光軸を等距離に保てる搭載数の上限がトリプルカメラ!

それは何?

一種の美学? それとも哲学? 信仰なのかな?

 トライアングル
 トリプルカメラ
 三種の神器?

▽【再再々掲載】
 Appleさんの「iPhone 11 Pro」。
iphone-11-pro-gallery-2019-1.jpg
 (c)Apple Inc

そうでしたか。
“神さま”のデザインでしたか(@△@;)

 知識は過去の産物だが、
 知恵は未来をもたらす。
  ラムビー族(ネイティブ・アメリカン)の格言

令和元年(西暦2019年)、林檎の会社が創りました。

誰もがきっと、スマホの搭載カメラの数はもっと増えると期待していることでしょう。
そう考えている限り、トリプルカメラの正三角形レイアウトは思いつかないと思います。
もちろん、私だって思いもつきませんでしたよ。
というか、気付かない?

 スマホの搭載カメラは際限なく増殖する

 ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;; 
{;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  
 ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  そんなふうに考えていた時期が
  `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  俺にもありました。
  ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f.   
  ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!    (c)板垣恵介、秋田書店、2ch

なお、SONY さんの「Xperia 1」の場合は次の図のように標準(Appleさんは広角)
カメラと超広角カメラとの光軸の間隔が極端に離れていて、ズーム操作しながら動画
撮影した場合、カメラの切替えがスムーズにつながらなくなります。でも心配ご無用。
Appleさんの「iPhone 11 Pro」と違い、SONY さんの「Xperia 1」は標準〜超広角
間のズーム操作は元々できない仕様になっているのですから(その経緯は不明です)。

▽【再掲載】
 SONY さんの「Xperia 1」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1220万画素相当の標準、望遠、超広角カメラ)の仕様
  1.標準(というか広角?):ƒ/1.6絞り値(135判換算で26mm相当)
  2.望遠(というか普通?):ƒ/2.4絞り値(135判換算で52mm相当)
  3.超広角:ƒ/2.4絞り値(135判換算で16mm相当)
sonymobile_xperia1-mainvisual.jpg
 (c)Sony Mobile Communications

あらためて問います。
今のSONY さんの製品もAppleさんのお手本や目標になりうるのでしょうか?
その答えはもう、歴然としていますね。

 つまり、NO! です。

補足)
個人的には、私にはAppleさんの「iPhone 11」の方が余程玄人向きに思えます。
メインカメラが広角と超広角との2種類だけだなんて、“粋”過ぎ(^^;
自分探しの旅に出てしまいそう。または、
食べものは生きているやつしか撮らない。
↑料理を美味しそうに撮るのとは別(謎)。

 Appleさんの「iPhone 11」搭載
 トリプル12MPカメラ(約1200万画素相当の超広角、広角カメラ)の仕様
  1.超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角(135判換算で13mm相当)
  2.広角:ƒ/1.8絞り値(135判換算で26mm相当)

 関連リンク)
  iPhone 11 - 仕様 - Apple(日本) (公式)

ワールドワイルドワイド?
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 16:23| 業界の話題

2019年08月01日

「【リニューアル】キタムラ平塚店生まれ変わりました!」カメラのキタムラ平塚店さんのブログ記事に高まる期待!

  「【リニューアル】キタムラ平塚店生まれ変わりました!」
  カメラのキタムラ平塚店さんのブログ記事に高まる期待!

私もぜひ行ってみたいです!
決して遠くはない。でも近くもない(^^;

 関連リンク)
  『カメラのキタムラ平塚店の店舗ページ』 2019年7月29日付記事
  【リニューアル】キタムラ平塚店生まれ変わりました!
  http://blog.kitamura.jp/14/4262/2019/07/11347633.html

当店最寄り(?)の坂戸店、鶴ヶ島店、ピオニウォーク東松山店さんもぜひ、
リニューアルをよろしくお願いします、カメラのキタムラさん!
写真店のイメージを塗り替えましょう(^o^)♪

ところで、
BGMはお馴染みのCMソング、なのでしょうか?

▽カメラのキタムラ平塚店さんの新しい店内(無断転載です。どうぞお叱りください)。
 1970年代頃までの銀座やデパートの写真機店を想わせるようなインテリアです。
190729_kitamura-hiratsuka_shop_image.jpg
 (c)カメラのキタムラ平塚店

▽ドローン、いかがですか? お客さま(^▽^)/
 「ドローン飛行体験コーナー」だそうです(鳥さんの放鳥コーナーかと思いました)。
 1970年代頃までの銀座やデパートの写真機店を想わせるようなインテリアです。
190729_kitamura-hiratsuka_shop_drone.jpg
 (c)カメラのキタムラ平塚店

なお、カメラのキタムラ各店さんの標準的な内装は、次のようなイメージです。

▽当店「安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ」でも導入を進めている
 富士フイルムさんの次世代店頭受付機「WPS(ワンダープリントステーション)」を
 設置した「カメラのキタムラ」さんの「photo+(フォトプラス)」(TVCM映像より)。
 2015年7月以降、全店でスタートしたプリント注文の新コーナーです。
IMG_0933.PNG
 (c)カメラのキタムラ

 関連リンク)
  カメラのキタムラTVCM Full Ver.(カメラのキタムラ動画_TVCM) - YouTube
  https://www.youtube.com/watch?v=Cr46vcLjDf0

カメラのキタムラ各店さんは、当店と同じ写真店でもありますが本業はカメラ店です。
安価な日常用途のデジタルカメラの需要がスマホに奪われ続々生産中止になる中、
カメラのキタムラさんは、より付加価値の高い本格派のデジタルカメラや交換レンズ、
ドローンなどの撮影用品の販売に、これからは力を入れて行かれるのでしょうか?

▽「ストラップ触って試せるコーナー」がありますよ!
 カメラの付属品から衣料品の一部へ。実店舗でのお買物ならではの魅力でしょう。
190729_kitamura-hiratsuka_shop_strap.jpg
 (c)カメラのキタムラ平塚店

「カメラマンベスト試着コーナー」や「アレンジグッズ相談コーナー」もできたら新鮮☆

 ご参考記事)
  『デイリーポータルZ』2012年11月5日付記事
  カメラマンベストをかっこよく着たい :: べつやく れい著

きっとCCCさんやリヴァンプさんの取り組みが効いてきたのでしょう(@▽@;)
お店であるのと同時に、メーカーさんのショールーム&アフタ―サービス窓口代行業
という印象も受けました。メーカーさんはCCCさんやリヴァンプさんに感謝しましょう。

当店「安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ」は小学生のお客さまも多くいらっしゃいますので、
おうちのお使いがより楽しくなるようなお店にしたいと思っています。

 関連記事)
  当ブログ『安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』 2017年10月17日付記事
  【TOB成立】「カメラのキタムラ」さんが
  「TSUTAYA」を運営するCCCさんの傘下に【高まる期待】

 関連記事)
  当ブログ『安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』 2017年10月17日付記事
  「カメラのキタムラ」さんの再建に着手!
  「リヴァンプ」さんの経営支援に高まる期待〔前編〕

 関連記事)
  当ブログ『安瑠芭夢驛 しゃしんのポップ』 2017年10月17日付記事
  「カメラのキタムラ」さんの再建に着手!
  「リヴァンプ」さんの経営支援に高まる期待〔後編〕
posted by 安瑠芭夢驛(アルバムステーション) 吉 川 写 真 店 at 21:27| 業界の話題